みんなの本音 「みなさん臨界中性子のことは言わない」 「心配しているが測定はしていない、なぜか、知ると怖いから」








2号機核燃デブリ調査で2013年には少なかったのが、530Sv/h→650Sv/hと高くなっていると言っている

その前にいったい核燃料は通常何シーベルトあるのかが問題だが、これは使用済み燃料プールから燃料を引き上げた時に何シーベルトあるのかという問題のときにやったのだが、忘れたので調べていたら、

ハッピーが8000Svとか朝日新聞で通常運転で500Sv以上とか書いていたが、なかなかはっきりしなかったが、
よくよく資料をよく見ると、おしどりの資料に書かれていた

「原子炉停止後の燃料集合体の1体の表面線量は数万Sv/h」

おしどりも知識早くなりすぎて素人にわかりやすく伝えるということを失念しているようだから、少しオレは罵倒した










ということで、650Sv/hもあれば「再臨界可能性中性子増加」も考えられるので、東電記者会見で質問するべきだが、


誰一人聞いていない

マスコミもその他もだれもがいい加減なので、結局はやはり自分で1次生情報に当たらざるを得ない


手抜きするととんでもない情報にだまされる






燃料デブリの臨界管理技術の開発
引用
臨界監視

臨界チェルノ


中性子のことは以前からいろいろ書いているのではぶくが、いよいよ核心に迫ってきたようだ


水を吹き付けて


核燃デブリを動かしたり、水を吹き付けたりすると、チェルノブイリの実績どおりにU235の形状が変化して臨界可能性


中性子線の数の多さで、帰還できるかどうかが判断される

真実はそこにある


*デブリに問題なければ、鉛ホウ酸コンクリートの安上がりで廃炉作業はすぐに終わる



東電はずるずるしたいのが山々だろうが(笑)すぐに倒産させられるから




スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

最初から最後まで一言も言われない中性子、NHKバカ増スペシャル「局所臨界核燃デブリ」

一目で分かる「核分裂」-NUCLEAR FISSION
NHK局所臨界2
核分裂とは、重い原子核に中性子などが当たる事で分裂を起こし、二つ以上のより軽い原­子核に分かれる事を言います。このとき、質量の一部がエネルギーに変換される事による­巨大な熱が放出されます。分裂のときに放出される複数の中性子がさらに他の原子核に当­たり、新たな核分裂を起こす事が連続的に起こる事を核分裂連鎖反応といい、そうした条­件に達する事を臨界と言います。



@mic GO! GO! ~原子と原子核 基礎講座~ (20)核分裂
NHK局所臨界3
まさにビジュアル化されて動き出す、高校生の物理教科書!パソコンの中の架空の人物の­フリをする、コードネーム「ミック」が番組のナビゲーター。物理好きの関西美少女「ゆ­ーき」のアクセスで、個人レッスンが始まります。豊富な実験映像やグラフィックを交え­た「ミック」の講義は、授業でも活用できます。今回は「核分裂」。原子核が分裂して巨­大なエネルギーを生み出すしくみについて学習します。



NHK核分裂では中性子がひとことも出てこない
NHK局所臨界




2011年事故以来、「東電さん、中性子線量はどうなっていますか?」と聞かれ続けながら、


東電「中性子計測器はすべて壊れた」で済まされてきた。


建屋の中も停電で壊れた、2号機下部温度計は動きながら中性子計測器は「すべて壊れた」で誰もが疑問も抱かずに過ぎ去った4年間

地底臨界、臨界の危険性、局所臨界などというのなら、まずは中性子線量のデータが絶対に必要なはずだが。

帰って来なくなったロボットくんもガンマー線だけでなく、ニュートロン線量をきっと測っているはずだ。


ひと~つ、ふた~つ、み~つ、いま何時? 7時、や~つ、ここの~つ と

福島第一原子力発電所構内でのモニタリングポスト計測状況

ここに西門前で中性子線量率が測定されているが、<0.01μ㏜/h

臨界を語るなら中性子を語れ!!!

言えない理由があるのかどうかが莫大なる疑問だ。



NHK局所臨界核燃デブリスペシャル


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

炉心では(アルファ、中性子)反応と自発核分裂で中性子出まくり、これが飛んできたのではないか?

福島第一原子力発電所の燃料組成評価
引用
表 71 1 号機炉心、短期中性子放出率(neutron/sec/core) ..................................................... 169
表 72 1 号機炉心、長期中性子放出率(neutron/sec/core) ..................................................... 169
表 73 2 号機炉心、短期中性子放出率(neutron/sec/core) ..................................................... 170
表 74 2 号機炉心、長期中性子放出率(neutron/sec/core) ..................................................... 171
表 75 3 号機炉心、短期中性子放出率(neutron/sec/core) ..................................................... 172
表 76 3 号機炉心、長期中性子放出率(neutron/sec/core) ..................................................... 172
表 77 1 号機使用済燃料プール、短期中性子放出率(neutron/sec/core) ................................... 173
表 78 1 号機使用済燃料プール、長期中性子放出率(neutron/sec/core) ................................... 174
表 79 2 号機使用済燃料プール、短期中性子放出率(neutron/sec/core) ................................... 174
表 80 2 号機使用済燃料プール、長期中性子放出率(neutron/sec/core) ................................... 175
表 81 3 号機使用済燃料プール、短期中性子放出率(neutron/sec/core) ................................... 176
表 82 3 号機使用済燃料プール、長期中性子放出率(neutron/sec/core) ................................... 177
表 83 4 号機使用済燃料プール、短期中性子放出率(neutron/sec/core) ................................... 177
表 84 4 号機使用済燃料プール、長期中性子放出率(neutron/sec/core) ................................... 178

3. 5 中性子放出率 (α, N)  Spontaneous fission Tota

----------------------------------------------------------------
Spontaneous fissionは自発核分裂でわかったが、(α, N) はなに?


放射化
引用
放射化(ほうしゃか、Radioactivation)とは、もともとは放射能が無い同位体が、他の放射性物質等から発生する放射線を受ける事によって、放射性同位体となること。放射化の度合いは、放射線の種類とエネルギー、及び放射線を受ける同位体に依存する。
放射化は宇宙線による炭素14の生成のように自然界でも起こっている。人工的な放射化は1934年、キュリー夫人の娘イレーヌ・キュリーとその夫フレデリックによって初めて発表された。彼女らはポロニウムから生じたアルファ線をアルミニウムに照射し、

27AL(α、N)30P

の反応により安定同位体から放射性同位体が生成することを確認した。この功績により、1935年に2人はノーベル化学賞を受賞している。
原子力エネルギーの利用を目的とする原子力発電所や加速器等を構成する材料の一部は、施設の運転中に発生する中性子によって放射化する。更に、中性子照射によって放射化した材料の中でも、施設の解体・処分時にある一定以上の残留放射能を持つものについては、低レベル放射性廃棄物へと区分されることが予想されている。
放射化を利用した分析手法が放射化分析である。また、γ線源であるコバルト60合成のために以下の反応が利用されている。

59Co(N,γ)60Co

------------------------------

α線がぶつかって中性子線が出る奴もいたんだ。高エネルギーガンマー線が当たっても出る奴もいるらしい。


よし、わかった、いろいろいるんだ。


中性子放出率

これを合体させて、


中性子放出率2

フクイチのメルトダウンした炉心に最初は1秒間に936億個の中性子線を出す核燃料が理論的にはあったということだ。連鎖反応して出ていたからもっと多いはずだが、これは連鎖なしの場合だろう。
こんなに出てたらなくなっちゃうのじゃないのと思ったが、


中性子放出率3


ウラン238が全炉心で243トンもあればその原子数は、数え切れないほどの数だから、少々では消えない。

やはり中性子は出まくるのだろう。おとなしく炉心の中に居ればいいのだが、どうやら出てきている。


J-PARC中性子2


明日に向けて(314)自発核分裂性物質で内部被曝するとどうなるのか・・・。
引用
それに、
核燃料集合体の場合、プルトニウム240のみが単独で存在するような系よりも、
Pu239やU235などの核分裂性の元素が混合した粉末状固体として存在しているわけで、
体内細胞の水環境に、この粉末が入ると、
いわば体内にナノパーティクル・サイズの原子炉が出来てしまい・・・
自発核分裂で生成された中性子に起因して、
或る程度の回数の核分裂連鎖反応が起きるのではないかと。
これが、この間、私がもっとも恐れているシナリオです。

倍倍ゲームで増えるから、単純に考えれば、
自発核分裂一回あたり連鎖反応がたった5,6回続いただけでも、
50個くらいのFPが新たに生成されるわけです。
それが年間に30000回とすると、軽く1,500,000個のFPが体内で生成される。
それがまた崩壊して放射線を発する・・・
しかも、半減期が極端に短いものが出て来たら、高ベクレル数になるうえ、
安定同位体になるまで何回もβ崩壊を続けるので、とても厄介なことになる。


こういうわけで、超ウラン元素を含む核燃料の飛散というのは、
K-40のような自然界に普遍的に存在するα崩壊核種とは
全然違う危険性を孕み持つと、シロウトなりに考えるものです。

---------------------------------------------


2011年の頃は「自発核分裂」とか聞いても、???の状態だったがこれでやっとわかった。

現実にこういう核種がこれだけ中性子を出しています、計算はこうですと具体的に指摘してくれるとわかりやすい。キュリウムというのが一番多く出している。


Cm-242御殿場で0.001Bq/kg
中性子放出率4


ガンマー線を測るよりも中性子線を測るほうが汚染度の判定が確実ではないか。

除染か避難かの判別式となる!!!


中性子飛来方向測定装置の研究 防衛大学校 理工学研究科

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

J-PARCでフクイチ由来の中性子汚染、見つかる!いや、見つける!


ボクはP君


J-PARC 放射線管理年報(2011 年度)
引用
大強度陽子加速器施設(J-PARC)は、独立行政法人日本原子力研究開発機構(JAEA)と大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(KEK)が共同で管理・運営する国際的共同利用研究施設である。J-PARCは、リニアック施設、3GeVシンクロトロン施設、50GeVシンクロトロン施設からなる加速器施設群と物質・生命科学実験施設、ハドロン実験施設、ニュートリノ実験施設からなる実験施設群から構成されており、2006 年度にビーム試験を開始し、2008 年度からは供用運転を実施している。現在は、世界最高クラスの大強度陽子ビームにより生成された中性子、ミュオン、K中間子、ニュートリノなどの多彩な 2 次粒子ビームを用いて、物質科学、生命科学、素粒子物理、原子核物理、原子力など幅広い分野の最先端研究が実施されている。

J-PARCの放射線安全管理については、「大強度陽子加速器施設の運営に関する基本協力協定」及び「大強度陽子加速器施設の放射線安全管理に関する実施協定」に基づき、J-PARCセンターが一体的かつ一元的に実施しており、「大強度陽子加速器施設(J-PARC)放射線障害予防規程」(予防規程)に規定された「放射線管理室」がその実務を担当している。

2011 年度においては、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)からの復旧作業とその後の供用運転が、J-PARCセンターの主要な活動であった。2011 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災により、J-PARCは激しい揺れ(東海村:震度 6 弱)と大きな地盤沈下(1m以上の沈下箇所が多数)に見舞われ、負傷者や放射線トラブルはなかったものの、一部の建家、ユーティリティ設備及び周辺インフラ等に大きな被害を受けた。震災直後は、復旧には年単位の期間を要するものと思われ、早期のビーム運転再開はとても不可能と判断される状況だった。しかし、その後の調査で、幸いにして加速器本体の損傷が軽微であったことが判明し、安全確保を大前提とした上で、年度内の供用運転再開を目指してJ-PARCセンター全体で復旧作業に全力を挙げることとなった。このような状況の中、放射線安全管理業務においても、通常の管理業務に加え、震災復旧及び東京電力福島第 1 原子力発電所事故(福島第 1 原発事故)の影響への対応を重点項目として取組んだ。そして、関係者の努力の結果、

2011 年 12 月 9 日にビーム調整試験を開始し、2012 年 1 月 24 日には施設供用運転再開に漕ぎつけることができた。

本報告書においては、J-PARCの放射線安全管理について、震災復旧等への対応を含め、2011 年度の活動状況をまとめるとともに、2010 年度以前の主要事項についても概要を記述した。


3月11日から12月9日までは加速器運転停止につき、中性子線漏れはありません。

計測されたらそれは自然(宇宙)由来か、それを越えたらフクイチ由来です。


ハドロン事故11
ハドロン事故12

上のグラフは見にくいので生データが載っていたので自分で解析用グラフを作成した。

1時間あたりの線量率、ガンマー線と中性子線。
J-PARC中性子

うん、ほぼ同じ形だ、ここが運転する前に中性子線の計測を1年半ほどしていた、それで自然中性子線のデータと比較しながら加速器漏れをチェックしていたようだ。(いわゆるバックグラウンド)


モニタリングポストの一つ一つを取り出してみると、

J-PARC中性子2


おお、原発事故からあきらかに中性子線量が上がっている、加速器は地震停電でストップだからこれはあきらかにフクイチ中性子入りプルームの仕業だ。

これは確証の断定でいいのではないか。



J-PARC中性子3


モニタリングポストD-13は12月の試験稼動のときにビームが曲がって漏れましたと報告書に書いている。
カーブがきついので飛び出るとオレは思うよ。

D-14 はあきらかにフクイチ由来だろう。過去の高値を越えている。


J-PARC中性子4

引用
2011 年 3 月の福島第 1 原発事故の影響で測定点付近の松葉に放射性物質が付着したことなどにより環境中のγ線レベルが大きく上昇したため、2011 年度は TLD によるγ線積算線量測定についても、通常の 3 月間測定に加え 1 月間測定を実施した。1 月間測定の結果を表 3.1-4 及び図 3.1-4に示す。最も線量上昇の大きかった測定点 D-15 では、3 月間の積算線量が事故前の約 16 倍まで上昇した。線量は、131I が減衰した 6 月以降、134Cs の減衰とウェザリング効果によりゆっくりと減少している

--------------------------


松葉に放射性物質が付着したことによりD-15のモニタリングポストは最も線量が高かった、中性子線量も高すぎたので測定器のスイッチを切ってしまったのだろう。ゼロにしてしまった。


5点の測定点のごちゃごちゃしたまとめグラフを見てもすぐにピンと来たが、こうして一つ一つを分解してみると余計に際立ってよく見えてきた。


自発核分裂物質や遅発中性子を出す放射性物質がプルームに含まれていたのは、間違いない。

原発から中性子線が飛んでくるのではなくて、中性子線を出す物質が飛んできたのだ。事故当初の素人はここでも正しかったのが、証明された。



J-PARC中性子5


*これで全部見つけただろう、中性子まで。

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

自然中性子線0.004μsv/hなのに、東電詐欺検出限界0.001μsv/hでも検出されず。

環境における中性子線量測定の現状
引用
中性子線2
http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09040808/04.gif


通常は4ナノだから、0.004マイクロSv/hだ、宇宙からいろんなものが飛んできて空気の窒素や酸素の原子核の中性子を弾き飛ばすらしい。

J-PARC事故、5月23日11時55分、中性子バースト!!!

JCO事故時の中性子モニタリングのデータに自然中性子線を入れて見やすくした。


中性子線

μsv/h MP1 自然中性子線
10:00 0.0084 0.004
10:01 0.0000 0.004
10:02 0.0083 0.004
10:03 0.0042 0.004
10:04 0.0120 0.004
10:05 0.0041 0.004
10:06 0.0000 0.004
10:07 0.0083 0.004
10:08 0.0083 0.004
10:09 0.0000 0.004
10:10 0.0041 0.004
10:11 0.0042 0.004
10:12 0.0041 0.004
10:13 0.0083 0.004
10:14 0.0042 0.004
10:15 0.0120 0.004
10:16 0.0120 0.004
10:17 0.0043 0.004
10:18 0.0041 0.004
10:19 0.0000 0.004
10:20 0.0000 0.004
10:21 0.0000 0.004
10:22 0.0083 0.004
10:23 0.0000 0.004
10:24 0.0000 0.004
10:25 0.0041 0.004
10:26 0.0000 0.004
10:27 0.0000 0.004
10:28 0.0000 0.004
10:29 0.0170 0.004
10:30 0.0000 0.004
10:31 0.0000 0.004
10:32 0.0041 0.004
10:33 0.0041 0.004
10:34 0.0000 0.004
10:35 0.0041 0.004
10:36 0.0041 0.004
10:37 0.2600 0.004
10:38 0.0620 0.004
10:39 0.0250 0.004
10:40 0.0084 0.004
10:41 0.0120 0.004
10:42 0.0130 0.004
10:43 0.0087 0.004
10:44 0.0083 0.004
10:45 0.0000 0.004
10:46 0.0041 0.004
10:47 0.0041 0.004
10:48 0.0130 0.004
10:49 0.0120 0.004
10:50 0.0210 0.004
10:51 0.0170 0.004
10:52 0.0120 0.004
10:53 0.0170 0.004
10:54 0.0170 0.004
10:55 0.0170 0.004
10:56 0.0170 0.004
10:57 0.0041 0.004
10:58 0.0130 0.004
10:59 0.0042 0.004
11:00 0.0083 0.004
11:01 0.0000 0.004
11:02 0.0042 0.004
11:03 0.0041 0.004
11:04 0.0041 0.004
11:05 0.0084 0.004
11:06 0.0120 0.004
11:07 0.0083 0.004
11:08 0.0084 0.004
11:09 0.0120 0.004
11:10 0.0210 0.004
11:11 0.0042 0.004
11:12 0.0083 0.004
11:13 0.0000 0.004
11:14 0.0130 0.004
11:15 0.0083 0.004
11:16 0.0170 0.004
11:17 0.0084 0.004
11:18 0.0170 0.004
11:19 0.0084 0.004
11:20 0.0170 0.004
11:21 0.0000 0.004
11:22 0.0130 0.004
11:23 0.0000 0.004
11:24 0.0083 0.004
11:25 0.0084 0.004
11:26 0.0041 0.004
11:27 0.0083 0.004
11:28 0.0000 0.004
11:29 0.0170 0.004
11:30 0.0120 0.004
11:31 0.0042 0.004
11:32 0.0083 0.004
11:33 0.0000 0.004
11:34 0.0042 0.004
11:35 0.0210 0.004
11:36 0.0130 0.004
11:37 0.0120 0.004
11:38 0.0083 0.004
11:39 0.0000 0.004
11:40 0.0170 0.004
11:41 0.0130 0.004
11:42 0.0000 0.004
11:43 0.0085 0.004
11:44 0.0000 0.004
11:45 0.0170 0.004
11:46 0.0210 0.004
11:47 0.0120 0.004
11:48 0.0170 0.004
11:49 0.0083 0.004
11:50 0.0120 0.004
11:51 0.0084 0.004
11:52 0.0083 0.004
11:53 0.0041 0.004
11:54 0.0130 0.004
11:55 0.0170 0.004
11:56 0.0130 0.004
11:57 0.0083 0.004
11:58 0.0000 0.004
11:59 0.0084 0.004
12:00 0.0083 0.004
12:01 0.0083 0.004
12:02 0.0130 0.004
12:03 0.0083 0.004
12:04 0.0250 0.004
12:05 0.0130 0.004

10:37がバーストだから、それまではきちんと自然中性子線も計測されている。

これから考えるに通常の中性子レムカウンターとかいう検出器は普通のガイガーが自然ガンマー線を検出するのと同じで自然中性子線も計測するのだろう。


炉心再臨界の有無の確認について JNES
引用
中性子線3

中性子線4



あらら、0.001μとは?自然中性子線の0.004μはどこへ隠蔽されたのだろうか?


ここのJNES 原子力安全基盤機構のおっさんも自然中性子線に気が付いていないようだが。あとで分かることだが、停電のために人が計測したのを本店にFAXしてそれを本店の兄ちゃんかねえちゃんかがまた書き写して、それを後日修正して東電は発表した。


中性子線6
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110528d.pdf


それにしても測定器の針は0.001で拾えていたはずが、本店が修正して0.01未満は不検出にしてしまった。


そんなバカなことは、あるめえよ!!!


事故の最初から、プルトニウムと中性子は隠蔽の禁句だったのが、最大の混乱の原因だろう。これによって事故解析がいい加減に、東電には都合よくものごとが運んでいく。



と、ここまで書いてきて、わかった。


サーベイメータ・測定器 > よくある質問 富士電機
引用
Q.線量と線量率の違いは?

A.線量は、物質に吸収される放射線の量で、人体の場合の単位はSv(シーベルト)で表されます。
線量率は、その場所の現在の放射線レベルで、単位はSv/h(シーベルト/時)で表されます。
(例えば、10μSv/hの場所に1時間滞在した場合、10μSv。2時間の場合には、10μSv/h×2hで20μSvの線量となります)


安物は、

中性子線7
http://www.fujielectric.co.jp/products/radiation/servy/catalog/NSN3.pdf


線量率も、積算する単位の線量もどちらも0.01マイクロだった、これなら問題はなかった。


ところが高級品は、(番号が違うのでどっちが高級なのか?軽くて携帯用が高いのかわからんが)


中性子線8
http://www.fujielectric.co.jp/products/radiation/servy/catalog/NSN2.pdf


線量率は0.01マイクロとなっているが、線量は0.001マイクロとなって積算単位が小さいので自然中性子線を測れるようだ、これで線量率に換算するのだろう。


線量率と線量の検出限界を間違えたのだろう、そうすると自然中性子線を超える0.01とか0.02マイクロとか検出されると言うことは、明らかに中性子が漏れているということを証明するものとなる。

当初はガンマー線の恐ろしい高い数値に驚いて、中性子も莫大な数値が観測されるものと思ったが0.01とか聞いてなんじゃそりゃ、大したこと無い、いややはり東電の隠蔽かとも思ったものだが。


検出されたものだけ抜き出すと、
中性子線5

正門付近 Time 線量率(μSv/h) 中性子線量率(μSv/h)
13/03/2011 5:50:00 3.2 0.01
13/03/2011 6:40:00 3.1 0.01
13/03/2011 7:10:00 3.4 0.01
13/03/2011 7:40:00 3.4 0.01
13/03/2011 8:00:00 3.5 0.01
13/03/2011 8:40:00 16 0.01
13/03/2011 9:30:00 26 0.01
13/03/2011 5:30:00 3.8 0.02
13/03/2011 5:40:00 3.2 0.02
13/03/2011 6:30:00 3.6 0.02
13/03/2011 10:50:00 6 0.02
14/03/2011 21:00:00 5.8 0.01
14/03/2011 23:20:00 227 0.01
14/03/2011 23:50:00 196.2 0.01
14/03/2011 23:55:00 192.3 0.02
15/03/2011 0:10:00 181 0.01
15/03/2011 0:20:00 175.8 0.01
15/03/2011 0:50:00 164.3 0.01
15/03/2011 1:05:00 147.1 0.01
15/03/2011 1:40:00 130.4 0.01
15/03/2011 0:15:00 177.3 0.02
15/03/2011 1:30:00 135.5 0.02

3月14日の深夜から15日の日付が変わった頃から集中して中性子線が観測されている。大きな数値のバーストは隠蔽だろう。

中性子線9

要するにこの放射能プルームが、それも中性子線を垂れ流している核種が、たとえ半減期が短くても莫大な原子核が、3月15日の午前中に東海村のJ-PARC近辺に上陸して、関東一円に向かったのだろう。


なにが中性子を撒き散らすのか知らなかったが、いろんな変な核種がいたもんだ。


これでまた東海村近辺の中性子線測定値を改めて、検証だ。


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター