セシウム汚染地では多雨の時、雨水で遮蔽されて逆に空間線量が下がる

熊本県庁

雨で上がりセシウムは遮蔽2

4/17の雨でラドンビスマス214で上がってまた元の位置に下がる




日本分析センターにおける空間放射線量率(線量率と放射性核種の関係)
雨で上がりセシウムは遮蔽

千葉市の日本分析センターのは重宝する、空間線量の中味の核種、人工核種セシウム137と134、自然核種ビスマス214の動き、
感雨まで出ていてよくわかる。

「早野福島高校生論文 福島の線量は世界のどことも変わらなかった」で有名な早野が311からここのデータを毎月繋いでグラフを親切にみんなに拡散して「おお、セシウム134が137を下回りこんなに下がった、素晴らしい」とやっていたのでよく見ていたが、
今年になって私が「おお、人工核種が見え見えじゃないか、世界中の人工核種の被ばく外部線量を比較するべきだ」と書いたからかどうか知らないが、もうこのグラフをアップすることがなくなってしまったw

「「関係者はこぼした。
「『外部被ばくと因果関係がないなら、日本中どこででもあんなに見つかるのか』と聞かれて往生している。はっきり言って、誰も自信を持って答えられない」」」


それで、雨が降ってビスマスが上がって線量が上がって、面白いことにセシウム137と134が下がる。
降雪現象と同じで周囲の地表が雨で遮蔽されてセシウムの線量が下がる。





福島県 環境放射能監視 テレメータシステム

雨で上がりセシウムは遮蔽3

汚染度が高いほど、雨が多いほど、ビスマスで上がりきれずにセシウムが下がって空間線量が下がるという不思議。






雨で上がりセシウムは遮蔽4

すこしの雨ならよく上がるようだw
いわきの雨に山火事セシウムがどれだけ含まれていたのかは、降下物降水大気浮遊塵測定値で今後わかるだろう




自然核種と人工核種の動きがよくわかるグラフだった

日本分析センターにおける空間放射線量率の測定結果(2017年4月)



スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

日本のラドン被ばく年0.48mSv NHKは年3mSv 実効線量なのか等価線量なのか

セシウムボール地獄玉粒子 「謎の放射性粒子を追え!」 肺のベータ線被ばく
引用
1000万倍22

ラドンのウソ



経産省の放射能安全デマ本から
ラドンのウソ2


日本の自然

環境放射線による被ばくおよびその評価
内部被ばく

222Rnに起因する内部被ばくは、世界平均では、自然放射線源による被ばく全体(約2.4mSv/年)の約5割以上(約1.3mSv/年)を占めている(表2参照)。日本では、それは約0.4mSv/年で、自然放射線源全体(図1のA,B,C,Dの合計約1.5mSv/年)の約3割である。

--------------------------------

0.0625 * 100 = 6.25
0.03 / 0.48 = 0.0625
0.01 * 100 = 1
0.03 / 3 = 0.01


1%ではなく、6.25%となる

と、ここまで来て、肺の被ばく量となっているから臓器のみの等価線量だったのかと気付く


一般的には、ラドンの日本年間実効線量0.48mSv  肺の組織荷重係数0.12とすると、
肺の等価線量4mSvとなってこれまたおかしいので、ラドンの日本年間実効線量0.35mSvをとると、
肺の等価線量3mSvでおよそ合う

全身の実効線量に換算されたものなのか、臓器のみなのか、はたまた希ガスのラドンとホットパーティクルの被ばく線量がICRPの換算係数が適用できるのか?

数の数の疑問をかもし出すいい加減さだ

1000万倍26

おまえ見たのか?の突込みが入る場面だが、

NHKはホットパーティクルを取り上げながら、本来なら比較できない希ガスのラドンと比較してシーベルト換算で100分の1、1%と非科学的な言説で人を惑わしている。

希ガスのラドンがα崩壊して子孫核種の、、、、キリが無いのでやめておく。(調べて勉強したらわかるからだ)

全員の肺を摘出して調べた結果、7割の人の肺からホットパーティクルを検出した。 ソ連国内の広範な土地の放射能汚染の主役は、炉心から飛散した揮発性のセシウムだが、ホットパーティクルはいくつかの不揮発性の放射性物質の混合物だ
引用
HP.png


過去にもやったが、セシウムボール発見によっていままたふたたび甦った。

黒い物質の中のアクチニド系核種も見つかったことだし、ますます


ペトリャエフ氏:「肺の中にHPがあるのはわかっているが、生体内でどのように反応しているかはわかりません。ミュンヘンの大学で研究する予定です(このインタビューの日時は1991年11月9日)」



外部被ばく問題
環境線量羽田



低エネルギー散乱線、セシウム137のエックス線などの外部被ばくから「早野福島高校生」を切り込んでいくか

内部被曝セシウムボールホットパーティクルから切り込んでいくか

北茨城市小児甲状腺等価線量から東日本線量再構築に切り込んでいくか


忙しい年度末がやってきた!!!





テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

雨雲が自然放射能を呼んでくる 阿蘇山のせいではないだろう

おかしい、これほどのBGの動きは、スペクトルに異変が生じている、外は雨も降りだしている。


大分市空間線量4

1Bq/kg=0.11Bq/100gミルクを測っているのに、出過ぎだ。


大分市空間線量

大分市空間線量2

大分市空間線量3


西日本の気象衛星(2015年01月21日)
雨雲


う~ん、やはり、線量が上がっている、ラドンのせいだろう。


妖怪のせいではない。



2015011222294600_ASOKSRvsm.jpg

阿蘇山プルーム


この阿蘇山のプルームの影響も考えるが、やはり大陸からの雨雲の雨の方が量が多くて、勝ちだろう。


ここも注意して、妖怪ウォッチだ!!!




テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

大分市自宅ラドン濃度20140331 地震もあったな?

本日より過去1年分
ラドン濃度20140331

去年も3月に上昇、今年はあの2月頃の大雪の頃に上昇。

11月1日からに拡大
ラドン濃度拡大20140331


2月14日の大分市自宅積雪15cmの大雪の時期にはラドン濃度が大幅上昇、線量上昇も各地で観測されたが当たり前のことだから、測定はしなかった、MPを見ればわかる。


この頃の納骨堂のスペクトル測定は「こりゃちょっと2cmの遮蔽では自然核種の影響でやばそう」と思いながらも計測したが、BG取り直しでも何か不穏さを感じたものだ。


強いものは問題ないが、ミクロの世界の微量測定には細心の注意が必要だ。


【伊予灘地震】大分県内各地で震度5弱
引用 [2014年03月14日 14:31
大分市震度4

大雪で気が付かなかったが、ラドン放出後に発振をキャッチしているのだろうか?


う~ん、これは難しい。



また、謎が増えてしまって、死に切れんじゃないか!!!



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター