(平成28年6月2日現在)丸森町 ※③の要精密検査11人のうち、甲状腺がんと診断された者は1人、がんの疑い1人

宮城県丸森町

甲状腺検査(第1回目)の結果をお知らせします
引用
 東京電力福島第一原子力発電所事故の放射線による健康への影響についての不安を払拭する一助として、事故当時18歳以下の子ども等を対象に平成24年3月から平成25年1月まで実施した甲状腺検査(第1回目)の結果をお知らせします。

1 検査の内容  甲状腺外科専門医による超音波診断装置を使用した検査

2 検査対象者  2,323人

3 検査希望者  1,996人

4 検査実施者  1,982人(受検率 99.3%)

5 検査の結果

区 分 内 容 説  明 該当者数 割 合
異常なし
①所見なし
「のう胞」又は「結節(しこり)」が認められなかった者
1,718人 86.7%
②経過観察 「のう胞」が認められたものの、再検査や治療の必要がない者
259人 13.1%
計 1,977人99.8%

異常あり
③要精密検査 「結節(しこり)」が認められ、継続した検査を勧める者
5人0.2%
  
   ※「のう胞」・・・液体が入った袋状のもの

   ※「結節(しこり)」・・・部分的に腫れ(しこり)がある状態


 ○ 経過観察該当者については、平成25年度に再検査を行う予定です。

 ○ 甲状腺検査は、今後おおむね3年ごとに行っていきます。


                 お問い合わせ先:保健福祉課健康推進班(TEL 0224-72-3019)

丸森町1

甲状腺検査(第2回目)の結果をお知らせします
引用
 東京電力福島第一原子力発電所事故の放射線による健康への影響について、甲状腺の状態を把握することで健康への不安を払拭する一助として、事故当時18歳以下の子ども等を対象に、平成27年7月から平成28年4月まで実施した甲状腺検査(第2回目)の結果をお知らせします。

1 検査の内容  医師による超音波診断装置を使用した検査

2 検査対象者  2,323人

3 検査希望者  1,686人(検査対象者の72.6%)

4 検査実施者  1,564人(検査希望者の 92.1%)

5 検査の結果

区  分 内  容 説      明 該当者数 割 合
 異常なし ①所見なし 「のう胞」又は「結節(しこり)」が認められなかった者 1,314人 84.0%
②経過観察 「のう胞」が認められたものの、再検査や治療の必要がない者 239人 15.3%


1,553人 99.3%
異常あり ③要精密検査 「結節(しこり)」が認められ、継続した検査を勧める者 11人 0.7%

   ※「のう胞」・・・液体が入った袋状のもの

   ※「結節(しこり)」・・・部分的に腫れ(しこり)がある状態

   ※③の要精密検査11人のうち、甲状腺がんと診断された者は1人、がんの疑い1人

                                      (平成28年6月2日現在)

丸森町2
甲状腺とは?

甲状腺は、首の「のどぼとけ」の下にある、蝶が羽を広げたような形の10gほどの臓器

です。正常な場合は外から触れることができません。

おもに成長、発育や新陳代謝に関係するホルモンを作っています。



甲状腺結節(しこり)について

放射線の影響がない場合でも、小児では、超音波検査で5~6%程度の方に甲状腺結節

(しこり)があるといわれています。そして、そのほとんどは、良性のものです。

がんであった場合でも、甲状腺がんの90%以上は、乳頭がんとよばれる生命予後が

良いもので、適切な治療を受ければあまり心配はないと考えられています。



甲状腺がんの特徴や症状は?

性別では女性に、年代では、30代・40代・50代に多くみられます。進行がゆっくりで、

特に若い方ほど経過が良いのが特徴です。

痛みや違和感等はなく、鏡を見たり何気なく触って「腫れ」や「しこり」に気づいたり、健診

等で指摘されることが多く、ごく初期の小さながんでは自覚症状はほとんどありません。



そのほかの甲状腺の病気には・・・

 甲状腺ホルモンが増加する「バセドウ病(甲状腺機能亢進症)」、甲状腺ホルモンが

減少する「橋本病(甲状腺機能低下症)」などがあります。



◎今後の甲状腺検査(超音波検査)予定

 平成30年度に、第3回目の甲状腺超音波検査を実施する予定です。

 日程などが決まりましたら、事故当時18歳以下だった方に個別に通知するほか

 ホームページ等でお知らせをします。「元気で、なんともないから・・」と思う方や

 町外にお住まいになった方も、検査を受けられるようお勧めします。

部署: 保健福祉課保健予防班
住所: 宮城県伊具郡丸森町字鳥屋120
電話番号: 0224-72-3019

----------------------------------------------------------------------------

平成24年3月から平成25年1月 1,982人 経過観察13.1%259人 要精密検査0.2%5人

平成27年7月から平成28年4月 1,564人 経過観察15.3%239人 要精密検査0.7%11人

※③の要精密検査11人のうち、甲状腺がんと診断された者は1人、がんの疑い1人



スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

「福島県で急速に増え始めた小児甲状腺がん」 ジンギスカンまたはダイヤモンド

福島県で急速に増え始めた小児甲状腺がん
引用 JBpress 4/19(水) 6:00配信

想定外の多さ

 福島県の県民健康調査検討委員会のデータによると、「甲状腺がんまたはその疑い」の子供が183人。そのうち145人にがんの確定診断が下っている。

 確定診断はないが、がんの疑いで手術や検査を待っている子が、さらに38人いると解釈できる。さらに3巡目の検診が行われている。

 まだまだ増えるということだ。

 これは異常な数なのか。甲状腺の専門医たちもおそらく想定外だったと思う。国立がんセンターによると、2010年の福島の小児甲状腺がんは2人と試算している。

 1巡目の検査は、2011~2013年にかけて、2巡目は2014~2015年にかけて行われた。現在は3巡目。

 福島 小児甲状腺がん・疑い の内訳(人)

■ 数年で「正常」が「甲状腺がん」になるか

 大事なポイントはここ。2巡目の検査で「甲状腺がんまたは疑い」とされた子供は68人の中に、1巡目の検査で「A判定」とされた子供62人が含まれているということだ。

 62人のうち31人は、「A1」で結節やのう胞を全く認めなかった。全くの正常と言っていい。「A2」は、結節5.0㎜以下、甲状腺のう胞 20.0㎜以下のごく小さな良性のものである。

 甲状腺がんの発育は一般的にはゆっくりである。これが1~3年くらいの短期間に、甲状腺がんになったことは、どうしても府に落ちない。

■ 被曝ノイローゼと言われた時があった

 チェルノブイリへ1991年から医師団を102回送って支援してきた。ベラルーシ共和国の小児甲状腺がんの患者数は、1987~89年では毎年1~2人だったのに、90年は17人、そして91年以降激増していくのである。

 ベラルーシを中心に、ウクライナ、ロシアなどで6000人の甲状腺がんが発生した。

 皆が「何かおかしい」と思い始めた当時、WHO(国際保健機関)は、「チェルノブイリ原発のメルトダウンの直接的な健康被害はない。多くは、被曝ノイローゼだ」と言っていた。

--

 1990年代前半、ベラルーシの甲状腺がんの第一人者、ミンスク大学の故エフゲニー・デミチク教授が、放射線ヨウ素I-131が飛散し、それが子供の甲状腺がんを増やしているという論文を、国際的総合科学ジャーナル「NATURE」に発表した。

 デミチク教授の息子ユーリーも、甲状腺外科医を目指していた。父親の教授から「息子を日本で勉強させてほしい」と頼まれた。

 ぼくが代表を務める日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)が1993年 松本に招待し、3か月間、信州大学や諏訪中央病院で、甲状腺の医学や肺がんの外科学を学んだ。

 その後ユーリーの病院に手術道具と材料を大量に送った。その後も頻繁にユーリーと会ってきた。しかしそのユーリーが先月急逝した。病院で仕事中に突然死した。心筋梗塞ではないかと言われている。

----------------------------------------------------------
中途挿入

突然死した。心筋梗塞

















失礼しましたしかしためになるブログだ

-----------------------------------------------
 甲状腺がんの第一人者はどう考えたか

 ユーリーは、ミンスクの甲状腺がんセンターの所長だった。ベラルーシ共和国の甲状腺学の第一人者である。毎年1000人程の甲状腺がんの手術を行っているとぼくに言っていた。

 国の政策として、甲状腺がんの患者はユーリーの病院に集められていたため、極端に多くの患者を診ていた。多忙過ぎたと思う。福島の小児甲状腺がんのデータをよく知っていた。

 ぼくが最後に会った時は、福島では2巡目の検診が行われていた。福島の子供の甲状腺がんは、福島第一原子力発電所の事故と関係があるのかないのか、意見が分かれている。甲状腺外科学の第一人者のユーリーはどう思うかと聞いた。

 「日本のスクリーニングは精度が高い。検診をしたために見つかった可能性が高い。スクリーニング効果の可能性がある」と言うのだ。

 「ただし…」とユーリー・デミチクは言い出した。

 「2巡目の検査で、がんが16人見つかっていることは気にかかる。今後さらに、がんやがんの疑いのある子供が増えてくれば、スクリーニング効果とは言い切れなくなる」

 福島は汚染が少なかったと言って安心はするな

 2巡目の検査で、ついに甲状腺がんが増加して44人となった。ユーリーが心配していたことが起きている。

 ユーリーは「もう1つ忘れないでほしい」と言った。「ベラルーシ共和国では、放射線汚染の低いところでも甲状腺がんが見つかっている。福島県がI-131の汚染量が低いからと言って、安心しない方がいい」と言うのだ。

 「放射性ヨウ素が刺激となり、長期間、時間をかけてがんになる可能性はある。だから、長期間、検診を続けた方がいい」と言った。

■ 子供の甲状腺がんは転移が多い

 もう1回確認をとった。「甲状腺がん検診で見つかったがんについて、日本では、見つけなくていいがんを見つけたという意見もあるが、どう思うか」と聞いた。

 「子供の甲状腺がんは、リンパ節転移する確率が高いのが特徴。ベラルーシ共和国で手術せず様子を見た例と、手術をした例とでは、子供の寿命は格段に違った。手術すれば、ほとんどの場合、高齢者になるまで健康に生きることができる」

 「見つけなくていいがんを見つけた、なんて言ってはいけない。見つけたがんは必ず手術した方がいい。数年経過を見たこともある。すると、次にする手術は大きな手術になった」

 「だから、見つけたがんはすぐに手術をした方がいい。それが30年間チェルノブイリで甲状腺がんと闘ってきた自分の考えだ」

 こう語ったのだ。

 「福島県だけではなく、周辺の県も検診をした方がいいのか」と聞いたら、「コストの問題だ」という。「お金に余裕があるなら、やるべきだ」というのが彼の考えのようだった。

 このユーリーの言葉と、重なる意見を言っている日本の専門家がいる。福島県立医大の教授、鈴木眞一氏。

 県立医大で行った手術の72人の子供に、リンパ節転移があった。加えて、甲状腺外浸潤や遠隔転移を入れると、子供の甲状腺がんの92%が、浸潤や転移していたというのだ。

 鈴木教授も、ユーリーと同じ考えだ。検診をやり、早期発見するようにし、見つけたらできるだけ手術をすること。これが大事な点だ。

 「放射線の影響は考えにくい」と言い切れるか

 北海道新聞によると、日本甲状腺外科学会 前理事長の清水一雄氏は、1巡目の検査で、せいぜい数mmのしこりしかなかった子供に、2年後に3cmを超すようながんが見つかっていることを挙げ、「放射線の影響とは考えにくいとは言い切れない」と言っている。

 これもユーリー・デミチクと同じ考えである。彼は、甲状腺検査評価部会長を辞任した。こういう「空気」に負けない科学者がいることは心強い。

 子供の甲状腺がんと放射性ヨウ素I-131の関係があるのかないのか、結論づけるためには、事故直後福島県内で甲状腺の被曝量を測定し、サンプリングすることが重要だった。

 きちんとしたデータも取らずに、福島県の県民健康調査検討委員会は「放射線の影響は考えにくい」と総括している。

 チェルノブイリ原発事故と比べると、I-131の放出量が少なかった。チェルノブイリでは、小さな子供たちにがんがみつかったが、福島県では小さな子供にがんが多くはない。これが理由だ。

■ 検診を縮小しないで

 そんな状況の中で、検診を縮小しようとか、希望者だけにしようという動きも、昨年秋に見られた。これはとてもまずい。できるだけ検診をしっかり続け、早期発見・早期治療をし、子供たちの命を救うことが大切だ。

 原発事故と関係があったかどうかは、チェルノブイリでも事故から7~8年かけて因果関係が証明されていったことを考えると、臭いものに蓋をするようなことはよくないと思う。

 もう1つの大きな問題は、がんの治療をした後の子供の心のサポートが十分にできているかである。

 高校時代にがんが見つかり手術を受けた子供がいた。大学進学後に再発・転移が見つかって再手術。大学も辞め、部屋に引きこもりがちになっていると聞いた。

 別の十代の男の子は、甲状腺がんの手術をした後、荒れて家族に暴力を振るうようになったという。悲しい話だ。

 「がん」になった子供の心を支えよう

 因果関係が明白になるまで、できるだけ長く検診を続け、見つかった子供の治療に最善を尽くし、長く医療費の保証をしてあげることが大事だ。同時に、子供たちの心を支えていくこと。原発を国策として進めてきた責任があるように思う。

 甲状腺がん家族の会ができていると聞いた。要望があれば応援をしてあげたいと思っている。

 子供たちに、病気になっても希望を忘れないようにしてほしいと伝えたい。ぼくがベラルーシやウクライナで見てきた子供たちは皆、隠れたりせず、堂々と生きていた。たくさんの子供を日本へ招待し、保養もしてもらった。

 いつか彼らと交流させて、福島の若者も元気になってもらいたい。大きくなって、好きな人ができて、子供を生んだ女の子たちもたくさんいる。一生に一回だけの人生を捨てないでほしい。

 家族が悪いわけでもない。病気になった子も、その家族も、皆苦しんでいる。だから一人ひとりがまず勇気を持って立ち上がること。そして、前を向いて生きよう。元気になれる人から、なっていこう。

 それを見て、また勇気をもらう他の子供たちもいるはず。立ち上がれる子から、立ち上がっていこう。そう声をかけてあげたいと思う。この文を読んでくれたらうれしい。日本の空気に負けないで、新しい波を起こす若者になってほしい。

鎌田 實

------------------------------------------------

1歳児甲状腺等価線量推定

今日は晴れたので草取りに忙しかった、きれいになった、それで続きはまだやっていない。





テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

空間線量から甲状腺等価線量推定 いわき1歳児甲状腺等価線量300mSv

空間線量から甲状腺等価線量推定

この放医研の人だと思うが、事故の真っ最中の線量推計(北茨城市空間線量16マイクロ1歳児甲状腺等価線量200mSv)から計算すると、

前提条件はこれは南向きプルームから3月中の空間線量に占める割合がヨウ素がほとんどなのでその割合からで、大きくは2波。


福島第一原発 緊急事態 大気放出に係る事故解析
引用
2011031506.jpg
2011032113.jpg

ここを見てると何度も来ている、静岡までが最終のようなのでそこの空間線量を調べると、

静岡二波


最初は福島第一の正門11mSv、次が福島第二の約200μ

福島第二20110315


東海村、つくば、柏、東京、千葉、横浜、いろいろは測定値もあるところもあるが、変動が大きいと睨んでおおよそ丸めてみた。


1歳児甲状腺等価線量推定2

米軍のはここで、

福島原発事故・健康被害ゼロ論の欺瞞 子供の甲状腺がん発生は本当に放射線影響とは「考えにくい」のか? ICRP被曝リスクモデルで福島での甲状腺がんの発生数を予測してみる


アンスケの国連のはこれ

unscearひばく

WHOのもあるし、放医研、その他いろいろみんな好き勝手に推定値を発表しているが、studyも出していたがおおはずれのようだったが、参考にして比較したが、

米軍とアンスケのみを比較する。


1歳児甲状腺等価線量推定


とりあえずおおまかには形になったので、理論的背景も整然としてるし、よしとする。

さらにはエクセルで、線量と濃度を入れるとささっと動いて結果が出るものにしたいのだが、なにせ濃度が核燃サイクル東海村大洗あたりしかなく、おおざっぱにしかできない。

次は北西や西方向や宮城路線も推計だ、疲れた。


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

ベラルーシでは約 4400 件の甲状腺ガンが発生し、致死的な甲状腺ガンは約 350 件であった










---------------------------------------










------------------------

「空間線量からの1歳児甲状腺等価線量の推定」の下準備をしていて疲れたので、たまたま見つけた今中のチェルノブイリ報告からの抜粋で、お茶を濁すブログだった。

206mSv2.jpg
206mSv.jpg


理屈は理解したので「最高実測空間線量」を探すのに苦労する、最高を隠しているところもあるので。


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

また低年齢層では、事故当時4歳は2人、5歳が1人いた 「3・11甲状腺がん子ども基金」

【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。
甲状腺がんの子4人に1人が進路に影響〜支援団体アンケート
抜粋引用
4ヶ月で1都13県81人に計910万円を給付

福島県58人、福島県外が23人(神奈川県4人、宮城県・埼玉県・東京都が各3人、長野県が2人、秋田県・岩手県・群馬県・茨城県・千葉県・新潟県・山梨県・静岡県が各1人)

また低年齢層では、事故当時4歳は2人、5歳が1人いた

肺転移などにより、放射性ヨウ素を内服するアイソトープ(RI)療法が必要な患者は10人で、福島県内が2人(3%)であるのに対し、福島県外では8人と34.7%を占めた。特に県外の男性は、手術を終えた6人のうちすべてがRI治療を受けていた

福島県内では、58人のうち5人が再発
 片葉の甲状腺を摘出した後に再発したのが4人。自覚症状により、手術を受けたものの再発していた人が1人

福島県民健康調査以外で甲状腺がんが見つかった患者が5人

悩みのトップは「結婚」

・肌を露出する服が着られなくなった。海やプールに行けない

多くの人が周囲には内緒にしていることが分かった

診断の説明、告知について、もっと手術を受ける身になってほしいと思った

このことだろう、311基金の前回の動画で患者の父親が話していたから
(「あなたはがんですよ 原発の影響はありません」
「あなたはがんですよ 心のケア はありません」
頭ごなしに「そんなのは(がんは)前々からあったんだ!」)

福島医大(福島市)だけでなく郡山市で診察してもらいたい

-------------------------------------------

同基金は、患者から寄せられたメッセージも公表。今後、順次、ホームページにアップしていくとしている。またアンケート結果を、新年度の事業に反映させていきたいとしている。
 
3・11甲状腺がん子ども基金
http://www.311kikin.org/
 
【OurPlanetTV番組制作支援のお願い】
この番組は会員のみなさまからの会費や、視聴者のみなさまからの寄付・カンパを基金に制作しています。より多様な視点から情報発信ができるよう、ぜひ制作費のご支援をお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。

OurPlanetTVは認定NPO法人です 寄付者の皆様は寄付金控除を受けることができます


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

副甲状腺の考察を見落としていた



引用

「副甲状腺ホルモンを分泌しています。名前は似ていますが、甲状腺ホルモンとはまったく違い、「カルシウムの代謝の仲立ち」をするホルモンです。
カルシウムは骨の材料であるだけでなく、心臓も含め全身の筋肉を収縮させたり、血液を固まらせたりするのにも欠かせません。さらに、脳細胞が働く上でも」




内部から外部から
























副甲状腺機能低下症(指定難病235)

うらん235

副甲状腺

ここでは副甲状腺ホルモンを分泌しています。名前は似ていますが、甲状腺ホルモンとはまったく違い、「カルシウムの代謝の仲立ち」をするホルモンです。 カルシウムは骨の材料であるだけでなく、心臓も含め全身の筋肉を収縮させたり、血液を固まらせたりするのにも欠かせません。さらに、脳細胞が働く上でもなくてはならないミネラルです。 カルシウムの貯蔵場所は骨ですが、副甲状腺ホルモンはビタミンDと共に、カルシウムを骨から血液中に送り出したり、腎臓や腸から吸収したりして、血液中のカルシウム濃度を上昇させる働きをします。 また、カルシウムの方にも副甲状腺ホルモンの分泌を調節する働きがあり、血液中のカルシウム濃度が下がると副甲状腺ホルモンの分泌が高まって濃度を上げようとします。逆に血液中のカルシウム濃度が高すぎると、副甲状腺ホルモンの分泌が減り、濃度を下げようとします。このようにして、血液中のカルシウム濃度は一定に保たれます


有名な伊藤病院が言っているので間違いない。

ヨウ素が甲状腺被ばく攻撃 忘れられていた副甲状腺も 胸腺もあるが

胸腺




超重要

心臓も含め全身の筋肉を収縮させたり

脳細胞が働く上でもなくてはならないミネラル



この話が次に繋がる超重要


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

考えにくい派早川予想を超えているので原発爆発ヨウ素由来に確定

早川由紀夫の火山ブログ
福島県の超音波検査でみつかる甲状腺がん数の長期予測
引用
2011-2013年 105人
2014-2015年  20人 
2016-2017年  20人
2018-2019年  25人
2020-2021年  30人
早川
2021年までの10年間で200人に甲状腺がんがみつかるだろう。そのうちの半分が2013年までの初回にみつかる

2011年3月の原発事故に起因する甲状腺がんは、初回と2巡目はゼロ。3巡目以降でも2割を超えないとみる


早川由紀夫の火山ブログ
子供たちののどに超音波を照射した検査行為が甲状腺にがんを発生させた

----------------------------------------
hayanoではなくhayakawa予想
2011-2013年 105人 実際は116人
2014-2015年  20人 実際は69人
2016-2017年  20人


安心安全派 早川予想を超えているので原発爆発ヨウ素由来に確定

----------------------------------------

結節10%甲状腺ガン説

甲状腺ガン数

甲状腺ガン数2
人口が違うので一桁ずらしてグラフ化


陰謀の隠蔽工作

20170330経過観察



甲状腺結節性病変(しこり、のう胞、腺腫等)甲状腺ガン 26%説






4人にひとり説もあった
26.jpg


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

「がんが見つかったら嫌だと思う人は、甲状腺検査を受けない意思も尊重されます」

福島県立医大の緑川早苗准教授(甲状腺検査を巡るコミュニケーション担当)は、「がんが見つかったら嫌だと思う人は、甲状腺検査を受けない意思も尊重されます」と、2015年から学校で子ども向けの「出前授業」を始めたという


「がんが見つかったら嫌だと思う人は、甲状腺検査を受けない意思も尊重されます」

「みなさん放射能のことは言わない」
「大丈夫なのになぜ除染するのだ」
「心配しているが測定はしていない、なぜか、知ると怖いから」


福島いわき
「いじめられ、暴力をうけても、いじめた児童父兄を指導せず、放射能を怖がらないように私が指導をうけました」

「がんが見つかったら嫌だと思う人は、甲状腺検査を受けない意思も尊重されます」


頭ごなしに「そんなのは(がんは)前々からあったんだ!」

「がんが見つかったら嫌だと思う人は、甲状腺検査を受けない意思も尊重されます」













*まとめ的に素晴らしい評論だったので、ピンポイント的に抜き出して連打ツイートしたが、あまり複雑になっても悪いので、読めばわかるから、感じた部分を強調して記事にした。

確定で増加が心配されるので、地震と同じで対策の準備を


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

小さな子の治療には言葉も無い 脱水汚泥のヨウ素131




反原発反被曝なら当然に知れ渡っただろう「隠蔽の4歳男児」

他にも2500人の待ち受ける経過観察


手術しながら報告せず

隠蔽

20170330経過観察



まさのあつこ | ジャーナリスト
引用
小児化

これは山下俊一がチェルノブイリ報告で「0~5歳」が多いと言っていたのをまさのさんがグラフにしたものだが、4年までは「0~5歳」は少ないが、後になるほど増えてきたというグラフの錯覚を暴いたもの


そして今日またオレがふと再発見した例の脱水汚泥

最新の2017年2月分が出ていたので


2月も切れ目ないヨウ素131
201702脱水汚泥県北

まさかこんなことになるとは夢にも思わなかった
原発事故の先行きの予想など誰の考えをも上回って、果てしない
セシウムを超えるヨウ素131などが汚泥から検出され続けるなど、あの時考え付いたか?
まだ終わらない


おそらくヨウ素治療は大人の方が多くて大量のヨウ素が流れ込んでいるのだと思うが、小さな子の治療には言葉も無い

経過観察が2500人 「考えにくい」などという県立医大を信用できずに他の病院を探す人もいると聞く







*ちょっと落ち着き無くバタバタと書いているが、決算でe-tax el-taxをいじっていたので忙しかった



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

原発事故後の甲状腺検査 がん診断の4歳男児報告されず

後報

3月30日 20時24分 NHK
原発事故後の甲状腺検査 がん診断の4歳男児報告されず
引用
事故当時の年齢は5歳から18歳までで、最年少は去年6月に公表された5歳の男児とされています。
検討委員会委員「調査の信用落ちるおそれある」
検討委員会に報告されないがん患者がいることが明らかになったことについて、専門家は甲状腺検査に対する信頼性が揺らぐおそれがあると指摘しています。

甲状腺検査の検査結果は、がんの専門医や大学教授など専門家15人で構成される検討委員会に定期的に報告され、原発事故との関連性などについて科学的な立場で検討が行われています。

検討委員会はおととしと去年、原発事故後に福島県内で確認された甲状腺がんについて、「総合的に判断して、放射線の影響とは考えにくい」とする取りまとめを公表しました。

報告書の中でその理由として、被ばく線量がチェルノブイリの原発事故と比べてはるかに低いこと、チェルノブイリで相次いだ5歳以下の子どもに甲状腺がんが発見されていないこと、それにチェルノブイリでは事故の5年後以降にがんの発見が相次いだのに対して、福島では1年から4年と短いことなどを挙げていました。

その後、去年6月の検討委員会で、5歳の男の子に初めて甲状腺がんが確認されたと公表しましたが、「放射線の影響とは考えにくい」という見解は変えていません。

検討委員会の委員で、福島大学の元副学長の清水修二特任教授は、これまでで最年少となる当時4歳の子どもにがんが見つかったことについて、「年数がたてばがんになる確率も上がるので、特に意外でも奇異なことでもない」と述べ、冷静に受け止めるべきだと強調しました。そのうえで、報告されていないがん患者がいたことについて、「正確な情報を明らかにして分析するのが使命で、どういう経緯であっても患者が確認されれば、個人情報に十分に配慮したうえで、きちんと事実として公開すべきだ。そうしなければ隠しているという疑念を生じさせ、調査全体の信用が落ちるおそれがある」と指摘しています。
福島県「委員会の議論を踏まえて公表を検討」
公表していないがん患者がいることについて、福島県立医科大学は、経過観察を行っている中で、がんが診断された場合や甲状腺検査以外のきっかけで、ほかの医療機関で検査や診療を受けてがんと診断された場合などは、検査の担当部署では情報を持っていないとしています。
そのうえで、医療機関にがん患者のデータの届け出を義務づけた「地域がん登録」の制度が、より精度の高い情報を収集、公表していると説明しています。

県立医科大学で甲状腺検査の責任者を務めた医師は、NHKの取材に対して「二次検査のあとの経過観察でがんと診断された患者の多くが、その後も県立医科大学で治療を受けているが、全員を網羅しているわけではない。公表によってかなり恣意的(しいてき)なことが起こるので慎重にするべきだ。患者のためということでは一点の曇りもなくやっている」と話しました。そのうえで、検査のあとの経過観察などで、がんと診断された患者を公表しない仕組みになっていることについて、「どう対応するかは課題で、私が責任者の時から問題点がずっと残っていた」と述べました。

甲状腺検査を県立医科大学に委託している福島県県民健康調査課は「検査のあとの経過観察などで、がんが判明した場合、公表データに入らないことは承知している。そういう患者がいる可能性はあるが、個別のケースは把握していない。委員会の議論を踏まえて、今後、公表を検討することになる」と話しています。

-------------------------------------------

前回2月の発表では1人しかいなかったので、もう大丈夫なのかと思っていたが、ふと見ると、経過観察が莫大にいたので驚いた。
途端にタイミングよく、「経過観察で隠蔽」というツイートが流れて来て、

なるほど、みんなもそう思っていたのかと昨日まで考えていた矢先の

NHKのニュース特ダネだった


私が下の画像付きでツイートしたら、珍しく因縁をつけてきた奴がいたので、無視していたが、
やはり必死の工作員だったのかと今にして思う

甲状腺検査3



陰謀の隠蔽工作


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

福島 NEWS WEB 4歳児の甲状腺がんが報告されず

4歳児の甲状腺がんが報告されず
引用 03月30日 19時50分 NHK

原発事故のあと、福島県は18歳以下の子どもを対象に甲状腺検査を行っていて、健康への影響を検証する専門家の委員会に報告しています。

しかし、事故当時4歳の子どもががんと診断されたのに委員会に報告されていないことがNHKの取材でわかりました。
福島県は、現在の仕組みでは県の検査の後にがんと診断された患者は報告の対象になっていないとしていて、専門家は、「正確な情報を明らかにして分析するのが使命で、事実はきちんと報告し公開すべきだ」と指摘しています。

原発事故のあと福島県は福島県立医科大学に委託して放射性ヨウ素の影響を受けやすいとされる事故当時18歳以下の子ども、およそ38万人を対象に、超音波でしこりの有無などを調べる甲状腺の検査を実施しています。
県は検査の結果を健康への影響を検証する専門家の委員会に報告し、昨年末までにがんやがんの疑いがあると診断された人が当時5歳から18歳までの185人いると発表しています。

しかし、これまでで最年少の事故当時4歳の子どもがこの検査の後にがんと診断され、甲状腺を摘出したことを県立医科大学が把握していたのに委員会に報告されていないことがNHKの取材でわかりました。

検査は、一次検査と二次検査の2段階で行われ、県や県立医科大学は「報告の対象は二次検査までにがんやがんの疑いと診断された患者で、二次検査で継続して推移を見守る「経過観察」とされたあとにがんと診断されたり、別の医療機関に移って、がんがみつかったりした患者たちを網羅的に把握することは困難なため報告していない」と説明しています。

2年前に委員会のメンバーが、こうした仕組みの問題点を指摘した際、県立医科大学は検査後にがんと診断された患者については「別途、報告になる」と説明していましたが、報告されていなかったことになります。

委員会の委員で福島大学の元副学長の清水修二特任教授は、「正確な情報を明らかにして分析するのが使命で、隠しているという疑念を生じさせないためにもどういう経緯であっても患者が確認されれば、きちんと事実として公開すべきだ」と指摘しています。


----------------

言葉にできない









電子顕微鏡がとらえた放射性粒子: 福島第一原子力発電所事故初期に大気中に放出された 放射性粒子の物理化学的性質
引用
10マイクロメートル前後の比較的大きな粒子は鼻やのどの粘膜に付着しやすく

2016年5月7日
『鼻血は出る 福島の真実と風評』& 雁屋氏×井戸川氏対談


いまでも 井戸川氏「2日に1回」 2016年5月7日

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

違いは、灰皿があるかないだけ
















違いは、灰皿があるかないだけ

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

北茨城市における線量の推定について 3名が甲状腺がんと診断されたこと

原子力安全委員会が発信・受信した文書について(2011.03.11~03.31)

時系列ファイル(その18)
引用

北茨城市における線量の推定について(概算見積もり)

小児甲状腺内部線量は約 210mSvとなった(表-1


206mSv2.jpg

206mSv.jpg


北茨城市甲状腺超音波検査事業の実施結果について
引用

② 平成26年度の精密検査の結果、3名が甲状腺がんと診断されたこと

③ この甲状腺がんの原因については、放射線の影響は考えにくいこと(



206mSv3.jpg



*たまたま発見 犬も歩けば棒に当たる 鳥も鳴かずば打たれまい (笑)


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

恐ろしいところだ 福島では甲状腺ガンになると差別されるのか? 復興の邪魔だと






2016/12/27 に公開
東京電力福島第一原子力発電所事故後、甲状腺がんと診断された子どもたちを支援している市民団体「3・11甲状腺がん子ども基金」が、26日から療養費の給付を開始した。初の給付を受けたのは35人で、そのうち3人がRI治療(アイソトープ治療)の必要のある重症患者だった。

詳細はこちら http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2083



きちんと福島健康調査で診てもらいながら、自主的に病院に行ったらガンですだと
県外では全摘出 福島では半摘出だと
アイソトープ治療とか言っているが、ヨウ素131治療じゃないか
全身転移を防御

県外に重症者がおおいだと
リンパ転移が87%だと
一家全員甲状腺ガンで働けないだと

福島の医者は血液検査のカルテをくれと言っただけで怒鳴られただと
同じじゃないか
頭ごなしに「そんなのは(がんは)前々からあったんだ!」

恐ろしいところだ 福島では甲状腺ガンになると差別されるのか?
復興の邪魔だと

「福島県内では半摘で済んでいる患者が多く」
その後再発で全摘出になるのが多いそうじゃないか







いじめや差別のおおもとは福島県だった
「被ばくの影響でなく、集団検診の効果であると考えられる」

福島で甲状腺異常はご法度











福島の小児甲状腺がん疑い含め183人〜2巡目で68人


本格検査68人 計184人 男性比率が極めて高い結果
62人が前回A判定

見逃しではなく増えすぎを嫌った先送りだろう












ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああ

甲状腺がん治療充実へ〜国内最大の治療施設完成・福島医大
引用
ガン病棟


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

ポーランドで最も放射された領域における甲状腺癌の最近の疫学的結果

反核医師の会 原発被ばく問題プロジェクト
甲状腺癌の過剰発生は、チェルノブイリの近郊以外でもみられていますか?
引用
チェルノブリ事故後の放射性降下物は、当然ベラルーシ、ウクライナ、ロシアだけでなく、ヨーロッパの広範な地域にまで降り注ぎ、各地にホットスポットを形成した。3国以外でもかなりの人々に影響を及ぼしたと見られ、チェコスロバキアやポーランドでは若年者以外でも甲状腺癌の過剰発生が疑われる地域がある(文献4、5)


ポーランドで最も放射された領域における甲状腺癌の最近の疫学的結果
引用
この報告書では、著者らは、ポーランドの放射能の強い地域、すなわち1986年以降のオポール州の甲状腺がんの疫学的証拠を評価している。登録された甲状腺癌のロジスティック回帰モデリングと生態系共変量(137Cs濃度) 6つの顕著な放射線帯と2つの等しい期間における発生率の差を示す。 この研究の結果は、1987〜1994年と比較して、1995-2002年に男性および女性で甲状腺がんの発生率が有意に増加したことを示しています。 さらに、分析期間中、州全体の女性の同位体濃度が上昇した地域では、発生率の顕著な上昇が認められた。 データは、1987〜2002年にオポレの州に登録されたすべての甲状腺がん症例を含む。 このデータは、Opoleの州立癌登録簿に由来しています。 137Cs濃度に関する情報は、ワルシャワのポーランド地質研究所から得られた。 計算はWinBUGSソフトウェアを用いて行った

ポーランドオポーれ州


チェルノブイリの落下による中程度の影響を受けた国の成人集団で甲状腺がんが増加しています
引用

結論:
チェコ共和国は比較的緩やかな量の放射性降下物しか受けなかったが、1990年以降、すべての年齢区分における甲状腺癌の予期せぬ一様に加速した増加が見られる。 したがって、集団線量および個々の臓器線量が低いが高い集団では注意深く見なければならない

---------------------

ウソでしょ 核医学会「結果としてポーランドでは甲状腺癌の増加がなかったのです」
引用

マリアの故郷、オルシュティンは、ポーランド北部に位置している

これは大げさに言ってるのではない。甲状腺専門の外科医、アーター ザレウスキーは、1990年前半から、甲状腺手術をする機会が大幅に増えた、と語っている。何人かは甲状腺がんだが、ほとんどの患者さんが甲状腺肥大か、甲状腺がうまく機能しない甲状腺障害だ。

フランスイタリアドイツ

----------

今日は1日 新潟県の3歳児安定ヨウ素剤配布のニュースからポーランド安定ヨウ素剤マリアのお話まで考察してついに解明できた
「甲状腺ガンもさりながら、被ばくによる甲状腺機能障害」
エビデンスの論文も見つけたし、マリアの話もある
チェルノレベルの1グレイも出るとガンで、低いと機能障害

-------------

石原藤樹のブログ(元六号通り診療所所長のブログ)
僕の手元に、 「緊急時における放射性ヨウ素測定法」という資料がありますが、 これによるとこの数値の算出は大気のサンプリングを行ない、 その数値を小児が24時間吸入した合算として換算する、 とされています。 これによると、 610Bq/m3(立方メートルです)が、 小児甲状腺等価線量として、 10mSvに相当する、 という便利な換算が示されていました


緊急時における放射性ヨウ素測定法
引用

8:小児甲状腺の等価線量10mSvに相当する大気中ヨウ素-131濃度(24時間吸入) 610Bq/m3



6100ベクレルなら100mSvとなる

さらに、


6年目の確証 キセノン:ヨウ素=1:1としたら、ヨウ素も15万Bq/m3 3月15日正午前後の茨城県南部


こうなると甲状腺機能障害から甲状腺ガン激増となるのは、自明だろう


*論理的にも非の打ち所無く解明された 他にも安定ヨウ素剤の話もいろいろあるのだが、話が多くなっても悪いので控えめにする


6年目できっぱりと解明された



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

確証です 「放射線の影響は考えにくい」に疑問 福島の甲状腺検査 評価部会長が辞表





「放射線の影響は考えにくい」に疑問 福島の甲状腺検査 評価部会長が辞表
引用 北海道新聞 10月21日(金)13時30分配信

「部会長の立場では自分の意見が言えない」
 東京電力福島第1原発事故後に福島県が設置した県民健康調査検討委員会の委員で、子供の甲状腺検査を評価する部会の清水一雄部会長(日本甲状腺外科学会前理事長)が、検討委に辞表を提出していたことが分かった。清水氏は検討委が3月にまとめた「放射線の影響とは考えにくい」との中間報告に疑問を感じ、「部会長の立場では自分の意見が言えない」と辞任を決めたという。

 清水氏は医師で、甲状腺の内視鏡手術の第一人者。原発事故当時に18歳以下だった福島県の子供たち約38万人を対象にした検討委の甲状腺検査では、これまでに174人が甲状腺がんまたはその疑いと診断されている。

「多発は事実。臨床経験から考えると不自然な点も」
 清水氏は「多発は事実であり、これまでの臨床経験から考えると不自然な点もある。『放射線の影響とは考えにくい』とは言い切れない」と説明している。

 次回、開かれる部会で清水氏の辞任が決まる見通し。今後は部会員、委員として議論に関わる考えという。

福島県の甲状腺検査とは
 2011年3月の東京電力福島第1原発事故当時、18歳以下だった約37万人を対象に同年秋から福島県が行う検査。14年春からの2巡目は事故後1年間に生まれた子供を加えた約38万人が対象。超音波で甲状腺のしこりの大きさや形を調べ、異常があれば細胞などを詳しく調べる。今年9月に報告された6月末時点の結果によると、1、2巡目を合わせて甲状腺がんと確定したのが135人、がんの疑いが39人。1986年の旧ソ連チェルノブイリ原発事故では放射性物質ヨウ素131の影響で周辺の子供たちに甲状腺がんが多発した。




















テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

大人よ、お前もだ! 「事故時5歳児、甲状腺がん~悪性・悪性疑い172人」 

投稿者: ourplanet 投稿日時: 月, 06/06/2016 - 13:00
事故時5歳児、甲状腺がん~悪性・悪性疑い172人


「チェルノブイリから640キロ離れた場所でも甲状腺障害が爆発的に増えている」ニューヨークタイムズ
引用

約5年前、ついにマリアにも順番が回ってきた。甲状腺がだんだんと大きくなってきて気管支を圧迫し、ついには、



最後の、プロメテウスの罠
引用
3月29日、菅野(かんの)みずえ(63)は甲状腺がんの手術を受ける。

 今年2月、何げなく検査を受けたら、甲状腺がんが見つかった。専門病院で調べると、大きさ1・6センチになっていた。すぐに手術をしなければいけないという。

 尋ねる前に、医師から「原発事故とは関係ありません」




【必見!!】チェルノブイリ20年後の甲状腺癌のグラフ
大人甲状腺ガン


これは手術した時に「何歳ですか?」を現したグラフだろう 子供は減っていったが、大人はまだ伸び続けている

確か、2~3年前には大人もやっと減ってきたとかニュースが出ていたはずだが、あたまが風化で物覚えがひどいので、自分で確認してほしい


大人甲状腺ガン2



そろそろ6年目に来たから、「あしたは、あなたですよ、原発の影響はありません」と言われるのを覚悟しておくべきだろう


当初から「春ウコン」を推奨しているので、罹りそうになったら増量して毎日飲んで免疫力で克服しかない


にわにはにわかにはるうこんもくびをもたげだした、毎年のことだが




*少しリンクの失敗があったが、修復した

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

「防護服の男」その後 3月29日、菅野(かんの)みずえ(63)は甲状腺がんの手術を受ける

2016-03-27
原発事故から一夜明けた2011年3月12日、「なんでこんな所にいるんだ! 頼む、逃げてくれ」
引用
11年3月12日夕、菅野みずえは自宅に駆け戻り、防護服の男たちの話を避難者に伝えた。議論が始まった。
 「本当に危険なら町や警察から連絡があるはずだ。様子をみよう」。やっと落ち着いたばかりで、みんな動きたくなかった。

 しかし深夜、事態が急変する



2016年3月28日
(プロメテウスの罠)6回目の春:8 「防護服の男」その後
引用 朝日デジタル 2016年3月28日05時00分

 3月29日、菅野(かんの)みずえ(63)は甲状腺がんの手術を受ける。

 今年2月、何げなく検査を受けたら、甲状腺がんが見つかった。専門病院で調べると、大きさ1・6センチになっていた。すぐに手術をしなければいけないという。

 尋ねる前に、医師から「原発事故とは関係ありません」…



-----------------------------

「あなたはがんですよ 原発の影響はありません」
311甲状腺がん家族の会


泣く

免疫強化しかない

ナチュラルキラー細胞の強化対策を!!!




タイミングがよすぎる まさかこんな展開になるとは  おどろきを超えている


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

先行調査で2名、本格検査で2名、増え続ける浪江避難民 「なんでこんな所にいるんだ! 頼む、逃げてくれ」

馬場町長は以前、「浪江町は流浪の町だ」と表現されました。今もそれは変わりませんか。
引用
馬場  震災から3年が経ち、町民はいろんな所に避難してきました。私でさえ4か所避難場所を変えました。町民の平均は7回。多い人では15回も避難先を変えています。その間、「私どもは定住できる場所があるのか」と何度も思いました。

ただ、甲状腺検査では、残念ながら小学生2人ががんを発症しています。すでに手術は終えて元気に運動していますが、数が多いか少ないかは問題ではありません。健康管理、健康保持が大事なので、とにかく我々は健康管理をきちっとしていこうということです


「県民健康調査」 検討委員会・甲状腺検査評価部会等について

先行調査確定版と本格調査を合体

福島甲状腺ガン
福島甲状腺ガン2


福島甲状腺ガン
福島甲状腺ガン2


調査なのか?検査なのか?

悪性のガンまたは疑い 長い言葉だが、甲状腺ガンでいいだろう

この比率で上から多い順に並べると、右の本格検査でも比率が高くて出ているところがある


NHKの岡野先生のグループの推定でも3月12日16時から

「北西におよそ6時間 ヨウ素131が」

と出ていた


北西に6時間





涙を拭いて、対策をしなければならない


311甲状腺がん家族の会
「あなたはがんですよ 原発の影響はありません」
「あなたはがんですよ 心のケア はありません」


【ライブ配信】27日13時「どうみる?甲状腺がん」鈴木元氏Vs津田敏秀氏



死の灰を出した東電、政府、推進派に認めさせなければならない!!!

被ばく線量は思いもしない高いかもしれない


安心できない



中通りの発生の多さに気が付いているのか?表を見よ!!!



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

子宮頸がんワクチン接種後「思春期の少女にもともと多い病気の存在が顕在化した」のはウソだった

あの激しいけいれんは本当に 子宮頸がんワクチンの副反応なのか 日本発「薬害騒動」の真相(前篇) 2015年10月20日(Tue)  村中璃子 (医師・ジャーナリスト)
引用
「ワクチンによって患者が生まれた」のではなく「ワクチンによって、思春期の少女にもともと多い病気の存在が顕在化した」


「放射性ヨウ素によって患者が生まれた」のではなく「高性能超音波検査によって、思春期の少女にもともと多い甲状腺ガンの存在が顕在化した」


「エビデンス弱い」と厚労省を一蹴した WHOの子宮頸がんワクチン安全声明 2015年12月21日(Mon)  村中璃子 (医師・ジャーナリスト)


WHOを背にリコちゃんが放った一撃
「子宮頸がんの副反応は、それは短なる気のせいじゃないのか?健全なる医者、小児科医もありえんと言っているのに」
と檄文を出して
「そうだそうだ」と食いついたのが、ご存じわれらが推進派エートス放影研軍団たち

賛辞の言葉が雨あられ、ご本人も私の批判にはなぜか反原発派が多いと苦笑しながら、にんまり



そこで一人忽然と戦いを挑もうと思ったが、よく考えたら私には子宮がなかった

「子宮も無いのにいろいろ言うな」と言われそうだったので、監視人に徹していたら、


またもや勝利のエビデンスが飛び込む!



子宮頸がんワクチン副反応「脳に障害」 国研究班発表
引用 TBS系(JNN) 3月17日(木)0時17分配信

「NEWS23」が継続してお伝えしている子宮頸がん予防ワクチンをめぐる動きです。番組ではワクチンを接種した少女たちの記憶力などが低下する症状について取り上げてきましたが、国の研究班が16日、脳の障害に関する新たな研究結果を発表しました。

 利き手だった右手がうまく動かせなくなってから5年がたとうとしています。酒井七海さん(21)。足が思うように動かせず、車いすを使う生活が当たり前のようになりました。こうした症状を発症したのは、子宮頸がんワクチンを接種してからです。

 日本でこれまで接種した338万人のうち、副反応の報告があったのは2584人。2年前、酒井さんは別の病院に通院していました。現在はまた違う病院に。今回が22回目の入院となります。

 「足を真っすぐにすると震える・・・」(酒井七海さん)

 目に見える症状のほかに、今、深刻なのは、記憶の障害です。

 「(七海さんが)予定とかを忘れちゃうので・・・」(母親)
 「やったことを常にスマホに記録していて。11時40分に(取材が)来たので、とりあえずここ(スマホ)に書いておいて、夜、まとめて、ノートにきょう何時に何をしたというのを書いたりして」(酒井七海さん)

 これまで、国の検討部会はこうした症状を少女たちの心身の反応としてきました。そうした中、16日、厚生労働省で国の研究班の1つが新たな研究成果を発表しました。研究班の代表を務める池田修一信州大学医学部長。この1年間、全国の患者およそ140人の研究を進めてきました。そこでわかってきたのが、記憶力の低下などを訴える患者の傾向です。

 「『情報の処理速度』だけが極端に落ちている。正常の6割くらいまで落ちている」(国の研究班の代表 信州大学 池田修一医学部長)

 少女たちに何が起きているのでしょうか。実験用の特別なマウスを使って分析が行われました。マウスにそれぞれ、子宮頸がんワクチン「サーバリックス」、インフルエンザワクチン、B型肝炎ワクチンを打ったところ、子宮頸がんワクチンを打ったマウスにだけ脳に異常が発生していることがわかったといいます。

 「子宮頸がんワクチンを打ったマウスだけ、脳の海馬・記憶の中枢に異常な抗体が沈着。海馬(記憶の中枢)の機能を障害していそうだ」(国の研究班の代表 信州大学 池田修一医学部長)

 脳の画像データ。子宮頸がんワクチンだけ緑色に光る異常な抗体が出ています。

 「明らかに脳に障害が起こっている。ワクチンを打った後、こういう脳障害を訴えている患者の共通した客観的所見が提示できている」(国の研究班の代表 信州大学 池田修一医学部長)

 異常が見つかったのは脳だけではありません。子宮頸がんワクチンを打ったマウスの足の裏にある神経の束を撮影したもの。正常な神経は黒く太いバンドで取り囲まれています。しかし、マウスから見つかった異常がある神経は、正常のものと比較すると、黒いバンドの部分が壊れて亀裂が入り、膨らんでいるのがわかります。

 「この神経は情報が正確に早く伝わっていかないと考えられます」(国の研究班の代表 信州大学 池田修一医学部長)

 こうしたマウスの異常はワクチンを打ってから9か月ぐらいで現れたといいます。さらに研究班は、特定の遺伝子にも注目しています。記憶の障害を訴える33人の患者を調べたところ、そのおよそ8割で同じ型を保有していることがわかりました。

 「(注目している遺伝子は)中国・日本など東アジアの人に多い。子宮頸がんワクチンの副反応が日本でクローズアップされた遺伝的背景の1つの原因かもしれないと考えています」(国の研究班の代表 信州大学 池田修一医学部長)

 国の研究班は今後、今回、マウスなどで見られた異常と、ワクチンの成分との関係について、本格的な分析を進める予定です。(16日23:07)
最終更新:3月17日(木)11時13分TBS News i


子宮頸がんワクチン副反応 白血球型影響か
引用 日テレ 2016年3月16日 22:18

子宮頸(けい)がんワクチンの接種後、体の痛みなどの症状を訴える人が相次いでいる問題で、個人の白血球のタイプによって、副反応が出やすい人がいる可能性があることがわかった。

 厚生労働省の研究班が子宮頸がんワクチンの接種後、手足のまひや記憶力の低下などが見られた未成年の女性の白血球の型を分析したところ、7~8割の女性の白血球に特定の種類の遺伝子が含まれていたという。

 日本人全体ではこの遺伝子を持つ割合は約4割であることから、研究班では、「この遺伝子の特徴が、副反応の出方に影響している可能性がある」としている。

 この遺伝子を持つ人の割合は欧米に比べて日本や中国の方が高いことから日本で副反応の報告が多い理由の解明につながる可能性があるほか、将来的には、「ワクチンの接種前に検査を行い、この遺伝子がある人は接種しない」といった予防法の開発にもつながるという。







ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状に関する厚生労働科学研究事業成果発表会
引用
子宮頸がん

子宮頸がん2

子宮頸がん3


WHOを牛耳る欧米人とは違う遺伝子型を持つアジア人に子宮頸がんワクチン副反応が脳障害、神経障害となって現れると、

明解に断言している

「共通した客観的所見が提示できている」


これは相当な自信を持っての発言だ


子宮頸がん4





もうすぐ同じことが甲状腺ガンでも起こるに違いない



なぜ子宮頸がんは厚労省で、甲状腺ガンが環境省なのか?

いいかげんにしとけよ







テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター