内部被ばくの“証拠”撮影 長崎大研究グループ

もうバカを相手にしたくないんだが、安全デマの郡山市の佐藤順一。

【ふくしまの話を聞こう】 福島で生きるための放射線知識 佐藤順一
引用
それで、「放射線を出して安定した物質になったので、もうこれ以上放射線は出しません」「基本的に一個の放射性物質は一発放射線を出したらもう放射線は出しません。ものによってはβ崩壊やγ崩壊して2発放射線を出すものもありますが、基本的にはずーっと出しっぱなしになるのではなくて、一回出したら安定した物質に変わりますよ」と説明しているんですね。もちろん、厳密に言うと違うんですが、こういうふうにイメージしたほうがわかりやすいと思うんです。

これはたとえば、けっこう勉強している意識の高いお母さん方でも、放射性物質というとずっと放射線を出しっぱなしだと思っている方が多いんですね。たとえば半減期が30年だと言われたら、30年間放射線を出しっぱなしになると思って怖がっているところがあるので、まずその辺の誤解から解いていくために、ちょっと極端な形で説明しているんですね。

けっこう勉強して意識の高いお母さんになぜこれを見せないのか?一発で理解してもらえるぞ。


プルトニウム

内部被ばくの“証拠”撮影 長崎大研究グループ
転載 2009/08/07 07:03 【共同通信】
長崎原爆で死亡した被爆者の体内に取り込まれた放射性降下物が、被爆から60年以上たっても放射線を放出している様子を、長崎大の七条和子助教らの研究グループが初めて撮影した。放射線を体の外側に浴びる外部被ばくと別に、粉じんなど「死の灰」による内部被ばくを裏付ける“証拠”という。

 内部被ばくの実態は研究が進んでおらず、七条助教は「病理学の見地から内部被ばくの事実を証明することができた。今後、健康への影響を解明するきっかけになるかもしれない」と話している。

 七条助教らは、爆心地から0・5~1キロの距離で被爆、急性症状で1945年末までに亡くなった20代~70代の被爆者7人の解剖標本を約3年間にわたり研究。

 放射性物質が分解されるときに出るアルファ線が、被爆者の肺や腎臓、骨などの細胞核付近から放出され、黒い線を描いている様子の撮影に成功した。アルファ線の跡の長さなどから、長崎原爆に使われたプルトニウム特有のアルファ線とほぼ確認された。

 鎌田七男広島大名誉教授(放射線生物学)は「外部被ばくであればプルトニウムは人体を通り抜けるので、細胞の中に取り込んでいることが内部被ばくの何よりの証拠だ。広島、長崎で軽んじられてきた内部被ばくの影響を目に見える形でとらえた意味のある研究だ」としている。


佐藤順一よ、こういうふうにイメージしてもらったほうがわかりやすいと思うんですが。

いったん体に入ったら死ぬまで放射線を内部から浴びせられる。

だから、内部被曝に気をつけてマスクをするんですよと。


*去年からあちこちで拡散された記事だ、ビデオもあったがNHKだったので速攻で削除。

また出てるかな、有志たちの力で。

スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

エートスがうそっぱちな理由

福島県で「意見聴取会」 ほどんどの参加者が「原発ゼロ」主張(12/08/02)


福島 フクシマ FUKUSHIMA
引用
◇どれほどの人が亡くなったか

 私が、今回ここで意見表明をしたいと思ったきっかけは、先月、(名古屋の聴取会での)「福島原発事故の放射能の影響で亡くなった人は一人もいない」という発言をメディアで聞いて、怒りを覚えたからです。
 私も、原発事故の避難者ですから、避難者の状況は、よく分かっているつもりです。どれほど多くの人が、避難中に亡くなったか、避難直後になくなったか、いまもばたばたと倒れて亡くなっているか。本当に、「あんなに元気な人が・・・」「あんなに笑顔だった人が・・・」という信じられないぐらい多くの人が亡くなったり、病に倒れたりしている情報を聞かされています。本当に悲しい思いを日々しています。
 借り上げ住宅や仮設住宅で、そして、一時帰宅の際に、将来を悲観して、自ら命を絶つ人が跡を絶ちません。本来であれば失われなくてよかった命、もっともっと長く生きられた命が、失われているということを、まず、申し上げたいと思います。
 無理もないと思います。原発避難者は、ある日突然、何の説明もなく避難させられ、故郷を追われ、「明日にでもすぐに帰れるだろう」と思って避難したんですね。ところが、いまだに故郷にも家にも帰れず、家族バラバラのまま生活している。いつ帰れるかもわからない状況で過ごしています。
 そういった状況の声が全然、届いていないというのが、本当に、日々、思うところでございます。


◇取り返しのつかない事態

 私の選択は、「ゼロシナリオ」としました。しかし、今回示された「ゼロシナリオ」を支持していしているわけではありません。私の意見は、「原発ゼロを直ちに決断すべきだ」という意見です。
 原発事故を体験しているものとして、原発ゼロ以外の選択肢はあり得ないのです。理由は様々ありますが、最大の理由は、原発事故が取り返しのつかない事態をもたらしているからです。原発と命は共存できません。
 私は、二人の大学生を育てています。子どもたちは多くは語りませんが、「生まれ育った福島に、このまま住んでいいのか」「福島で結婚をし、子育てをして行っていいのか」、そういう深いところで悩んでいます。喜ぶべき人生の節目において、未来を担う若者たちに、こうした不安や苦しみを抱かせてしまっている。こういう政治や社会でよいのかということが、正面から問われていると思っています。
 私の周りにも、子どもさんの寝顔を見ながら、「本当に福島で育ててよいのか」と、涙を流すお父さん、お母さんがたくさんいらっしゃいます。子どもを守るためとして自主避難をし、離れ離れに暮らす家族も限界を迎えています。
 先日、仮設住宅に行きました。「すぐに避難しなければならなかったので、救える命も救えなかった」と自分を責め立てる方。避難先で夫をなくされ、「原発事故さえなければ、もっと長生きしていたはず」と涙ぐむ方。荒地を開墾し、苦労して子どもを育て、ようやく楽ができると思ったら、そのすべてを一瞬でなくされてしまった無念さ語る方など、たくさんの方に出会いました。
 私は、こうした話を聞くたびに、「原発事故は、人間が人間らしく生きることを否定するもの。一人ひとりの当たり前の生活、そして人生を破壊してしまうもの」だと強く感じています。人間の尊厳、人間らしく生きるということは、どんな理由があっても侵してはならないし、最優先で守られなければならないのではないでしょうか。

福島聴取会


この福島県民の無念さの上に原発即停止がある。

心の叫びがある。

「原発を止めることだ!」の前提があってこそ、すべてが動き出す。

原発を無視する「エートス」に真実はない。


エートスはそれでも福島県民か?恥を知れ!!!


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

エートスを叩き潰せ、竹野内真理





福島エートス論



エートス側の言い訳
buveryさんの解説ーーエートス誹謗騒ぎの裏にある構造


威勢のいいエートス批判の急先鋒、竹野内真理さん。工作員をなぎ倒す。

返す刀で、buvery、菊池誠、江川紹子、池田香代子をばっさり。


暑い夏、熱い女の戦いが始まった、こどもを守るのはどちらだ?


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

エートスの合言葉、「あなたを離さない」 「オレは待ってるぜ」山下副学長

福島民報 (2011/09/20 09:04)
放射線医療5施設新設へ 福島医大に健康管理センター330床など
 東京電力福島第一原発事故を受け、福島医大が放射線医療の拠点化を目指してまとめた復興ビジョンの概要が19日までに明らかになった。330床を有する放射線医学県民健康管理センター(仮称)など5施設を5年以内に新設。国内の専門家を医療・研究スタッフとして迎え、県内のがん医療を国内最高水準に引き上げる。被ばく医療専門の医学講座を年内に設けて人材育成にも取り組む。事業費約1千億円を想定し、県と一体で国の3次補正予算案に盛り込むよう求めている。
 構想では、各施設ともに医大の敷地内の駐車場などを利用して整備する。放射線医学県民健康管理センターはがんの早期治療を担う拠点施設になる。付属病院にある甲状腺外科、血液内科、放射線科、皮膚科を移し、専門医を配置するなどして医療の高度化を目指す。乳幼児や妊産婦への放射線の影響が特に懸念されるため、小児科、産科もセンター内に置く。
 建物は鉄筋コンクリート九階建て・延べ床面積は2万9千平方メートル。現在の付属病院より一回り小さい規模となる。
 さらに、病気の早期発見に当たる分子イメージング施設を二カ所に設ける。がんの発見に用いるPET(ポジトロン断層撮影)やサイクロトロン、超高解像度のCTスキャン、内部被ばく状況を検査するホールボディーカウンターなどの最新機器を配備する計画。
 がん治療の薬剤開発を進める創薬・治験センターも整備する。全県民対象の健康管理調査の結果を将来にわたって分析したり、新たながんの治療法を開発したりする研究・実験施設も設ける。
 医学講座は被ばく医療に特化した内容とし、定員は現在調整している。講座新設に合わせて医学部の定員増を国に求める。県内の医療水準の向上を目指し公的病院に派遣する医師の数を増やすことも検討する方針だ。
 放射線関連の医療産業の集積にも取り組む。産学連携の研究施設として、ふくしま医療産業振興拠点(仮称)を設け、地元や海外の企業と連携して放射線医療の検査、診断、治療に用いる機器開発などを促進する。研究のパートナーとなる企業誘致も進め、地域産業の活性化と雇用創出にもつなげる。
 構想を具体化する上では人材確保が大きな課題になる。施設や講座の新設に伴い必要となる医師、教授らは少なくとも数十人規模になる見通しで、放射線医療に関する連携協定を結ぶ広島、長崎両大から人材を得ることで合意している。今後、国内の関係機関に働き掛けるなどして医療・研究スタッフを確保する方針。
 本県への放射線医療拠点の整備を盛り込んだ政府の復興基本方針と、県の復興ビジョンを受け、構想をまとめた。
 福島医大の復興事業を担当する横山斉同大付属病院副院長は「原発事故のあった本県で最先端の治療・診断を受けられる態勢をつくることで、県民の安全安心を確保し、『日本一健康に生きられる地域』を目指したい」としている。
 県は政府の復興基本方針に合致しているとして、国の3次補正予算で事業費が確保される可能性は高いとみている。

只今、開店準備中、もうしばらくお待ちください。

店主  山下俊一


*田中俊一、小野俊一ばかりじゃねえ、オレを忘れるな!

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

貧乏で避難できなかったベラルーシの真似をする「福島エートス」

一人当たりの名目GDP(USドル)の推移(1980~2012年) - 世界経済のネタ帳

一人当たりの名目GDP(USドル)の推移(1980~2012年) (ベラルーシ, 日本)

ベラルーシGDP

独裁国家で貧乏なベラルーシ、行くところがなくて泣く泣く汚染地で暮らさざるをえない。
「安全なところに避難させてくれ」と食って掛かる老婆たちのビデオを見てないのか。

それに比べて福島、莫大な予算が投入、1年でも2年でもいいから避難疎開費用に当てればいいものを家やビルや木や草や森や土や池や川を除染するのに使われる、そして山下副学長の下、最新鋭医療設備を兼ね備えた新センター建設の表明。

「低線量被ばく明らかに」 福島県立医大の新センター
原発はいますぐ廃止せよ ‏@kokikokiya
「エートスプロジェクト」合言葉、「あなたを逃がさない」「あなたを放さない」「いやん、逃げちゃダメ」「こら、逃げるな」「もう、あなたを離さない」どれがいいのだろう?

菊地臣一学長は「低線量被ばくのデータを明らかにして、人類の財産にしたい」と意欲を示した。「エートスプロジェクト」合言葉「あなたは人類の財産」

早期診断による早期治療、オレは待ってるぜ、山下副学長。

県立医大の新センターでは最先端医療機器の整備、「オレは待ってるぜ、機器を無駄になんかしないぞ」山下副学長。




やっぱり「エートス」に洗脳されているのね。

「避難するから、金を出せ、除染費やセンター建設費からこっちに回せ」

強硬に主張して、こどもを守ろう。

人に金を使え、コンクリートはもういらん。


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

忍び寄る悪魔のエートス・プロジェクト

<エートス・プロジェクト>を通して国際原子力ロビーは何を目指しているのか?
引用
国際原子力ロビーは福島原発事故の問題を手中に納めるため、日本で本格的に動き出している。この惨事が惨事と認定されないように、原子力産業の発展のくびきとならないようにするためである。昨年から、福島で,東京で,広島で、日本の原子力ロビーやそれに関与している御用学者達が盛んに連動して動き始めていることも周知の通りである。
昨年秋から、<エートス・プロジェクト>などという、倫理性や精神性を包み込む名称をタイトルにして、原子力推進勢力が復興計画を福島で行なおうとしている。この計画の組織者達は何を意図しているのか、数回にわたって検証したい。

その1:日本にも襲いはじめた<エートス>プロジェクトとは何なのか?

まず、バーゼル大学医学部名誉教授ミッシェル・フェルネックスの<エートス・プロジェクト>に関するインタヴュー(ユーチューブ上で公開中:http://youtu.be/2_oKtjnh52c)を見て頂き、そして、彼が2002年、クリラッド(フランスの市民放射能測定所)の機関紙22号に載せた論文「鍵となる嘘 —あるいはいかにチェルノブイリに刻まれた記憶を消し去ること」を合わせて読んで頂いた上で、拙稿に戻って頂こう。
http://echoechanges-echoechanges.blogspot.fr/2012/07/blog-post_16.html

これは絶対我慢して最後まで見て、じいちゃんが悪魔の仕業を暴いている。



要するに悪魔のICRPのロシャールとかいうのがベラルーシで「お前ら逃げずに創意工夫して住め、生活しろ」とそそのかす洗脳軍団エートスを送り込んだ、すっかり洗脳された住人はその後健康被害が増加しただけで、悪魔は資金も機材も人員も引き上げて知らぬ存ぜぬで「チェルノブイリは安心安全だ」と世界に論文、書物をばら撒いたのだと、告発している。

また、ウラディミール・チェルトコフ監督のドキュメンタリー映画「真実はどこに? —放射能汚染を巡って」(ユーチューブ上で公開中:http://www.youtube.com/watch?v=oryOrsOy6LI)をまだ見ていない人がいたら,ぜひ見て頂きたい。


福島原発事故が起こってから、国際原子力ロビーは様々なかたちで、この事故の放射能による悪影響を極力少ないものに見せるために、様々な手を打って来ている。目に見えて大きな組織作りの最初は、日本財団[1](これは極右翼でA級戦犯だった笹川良一が創設した笹川財団が発展して改名した同じ財団)が主催して福島で行なわれた「国際専門家会議」である。この会議は参加者の顔ぶれを見るだけでも、まさに国際原子力ロビーと共犯関係にある国連の諸機関(IAEA, WHO, UNSCEAR, ICRPなど)が総動員されている。この中に、本稿の主題である<エートス・プロジェクト>のフランス人責任者ジャック・ロシャールがちゃんと場を確保している。

中略---------

こうした原発事故の後の対応は、たしかに「放射線防護だけでなく精神的、社会的、経済的、政治的、倫理的な面から成る複雑な過程」(ロシャールの説明)だが、何より、健康問題が中心的課題となるべきところ、後者の精神的、社会的、経済的、政治的、倫理的な面に主題がすり替えられている。これらの側面は、実際、福島や周辺県で、真摯に長年に渡って農業や漁業に打ち込んで来た生産者や住民にとって、感じやすい部分であり、また彼らの思いが帰郷、復興、再開に向けて思いが募っているとき、ジャック・ロシャールの語る<住民参加型の復興>の思惑にスッポリと重なるのである。それこそが罠なのだ。原発事故後の様々な健康障害は、実は放射能ではなく、精神ストレス、経済的、社会的な様々な原因によるのであって、放射能によるものではない、というのが国際原子力ロビーの主要な主張なのである。つまり、放射能を免罪すること。これこそが,彼らの目的であり、それは真実を覆い隠すことで成立している戦略なのである。


放射能の健康被害は無視して、それ以外にすりかえてそっとやさしく寄り添う振りをする。

そしてほとぼりさましてバイナラとトンずらするのだろう。

そしてまた論文や書物で福島は安全安心健康被害はなかった、放射能は大して危険ではないのだと世界に広めるのだろう。

いいかげんにせんか、この悪党ども、悪魔め!!!


日本のエートス

ETHOS IN FUKUSHIMA
メンバー
早野、水野、安東、菊池、江川、佐藤順一、野尻、野尻、buvery(こいつだけよくわからん)他賛意を示す輩。


今度よくメンバーを調べてみる。(もうあんまり馬鹿は相手にしたくないが、洗脳信者がむげない)

トンデモねえ野郎どもだ。

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター