除染土、再利用実証試験へ 来る! 1キログラム当たり5千~8千ベクレル以下に設定した



引用

 東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の除染で生じた土を全国の公共工事で再利用するため、環境省は4月にも除染土で盛り土を作って放射線量を測る実証試験を同県南相馬市で本格的に始める。安全性を確認した上で再利用につなげたい考えだが、再利用先の周辺住民の理解が得られるかどうかは見通せない。

 環境省は昨年6月、管理責任が明確で、長期間掘り返されることがない道路などの公共工事に限定し、放射性セシウム濃度が基準以下となった除染土を再利用する方針を決定。工事中の作業員や周辺住民の被ばく線量が年間1ミリシーベルト以下となるよう、1キログラム当たり5千~8千ベクレル以下に設定した。

 さらに土やコンクリートで覆い工事終了後の住民の被ばく線量を年間0・01ミリシーベルト以下に抑える。

 昨年7月に避難指示が解除された同市小高区の「東部仮置き場」。柵で囲まれた広大な敷地に除染土が詰まった黒い袋が大量に積み重なっていた。その一角にある盛り土の予定地付近には重機が並び、「再生資材化プラント」では放射性物質の飛散を防ぐテントの建設作業が進んでいる。

 実証試験は、仮置き場に保管された平均値で1キログラム当たり2千ベクレル程度と推計される除染土約千立方メートルを使う。分別して品質調整した除染土を遮蔽(しゃへい)のため別の土で覆って盛り土を作る。放射線量や浸出水の放射性物質濃度を測り、風雨の影響がどの程度あるか調べる。

 「目の前の仮置き場にいつまでも黒い袋があるから、家に帰る意欲がそがれる。袋が減るなら再利用も仕方ない」。避難先から東部仮置き場近くの自宅に戻っていた男性(68)は悩ましげだ。

 福島県内の除染廃棄物の量は、最大で東京ドーム18杯分に当たる2200万立方メートルに上ると推計される。中間貯蔵施設(同県双葉町、大熊町)で保管後、県外で最終処分する予定だが、全てを処理するのは難しいため、再利用で量を減らすのが環境省の狙いだ。

 南相馬市の担当者は「大量の土を中間貯蔵施設へ輸送するだけでは、仮置き場の解消に長い年月がかかる」と説明。市は仮置き場の早期解消のため、比較的濃度の低い除染土について、市内の海岸防災林や高速道路の工事での再利用の可能性を探っている。

 ただ、再利用先の住民が放射性物質への不安から、受け入れに反発することも予想される。男性も「除染土が流出したり、飛散したりしないかが心配だ。責任を持って管理してもらわないといけない」と懸念する。

 福島県外では、住民理解のハードルがさらに上がるのは必至。これまでの環境省の有識者検討会では、専門家から「県外での再利用は簡単ではない」「技術開発を進めても、実際の再利用先がなければ意味がない」との意見も上がった。

 環境省は実証試験前に仮置き場周辺の住民への説明会を開いており、現場の見学会も開く予定。担当者は「実証試験で安全に管理する方法を検証し、住民に理解してもらえるようにしたい」と話している。【共同】

-----------------------------------

除染土、再利用実証試験へ 福島原発事故で環境省|佐賀新聞LiVE

再利用先の周辺住民の理解が得られるかどうかは見通せない
福島県外では、住民理解のハードルがさらに上がるのは必至

工事中の作業員や周辺住民の被ばく線量が年間1ミリシーベルト以下となるよう、1キログラム当たり5千~8千ベクレル以下に設定した


事故は終わっていない 忘れた頃にやってくる

来る!?!





これはストロンチウム90やプルトニウム、アメリシウム、キュリウムも入っているだろう

濃度は測らないので不明だ

まさに不明な「貞子」がやってくる


年間1ミリを許容水準とは強烈な被ばく線量だ

過去は、年間0.001ミリ以下だったから



伊方線量


スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

土壌濃度が同じでも空間線量率が倍違いという真実の実例

福島第一原子力発電所の20km圏内の土壌中放射性物質濃度測定結果
土壌濃度空間線量率

なかなかいい実例をふとした拍子に見つけた

土壌濃度が同じなのに空間線量率が倍以上違う もしも空間線量率が同じなら濃度も違うだろうという実例

これはきっとベクレル/kgの一箇所の土の測定だから、高濃度の土が当たり一面に拡がって高い線量を作っている
もうひとつの線量が低い土はそこだけ高くてあたり一面は意外と低いということだろう

当たり前すぎる当たり前だが


帰還に向けた安全・安心対策に関する基本的考え方 (線量水準に応じた防護措置の具体化のために) 平成 25 年 11 月 20 日 原 子 力 規 制 委 員 会

(1)線量水準に関連した考え方

(2)個人が受ける被ばく線量に着目することについて


原子力規制委員会が「線量が、結局は個人ガラスバッジ線量が低いので、帰るべきだ」とお墨付きを与えたので、
もうすぐ3月末でさらに避難解除で帰る事になった

上記のとおり、線量と土壌汚染濃度で総合的に判断するべきだとさんざん抵抗したが負け続けだった

個人の被曝線量に帰せられ、環境汚染の象徴の土壌汚染は捨て去られてしまった


「環境が汚染されたら、脳梗塞のじいさんでも妊婦も子供もみんな水俣病になってもおかしくない」という原田先生の言葉が思い出される6年目となった


原田正純
(大切な判断をしなければいけないときは、必ず弱者の側に立ちたい
それではじめて中立と言える)



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

2016年7月25日 東京都土壌中の放射性物質検査結果 発表はこっそりとな




放射性物質は、時間とともに減少し、また風雨などの自然要因による減衰効果( ウェザリング)

にしては半減期減衰値がおかしい



2015年の数値が上がりすぎたので、すこし掘る位置を変えた
ま、こんなところだろう

「そうなんです、高いですよ。でも政府から止められていていえなかったんです」

「放射能を怖がらないように私が指導をうけました」










都知事選と豊洲移転問題の「アウっん」→とちせんとよてん

セシウムとベンゼンとシアン化合物の「アウっん」→せしべんあんか


とちせんとよてん+せしべんあんかの「アウっん」→とちせんとよてんせしべんあんか


とちせんとよてんせしべんあんか





テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

さよならもう終わりました 東京都新宿区百人町 土壌中の放射性物質検査




過去5年間 毎年9月中に発表があったのが6年目の今年は待てど暮らせど、無い、終わったのだろう


測定場所: 東京都健康安全研究センター敷地内(東京都新宿区百人町)
引用

去年の画像でいいだろう 同じだから

20150914東京都土壌


風化していく



*こちらは本物の「さよなら」

オフコース 「さよなら」


私の高音もいまや出ない

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

20150914東京都土壌調査とみんなのデータ「東日本土壌調査」

2015-10-19
あの人は今? 測定場所:東京都健康安全研究センター敷地内 土壌中の放射性物質検査結果

今日見たらやっと出ていた


測定場所: 東京都健康安全研究センター敷地内(東京都新宿区百人町)
引用
20150914東京都土壌


不思議とセシウム137が増えているが、まあこれは掘った穴の違いや測定器の変動で50ベクレルぐらいは動くだろう

セシウム134は順調に計算通り減っている


すべては、想定通りの数値でそれが確認できた。


2011年約800ベクレルから2015年約600ベクレル

1平方メートル当たり1万ベクレル超え



--------------

東京23区の汚染状態の確認。セシウム合算で平均1,006Bq/kgでキエフを越える汚染の可能性


にっこり館土壌測定結果一覧


東京の汚染が「チェルノブイリ級」であるということが大袈裟でないことを確認した。 宮島鹿おやじ


安全側に考えてどこも1000ベクレル/kgレベル以上に高目になっているが、基準値東京都土壌調査とあまり違わないから、

この数値が大方の認識の数値となっていた。


政府の汚染地図は1万ベクレル/m2以下で詳しくわからなかったし、各所の東京都の測定値ではいろいろだったが、まあこんなものだろうという前提となった。


-------------------------

ところが、今ふと見ると、



みんなのデータサイト 東日本土壌ベクレル測定プロジェクト
引用
20150914東京都土壌2


東京都
20150914東京都土壌3


少ない数値が多い

いまさら土壌を測っても結果は「お見通しだ!」と思っていたが、ここは5cm基準を守っているようだから正確さがあるとも思う

当初表面1~2cmだと高く出るが、さてどうなのか


もうしばらく様子見だろう


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター