広島原爆で隠された真実

20170812 ETV特集 

72年前の8月9日、原子爆弾が投下された長崎・浦上地区。古くから弾圧を受けてきたカトリック信者、そして被差別部落の人々が暮らしていた。生き残った被爆者たちは、戦後長きにわたって自身の被爆体験を語らず、沈黙してきた。差別があったからだ。しかし、後世に自分たちの体験を伝えようと、近年、重い口を開き始めた。差別と闘いながら、生き抜いてきた長崎浦上の人々の戦後を描く。

原爆と沈黙~長崎浦上の受難~ 投稿者 tvpickup

IMG_20170821_220406.jpg


また広島に“あの日”がやってきた…。昭和20年8月6日、人類史上初めて投下された原子爆弾は、広島市の上空600mのところで炸裂。その年のうちに14万人が亡くなったといわれている。
被爆後の広島・長崎で、米軍が日米の医学者を動員して実施した「合同調査」。その調査団による報告書『原子爆弾の医学的影響』が近年ネットで公開された。全6巻ある報告書のうち、実は第6巻のみが、長らく極秘扱いされていた。その極秘文書の中に、広島の“とある女学校”の原爆死傷者研究が書かれていた。その名前は「安田高等女学校」。原爆で被害にあった学校はいくつもあるのに、なぜ「安田高女」のみが特筆されたのか? そこには一体何がかかれていたのか?
あの日、安田高女の生徒たちは、市内5カ所に分散して勤労奉仕に従事していた。午前8時15分、突然閃光(せんこう)が走り、続く大爆発で、校舎も寄宿舎も一瞬にして倒壊。あたり一面火の海となり、跡形もなく焼失した。爆心地のすぐ近くに動員されていた1年生のほとんどが即死。また、各工場で勤労奉仕していた女学生を含め、合わせて315人もの生徒が、かけがいのない命を失った。さらに、生き残った人の多くは、友や肉親を失い、自らも傷つき、放射線の後遺症に苦しんだ。
終戦から間もなく、小学校の講堂を借りて授業を再開させた安田高女の生徒たちのもとへ、合同調査団がやってきた。かろうじて生き残った生徒たちへの被爆調査は、米軍の“ある戦略”上、実は重大な意味を持っていたのだ。私たちは、被爆2カ月後の広島・長崎で撮られた貴重なカラーフィルムを入手。そこに写されていた映像から読み取れる調査の実像とは…。
原爆報告書に、個人名は登場しない。数字だけで表現される被爆生徒たち。しかし、1人1人に家族がいて、かけがいのない青春が存在していた。戦後72年、奇跡的に生き残った方々が語る衝撃の事実と、米軍が総力をあげて行った「合同調査団」の真の目的は何だったのか、被爆者の資料が冷戦下にどう扱われたのか追跡取材。隠されてきた「原爆報告書」の謎に迫る!

ザ・ドキュメンタリー「広島原爆で隠された真実〜米軍が極秘調査した女学生たち〜」前編 1151... 投稿者 YKami


ザ・ドキュメンタリー「広島原爆で隠された真実〜米軍が極秘調査した女学生たち〜」後編 1151... 投稿者 YKami


お盆戦争原爆特集はこれでほぼ漏れなく網羅できたはずだが、なんとなくあと1~2本漏れている気がしないでもないが、またそのうちアップ記録しておこう

IMG_20170821_220230.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

「白骨街道」と「長崎浦上隠れキリシタンと被差別民」と「満蒙の犠牲 女性達」

ETV特集

「告白~満蒙開拓団の女たち~」

終戦後の旧満州。命を守るため、ソ連兵の接待を若い女性にさせた開拓団があった。戦後長く語られなかった、開拓団の女性たちの告白。その歴史に向き合う人々を見つめる。

戦前、岐阜県の山間地から、旧満州(中国東北部)・陶頼昭に入植した650人の黒川開拓団。終戦直後、現地の住民からの襲撃に遭い、集団自決寸前まで追い込まれた。その時、開拓団が頼ったのは、侵攻してきたソビエト兵。彼らに護衛してもらうかわりに、15人の未婚女性がソ連兵らを接待した。戦後70年が過ぎ、打ち明けることがためらわれてきた事実を公表した当事者たち。その重い事実を残された人々はどう受け止めるのか。



満蒙おんな7

満蒙おんな
満蒙おんな2
満蒙おんな3
満蒙おんな4
満蒙おんな5
満蒙おんな6

「原爆と沈黙~長崎浦上の受難~」

原爆が投下された長崎浦上地区。カトリック信者と被差別部落の人々は、戦後ながく被爆体験を黙して語らなかった。差別と闘い、やがて体験を語り始めた浦上の戦後を描く。

72年前の8月9日、原子爆弾が投下された長崎・浦上地区。古くから弾圧を受けてきたカトリック信者、そして被差別部落の人々が暮らしていた。生き残った被爆者たちは、戦後長きにわたって自身の被爆体験を語らず、沈黙してきた。差別があったからだ。しかし、後世に自分たちの体験を伝えようと、近年、重い口を開き始めた。差別と闘いながら、生き抜いてきた長崎浦上の人々の戦後を描く。

---------------------

NHKスペシャルとBS1スペシャルと、さらにETV特集まであって大忙しのお盆の終わりのさなかに、みなさんいかがお過ごしですかw

長崎原爆の隠れキリシタン伝統の信者と被差別民との暗闘のお互いに差別しあい、さらに一般長崎市民との差別合戦があったとは知らなかったETV特集は自撮で見たので記事にしようとユーチューブを探していたらまた別の「満蒙の告白」を見つけて、

「NHKはいい加減にしろ、多すぎて見損なって、受信料返せ」と払わずに付けを溜めた人間がつい怒りたくなる大忙しだった。

長崎のはそのうち探そう。




NHKスペシャル「戦慄の記録 インパール」(1/... 投稿者 changekey


NHKスペシャル「戦慄の記録 インパール」(2/... 投稿者 changekey

意図的なのかどうかわからんが、「インパール作戦」ものは数多く動画が出回っていたが、映像と音声がずれているのが多くて困った。
知られたくないのだろうか?



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

右翼武田邦彦とNHK反戦ものシリーズの対決

NHKはけしからんと怒る武田




原爆死 ~ヒロシマ 72年目の真実~ 8月6日(日)


本土空襲 全記録 8月12日(土)


731部隊の真実 ~エリート医学者と人体実験~ 8月13日(日)

これはNHK自体がユーチューブにアップしているようだが、不思議だ?


樺太地上戦  終戦後7日間の悲劇 2017年8月14日(月)






BS1スペシャル「幻の原爆ドーム ナガサキ 戦後13年目の選択」8月12日(土)


BS1スペシャル「なぜ日本は焼き尽くされたのか~米空軍幹部が語った“真相”~」 8月13日(日)

「なぜ日本は焼き尽くされたのか~米空軍幹部が語... 投稿者 changekey



戦慄の記録 インパール 2017年8月15日(火) これは今日の午後7時半から











テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と書かれているから自衛隊は憲法違反 当然だろう

日本国憲法
引用
   第二章 戦争の放棄

第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

------------------

義務教育卒の人にも理解できるようにわかりやすく書かれた日本国憲法

読んだら、陸海空の自衛隊防衛省は違憲だから、いけんぐらいはわかるだろう

ここをあいまいにしている連中は、原理原則を守らないいい加減な細川小泉鳥越並みの反省しない連中と同じだろう

相模原事件のように、犯人がどうあれ弱者の身を守るべき意欲と実力のある人は必要だろう だから自営軍ぐらいは必須と思っている国民が大半で、暇なときは災害救助もしてもらうというのが、大方の国民の合意だ

だから憲法改正に賛成が増えているのがわからん反原発反被曝の人も多い今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?


自衛隊がちゅうぶらりんで憲法違反は可哀想だから、「ただし、自営軍は保持する」の一筆を入れようというのが憲法改正だが、あべが調子に乗ってこの際いろいろ変えようとするのがけしからんというのが、現状認識だろう


最終的には国民投票となって過半数が賛成すれば、その憲法改正案が通るが、鳥越のように議会が2/3になってもいきなりどうにもならんぐらいは分かりそうなものだが、慌て者の「オレが、我が」の傲慢な自意識過剰の我儘が多すぎる。


憲法改正案にいろいろてんこ盛りにするとわけわかめになるので、反対否決になろうが、自衛隊だけは可哀想だから賛成する人も多いと思う



オレの案は「最後に一筆、ただし自衛権のために自衛隊は保持する」とこれだけでいいと思う



*これにも反対はいまのところ社民党だけのようだから、「だからダメなんだ」で消えていくと思う、
「最後は、福島党ひとり」

*今日は沖縄、明日は伊方と闇雲過ぎて少しも現実の解決が進まないのは、困る

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

John Lennon -"Happy Xmas (War Is Over)"

John Lennon -"Happy Xmas (War Is Over)"


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

1945と書いた今でも深い傷のウクライナ 反戦動画だった。



1945.jpg


今度生まれ変われるならウクライナにしよう


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

安保関連法成立 安倍首相単独インタビュー「憲法の解釈を変え、今回の法整備を行いました」

そんなことどうでもいいじゃん大


安保関連法成立 安倍首相単独インタビュー
引用 日本テレビ系(NNN) 9月19日(土)18時25分配信
日本の安全保障政策の大きな転換となる安全保障関連法が19日未明、成立したことを受け、日本テレビは19日午後、安倍首相に単独インタビューを行った。その中で、安倍首相は次のように述べた。


 「戦後以来の大改革となったと思いますが、憲法の解釈を変え、今回の法整備を行いました」

 Q:内閣支持率も途中で下落した。ここまで反対の声が大きいと考えていたか?

 「それはもとより、覚悟の上であります。はられた(戦争法案などといった)レッテルをですね、審議期間の中だけで取り去ることをできなかった訳でありますが、結果を出していくことによって、はられたレッテルをはがしていきたい」


 安倍首相はまた、国会周辺などで行われた抗議集会について、「国民の一つの声であろうと思う」と述べた。また、抗議集会が盛り上がる中、採決が行われたことについては、「私は平常心で成立を待っていた」と強調した。







現代ビジネス 2015年09月20日(日)
ためらわずに言おう。この国は「バカ」に支配されている
引用
一番悪いのは、こうしたバカを政界に押し込んだ国民です。

やはり、ためらわずに言うべきだと思います。

わが国はバカに支配されています。

エイブラハム・リンカーン(1809〜1865年)の演説に倣(なら)えば、「バカのバカによるバカのための政治」が行われているのが現在です。

昔も今も人口に占めるバカの割合はそれほど変わらないと思います。ただ、バカが圧倒的な権力を持つようになったのが現在の状況です。

-------------------------------


なぜそうなったのか、その原因は?

ためらわずに言おう


ヤブロコフ病だ!!!


頭脳に変化


エートス


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

今の天皇がこれだけ反省の行脚をしているというのに、戦争に懲りないあべどもだ!




両陛下の強い思いで実現=パラオ訪問、1度は断念〔深層探訪〕


戦争反省2


親の戦争犯罪の不始末を子が一生をかけて詫びて回る姿を見れば、日本人なら、いや世界中の人がもらい泣きするだろう。


子孫に迷惑をかけてはならんのだ!!!




国立大に国旗掲揚・国歌斉唱要請へ 首相答弁受け文科相
あべ国旗2


せっかくの今の天皇の反省のこころを邪魔するあべは、朝敵だ!討ち取れ!!!





似た者同士



自分の国は、自分で守る、外まで出ていかない、外国軍隊はもう用事が無いので国に帰ってもらう。


これ以上、沖縄をいじめると琉球王国の独立だ。



これにて一件落着するだろう!


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

2014年09月23日周知するためにもここで念を押しておきたい。フリーの記者がシリアに行って取材してきた情報も写真も映像も、私たちは使わない。

【AFP記者コラム】「イスラム国」の斬首動画が報道機関に突きつけた課題
引用 2014年09月23日 19:13 発信地:パリ/フランス

【9月23日 AFP】シリアやイラク、アフリカでジャーナリストが誘拐、殺害され、イスラム教スンニ派(Sunni)の過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」とその分派によるプロパガンダのためのおぞましい動画が公開されるなか、私たちAFPも編集倫理の原則を再確認する必要に迫られている。

 私たちに突き付けられた課題は、報道する義務と、記者たちの安全を担保することのバランスをどう取るか。さらには暴力のプロパガンダに利用されないように、そして犠牲になった人の威厳も守りながら、過激派が公開する写真や動画をどこまで報じるかという問題だ。

 このコラムでは、ここ数か月の間に起きた出来事が、AFPのような国際通信社の業務環境をどのように変えたかと、それに私たちがどのように応じたかを記す。

■遠隔地からの紛争報道

 シリアでは現在、AFPは首都ダマスカス(Damascus)に支局を持つ唯一の国際通信社だ。シリア人のジャーナリストたちが常駐しており、隣国レバノンの首都ベイルート(Beirut)から政府軍が支配している地域に記者を送ることもある。反体制勢力の戦況についても、地元の記者から情報を得たり写真や動画を送ってもらったりしている。

 ただ昨年の8月以来、私たちは、反体制派が支配している地域に記者を送ることはやめた。危険すぎるためだ。外国のジャーナリストがそうした無法地帯に飛び込めば、誘拐や殺害されるリスクが高い。AFPに定期的に動画などを提供していた米国人ジャーナリストのジェームズ・フォーリー(James Foley)氏が8月に、ISに殺害されたような悲劇が起こり得るのだ。反体制派が支配する地域では、外国人ジャーナリストはもはや地元住民の苦しみを外部に伝える目撃者としては歓迎されておらず、攻撃のターゲット、あるいは身代金のための「商品」として見られている。

 そのため、AFPはフリーのジャーナリストが、私たちが足を踏み入れない地域で取材してきた素材を受けつけないことにした。これは明確な決定であり、周知するためにもここで念を押しておきたい。フリーの記者がシリアに行って取材してきた情報も写真も映像も、私たちは使わない。

 フリーランスはシリア内戦で大きな犠牲を払ってきた。大きすぎる犠牲だ。そのようなリスクを背負おうとする彼らの背中を、私たちは押したくはない。

 紛争地帯では大抵の場合、ジャーナリストが取材でき休息も取れるような、比較的安全な場所がいくつかあるものだ。だが現在のシリアで反体制派が支配している地域には、そんな場所は1つもない。

 一方、イラクやウクライナ、パレスチナ自治区ガザ、中央アフリカ共和国など他の紛争地帯には、経験ある記者を多く送り、フリーランスとも契約している。報道機関として、紛争を伝えないわけにはいかないが、記者たちの安全には万全を期している。第1に、戦場での取材について訓練を受けたジャーナリストを送ること。第2に、ヘルメットから防弾ベストまで、完全な防護装備を提供すること。現地取材の前と後での詳細なブリーフィングも欠かさない。

 ほかのメディアとの情報共有も不可欠だ。記者たちの安全が脅かされているときに、競争など関係ない。AFPは間もなく、情報共有を目的とした、戦場におけるジャーナリストの安全に関するブログを立ち上げる予定だ。ジャーナリストが拘束されたり銃撃されたりと、危険な目に遭ったら、このブログを警告を発する場として活用するつもりだ。安全対策のための情報をできるだけ多くの人たちと共有すれば、どんなことが危険を招きやすいのか、危険を回避するにはどうすればいいのかが見えてくるだろう。

■次々と公開される恐怖映像

 ISは私たちを恐怖に陥れるために、前例のないやり方でネットを駆使し、私たちに挑んできている。もはやISの支配地域に取材に入るのは不可能に近くなった。つまり、ISが公開するプロパガンダのための写真や動画だけが、私たちがあの地域で何が起きているかを知る唯一の情報源となったのだ。

 それらは残虐で非人道的で、斬首やはりつけ、集団虐殺など、見るに堪えないイメージばかりだ。中東と北アフリカのハブ拠点であるキプロスのニコシア(Nicosia)と、シリアの報道を率いるレバノン・ベイルート(Beirut)でそのような映像を分析する業務を担っているジャーナリストらは、大きな負担を強いられている。

 だが、それらの映像が情報を提供してくれるのも事実である。とくに人質が映っている動画は、生死の確認ができる。だから私たちは目をそらしてはいけない。それらを報じなければならないのだ。

 同時に、数々の編集倫理の問題も突きつけられることになる。人質が首を切断された動画を見たとき、最初に私たちが思うのは、ISのプロパガンダ戦略に手を貸さないためにも契約メディアに送るべきではないということだ。だがそのイメージに情報がある限り、私たち通信社にはそれを伝える責務がある。

 そのため、私たちはこうしたイメージを報じる際には、慎重に行っている。まず、その動画の情報源を特定し、どうやって入手したかを説明する。次に、プロパガンダのための暴力シーンは報じない。これが、先月から相次いで公開された人質の斬首場面をAFPが流さなかった理由だ。

 私たちはそれらの動画から取った何枚かの静止画像のみを公開した。そして、犠牲者の威厳を傷つけないような画像を選んだ。いずれの場合も、犠牲者の顔、「処刑者」の顔、次に殺害されることが決まっている人の顔のクローズアップを公開した。英国人の援助関係者デービッド・ヘインズ(David Haines)氏の場合は、彼の威厳を傷つけないような静止画像を見つけることが非常に難しかった。「処刑者」がヘインズ氏の首にずっと手をかけていたからだ。

 私たちはまた、殺害前の犠牲者の写真を探し、それも公開するように努力している。彼らの死に尊厳を与えるためだ。

 こうしたことは、すべての報道機関が直面している難題だ。同じフランスの主要紙やテレビ局と、この戦場ジャーナリズムの問題について話し合ったこともあるし、英BBC、ロイターやAP通信の意見を聞いたこともある。映像の存在を知っていながら報じないのは、現実を隠ぺいする行為になることは認識しているものの、あのような動画はいっさい公開しないという見解のメディアもある。

 ISの残虐性について「誰にも知らなかったとは言わせない」というのが、おぞましいプロパガンダ映像を公開する際に大半のメディアが引用する主張だ。

 殺害場面を編集なしにすべて公開し、人質がバラク・オバマ(Barack Obama)米大統領の中東政策を非難している場面まで流したメディアもある。だがAFPはそのように強制的に言わされている動画は公開しない。

 こうした問いに対して、完璧な正解はないだろう。だから私たちはできるだけ冷静に、そして彼らの罠にかからないように慎重でいようとしている。公開するかしないかの決断は、その動画がもつ情報の価値と背景を深く分析してから、ケースバイケースで決める。

 ISの動画はオンラインで多くの人が見ることができる。その事実も、報道機関が公開する、あるいはしないと決断する際の根拠になっている。AFPは、そうした動画を分析して編集することが自分たちの仕事だと思っている。それがジャーナリズムだ。もし私たちが、どこでも見られるからという理由ですべてをそのまま公開すれば、それは付加価値を与えていないということになる。自分たちがやるべき仕事をしていないのだ。 (c)AFP/Michèle Léridon


この記事は、AFP通信のグローバル・ニュースディレクターのMichèle Léridonが書いたコラムを翻訳したものです。


-----------------------------------------------------------------------

「ただ昨年の8月以来、私たちは、反体制派が支配している地域に記者を送ることはやめた。危険すぎるためだ。外国のジャーナリストがそうした無法地帯に飛び込めば、誘拐や殺害されるリスクが高い。


AFPに定期的に動画などを提供していた米国人ジャーナリストのジェームズ・フォーリー(James Foley)氏が8月に、ISに殺害されたような悲劇が起こり得るのだ。


反体制派が支配する地域では、外国人ジャーナリストはもはや地元住民の苦しみを外部に伝える目撃者としては歓迎されておらず、攻撃のターゲット、あるいは身代金のための「商品」として見られている。


そのため、AFPはフリーのジャーナリストが、私たちが足を踏み入れない地域で取材してきた素材を受けつけないことにした。これは明確な決定であり、周知するためにもここで念を押しておきたい。フリーの記者がシリアに行って取材してきた情報も写真も映像も、私たちは使わない。

 フリーランスはシリア内戦で大きな犠牲を払ってきた。大きすぎる犠牲だ。そのようなリスクを背負おうとする彼らの背中を、私たちは押したくはない。

 紛争地帯では大抵の場合、ジャーナリストが取材でき休息も取れるような、比較的安全な場所がいくつかあるものだ。だが現在のシリアで反体制派が支配している地域には、そんな場所は1つもない。」


----

「こうしたことは、すべての報道機関が直面している難題だ。同じフランスの主要紙やテレビ局と、この戦場ジャーナリズムの問題について話し合ったこともあるし、英BBC、ロイターやAP通信の意見を聞いたこともある。」

-------------------------------------------------------------------------------------------


これほどのプロたちが苦難辛吟しているさなかに、

なぜ日本人人質は入ったのか?


軽率だけでは済まされない!


「ただちに」の汚染地帯も同じだ。


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

原発再稼動会議 田中俊一「みなのはなしを聞いていると、どうもなさけない、大和魂で汚染水を海に放出しなくちゃいかん」

その時 歴史が動いた

その時 歴史が動いた : ゼロ戦 ; マリアナ沖海戦での 惨敗に至る道... 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus


ゼロ戦

ゼロ戦2

ゼロ戦3


ゼロ戦改良海軍会議
源田実「みんなの話を聞いていると、どうも情けない、大和魂で突貫しなくちゃいかん」
この一言で流れが決定、以後操縦士燃料を守る防弾なくして、マリアナ沖にて壊滅



ゼロ戦4


原子力規制庁「みんなの話を聞いていると、どうもなさけない、大和魂で再稼動をしなくちゃいかん」
田中俊一
山下俊一


原発再稼動会議
田中俊一「みなのはなしを聞いていると、どうもなさけない、大和魂で汚染水を海に放出すればよい」


原発再稼動会議
田中俊一「みなのはなしを聞いていると、どうもなさけない、大和魂で汚染水を海に放出しなくちゃいかん」


田中俊一「魚を食べないなどとどうも情けない、大和魂でかっ喰わなきゃいかん」



「みなのはなしを聞いていると、どうもなさけない、大和魂で〇〇〇〇、、、」

以後、多用のこと




安倍「みなのはなしを聞いていると、どうもなさけない、大和魂でテロと戦わなくちゃいかん」


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

人それぞれの想い BBC「まさしく『日本人らしさ』なのだ」

J-CASTニュースニュース社会
悲しみこらえて、「感謝」と「謝罪」... 後藤さん兄&湯川さん父は「立派」と称賛の声
引用 2015/2/ 3 19:16

後藤純一(兄)
「今まで色々なことをして下さった日本国政府の皆さん、外務省の方々、それから日本中の皆さん、世界中の方々が応援してくださったことは非常にありがたいと思っております」

その上で「結果がこういうことになりまして、兄としては非常に残念に思っております。健二が生きて帰ってきて、皆さんに感謝とお礼ができることを願っていましたけれども、それが叶わないようなことになってしまったこと、非常に残念に思っています」と悔やんだ。

また、健二さんのこれまでの仕事については「誇りに思います」としたものの、「兄としては今回のことは軽率な行動だったと思います」とも指摘。

取材中には「もしかしたら帰ってくるかなと思いました。でも結果的にこういうことになって、何といったらいいのかな......ごめんなさい、ちょっと、言葉が出ないのですが...」と言葉に詰まることもあったが、取り乱すことはなく、ゆっくりと言葉を紡いでいった。

BBC「まさしく『日本人らしさ』なのだ」
2月1日には英公共放送「BBC」も純一さんのコメント内容を紹介した。「健二さん本人の話からではなく、最初に日本政府、彼を支えた日本や世界の人々に対して感謝の意を表した」と指摘した上で、
「彼の言葉は、日本人がこのような状況に置かれた家族について立派で品位があると感じる対応そのものだった」
と分析した。


一連の事件を巡っては、健二さんの母である石堂順子さんが当初からメディア取材に応じ、自らの希望で会見を開くなどして注目を集めた。だが会見では、健二さんの解放を望むと同時に、原子力の問題に言及していたことなどから戸惑う街の声も出ていた。


湯川正一(父)
「みなさまにはご心配、ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と謝罪し、政府や関係者の尽力に「深く感謝します」と述べた。健二さんについても気遣う言葉を重ね、遥菜さんについては「再会できれば思い切り抱きしめてやりたいなと思っております」などと語っていた。

----------------------

BBC
Japan wakes up to bad news about Kenji Goto By Yuko Kato
引用
His words are exactly the kind of family response Japanese considers dignified and noble in this kind of situation, touching on the very notion of "Japaneseness".


---------------------

♪ HARUNAのブログ ♪
男装の麗人川島芳子とHARUNA(遥菜)のブログ

前世で行った場所を初め、色々な場所に訪問した時の
紹介ができたら良いと思ってます♪
僕の新たな戦いとは?
引用
スパイ
スパイ2
スパイ3
スパイ4
スパイ5


デヴィ夫人
大それたことをした 湯川さんと 後藤記者


後藤さん、3回も渡航自粛要請されていた 危険地域での取材の是非改めて問われる

------------------------------------------------------


後藤純一さんの日本的葬儀定型コメントがよかった。

最後は涙で詰まりながらというところも、よくみる葬儀での場面で参列者の同情を買う


まずはあちこちの皆さんに感謝とお礼を何度も述べることから始めるのが、日本

決して本音や真実をこういう場では言ってはいけない


よく考えられたことと思う


この問題、後藤純一兄のコメントで一応の幕引きとなったことに、


安堵だ


亡くなられたお二人に、合掌


(はるなのブログは全部読んだ、おもしろい)



追記 肝心なのを忘れていた、後藤さんはこれを見て自分の責任も感じてすぐにも助けにいかなきゃと思ったのだろう

2014年8月ごろで生死も不明ながら





テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

「原発はいますぐ廃止せよ」から「戦争はいますぐ廃止せよ」に変更か、第三次世界大戦で「静かな死」

元旦の大雪の寒波の影響か、BGがおかしくスペクトルずれまくりで、ついに、怒り心頭で、鉛の測定室内を作り替える羽目に。
検出器を中に固定して上から検体を入れる一般形に変更、試料が100グラムか目いっぱいで200グラムしか入らなくなったが、イチから計数取り 手間が掛かった


上の赤いのが21ベクレル/50グラムでキロ400ベクレル

下の棒グラフが0.04ベクレル/100グラムでキロ0.4ベクレル

なんとか見えるか見えないか


調整


それどころじゃ、ないじゃないか!!!


イスラム国」に呼応する動き広がる
引用 NHK 2月2日 20時09分
イスラム国
「イスラム国」は、インターネットなどを通じて世界のイスラム教徒に向けて勧誘活動を展開しているほか、アメリカやフランスなどの市民を殺害するよう呼びかけていて、アフリカやアジアのイスラム過激派組織にも「イスラム国」に呼応する動きが広がっています。


イスラム国2
このうちエジプト東部のシナイ半島では先月29日、「イスラム国」への忠誠を誓う過激派組織「エルサレムのアンサール団」が、軍や警察の施設、数十か所を攻撃し、兵士などおよそ30人が死亡しました。
さらに、先月27日には北アフリカのリビアでも、「イスラム国」に忠誠を誓う武装勢力が首都トリポリの高級ホテルを襲撃し、外国人など9人が死亡しました。
また、アルジェリアでは、「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ」から分裂したとみられる武装勢力が「イスラム国」の系列を名乗っていて、去年9月にはフランス人の男性を拘束し、殺害する映像を公開しました。
西アフリカのナイジェリアでも、西洋の教育を否定し、テロや襲撃事件を繰り返している過激派組織「ボコ・ハラム」が「イスラム国」の影響をうけ、去年8月、イスラム国家の樹立を宣言して、町や村を支配下に置く戦略を取り始めています。
そしてアジアでは、パキスタン最大のイスラム過激派組織「パキスタン・タリバン運動」の一部の幹部が組織を離脱し、「イスラム国」に忠誠を誓っています。
東南アジアでも、フィリピンやインドネシアの一部の過激派組織が「イスラム国」への支持を表明していて、戦闘員としてシリアやイラクに渡るアジア出身の若者も後を絶ちません。


イスラム国3
「イスラム国」の支配構想
「イスラム国」は去年6月、シリアとイラクにまたがる地域に一方的に「イスラム国家」の樹立を宣言し、制圧した油田から手に入れた原油の密売や人質の解放と引き換えに受け取る多額の身代金などを資金源として勢力を拡大させてきました。
こうした動きを見た各地のイスラム過激派組織は「イスラム国」に忠誠を誓うようになり、去年11月、「イスラム国」は声明の中で、忠誠を誓った組織がある国のアルジェリア、リビア、エジプト、サウジアラビア、イエメンについて、「自分たちの『国』の『州』である」と一方的に主張しています。
また、先月、リビアの首都トリポリのホテルで起きた襲撃事件では、「イスラム国」の支部を名乗る組織が犯行を認める声明を出したほか、アフガニスタンやパキスタンの過激派組織の一部も「イスラム国」への支持を表明するなど、影響が広がっています。
イスラム過激派の中には、かつてのイスラム帝国の復活を求める声があり、「イスラム国」の支持者の間でも、ヨーロッパのスペインから中国の新疆ウイグル自治区に至る広い地域を、イスラムの統一国家とするべきだという主張が広がっています。

イスラム国4

すでに始まっているじゃないか!!!

「なにが?」


「第三次世界大戦が」



アジアに広がる「イスラム国」の影




以下は、ヒトラーが語った言葉(予言)である。
引用

「それは諸君、何かの異変か大戦か災害のために、2039年、人類が残らず滅びるという意味ではない。たしかに、それまでに多くの大難が続けて起こる。1989年から1999年まで、世界は続けざまの天変地異と戦乱の中にあるだろう。そのため一部の恵まれた国を除き、多くの国が飢える。いくつかの国は崩れて燃える。毒気で息絶える街もある。

2000年以後は、それが一層ひどくなる。2014年にはヨーロッパの3分の1とアメリカの3分の1が荒廃してしまう。アフリカと中東も完全に荒廃する。結局、いまの文明は砂漠しか残さない。

しかし人類はそれでも滅びない。わがドイツの一部と米ソの中心部、日本や中国は深い傷を負いながらも生き残る。ただ諸君、それでも人類はいなくなるのだ。いまの意味での人類は、そのときもういない。なぜなら、人類は2039年1月、人類以外のものに“進化”するか、そうでなければ“退化”してしまっているからだ。」


「それをもっとはっきり言えば、人類の一部はそのとき、人類から、より高度なものに進化して、神に近い生物になっている。人類から神のほうへ進化するのだから、それは『神人(ゴッドメンシュ)』と呼んでかまわない。

残りの大部分は、これも進化なのか退化というべきかわからないが、一種の機械になっている。ただ操られて働いたり楽しんだりするだけの、完全に受動的な、機械的な反応しか示さない『ロボット人間』になっているのだ。それまでの気候異変と環境異変、政治と娯楽と食物、それから起こる突然変異が、そのようなロボットのような人間を大量に生み出す。

神人のほうも同様で、同じ原因から生まれてくる。ただ突然変異が大脳にプラスに働いて、進化の方向がロボット人間と別方向になるだけだ。その前段階の『超人(ユーベルメンシュ)』たちも、より進化して神人になる場合がある。

いずれにせよ、彼らはいまの人間の数次元上の知能と力を持つ。彼らは団結して地球を支配する。それまでのあらゆる危機や問題は、彼ら神人たちの知能と力で急速に解決されていく。」

-----------------------------------

おおあたり!!!



トルコ、イスラム国に苦慮=止まらないシリアからの流入―難民キャンプ限界
引用

キャンプ前には連日、難民を乗せた大型車が止まる。赤ん坊を抱いた母親や高齢者らが疲れ切った様子で車を降り、収容余力のないキャンプへと向かった。


-------------------------------------

もっと遠くへ逃げることができないので、悲惨だ。
「逃げる貯金」があれば車を借りて空港から国外へと、あるいはトルコの首都まで逃げてアパートを安く借りて住む、それからあちこち国連とかにも援助を乞う。
日本ユニセフにも頼もう


「放射能は目に見えない」だが測定値があるからそれを見えると言おう。
アルマジロも大きな奴はすぐ見つける、ガイガーではわからなくても
第三次世界大戦もここからとかはっきりしないが、継続的に紛争戦争撃ち合いがあるから、もう始まっているように見えることにしよう



貧乏人は一歩早めに戦時体制だ、弱いものが一番堪えるというのが後藤さんの教えだから
こどもも特にそうだ



今日からでも遅くない「逃げ逃げ貯金」だ!!!


腐っても備蓄も

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

北米大陸のセシウム土壌汚染地図はないのか?

unscear2008
引用

世界中の核実験場
核実験場

↓ 局地拡大

核実験場2

セイロン=スリランカの紅茶もオレの測定では、少し出たが。

インドネシアバリ島コーヒーも少し出たが、やはり核実験の影響を受けているのではないか。


クリスマス島というのが、南太平洋とはまた違って同じ名前のがインドネシアの側にもあって核実験があったようなのだが、ここには出ていないが、他の核実験地図に出ていたので調べていたが、まだ不明だ。


インドネシアの奇形のニュースがよく流れていたが、重金属環境汚染と国民の環境に対する認識が甘くて、放射能は関係ないとかいうコメントもあったのだが、さらなる検証が必要だろう。

見たい人は、ぐぐれば、すぐに出るだろう、かなりグロいが。




日本のフォールアウト

日本のフォールアウトの各地の数値だが、最高で約1000Bq/m2ということだ。(3.11前)



引用
ネバダ核実験場FO


これ、ネバダの核実験からの降下物=フォールアウトのデータのようだ。

赤いのが1000Bq/m2以上で、黄色いのが600Bq/m2以上のようだ。




グローバルフォールアウト


世界中の核実験時の降下物=グローバルフォールアウトの最高値を地図化しているのだと思うが、さすがに、日本の過去最高1000から見ると、5倍以上高いところがあるな。


中身をよく読んでいないのでよくわからんが、土壌汚染の数値ではないと思うのだが。



日本の土壌汚染
日本の土壌汚染


降下物の数値がそのまま土壌汚染濃度になるわけではないが、正比例は当然だろう。

北米大陸の土壌汚染地図はないのか?


おそらくあるはずだが、みんなが「知らぬは、お陀仏」なのだとおもう。



*日本のも詳しく測定場所の地名まで出ているので、

「日本の核実験時の土壌汚染地図」ができるはずなのだが、する人はいない。

これがあると、福島事故時汚染地図との比較ができて、よりわかりやすくなるとも、


思うのだが。


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

やはり核実験最大被曝は、1963年ごろでいいのではないか!

京都86000

ここでナレーターが

「現在と比較すると、水の基準値(セシウム10ベクレル)の1800倍となります」

と言っているが、18000ベクレルということになる。


86000CPM÷18000ベクレル=4.7CPM/1ベクレル 1ベクレルが4.7CPM


しゅんこつ丸


5540CPM÷1207ベクレル=4.6CPM/1ベクレル 1ベクレルが4.6CPMとなって、


ほぼ上の換算と同じになる。


だとすると、原爆マグロは

100CPM÷4.6CPM=22ベクレル

ということになる。

1リットルの雨水の全放射能とマグロの表面汚染のカウントではどうなるのか?

また、測定器自体が同じ計数率だったのかもよくわからないのだが。


現在は日立アロカの何番のシンチサーベイメータで校正で、これが日本標準で、これで、避難者の表面汚染を13000CPMを上限を引き上げて、10万CPMに変更して、被曝者が増えてしまったということになっているが、
マグロよりもひどい汚染だったのは、間違いないだろう。



機器がわからないので比較が難しいのだが、おそらく原爆を思い出して大混乱だったのは間違いないだろう。
マグロを測るのに、バックグラウンドがいくらだったのかも情報が無くてよくわからない。



第8回放射能調査研究成果発表会
引用
福岡グロスベータ


福岡の雨のグロスベータのデータが1955年から出ているが、爆発のたびに確かに飛んできている。

他の地域も出ているが、福岡が一番1963年以前をよく掴まえているようだ。





C14


植物の炭素14のブラボー水爆実験以前のデータがグラフ化されていた。

これを見ると、やはり1963年ごろがピークとなっている。



しゅんこつ丸5


わずかな雨量を1リットル濃度に換算したから、大きく出たのだろう。

黒い粉の500万ベクレル/kgのようなものだろう。



以上により、原爆マグロは全放射能(ガイガーで表面ベータ汚染の検査)で約20ベクレル以上を捨てた、

ということでいいのだろうか?(これは自信がないが)


核実験最大汚染は1963年ごろに決め打ち(これはあらゆる情報から自信がある)



だいたい謎が解けた、それにしても、皮肉だ!!!



東京都健康安全研究センターにおける環境放射能調査の概要 及び降水中の全ベータ放射能の推移
引用
2009年からは食品の核種分析及び放射化学分析の調査は生産地のみとなり,消費地及び日常食は廃止された.また,同年からサーベイメータによる測定も中止された.さらに,2010年10月には環境放射能水準調査も民主党政権による「事業仕分け」を受け,原子力発電施設等の立地道府県以外では,毎年の調査は不要あるいは廃止という意見が出された.



油断して、もいっかと思った瞬間に、やられた!


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

ビキニ事件と俊鶻丸


海の放射能に立ち向かった日本人 投稿者 tvpickup


しゅんこつ丸


ビキニ調査船俊鶻丸の調査結果について
引用
しゅんこつ丸4

しゅんこつ丸2

しゅんこつ丸3


これ、昔のはまだ放射線の数のCPMで、全ベータの自然も人工も含めた数値のようだから、キュリーでもベクレルでもない。


これを換算して、NHKはベクレルで表現しているが、セシウムだけではなくて、全核種含んだものだ。


ここがいつのまにか、頓珍漢で見てしまう。



昭和31年版 原 子 力 白 書       昭和32年12月 原子力委員会
引用
第6章 放射能調査
§2 31年度までの活動状況
 わが国の放射能調査の問題は29年に始まる。すなわち,同年に行われた米国のビキニ環礁における原爆実験が直接わが国のマグロ漁業に多大の損害を与えたこと,および第5福竜丸が太平洋上で死の灰を受けたこと等により,この放射能の問題が大きく,クローズアツプされたのである。
 したがつて政府としては,このため原爆被害対策に関する調査連絡協議会を設置すると共に,現地の放射能調査を行うため,俊鶻丸を派遣した。
2-1 第1回丸俊鶻の調査

 この調査は29年3月1日のビキニ環礁での米国核爆発実験に対し,同年の実験終了後約2ケ月たつた5月15日から7月4日にわたつて行われたものである。この調査の目的は,ビキニ海域における気象,海況,雨水,降塵,海水の人工放射能,プランクトン,魚類の人工放射能の影響および汚染,放射性汚染魚体中に含まれる放射性物質を調査することにあつた。よつて大学,国立試験研究機関等の参加のもとに現地調査を行い,さらに持ち帰つた試料について詳細な検討が行われた。
 この第1回の調査結果からみても,この調査によつて問題を解決したというよりは,今後の研究にまつ点が多かつた。一方第5福竜丸が受けた灰についても国内で平行して研究が進められた。
 以下第1回俊鶻丸の調査した結果を述べる。
 福竜丸事件に強く刺戟されたため,調査に当つて,初めのうちは空気および雨水の放射能に対して大きな関心が寄せられた。しかし調査が進むにつれてその対象は空気や雨水から海水魚類へと移つていつた。
 調査当時はすでにビキニ環礁附近の空気は旧に復していて,空気の放射能は殆ど検出できなかつた(1CPM/m3以下)。降下塵埃の放射能は,300CPM/weekでおつて,この値は日本国内での観測値に比べて決して多いとはいえない。
 これに反して,雨水では5月22日に17,400CPM/l,同25日に17,400CPM/.l 6月1日に4,OOOCPM/lと比較的大きい値を示した。これと前後して日本各地では上の数字よりはるかに大きい数千ないし数万CPM/lの放射能を雨水から検出した。すなわちこれらの結果をみると,この頃はすでにビキニ環礁から噴き上げられた放射性塵がビキニの上空を離れて大気上層に移動しつつあつたと考えられる。
 またウエーキ島の植物を採取して灰化し,測定したところ5,500CPM/10gを検出した。同じ頃内地の植物では150CPM/10g以下であつたから,植物の放射能ではこの辺は内地より強いということがわかつた。
 海水の放射能汚染は予想外に大きかつた。ビキニ環礁の東北東800km附近が最も顕著な放射能(450CPM/l)を示し,次いで西北西方向では中心から約2,000kmまで,やや顕著な放射能(100CPM/l)を見たが,西南西では1,000kmくらいまでしか達していなかつた。これらは海流の関係でおることが分つた。また海水中に溶出する放射性物質は海深100mにまで及ぶことがわかつた。なお分析の結果,海水の放射性物質はY91.Ce141.Ce144.が多く,Zr95はかなり少なかつた。
 一方プランクトンは,核分裂生成物により強く汚染され,同一地点の海水や魚類よりはるかに強い放射能を示した。すなわち最高は7,000CPM/gで,おおむね1,000CPM/g以上が大部分を占め,その値は海水に較べ同じ目方にすると大体1,000倍から1万倍の汚染度を示した。
 最後に魚類の放射能汚染であるが,ビキニ環礁近海で漁獲されたマグロ,カジキ類ではほとんどすべての個体が,体のいづれかの部分に1,OOOCPM/g以上の放射能を有し,地域的には海水わよびプランクトン等の汚染状態とほぼ一致した変化を示していることが明らかになつた。また魚の器管別に汚染状態をみると腸内容,幽門垂,肝臓,胆汁等の消化器管や内臓の汚染が高く,筋肉の汚染は低かつた。なお汚染魚類の化学分析において当時予期していなかつたZn65を分離確認したことは,第1回の調査の大きな収獲であつた。
2-2 第2回俊鶻丸の調査

 続いて31年1月12日,米国政府はこの春マーシヤル群島,エニウエトツクおよびビキニ環礁附近を実験場とし,核爆発実験を実施するについて危険区域の設定を発表した。そこで原子力委員会は,,核爆発影響の調査研究は今後の原子力平和利用に伴う放射線障害防止に資するところ少からずとし,,との機会に国家的規模においてその影響について調査研究を行うことが適当でおるとの見地から,調査の総合企画を推進することになり,日本学術会議および運輸,厚生,文部,外務,農林などの関係各省庁の参加が求められ,特に技術顧問団が結成された。この調査船派遣の技術顧問団によつて準備が進められ,前回の経験を生かして短詩日に調査を行うべく5月26日に再び俊鶻丸が派遣され,36日間の航程で6月30日帰港した。
 この第2回目の調査の目的は,核爆発実験の初期に,危険区域の西方外側海域の大気,雨水,海水,および魚類その他の生物に合まれる放射能の調査,バツクグラウンドの調査,乗船員保護の見地から船体が浴びる放射能と船体汚染事情などを明らかにする環境衛生上の調査,放射性物質を運搬する気流,海流の状況を明らかにする気象および海象の調査などのテーマについて放射化学,気象,海祥,環境衛生,生物,漁業などの分野においてそれぞれ専門の立場から総合調査を行い,実験で生じた放射能の性状と線量および初期汚染の経路とその度合などを把握することが目的であつた。
 29年の調査(第1回の調査)では,ちょうど核爆発実験が終つて危険水域も解除されてからおこなわれたもので,ビキニ環礁附近の汚染の状況をかなり詳しく知ることができた。その結果当初全く予想しなかつた顕著な汚染海域と生物汚染の実態がわかつたのでおる。
 しかし,31年の調査(第2回の調査)は核爆発実験の初期に行いかつ,調査の範囲を危険水域の西方外側を探つたほか,種々の事情から航海期間が短かかつた関係もあつて,結局この調査は核爆発実験が,危険区域の西側にもたらした断面的一時的な核爆発初期の影響について調査したに留まつた。目下調査の総合的成果については検討中であるが,船上でのデータおよび試料より判断すると第2回の実験は上層大気における核爆発実験であつたため,その海域における放射能汚染は第1回に比して低いが,その汚染地域が広範囲に及んでいることが判明した。
 なおいままでに発表された船上調査の報告を基礎にして概況を述べれば次のとおりでおる。
(1)海水の汚染
 第2回目の調査においては,前述のとおり調査の時期が一連の燥発の行われている期間内であつたため,大気の汚染ど海水の汚染とは,その状態が一致していた。前回は爆心から海流によつて流出したものが主であつたのに対し,今回の海水の汚染は,空気によつて運ばれた落下塵が主体であつたと考えられた。すなわち海水の汚染濃度は第1回に比しほぼ1桁低い値(高い値が50CPM/L平均25~28CPM/L)であつた。この値を直接前回の汚染濃度と比較するには,放射能減衰,調査の時期,その他の条件を考慮する必要があるので一概にはいえないが,低い値を示したことは確実でおる。第2の相違点は,前回では北赤道海流に人工放射能を検出し,南赤道海流では検出できなかつたが,今回では北赤道海流のみならず南赤道海流でも検出された点である。
(2)プランクトンの汚染
 プランクトンの汚染が海水の汚染と密接な関係があることは,第1回の調査と同様であつた。しかし危険海域に入らなかつた関係もあつて,最高2,500CPM/g,平均4~500CPM/gであつて,第1回調査より低い値を示しているが,海水の汚染度との率はむしろ高い。なお二回にわたる調査でプランクトンの汚染が海水汚染度の有力な指標となることが判明した。
(3)魚の汚染
 魚体内部の汚染状態は前回の調査時に似て消化管,内臓の汚染が強く,皮,骨,筋肉の汚染は弱かつた。イカの放射能は生物中最も強く,数千CPM/gであつて,しかも肝臓に限られていた。したがつてイカは汚染海水の有力な指標でおるばかりでなく,これを主食とする大型魚の汚染源として重要な意味がある。核種分析においては,前回で見られたZn65,Fe55,Fe56の外にCd113m,Cd115,Ba140,La140が新しく追加発見されたが,放射能濃度としてzn6r′を基準としても,放射能の全般からみても前回よりは低い傾向にあつた。
 とくに危険なSr90については,前回の調査においてマグロ100検体中1例が筋肉に極めて徴量認められたが,今回の調査ではマグロの骨について調べたととろ,筋肉中に含まれる場合に換算すると全般的に前回より低い傾向にあつた。
(4)その他
 調査船の派遣と平行して,核分裂生成物等が魚体内にどのような経路でどの器官へどんな速度で分布するかの研究が主として大学において行われ,Ca45,Sr90,Zn65は魚のエラを通じて魚体内の血液中へ敏速に多量入るととや,海水魚と淡水魚とでは,その生理作用がかなり異ることなが明らかとなつた。
 その他31年度には,国内では気象庁が積極的に大気放射能(主に落下塵埃,雨水)を測定し,農林省,厚生省等の試験研究機関が,野菜,穀類,茶,牛乳,雨等について随時放射能の測定を行つた。
 この第2回目のビキニ環礁における核爆発実験と前後してソ連でも核爆発実験が盛んに行われたため,従来の南方海域に重点をおいた調査からわが国本土および周辺の放射能汚染が問題となり,その調査の必要性に迫られたのである。すなわち上層大気中の核爆発は,その実験地域のみならず,わが国にも影響するところが大きく,特に大気,地表,植物等の放射能がかなり増大してきている事実が明らかになつた。
 この状況に鑑み,原子力委員会では,放射能がわが国の国民生活に重大な影響を及ぼすものでおり,わが国の原子力の平和利用の推進にも関係するところが大きいので放射能調査の重要性に着目し,31年10月従来の暫定的各機関がばらばらに実施していた放射能調査について,体制の整備と常時観測網の樹立を図ることを申し合せた。

-------------------

原子力委員会委員長    
国務大臣   正力 松太郎

こんな変なものも出てくるが、昔の日本人は偉かった、岡野博士の若い頃も映っていたし、ひげを生やしていたのではないか、あれは。


「油断して体の中に取り込まないように、こころしてこの事故に取り組もう」



*いまだに換算ができないが、ヒントとして、5540CPM=1207ベクレルを発見。
これを利用するか。



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

恐怖の放射能のうた 「千の風になって」 作詞作曲東電保安院

9月20日プラント

未だにこんな絵を使っている、そこに燃料はいません、眠ってなんかいません。


 私のお釜の前で 泣かないでください

 そこに私は いません 眠ってなんかいません

 千の風になって 水蒸気と共に 福島の東京の空を 吹き渡っています

 春は畑にふりそそぎ 夏は地面にしみこんで

 朝はあなたを目覚めさせ 夜はあなたを見守る

 私のお釜の前で 泣かないでください

 そこに私は いません 冷えてなんかいません

 千の風になって ----------------




秋川雅史 Wiki
転載
2006年12月31日、カバー曲「千の風になって」[1]にて「紅白」(NHK) 初出場を果たす。

紅白歌合戦出場後、「千の風になって」が2007年1月15日付のオリコンシングルチャート第4位にランクイン。テノール歌手として史上初のトップ5ランクインを果たし、1月22日付のオリコンチャートにて1位となる(2006年6月12日付オリコンシングルチャート初登場は168位で、100位以下の初登場から1位になったのはオリコン史上初)。この曲の大ヒットが評価されて、「ベストヒット歌謡祭2007」では「40周年記念特別賞」を受賞した。

2008年3月、日本テレビの開局55周年スペシャルドラマ『東京大空襲』の主題歌を担当。X JAPANのYOSHIKIが書き下ろした曲『愛する人よ』を歌った。


東京大空襲(テレビドラマ) Wiki

なんで東京大空襲に繋がるんだよ、千の風は放射能の風を暗示していたのか? そんなバカな。うん・・

3月10日が東京大空襲、3月11日に地震でこわれて既に亀裂から放射能もれ。恐ろしすぎるほどつながっている。

反省と責任が足りない日本ということか。





テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

太平洋戦争と福島原発事故 その9

『日本・原爆開発の真実』について
転載
この本には、日本が生んだ一人の天才科学者、彦坂忠義(ひこさかただよし)博士の悲劇が紹介されている。(彦坂博士は五島氏の出身大学、東北大学の理学部で活躍された原子物理学者である)。

日本・原爆開発の真実―究極の終戦秘史 (ノン・ブック)日本・原爆開発の真実―究極の終戦秘史 (ノン・ブック)
(2001/08/28)
五島 勉

商品詳細を見る


小出裕章 Wiki
転載
開成高等学校を経て、1972年に東北大学工学部原子核工学科卒業。1974年、東北大学大学院工学研究科修士課程修了(原子核工学)。1974年、京都大学原子炉実験所助手。

原子核反応を抑える研究もしていた彦坂東北大学、原発をやめさせる運動をしていた小出東北大学。

そして、東北大震災の2人、不思議だ、神が使わせた人類の救世主だったのか。


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

太平洋戦争と福島原発事故 その8

原爆投下 活(い)かされなかった極秘情報
転載
これまで日本は、アメリカが原爆攻撃の準備をしていることを知らないまま、“想定外”の奇襲を受けたとしてきた。しかし実際は、原爆投下に向けた米軍の動きを事前に察知していたことが、新たな証言と資料から明らかになってきた

情報はキャッチしてたが、大本営参謀は無視した、危険度の薄い警戒のまま、被曝した。

テレビ朝日でも、こんなのやってた。






そうか、防空壕に避難出来てたら、助かっていたのか。アメリカはフェイントかけて無防備にして、大量殺戮したのか、ナチスアメリカとこれから呼ぶことにしよう。

昔も今もなぜ、同じ過ちを繰り返すのだ? わからんバカどもだ。


何のための「予測システム」か!・・・「スピーディシステム」

160人被曝の可能性 福島原発周辺で
転載 2011.3.13 06:44
経済産業省の原子力安全・保安院は13日、東京電力福島第1原発の周辺で約160人が被曝(ひばく)した可能性があることを明らかにした。

 被曝した可能性があるのは、国の避難指示を受け原発から10キロ圏内を出るために双葉厚生病院から移動して、同原発から約3・7キロ離れた県立双葉高校のグラウンドで救助のヘリを待っていた約60人と、原発での爆発後に福島県外にバスで避難した約100人。

 バスで避難していた100人のうち9人の放射線量を測定したところ、3人から通常を上回る数値が検出されたという。今後、160人全員の放射線量も調査するとみられる。


原爆が落ちた時に外にいた広島長崎市民、原発が爆発した時に外にいた福島避難民、同じことを繰り返した馬鹿アホ政府。

なぜだ。危険感知度が薄い、危機感がないリーダーたち。

もっと国民は放射能汚染に、危機感もて。こんな未来はやめてくれ。





テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

太平洋戦争と福島原発事故 その7

太平洋戦争の年表 Wiki

九州大学生体解剖事件 Wiki

2006年8月6日放送  ザ・スクープスペシャル

<特集2>許されざるメス~九州大学生体解剖事件~

原爆開発だけが形勢逆転の一縷の望みとなった太平洋戦争末期、
九州大学医学部に“実験材料”が届いた。目隠しされた人々の正体は、
B29で空襲しようとして撃墜され、捕虜となったアメリカ兵だった。
片肺を取り除いても人間は生きていられるのか?
血管に海水を注入するとどうなるのか?
医学部教授による人体実験は4回にわたって行われ、犠牲者は8人に上った。

一体なぜ、どういう思いで医者たちは“悪魔の実験”に突き進んでいったのか?
この事実は、終戦後、GHQによる横浜軍事裁判によって明らかとなり、
公判記録を元に遠藤周作が小説「海と毒薬」を発表した。
しかし、当事者たちは堅く口を閉ざしたまま全員が他界してしまった。
最後の目撃者、福岡で開業医を営む東野利夫氏を除いて…。

当時、九州大学医学部に入学したばかりで、訳も分からず解剖学教室の助手を務めて
いた18歳の少年が目撃した真実とは?
あれから61年、今年79歳になった東野氏の世界初証言をはじめ、
米国立公文書館に保存されていたGHQの裁判資料や遺族の証言などから、
恐るべき悲劇の全貌に迫る。








1945年5月5日午前、大分県竹田市大宇平田折立に、29BG所属のB-29(機体番号42-65305)が墜落。これは日本海軍343空剣部隊の粕谷兵曹操縦の紫電改­の体当たり攻撃による結果だった。粕谷兵曹は墜落死。米兵は、機長M.S. Watkins大尉は尋問のために東京に送られ他の6人Dale E. Planbeck少尉, John C. Colehower伍長, Leon E, Czarneck伍長、Teddy J. Ponzca軍曹, Robert B. Williams伍長, William R. Fredericks少尉は、5月17日から6月2日にかけて4回にわたって九大学医学部で生体解剖実験で殺害された模様。戦後の戦犯裁判で、西部軍と九大学医学部の関係­者23人が死刑を含む有罪とされた。が後に冷戦下、全員が恩赦で釈放された。事件の33回忌にあたる1977年5月5日、死亡した日米の飛行士を慰霊する「殉空の塔」
が地元の人々によって墜落現場に建てられ、毎年慰霊祭が行われている。




福島第一原発事故に関連し、ジャーナリストの広瀬隆氏とルポライターの明石昇二郎氏が、7月15日、東電幹部や高木義明文部科学大臣、福島県放射線健康リスクアドバイザー­の山下俊一氏など合計32名を刑事告発したと記者会見で発表した。
 
広瀬氏らに「業務上過失致傷罪」で刑事告発されたのは、福島県の放射線健康リスクアドバイザー山下俊一氏、放射線影響学を専門とし原子力安全委員会の久住静代氏、高木義明­文部科学大臣や放射線専門家ら計17名。「業務上過失致死罪」で、刑事告発されたのは、東京電力の勝俣会長や清水社長、原子力安全委員長の斑目春樹氏など計15名。
  
広瀬氏は、福島第一原発の事故後、3月20日から山下氏らが100ミリシーベルトまでは安全であると繰り返し、福島の人々に被ばくを強要させてきたと批判。「犯罪であると­いうことをはっきりさせたい」と訴えた。

【 2011年6月24日 長崎大学学長が山下俊一教授擁護の声明 】
長崎大学の片峰茂学長は23日、「福島県における放射線健康リスク管理活動について」と題するメッセージを公表した。この中で、長崎大学が大学を挙げて福島県に対する支援活動を行っていることを強調するとともに、「福島県に赴き、現場が抱える問題に直接接しながら、専門家として福島の原発事故による健康影響について一貫して科学的に正しい発言をしているのが山下俊一教授だ」と言い切っている。

福島県における放射線健康リスク管理活動について 長崎大学

昔、九大、今、長崎大、歴史は繰り返す。

山下筆頭にして、長崎大は福島で調査研究統計データの収集なんかするより、「原爆ぶらぶら病」を、治療することを考えろ。
ABCCは、調べるだけで、患者の治療はまったくしなかった。

被曝者はモルモットじゃないぞ、生体実験はやめろ。

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

太平洋戦争と福島原発事故 その6



風船爆弾 Wiki

太平洋戦争末期、地域住民や女学生らの造った巨大な風船爆弾が千葉、茨城の海岸から放たれ、偏西風に乗り米国に向かった。その数約九千。うち一発が五人の子どもと一人の妊婦の命を奪った。それから六十二年。埼玉の和紙、群馬のこんにゃく、神奈川の高度保持装置…。埼玉新聞、上毛新聞、神奈川新聞、千葉日報、茨城新聞の関東五社の記者たちが二〇〇七年夏、各地に残る風船爆弾の記憶を尋ね、「戦争と平和」の意味を問い掛けた。
ニュースの詳細は埼玉新聞でどうぞ。


風船爆弾基地

昔、風船爆弾、いまホットパーティクル。因果は巡る。



米国西海岸、空から放射能、では海からは。「がれきの島」(放射能付き)

震災の津波で流された遺体・車・家屋などでできてる「がれきの山」が米に漂流
転載
3月11日の東日本大震災で津波に流された遺体の一部や家屋、車などが太平洋を渡り、1-3年後には米西海岸に達するという見通しが発表された。

 津波で流された被災地・東北地方の家屋を含むがれきは現在、太平洋海流に乗り、米国方面へ流されている。
米ABC放送は8日、「米海軍第7艦隊が、津波で流された車や家屋などからなる巨大な「がれきの島(garbage island)」が太平洋を渡り、米西海岸に移動しているのを発見した」と報じた。
津波によりできたがれきの島には、今回の大震災で流された犠牲者の遺体をはじめ、家屋20万棟・トラクター・トレーラー・船舶が含まれているという。

 米国の海洋学者カーティス・エッベスマイヤー博士は「今回の津波で流された遺体のほとんどは海に消えてしまうだろうが、運動靴のように硬いものに包まれた足など遺体の一部は水に浮かび、米西海岸の方へと移動し続ける可能性もある」と語った。

 複数の科学者は、こうした「がれきの島」について、1日に約16キロずつ移動し、早ければ1年、遅くても3年以内に、海流に乗りカリフォルニア・オレゴン・ワシントン州など米西海岸に漂着するものと予測している。
船・車・家屋のがれき・プラスチック製の人形など浮力を受けやすい物体が先に漂着し、その後にプラスチックのいすや漁の網なども米海岸で発見されるとみられている。
また、一部のがれきはその後も海流に乗り、ハワイ・東南アジア方面へも流れていくと予想される。

 米放射線学大学協議会(ACR)のジェームズ・ヘベチ会長は「米西部に漂着すると思われる浮遊物は、福島第一原子力発電所から流れ出た放射性物質に汚染されているかもしれないが、
そうした可能性は非常に低く、浮遊物が流れ着くのに長い時間がかかることを考慮すれば、被害は微々たるものだろう」と分析している。

放射能がれき爆弾

原発推進核兵器推進派は、このような悲劇が永遠と繰り返されることに、まだ、気がつかないのか?

無用の推進派は、がれきに乗せて「精霊流し」の日に海に流そう、お盆までには悔い改めよ、わかったか。



続きを読む

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター