3.11前のバンクーバー北米汚染のセシウム134、それはハンフォード

Happiness of the Day
カナダBC州、バーナビーに暮らす日系移民一世、4人+1匹家族の母が想うこと & 放射能問題(主に英語報道の紹介) &カナダ避難応援します!
カナダBC州放射能汚染の不思議

フクイチ証拠のセシウム134入り海水が北米バンクーバー島にまで4年かけて辿りついたということはすでにもう記事にした。

こちらの方が論文を翻訳してくれて非常に素晴らしい簡潔明瞭なブログを書かれていた。

わたしもいつもこういうお上品なブログを目指しているのだが、つい、崩れていくのが修業が足らんところで反省しているのだが。


そのブログの中で2011年前の測定値にセシウム134が出ていたと書かれていた。


引用
「一番びっくりしたのは、福島事故以前に検出されているセシウム134。。。果たして汚染源は???」

「。。。。要するに・・・

原発事故が起きていなくても、

過去の事故や実験の負の遺産のほかに


何かほかの理由で土壌が放射能汚染されている可能性が。。。という事実をつきつられているわけで・・・


さぁ、どうしましょうか・・・」


ハンフォード3


ハンフォード2
http://www.whoi.edu/maps/kbuessler/fukushimaMap.do?iframe=true&width=100%&height=100%


これしかないでしょ!!! ナスカの地上絵 か? (笑い)


ハンフォード


ここに原子炉がいくつも建って吹き荒してまき散らかして、いまだにシアトルバンクーバー周辺にセシウム134が検出されていたということ。


これはちょっと「目からうろこ」でしたねえ!!!


海水の方は量的に考えてフクイチ由来で間違いないだろうが、地上の土壌植物ほかのセシウム134は混在型を疑わなくてはならなくなった。


1945年ごろからおそらく莫大な量のあらゆる核種をまき散らしていたに違いない、ハンフォードで調べれば情報は山と出てくる。


フクイチ事故にもしも功罪の功があれば、過去の真実を如実に甦らせて人類への反省を迫ってくるということだろう。



再稼働はやめとけ!!!





スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

岡山兵庫の汚染の色は単なるシミュレーションソフトのゆらぎ!

前回の記事の岡山兵庫の汚染の色を考えていたが、

世界汚染地図3
http://www.atmos-chem-phys.net/13/1425/2013/acp-13-1425-2013.pdf


他の大気拡散シミュレーションソフトで書かれた汚染地図を見ると、


世界汚染地図4
http://www.pnas.org/content/early/2011/11/11/1112058108.full.pdf


中国山地や四国山地に色がある。大気拡散で沈着したと予想したのだろう、確かに放射能が蔓延していたのだから。
そして土壌の濃度予想の結果、bq/kg。(実地測定はしていなかったはずだが)


世界汚染地図5


北海道の東の端が汚染されたのは理屈でわかる、山が無くて海を吹きぬけたから。しかし、西に向かっても山で遮られて薄い軽い微量な放射能しか西へは向かえなかった筈だ。プログラムソフトが沈着したと計算したのだろう。そして山の中が多いので実測が難しいのだが、実測値はある。


環境放射線データベース
引用

明らかな色つき汚染の静岡県を入れて、京都兵庫岡山鳥取広島高知を調べると、

ゆらぎ

静岡は色が塗れるが、他は少なすぎて難しい。

ゆらぎ2

降下物10ベクレルでどんぐりの背比べ。ここの測定地はみな市内だろうが、山のほうも変わらんだろう。


降下した結果の土壌汚染は、


ゆらぎ3


やはり静岡は色が塗れるが、


ゆらぎ4


兵庫岡山は原発事故が起こっても逆に下がっているではないか。降下物が微量過ぎるのだろう。


以上から、岡山兵庫のホットスポットか?と思わせる色は、大気拡散シミューレーションソフトの計算プログラムの入力データから導き出される微量汚染の色塗りの過大評価と決定付けられる。


長野県の隣の岐阜石川福井周辺や四国も過大評価だろう。北海道の東の端だけは汚染があるに違いない。
実測あるのみだ。


米国汚染地図から、とんだお騒がせでした。


「避難するなら、西日本しかない!」


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

どれだけ汚染されたのか?米国汚染地図

飯塚真紀子の「アメリカ生情報」
米国で最も放射能汚染されているのはロサンゼルスでした!
引用
福島第一からの放射性プルームがちょうど西海岸に到達していたと思われる3月20日、ロサンゼルスマラソンがあったのですが、大雨降ったもんね~。あの雨を思い出すと、ロサンゼルスがアメリカの中では一番数値が高くても、全然驚くにあたりません。
マラソンのゴールがちょうどうちのそばだったので、傘をさしてマラソンを観戦したのですがが、それでも横殴りの嵐のような雨だったので、けっこう濡れました。

実はとても心配性な私、気にかかっていることが......。この先、万一のことが起きたら怖いので、一応、ここに記しておきます。昨年の夏、帰国した時、実家の母にこんなこと話していたんですね。
「何か、最近、心臓の鼓動が急に早くなることがあるの。病院で診てもらった方がいいかなあ」
実際、その頃、数度、そんな症状が起きていたので、心配だなあと思っていました。心電図でもとってもらおうかなあと。血圧も中性脂肪値も低いので、そのあたりは原因ではないだろうと思い、まあ、その時は、更年期障害の症状だろうくらいにしか考えなかったんですが、いろいろ取材していくうちに、セシウム137が心臓の筋肉を攻撃して、不整脈を引き起こすという話を聞きました。そのため、チェルノブイリでは、癌や白血病を発病する前に、心筋梗塞で突然死した人もいたということです。
そして、ロサンゼルスにセシウム137を降らせたと思われるあの大雨に濡れてしまった私。
考え過ぎだといいんですがね~。
最も最近は、心臓の鼓動が早くなる症状はないのですが、時々背中痛が.....。
やっぱ、歳のせい???www

------------------------------------------------

木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」
ニューヨーク、屋上菜園というリスク懸念。江戸川セシウムうなぎと同じ水を、金町浄水場から飲む東京都民。
引用
ブルックリンの友人が、疾患の原因は屋上じゃないかと言ってました。

----------------------------------------------------------------------------

西海岸じゃなくて東海岸のニューヨークでも具合が悪い人がいるらしい。

ところで英語が出来る人は一緒にデータも教えてくれれば助かるのだが、こちとら翻訳ソフトを多用して四苦八苦なのですが。


Fission Products in National Atmospheric Deposition Program—Wet Deposition Samples Prior to and Following the Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Plant Incident, March 8–April 5, 2011
引用

米国ヨウ素汚染地図
米国汚染地図1

米国セシウム134汚染地図
米国汚染地図2

米国セシウム137汚染地図
米国汚染地図3


これらを合体させた汚染地図を例のソフトで作った。


米国I131+Cs134+137bq/m2汚染地図
米国汚染地図4


西海岸がひどくて東海岸もそれなりにプルームが飛んでいる。ここで問題は、このデータが3/15~3/29までの降下物の測定値だということだ。(なぜかピコキュリーとベクレルと2種類もご丁寧に地図を作っている)

延々と漏れ続けるフクイチ放射能は、西日本に飛んでくるよりも太平洋を飛び越えて米国に降り注いでいるのではないだろうか?それで早期に測定をやめて隠蔽を諮った、知らぬは米国民ばかりなり。

きっと広島長崎第五福竜丸の祟りだろう。


Modelling the global atmospheric transport and deposition of radionuclides from the Fukushima Dai-ichi nuclear accident
引用 大気拡散沈着
世界汚染地図
世界汚染地図2
世界汚染地図3


まあ、いつ見ても東日本はひどい。

なにも起こらなければいいが、、、。



*追記

米国汚染地図の話だったのに、この最後の汚染地図を見ていたら、岡山兵庫にホットスポットがあるじゃないか?
大気拡散が乾性沈着、雨が降って湿性沈着のモデルだろうが、現地測定で調べてみないとひょっとすると見落とされた忘れられていた西日本のホットスポットなどと大事件になるのじゃあないだろうな?

調べよう。

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター