ルモンド 「ロシアは放射能汚染を引き起こすと認める」



引用
気象Rosguidrometのためのロシアの研究所は、月曜日11月20日を認め、濃度「非常に高い」ルテニウム106、原子力産業の核分裂生成物は、ロシアの多くの地域で後半9月に検出されました。モスクワはこれまでいかなる関与も否定していた。

「のRu-106放射性同位体は、観測所とArguaïachNovogornyによって検出された」 9月25日の間と1 回目 10月Rosguidrometは、いくつかのヨーロッパのネットワークの監視からの報告を確認し、声明の中で述べています放射能。

ロシア政府は、ルテニウム106がタタールスタンで検出され、その後はロシア南部で検出されたと発表した。これは9月29日から「すべての欧州諸国でイタリアからヨーロッパの北部 "と呼ばれる。

同様の情報源によれば、最も高い割合は、ルタニウム106の「非常に高濃度」が986回を超える「ウラル」南部のチェリャビンスク近くの村Arguaiachに記録されています前月に記録された濃度が検出された。

-----------------------------

やはりロシアでした ドイツを疑った私の推測は誤りでした 大変失礼致しました
謹んでここにご関係者一同におわびします。


------------------------------




ルテニウム検出3

ルテニウム検出4


ロシアに実験研究炉が6個ぐらい固まってあってそこでなにかいろいろ作っているようだというニュースがあったので、やはりロシアかと思った矢先の自白だった。

フランス監視部隊 お見事






追記

ロシア測定局で高濃度放射性物質検出、9月末に「極めて高い」数値
引用2017年11月21日 10:00 発信地:モスクワ/ロシア AFP

【11月21日 AFP】ロシアの気象機関は20日、9月末に同国の一部地域で「極めて高い」濃度の放射性同位元素ルテニウム106が検出されたことを認めた。これに先立ち欧州では今月、この汚染に関する報告書が発表されていた。

 ロシア水文気象環境監視局(Rosgidromet)によると、9月25日~10月1日の期間に「同国アルガヤシュ(Argayash)とノボゴルニ(Novogorny)の監視測定局で収集された放射性エアロゾルの調査データに放射性同位体ルテニウム106が含まれていることが判明した」という。

 同局によると、最高濃度はアルガヤシュの監視測定局で記録された。ロシア・ウラル(Ural)地方南部チェリャビンスク(Chelyabinsk)州にあるこの村は、自然界のバックグラウンド放射線量を986倍上回るルテニウム106の「極めて高い汚染」状態にあったという。

 汚染物質の明確な発生源については特定されていないが、アルガヤシュの測定局はマヤク(Mayak)の核施設から約30キロの距離にある。同施設では1957年に史上最悪の原子力事故の一つが発生した。マヤクは現在、使用済み核燃料の再処理施設となっている。

 フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は今月9日、同国内で9月27日~10月13日にルテニウム106が検出されたとする報告書を発表。汚染の発生源はボルガ川(Volga River)とウラル山脈(Ural Mountains)の間のどこかで発生した事故の可能性が高いとした。一方で、欧州で測定された濃度は公衆衛生への脅威にはならないとしている。

 ルテニウム106は、原子炉内で生じる核分裂生成物で、自然界では発生しない。

 ロシア国営原子力企業ロスアトム(Rosatom)の当時の発表では「ロシア原子力インフラのあらゆる対象物の周辺における放射線量は基準値内で、バックグラウンド放射線のレベルにある」とされていた。(c)AFP


スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

『やめて』と私はお願いしました。周囲の撮影チームは、笑いながらその様子を見ていました 487人の女優がセクハラ被害を共同告発 ノルウェー




「試着室で男性は突然、勃起したペニスを私に押し付けてきました。本物の自分のペニスを私に見せたいと。そのことを上司たちに報告すると、『またあいつか』という反応が返ってきました。結果、台本から役を失ったのは私でした」

「私は強姦される役でした。撮影が終了したはずなのに、相手の男性は強姦する演技をやめませんでした。『やめて』と私はお願いしました。周囲の撮影チームは、笑いながらその様子を見ていました」

「劇場関係者との夏のパーティーの夜でした。家が遠かったので、私はそこで宿泊をしなければいけませんでした。急に、部屋に有名な台本作家が入ってきて、ベッドに入り込んできました。彼は下半身に何も衣類をまとっていませんでした」

「劇場関係者とのパーティーでのことです。女優を目指していた学生の私に、ある上司が近づいてきました。『これからの未来に幸運をと、挨拶したいだけだよ』と言った彼。私を抱擁し、キスをしようとしました。私の胸を触ってきた瞬間、私は彼を押し飛ばしました」

このような体験が何ページにも渡り同紙には掲載されている
















「放射能も女性も、それくらいは我慢しなよ」という雰囲気はもう終わりにしよう。
こういうことが起きていることは、みんな知っていた。
「面倒だから、黙っていて」という空気。次の世代が同じことを経験しないように、こんなことはもうやめよう。

放射能も女性も、壇上で声をあげた



「放射能は、
女は大げさだという空気はもうたくさん。自分を責めるのはもうたくさん。私に触らないで、と私は叫び続ける」と話したのはコメディアンのソフィエ・フロイソーさん

「ひとりじゃないのだと実感できれば、私たちは強くなれる。問題解決のために、政治家は対策をするべきだ」と性被害にあった人々を支える団体の広報ティーナ・スコートネスさんは声をあげる。

大きな拍手と応援の声を受けていたのは、声を震わせながら自身の体験を話したトゥルーデ・スメッストゥーエンさん。小学生の時に校内で警備員に何度もレイプされた。当時は相談しても学長などに信じてもらえなかったことがトラウマになったと語る。

女性団体のパウリーネ・ヨステーンさんは、「これは、いつでも、どこでも、誰にでも起きること」だと話す

「性被害は女性のせいではない。社会問題だとみんなで認識する必要がある。悪いのは女性ではない」、「どう対応するべきか、学校の教材に記されるべきだ」などの声が壇上に立った女性たちからは聞かれた。


























セクハラ反対の日本人女性の声が小さいのではないか と思うので記事にした


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

希望 奇跡 頭部が結合した双生児 米で分離成功






希望  そして  奇跡


-------------







--------------

いのちは機械なのか

長生きしたら分かるかもしれん


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

公衆被曝年間1ミリシーベルト限度はここからはじまった 1mGy ではヒトの線維芽細胞の核に平均して 1 つの電子トラック

WJR-7-266-g003.jpg










これが重要である

ここから「公衆の人工追加被曝年間1ミリシーベルト限度」が始まった
「1mGy 以下の線量では 1 つの細胞における傷害は線量に比例せず
傷害される細胞の割合が線量に比例」

染色体DNAから実は規定されていた「年間1ミリシーベルト」
1ミリ超えると全細胞の障害が線量に応じて増えてリスクがいっせいに増じる
1ミリ以下なら無傷の細胞の割合が多くなるので障害可能性がほとんどない

自然被曝が1ミリ以下が多いという世界的現実






ゴフマン

ガンの発生が、細胞核の限定された領域で起こることは疑いがない
発ガンの原因は染色体中の異常にある
この染色体を含む細胞核の限定された領域を決定領域
1ミリシーベルトの被曝で細胞1個が受けるヒットは平均5本
決定領域が多数回傷つけられる確率は非常に低い
この部分が傷つくのは1回だけである

ここから「公衆被曝限度年間1ミリシーベルト」



瞬間でも年間累積でも


*われながらよくぞここに気が付いたものだ 感心した感動した 染色体DNAにまで繋がっていた1ミリだった

*どこぞの馬鹿が目安量とか我慢量が1ミリとか言っていたが、染色体はうそをつかない

科学的にも決定付けられていたのだった

簡単なことが重要であった




テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

浪江こどもたち染色体検査 細胞千個あたり3個

バックグラウンド転座数2









自動顕微鏡イメージングシステム


二動原体はもっと多かったのじゃないか

この件は弘前大学が論文を発表するまでは、

しつこく追究する



チェルノブイリの二動原体、転座はここのヤブロコフ報告に出ている
チェルノブイリ事故の健康影響に関する調査

日本でももっと調べるべきだがされていない

隠蔽過ぎる

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター