東大「福島から首都圏へ放射性物質を運んだ風」 宝塚「千の風になって 」

東京大学生産技術研究所の吉兼隆生特任講師と芳村圭准教授らの研究グループ
福島から首都圏へ放射性物質を運んだ風
引用
千の風
東京大学生産技術研究所の吉兼隆生特任講師と芳村圭准教授らの研究グループは、福島第一原発事故によって放出された放射性物質が福島から首都圏へ運ばれた背景には、夜間に吹く局地的な風が深くかかわっていたことを、観測データ解析とコンピュータシミュレーションにより解明しました。

2011年3月の福島第一原発事故で放出された放射性物質が、200km以上離れた首都圏で複数回観測されました。しかし、放射性物質がどのように福島県から首都圏まで運ばれてきたのか、その大気中のメカニズムは不明でした。

研究グループは、放射性物質が大気の不規則な動きによって偶然運ばれたのか、あるいは大気の規則的な動き(メカニズム)によって運ばれたのかを明らかにするため、観測データ解析とコンピュータシミュレーション(セミラグラジアン輸送モデルを使用)により、調べました。その結果、シベリア寒気団による北西方向からの強い季節風や低気圧の影響が小さい日の夜間に吹く二つの局地風系、つまり福島沖から関東東部沖の海上の北風と、関東周辺で夜間に発達する数百キロの水平規模のメソ低気圧に伴う北東局地風が、放射性物質の輸送に関係することを示しました。さらに、南北の温度差によって生じる重力流(軽い暖気が上層に、重い寒気が下層に向かう流れ)が、局地風系形成の主要因であることも明らかにしました。

放射性物質が局地風系に伴い移動するということは、放射性物質が原子力発電所から長い期間にわたって放出された場合に、遠く離れた地域へも高い頻度で放射性物質が運ばれ、高い濃度の放射性物質に汚染されるリスクが高いことを意味します。一方で、局地風の周期性により、放射性物質がいつ、どこに、どのように運ばれるのかを大まかに予測することが可能です。今回の知見は、被曝を避けるための屋内退避の時間を検討する際にも役立つと期待されます。

「想定外の事態であっても、冷静かつ迅速に対処できるよう危機管理の強化が求められています」と吉兼特任講師は説明します。「実際の避難では、地理的特性や交通事情などの地域特有の問題を考慮する必要があるので、今後は、他分野や行政、地方自治体関係者の方々と連携し、研究をさらに発展させ、危機管理の強化に貢献できれば」と続けます。

本研究は文部科学省委託事業戦略的創造研究推進事業 (JST/CREST) 、研究領域「持続可能な水利用を実現する革新的な技術とシステム」、研究課題「安全で持続可能な水利用のための放射性物質移流拡散シミュレータの開発」の支援を受けて行われたものです。

論文情報

Takao Yoshikane, Kei Yoshimura, Eun-Chul Chang, Akane Saya, and Taikan Oki, "Long-distance transport of radioactive plume by nocturnal local winds", Scientific Reports Online Edition: 2016/11/16 (Japan time), doi:10.1038/srep36584.
論文へのリンク(掲載誌)

関連リンク

生産技術研究所

工学研究科 社会基盤学専攻

生産技術研究所 芳村研究室





スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

自然核種と人工核種の挙動の違いを考えない今中 だからダメなんだ

佐川さんと行っている空気サンプリング測定結果の意味合いについてのメモ

今中「飯舘村あたりでのセシウム 137 吸入被曝量を見積もってみると、年間 0.3μSv 程度となった。通常の状態では、吸入にともなう被曝量は“神経質になるほどではない”と言えるだろう」


最大値は今年 4 月 27 日の飯舘村での1立方m当り 6.5 ミリベクレル(mBq/m3)であった。

『普通の状態であれば、飯舘村や川俣町山木屋のセシウム 137 濃度はせいぜい1mBq/m3程度でしょう』



1969/12/15 1969 福島市 Cs-137 0.0222

1970/03/18 1969 福島市 Cs-137 0.1073 mBq/m3

http://search.kankyo-hoshano.go.jp/servlet/search.JudgeRowCount?pageSID=185015267_6C8C8A34423C3279D88312866CDC7AAB


10倍も50倍も、6.5ミリも出たら300倍にもなって、ダメじゃないか!!!

自然核種ウランの崩壊系列を出してくるところも推進派と同じじゃないか ぷんぷん



-------------

1973年2月26日 受理 硝 酸 ウ ラ ニ ル エ ア ロゾ ル を 吸 入 させ た ラ ッ トに お け る ウ ラ ンの 体 内 分 布 と排 泄
引用

肺 に沈 着 した ウラソは徐 々に肺 よ り移行 し, 低 レベ ル吸入の場 合には, 約1ヵ 月後にほ とん どblank試 料 の レベルに達 した

硝酸 プル トニウムエアロゾルを吸入 させた場 合に, 吸入1ヵ 月後に吸入直後 の沈着量 の約40%が肺内に残 存 していた9)の に くらべ ると, 肺か らの移行が硝酸 プル トニウムよ りもかな り早い ことがわか った

---

吸入に よって摂取 された ウランは迅速に腎臓に集ま る
硝酸 プル トニ ウムを吸入 させたときに, 腎臓 中のプル トニ ウム量 は非常に少な く

硝酸 ウラニルの場 合 と全 く挙動 の異な ることがわか る


---------

自然核種と人工核種の挙動の違いを考えない今中 だからダメなんだ

自然核種ウランと人工核種プルトニウムでこれほどの違いがあるということは、やはり生物進化の過程で自然核種の放射性をおそれて対策してきたのだろう自然の体内挙動で



中学の理科の本に載せるべきだ 知らんかったぞオレは

「吸入摂取 された ウラン化合物の毒性 ・体内分布 については, 膨大 な実験結果の報告があるが」



進化と歴史 生物学的発想
これがないから今中は、ダメなんだ



牛のセシウム


なにがサイエンスいまなかだ、ふざけるんじゃねえぞ ぷんぷん

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

1号機原子炉建屋カバー解体工事 ダスト

福島第一原子力発電所における日々の放射性物質の分析結果
1号機原子炉建屋カバー解体工事 ダストおよびがれきサンプリング計画書

CSV ※CSVは一度ダウンロードしてから開いてください

1号機建屋カバー解体ダスト海側


福島第二3号機使用済み燃料プール 水漏れ濃度 18600Bq/L

これを調べていてフクイチの使用済み燃料プール水の濃度測定値がないか調べていたら、1号機解体工事後の海側のダスト濃度測定値が出ていたので検証した

CVSなのかCSVなのか かれこれうん十年エクセルをしながらいまだに覚えていないw

単位がcm3だったり、マイクロだったり、m3だったり、複雑怪奇でおそらくほとんどの人がチンプンカンプンになるとおもう
うちのトド姉ちゃんがそうだから、おそらくみんなもそうだろう

トドと一緒にするなとも言われそうだがw


一般環境に出てきた単位 ダストだから今ならマイクロベクレル 空気の量はm3に換算しなおすと、

約80万μBq/m3で不検出となっている


2016040506原発ダスト


福島の高校生原発見学の時に調べたMP3の単位はm3になっていたが






「そうなんです、高いですよ。でも政府から止められていていえなかったんです」

1号機カバー解体後の測定の検出限界が約80万μBq/m3ベクレルで不検出
MP3ダストモニタの最小検出値が4000μBq/m3



各地の空気中浮遊塵の測定結果
引用
各地のダスト20161209


④ゲルマニウム半導体検出器で16~20時間、測定します。検出限界は、5~4μBq/m³程度です


各地の空気中浮遊塵測定結果比較グラフ
引用
各地のダスト


測定がBGの高いフクイチ敷地内で無理からぬ面もあるが、










気が付かれないように、こっそりとやっているのが実態だろう


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

福島原発ダスト汚染状況 福島高校生原発見学










これは自然核種込みのベクレルモニターだろうから、別途人工核種のセシウムは別に測定値が出てくるのだと思う

敷地境界のセシウム濃度のやりとりをしてた時に、出ていた












バスの中だから吸引被曝は少ないだろうがそれでもマスクは必須だった

作業者が作業しやすいようにマスク解除エリアを増やしたのが原因で、まともな人はマスクをするべきだ、内部被曝が一番怖いと言っていたが当然だろう

東電のダスト濃度測定が敷地境界ばかりなのは法律があるからで、全体の濃度は正確さに欠ける。

金をもらえない作業者でも無い18歳が行くのはご法度は世界の常識だろう


早野も、墓穴を掘ったか!!!


ダストも当然だが、スカイシャイングランドシャインもバスの中とはいえ、桁違いだろう

低エネルギーカウントが計測できていないとムラサキツユクサは教えている



*今 ここがきも 測定器はカウントできているか?

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

福島市は群馬高崎の約3倍~4倍の空気中ダスト大気浮遊塵と看做したらいいのでは

福島県平成28年度大気浮遊じん環境放射能測定結果(速報)

大熊町とか論外のところはほっておいて、福島市方木田 ほうきだ 掃除機ではなくいまだにホウキ

縁起の悪い地名で測定をするからいつまでもで続ける

いい加減に気が付いて場所を変更した方がいいと2012年から叫び続けてはや5年


2016年度大気浮遊塵福島


簡易型ということでかなり漏れも有ると思うので、およそ200マイクロベクレル/m3


CTBT 高崎放射性核種観測所の粒子状放射性核種の観測結果
引用
2016年度大気浮遊塵群馬高崎


群馬県高崎市でおよそ60マイクロベクレル/m3

同じ5月10日前後で福島市は検出で高崎市は不検出

風によってばらつきが多いのだろう


平均的には、高崎の3~4倍の福島市とみなしたらいいと思う

降下物は100倍の桁違いだが、この辺がなかなか不思議でこれはきっと舞い上がりの土壌汚染の違いで、たらいに落ちる土つぶや空気中に漂う土つぶPM10レベルの違いが出るのだと思う


いままでの吸い込みが心配される


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

23年5月31日いまだ吸入の被曝の証明 羽田空港駐機中の機内セシウム内部被曝

3D.jpg


福島県上空の民間航空機内で環境放射線を測定

福島県上空を飛ぶ飛行機の放射線外部被曝を気にして調べたものだろうが、誰もそんなことよりもっと重要な点を気にするはずだ


羽田に駐機中の機内のスペクトル

羽田20110531


札幌で駐機中の機内スペクトル

20110531札幌



考察

札幌でセシウムが見られないので機体の汚染は検出していない

羽田空港全体のビルや舗装道路からのガンマ線をロビーでは検出できていないので機体遮蔽効果も考えると真下の舗装からの検出は少ないと思う

調べると機内の換気は4~5分でできるそうだ、エンジン部分から空気を取り込むようだ


結論

広々とした滑走路一面の上を吹いてくるフクイチからの千の風をジェットエンジン空気取り込み口から機内に循環

機内空気中セシウム微粒子を検出したようだ

札幌では出ていない 福岡でも



まだまだ吹いていたのだろう

これは科学的証明である!!!



消えた放出量



廃棄物焼却施設では、空港内で発生する一般廃棄物(普通ごみ)、産業廃棄物(可燃ごみ)を焼却しています



エアポート クリーンセンター
引用

大田区羽田空港3-6-6 7月7日 飛灰 1480+ 1710 =3190 bq/kg



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能影響の観測結果等(第3報)(1月7日)

核実験 各地の放射線量に異常なし
引用 1月7日 12時10分 NHK
6日に北朝鮮が初めての水爆の実験を行ったと発表したことを受けて、政府が緊急に行っている大気中のちりなどの分析結果が公表され、これまでのところ、核実験に伴う放射性物質は検出されず、各地の放射線量の値にも異常は見られないということです。

原子力規制庁によりますと、防衛省が6日、大気中のちりを収集する装置を取り付けた自衛隊機で中国地方や東北地方などの日本海上空で採集したちりを分析した結果、核実験に伴って発生する放射性物質は検出されなかったということです。

また、原子力規制庁や環境省などが全国の都道府県に設置している放射線量を監視する308台のモニタリングポストについても、7日午前8時までの値は平常時と変わらず、引き続き異常は見られないということです。


北朝鮮による核実験実施発表に対する放射能影響の観測結果について

放射能影響の観測結果等(第3報)(1月7日)

北朝鮮2



原発はいますぐ廃止せよ ‏
「北朝鮮は地下核実験でフタがあるのが常識だが、フクイチにはフタが無くて露天風呂湯気吹きまくり状態を忘れて大騒ぎするとは、
風化なのか、北朝鮮風評なのか
2号機Cs137 千ベクレル/m3の千の風だったのに」



2号機原子炉建屋排気設備における空気中放射性物質の核種分析結果
まだ出ます


1回目測ったら高すぎたので、2回目測ったら低かったので、みなさま安心安全絆食べて応援、はやく帰って来てねだと、東電が小細工している。



オレがいくらこういった情報を流しても「われ関せず」の静かなオリンピック待ちの気分の風化状況がいまの現状だろう

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

離島で降って漂っているなら、本土でも同じだから(ガンマーで見えなくてもベータで見えた)

離島
http://housyasen.taiki.go.jp/

この離島の大気浮遊塵のガンマー線の測定値は

26年度ガンマ


見えん、出てコン、不検出になっている


これが放射化学分析で、つまりベータ線の測定では、


26年度ベータ


く くく くくく くくくくわああああああ、ぎゃあああああああああ!!!




「あんな田舎はいいんです」


離島のレベルはドイツよりも少し多い2~3マイクロベクレル程度だが

いいわけがないだろ、当然、本土でも舞っている、漂っていると考えるべきだろう

しかし、はっきりとよくわかるものだ

なぜか

セシウム137
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%83%A0137

ガンマー崩壊のベクレルとベータ崩壊のベクレルと2種類もあるのか。


いつもわすれるセシウム137はベータ核種でガンマー線は出さないが、すぐそのあとの崩壊したバリウム137mがガンマー線を出しているのでそっちと同じものと見做される、面倒だから

その面倒を手間暇かけて測定したら、真のセシウム137が浮かび上がって来た


メインのベータストロンチウム測定の付録としてかわいそうに

それで大気浮遊塵からはストロンチウムは出てなかったので、よかった、よかった、と


終わればすめばいいが、そこがそうはいかないのが大変だ



降下物
26年度降下物ベータ


「あんな田舎でストロンチウムが降ろうがヤリが降ろうがいいんです、都会で降ると大変だ」石原


定期的にベータ測定も発表するべきだろう、規制庁は


そしてこの結果から、食品ガンマ測定で不検出でもセシウムベータ測定なら、すべて出るということにもつながる、さらにさらにストロンチウムの結果も暴露されてくる


低バックグラウンド用ベータ線測定装置ですべてが見えてくるだろう


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

大気浮遊塵なら10マイクロベクレル/m3で足きりだろう、100マイクロなら0.1ミリで大きすぎる

26年度環境省モニタリングデータ
引用

25年度の大気浮遊塵の全国版がまとまっていたので、これを利用して

25年度大気浮遊塵


Spurenanalyse in Deutschland
引用

このドイツの現在のセシウム大気浮遊塵のグラフに大方の眼検討ではめ込むと、

ちなみにドイツは1マイクロ以下レベルで跳ねた大きいので3マイクロぐらいだ

ドイツ20150607


上のには福島市の26年度の大気浮遊塵のデータをはめ込んでみた

大気浮遊じん環境放射能測定結果(暫定値)
引用
26年度福島市浮遊塵


上のにはあと以前やったCTBT高崎のデータ、市民測定所の角田市、南相馬市のデータもはめ込んでみた


空気と水は1ミリベクレルとか書いていたが、頭から落ちてくる降下物と室内の掃除機のゴミなどの後日の知見から、やはりここは責任の無いアトピーの人とかもいるので、

吸い込む大気浮遊塵は100分の一の10マイクロベクレルで赤線を引いた


それにはちゃんとした理由があるのだ!!!


つづく


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

南相馬の大気浮遊塵、どうも国に騙されているのではないか?市民測定所と違うから

平成26年度福島県内の大気浮遊じん環境放射能測定結果(暫定値)平成27年4月5日
引用

南相馬市 大木戸 南相馬市原町区大木戸字西原1 簡易型ダストサンプラ 1日間
南相馬大木戸

南相馬市 中太田 南相馬市原町区中太田字別所 (中太田公会堂) 簡易型ダストサンプラ 1週間毎に連続採取 7月30日~12月10日まで採取

南相馬中太田


南相馬市 馬場 南相馬市原町区馬場字中内231-1 (馬場公会堂) 簡易型ダストサンプラ 1週間毎に連続採取 6月まで1日間/月
南相馬馬場


南相馬市 浮田
南相馬浮田


南相馬市 橲原 南相馬市鹿島区橲原字竹花25-1 (鹿島公民館橲原分館) 簡易型ダストサンプラ 1週間毎に連続採取 11月まで1日間/月
南相馬橲原


福島県の測定値だろうが、どうにもセシウム134が不検出が多い






NPO法人新宿代々木市民測定所
引用
空気中の浮遊塵
南相馬・第6回目 サンプリング期間・平成27年4月2日~4月6日、Cs-137 88.5μBq/㎥(誤差4%)、Cs-134 25.8μBq/㎥(誤差9%)
(注・μは、百万分の一の意味です。)




市民測定所の南相馬測定


福島県の表示が右がセシウム137で左が134なのでそれにあわせて置き換えてよく見たら、市民測定所の方がセシウム134が見えている。

もちろん測定場所や採集時間や検出限界などのいろいろあろうが、


南相馬ならどこでも大気浮遊塵は漂っていて、「出る」ということが間違いないのだろう!!!



つい、減ってきただの、NDだの言われて、「もう4年も経つから、大丈夫だあああ」と思いがちだが、


そんなわけがないだろが!!!



1号機カバー取り外しも待っているし。





テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

福島市の方がCTBT群馬高崎よりも大気浮遊塵が多いのは当然だろう

福島市浮遊塵
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec_file/monitoring/etc/shisho-taiki26nendo.pdf


CTBT高崎
http://www.cpdnp.jp/pdf/150304Takasaki_report_March4.pdf


群馬高崎は1月20~21日は不検出になっているが、前後の54マイクロつまりは0.05ミリベクレルとすると、福島市は0.123ミリベクレルで、

約2倍以上。

他の日も比較すると、4倍の日もある。


CTBTはマイクロで検出値が多いが、福島市は月に1回しか測定されていない。下限値も高いのだろう。



測りたくないのが、見え見えだ。



ちなみにドイツが1マイクロ=0.001ミリベクレル、それも高い日のことでだった。


これと比較すると、やはり福島市は数百倍には、なる。



4年たっても、安心はできない、空気中に蔓延しているからだ、それが窓のサッシに付いて、掃除機で吸い取られて、


「掃除機のゴミ」として、数百、数千ベクレルの測定値となり、「ふじみーる」さんを岡山送りにしてしまう。


「ふじみーる」は、埼玉県富士見市にある放射線測定所です
引用
みなさま 大変お世話になっております。 測定所移転のため、2月14日で測定受付を終了致しました。 測定再開は、4月下旬を予定しています。 しばらく、お待ち下さい。 よろしくお願いいたします。


----------------------------


マスクして測定していたが、かなり咳がひどくなってついには、岡山に避難になったらしい。


がんばってくれる人が一人二人と激戦地から離れていくのが寂しいかぎりだ。

それほど、大変だということでもあるのだろう。


戦地で諜報活動中の同志諸君は、無理な時はさっさと撤退してもいいから、健康に気を付けて欲しい。


先は長いから、、、、。



*金があればオレも潜入調査をしたいのだが、交通費も滞在費もない。


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

いつまで吸い続けるのか?「リネン吸着法スタート」

いつもこちらを見て「意外と少ない」と安心していたら、ミリベクレル
大気浮遊じん 福島県による測定結果
引用
リネン布3


ちくりん舎ニュースページを更新しました

リネン吸着法スタート
引用
リネン布4




押すと拡大する拡大版
リネン布


押しても拡大しない簡潔版
リネン布2


多いじゃないか!!!


大量じゃないか!!!


いくら2週間といっても、取れ過ぎだ!!!


汚染がひどいじゃないか!!!




また、騙されていた!!!


手軽で安上がりでいい方法を聞いた、



やってみよう!!!



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター