H29.3.17 大気中の放射線量測定(新宿)地上1mに移設いたしました。

H29.3.17 大気中の放射線量測定(新宿)の移設・更新について
引用
当センターの建て替え及び外構工事の終了により、建物の屋上(地上約22m)に設置していた新宿局のモニタリングポストを、地上1mに移設いたしました。
測定場所周辺の環境変化により、平成29年3月14日から新宿局の測定値に若干の変動があります。
また、モニタリングポストの更新に伴い、平成29年3月8日10:01から14日18:00まで測定を停止したため、データが欠測しています。

1m東京


H25.7.12
新宿モニタリングポストの停止について(7/23~7/25)
 新宿モニタリングポストを設置している建物の解体工事に伴い、モニタリングポストをこれまで設置していた建物の屋上(地上約18m)から隣の建物の屋上(地上約22m)に移設します。
 そのため、平成25年7月23日(火曜日)10時から25日(木曜日)17時まで測定を停止します。
 なお、当センター敷地内の工事完了後には、モニタリングポストを地上に移設する予定です



結局、18m→22m→1m

長所は1mで人の実際の被曝線量につながるが、欠点として過去のデータ継続性が崩壊して、上空の放射能プルームを今後はいち早く発見できなくなる。

後世の学者も混乱するだろう


スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

「東北でよかった」 福島市の空間線量「下がったでよかった」 追加被ばく線量




これに反応する















追加被ばく線量なのだが、下がったでよかったで、もはや誰もなにも言わない。

そういう7年目の「東北でよかった」だった、桜とか山とか川とか公園とか風景とか食べ物とかお祭りとかでよかったよかったばかりで、もう放射能のホの字も聞こえなくなった。

ほんとにそういう言葉遊びばかりでよかったのだろうか?


手術しながら報告せず


長くつらい戦いで気持ちはわかるが、真正面から取り組まないとこれからの増加に恐れおののくことになると、危惧するのだが。


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

原子力施設3ケ月積算線量 非汚染地

原子力施設3ケ月積算線量北海道対数
積算線量北海道

青森対数
積算線量青森

石川対数
積算線量石川

福井対数
積算線量福井

京都対数
積算線量京都

大阪対数
積算線量大阪

岡山対数
積算線量岡山

愛媛対数
積算線量愛媛

佐賀対数
積算線量佐賀


事実 変化なし

意見 特に、無い



あるじゃないか、福井 線量が高すぎる 放出放射能量全体が多すぎるので外部被曝が多くなる

原発銀座で当然だろう



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

原子力施設3ケ月積算線量 汚染地

環境放射線データベース

原子力施設3ケ月積算線量福島対数
積算線量福島

原子力施設3ケ月積算線量福島リニア
積算線量福島リニア

茨城対数
積算線量茨城

茨城リニア
積算線量茨城リニア

宮城対数
積算線量宮城

宮城リニア
積算線量宮城リニア


原子力潜水艦神奈川対数
積算線量神奈川

原子力潜水艦神奈川リニア
積算線量神奈川リニア

新潟対数
積算線量新潟

静岡対数
積算線量静岡




事実 新潟 静岡はほとんど3ケ月積算線量に変化が見られない

意見 放射線管理区域の決まりが3ケ月でみるからだと思う




テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

被災地の詳細線量把握へ「歩行サーベイシステム」 歩きながら=被ばくしながら

被災地の詳細線量把握へ 県、IAEA「歩行サーベイシステム」開発
引用 2017/01/08 09:00 福島民報

 今春の居住制限、避難指示解除準備両区域の解除などに向け、県は被災自治体のより詳細な空間放射線量の把握に乗り出す。国際原子力機関(IAEA)と共同開発した「歩行サーベイシステム」を導入し、自動車による「走行サーベイシステム」では不可能だった狭い路地など身近な場所の空間線量を細かく測定する。分布地図を作製して住民に提供し、帰還を希望する住民の安心確保につなげたい考えだ。

 歩行サーベイシステムは、人が機器を背負って歩き、約3秒ごとに測定する。衛星利用測位システム(GPS)を登載し、日本原子力研究開発機構(JAEA)の専用ソフトを介して線量分布を色分けして地図上に示す【図】。自然減衰や除染による線量変化の経過観測に有効だ。
 東京電力福島第一福島原発事故以来、県は走行サーベイシステムなどで空間放射線量を測定してきた。しかし、車両が通行できる道路上に限定される上、車速や現場の状況などで十分に計測できない課題があった。県はより詳細な測定手段の確立に向けて平成25年度からIAEAとの共同研究で開発を進めてきた。
 県は、今春の避難指示解除を予定している川俣、飯舘、富岡、浪江の各町村などに機器5台を貸与し、住宅地周辺の狭い道路や公園、里山などを測定してもらうことで生活環境の改善につなげる方針。既に避難指示が解除された市町村などにも要望に応じて貸し出す。
 県は3月末までに自治体向けマニュアルを作成する予定。県放射線監視室は「線量分布を視覚的に確認できる利点がある。帰還を希望する住民が安心して生活再建できるよう取り組みたい」としている。
 3月末に一部を除く避難指示が解除される飯舘村の菅野典雄村長は「線量が安全かどうかは個人の見解だ」とした上で、「より実態を反映した緻密なデータを得られれば住民の帰還判断の材料が増える」と語った。

-----------------------------

歩行サーベイ


歩きながら=被ばくしながら


100倍


飯舘村の菅野典雄村長は「線量が安全かどうかは個人の見解だ」

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

2012 年以降 個人被ばくの 99.5%以上は外部被ばくの影響によるものであると判明いたしました

甘利大臣が辞意表明 “100万円授受”認める(16/01/28)



県民健康管理調査「基本調査」では、平成23年3月11日から7月11日ま での県民の行動を把握し

「県民健康調査」 検討委員会・甲状腺検査評価部会等について


ということで、福島のは初期被曝の影響調査だから、後回しにして



京大 福島第一原子力発電所事故 による放射能拡散の調査

福島県の避難区域を除く地域の現在と将来の被ばく線量率でのがんリスクは低い
引用 環境省の環境研究総合推進費(5ZB-1202)

今回の研究の今までにない新規性は、
① 外部被ばく・内部被ばくを測定し評価した点
② 今後数十年の長期にわたる被ばく評価をした点
③ 発がん率を定量的に予測した点

概要
福島第一原子力発電所周辺の避難区域に接する自治体住民(福島県双葉郡川内村、相馬市玉野地区、南相馬市原町区)の平均被ばく線量を調査したところ、2012 年で年間 0.89 ミリシーベルトから 2.51 ミリシーベルト(放射性セシウムの物理的減衰を考慮して)であり、日本人の自然放射線による年間被ばく線量 2 ミリシーベルトと近い水準でした。

2011 年 3 月の原発事故により環境中に放射性物質が放出され、周辺住民が避難しました。

本研究では、福島第一原子力発電所から 20km から 50km に位置し避難区域に隣接する3地域の住民が土壌中の放射性セシウムにより受ける外部被ばく、食事と大気粉じん中の放射性セシウムから受ける内部被ばくを 2012 年 8 月から 9 月にかけて 2ケ 月間評価しました。調査対象者には個人線量計を着用してもらい、また陰膳法による食事の提供を受けました。さらに大気粉じんを地域ごとに採取しました。

外部被ばくは年間 1.03 ミリシーベルトから 2.75ミリシーベルト、

食事からの内部被ばくは年間 0.0058 ミリシーベルトから 0.019 ミリシーベルト、

大気粉じんからの内部被ばくは年間 0.001 ミリシーベルト以下となりました。

この結果、個人被ばくの 99.5%以上は外部被ばくの影響によるものであると判明いたしました


今後 10 年、50 年にわたる放射性セシウムの減衰により、年間の平均被ばく量は、平常時の自然放射線や医療被ばく以外の被ばく限度である年間 1 ミリシーベルトを超えることはほとんどないと予測されます。

この予測による 2012 年以降の生涯被ばく線量から推計される平均的な発がんリスクは、被ばく量の高い地域(2012 年に年間 2.51 ミリシーベルト)で、白血病を除くがんは 1.06%、女性における乳がんは 0.28%でした。汚染食品の流通防止、汚染された森林への立ち入りの抑制、避難区域の設定により、住民の被ばく量は抑えられ、がんの著明な増加が防止されると考えられます。



詳しくは



5ZB-1202 福島原発近隣における里山生態系を含めた除染効果の評価と住民の中期曝 露評価
引用

さらなる詳しさ


5.本研究により得られた主な成果
(1)科学的意義
1) 個人被ばくの調査結果では、内部被ばくは大気粉じんからは極微量で、食事によるものも2012年4月からの新基準の年間1mSvに達する例はなかった。内部被ばく線量は外部被ばくの1%に満たず、放射線被ばくは外部被ばくによると考えられた。

これはチェルノブイリ原子力発電所事 故による放射線被ばくとは大きく異なる

本研究は被ばく評価の科学的基礎を与えるものである。


2) 上記調査の実測値を基に、3地域における年間の平均総被ばく線量(mSv)は、川内村の住民で0.95、相馬市の住民で2.5、南相馬市の住民で1.5と推定された。

実測値を基にした総被ばく線量の評価は今回の調査が世界で初めてである。

また、実測 値を基にした被ばく線量と、セシウム134 およびセシウム137の物 理的 半減 期を基に3地域の住民の生涯被ばく線量を計算し、その線量による発がん率の増加を評価した。その結果、増加率は、疫学的に検出が困難なレベルにあることを世界で初めて見出した。3地域の被ばく線量は、現在の福島県の住民の被ばく線量を包含するものであり、今回計算された被ばく線量による過 剰発がん率は、福島県全体の住民に内挿できる初めての値である。


3) 末梢血でDNA損傷を鋭敏に捉えることのできるp53-p21系の測定系の評価系開発では、低放射線照射後でDNA損傷 マーカーヒストンγH2AXとp53タンパク質 は同程 度の検 出限 界であった。特筆すべき点は低 線量 率で低線量の放射線照射ではp53タンパク質の上昇検出限界がDNA損傷マーカーヒストンγH2AXより鋭敏に放射線照射後の細胞応答を捉えられていることである。

これは本事業で発見された新たな事実である。


4) 新生児期に高TSHにより新生児マススクリーニングで陽性とされた家族性甲状腺腫症例の遺伝子解析から、高TSH値を示す甲状腺腫においても、種々の遺伝子の変異を有していることが判明した。

これは甲状腺腫とされる疾患の責任遺伝子に遺伝的異質性がある可能性を示す

甲状腺腫のメカニズムは単一のタンパク質の変異により生じるのではなく、多くのパスウェイから生じると考えられ、今回 明らかにされた候補遺 伝子はそれら一連の流れを埋めるものと期待される。この3家系とも新生児マススクリーニングで陽性とされており、高ヨード取り込み群の同定に有用な遺伝的マーカーが明らかにされた点は、高感受性者の同定に有用であると期待される。


5) 森林の放射能汚染後の早い時期において、樹木の樹幹内部への放射性セシウムの移行を明らかにした。
事故後の早 い時 期から樹 木内部への放 射性セシウムの移行は始まっており、辺材内ではほぼ一様に分 布し、心材内では外側から内側に向かって徐々に拡散していく様子が明らかになった。辺材内への放射性セシウム移行の過程には樹種による違いはあまり見られなかったが、心材内への移行は樹種による違いが見られた。アカマツ、コナラでは濃度勾配 に基づく外 側から内側への拡散が起こっていると考えられるのに対して、スギでは辺材から心材への能動的な輸送があると見られ、心材での放射性セシウム濃度は辺材よりも上昇した。


6) 環境中セシウム137の動態については、樹木の枝葉中のセシウムが減少していくのに対して、木部中のセシウムは根からの吸収により増加していくことが分 かった。

事故直後に沈着した有機物層のセシウムは鉱質土 層へと移動していくが、そのペースは落葉広葉樹より針葉樹の方が緩やかではあるが、今後 5年のうちにセシウム量は逆転すると予想されることが分かった。


7) 外部被ばく量については、居住地の空間線量だけではなく、実際に移動した先の空間線量とそこで過ごした時間を考慮する必要があることが分かった。



--------------------------

「上記を踏まえて、2012年度には、福島第一原発の避難区域に隣接する3地域の成人を対象として、外部被ばく、内部被ばくを評価した。その結果、食事と大気による内部被ばくは非常に小さく、外部被ばくの影響が99%以上を占めていることが分かった。これはチェルノブイリ原子力発電所事故による放射線被ばくとは大きく異なっており、本研究は被ばく評価の科学的基礎を与えるものである」



食品内部被曝が少ないのはわかっているが、浮遊塵吸入をベクレルからシーベルト換算で少ないとなっているがこれでいいのかの検証と、外部空間線量の実態の再検証が必要だろう。


しばらくこれに取り組むこととなる。


オレはもう全部論文は読んだ、難しくはないが、長いのが困る、文句は読んでからだろう、無料だしwww





テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

内部被曝ですか?外部被曝ですか?

2013年8月11日デジタルMCA+2インチプローブ福島駅東口スターバックス 0.12μSv/h前後


光子フルエンス


γ線飛跡


スタバ
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC+%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%AB%E5%BA%97/@37.7551174,140.4600629,15z/data=!4m2!3m1!1s0x0:0x38fb2fa9a8d56409!6m1!1e1


スタバ2



錯覚


内部被曝一辺倒で、外部被曝に蝕まれているのではないか!


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

「γ線は低密度に広いエリアに爆弾を投下しているのに似ています」




<ビデオ>霧箱で汚染土壌のベータ線を見る(第1回)
引用
「サイエンスの森」のスタッフで2011年9月1,2日と福島市、伊達市、安達太良SA、国見SAなどを回り汚染土壌を採取してきました




霧箱は体内被ばくを見る倍率1000倍の顕微鏡
引用
・「低エネルギーのベータ粒子(0.028MeV)」が10μm細胞を横切るとき、2000ヶ切断する。
・「高エネルギーのベータ粒子(0.79MeV)」が10μmの細胞を横切るとき、530ヶ切断する。

細胞が受ける切断数の比を計算してみるとなんと4倍近くも低エネルギーの方の切断数が多いことが分かります。こうしたことから直感的に低いエネルギーのベータ線は高いエネルギーのベータ線より安全と考えがちですが内部被ばくにおいては逆であることがわかります。


-----------------------------------------------------------------

以上は内部被曝ベータ線だった、では「内部被曝は少なかった」と言われる今時では、1万ベクレル/m2の外部被曝ガンマ線低エネルギーゾーンのエックス線10Kev~1Mevがひしめきあう土壌汚染地ではなにが起こっているのか?




X線を霧箱で見る
引用
霧箱でX線はどうみえるのだろうか。霧箱の画面全体に小魚の群れが飛び跳ねているような無数の飛跡が見えます。コンプトン効果の発見者のコンプトンはノーベル賞受賞講演の中でこれを「魚形の飛跡」と呼んでいます。 画面の中の下には1㎝スケールがあります。これと魚形の飛跡を比較すると飛跡の長さは、最大で1㎝程度の長さであることが分かります。

魚型飛跡

光量子


計測2


光子



6.火傷の発症と反跳電子のエネルギー
X線によって火傷を発症した手は、赤外線などの熱線で直接手を焦がして火傷を起こしたのと根本的に異なっています。 X線が作り出した反跳電子の飛程は空気中で1センチですが、体内ではその千分の一の10ミクロンしかありません。10ミクロンは小さめの細胞のサイズです。こうしたことからX線は皮膚の表皮にしか損傷を与えないと、よく誤解されますがそうではありません。反跳電子の飛程は10ミクロンですが、そのスタート地点を決めるのはX線が電子と衝突する場所なので、皮膚表面から反跳電子がスタートするとは限りません。反跳電子が10ミクロン進むスタート地点は、皮膚の表面の場合もあれば、体内の場合もあり様々です。赤外線による火傷はもっぱら皮膚表面から焦がし損傷するだけですが、

X線による火傷は皮膚の表面と同時に内部でも損傷を引き起こし潰瘍やガンを発症させる可能性があります。


ひばく



レントゲンとX線のリスク意識(第1回)改訂版



ICRP Publ.1 国際放射線防護委員会勧告(1958年9月採択)


それは放射線科医の白血病から始まったということを忘れるなよ!!!


たかだか2~3ベクレルのしいたけを食べて「ぎょわああああああ、内部被曝したあああ」と言いつつ、

コンプトン散乱線渦巻く中、「東京見物に行ってきました、スカイシャインはよかった、また行きたい」とかアホを言っているようではダメだろう




1万ベクレル/m2の地上を踏む以上は、それだけの覚悟があるのだろうな!!!

内部被曝の比ではない!!!




外部被ばく車道危険2


あまりの内部被曝恐怖に恐れおののいて、外部被曝を軽視していることに対して、


警告
警告
警告
警告
警告


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

チェルノブイリは内部被曝 福島事故は外部被曝

映像報告「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」
https://youtu.be/3hv-5bW17Rs?list=PLTDTvkH1E1nAcQEdLgY_5liItyV187xpI
引用
じゃがいも

ここはウクライナだが、ベラルーシのジャガイモをもってくると

ベラルーシ摂取2


ここまでの汚染は無いとも思うが、






ケイ・エム・トレーディング アジカソース(コーカサス風)212g原産国名 ウクライナ
引用
ウクライナ

ウクライナ国民的調味料どこでもだれでもどの家庭でもあると出ていたから、ボルシチの方は高かったので一番安い奴を買って、測定してみた。


3ベクレル


やっぱ出るわな、3ベクレル/kg  よく使うらしいからこれでは内部被曝が続いてそれも30年も経ちながら出るから、問題は、


食品継続汚染  日本のようにもっと輸入品を増やすべきなのだが、外貨を持たないのでベラルーシと同じくつらいところだろう





早野が拡散していた

福島ダイアログイニシアティブ国際ワークショップ「原子力事故後の生活状況の回復」でのスライド
引用
内部被曝より高い


今となってはあらゆる測定値から、内部被曝よりも外部被曝に注意を向けるべきだろう

完全に洗脳の出来上がり連中にはもう何を言っても無駄だとも思うが、 合掌!


そういえば、合掌のおっさんも完璧に終わった。





「木下さん、正月のおせち料理がこわいんですよ」食通で名古屋避難独身男性
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927


C―ラボの測定結果 名古屋



もう全然測定値も見ていないんだろう 早野のところも見ていない 完全にあたまが凝り固まってしまっている

ちょっと調べたら、反原発反被曝派でだれも敵のエートス大将たちの動きを探っている人はいない

孫子の「敵を知り己を知れば百戦危うからず」なのに、論理的思考の展開が終わっている人が多い。

またぞろ「4号機の水は無い」を拡散していた馬鹿どももいたのにはあきれ返った。



外部被曝の低エネルギー散乱放射線 X線領域が大きく増えすぎていると危険な人体被曝が見えてきたのがいままでの研究成果なのだが、もう少し確信が無いと記事にできない。


初期被曝の恐ろしさのはっきりしたことは一番最後の解明となるだろう


急いで解明してももうすでに手遅れで対処の仕方がないからだ。



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

よくわかる!天然核種と人工核種の混在する居住環境における空間線量率の測定

Appendix 4.2: 居住環境における空間線量率の測定
引用
川俣町居宅A
居住環境
家屋 A の裏手は急こう配の法面(竹林、雑木林)となっており、家屋の正面には道路を挟んで田
んぼが広がっている。家屋と道路の間は斜面で、田んぼの方が家屋より1段低い配置となってい
る。このような配置により、1 階の床面に近い位置では田んぼを直接望むことができない。裏手
の竹林、雑木林は、家屋に向かってそそり出ているため、家屋 A の居住環境には、周辺環境から
の落ち葉を通じた放射性物質の移行(流入)がある。

-----------------------------------------------------------------------------------


○NaI(Tl)シンチレーション式サーベイメータによる空間線量率測定結果の詳細
居住環境2


屋外が0.88マイクロで、屋内は0.2~0.6ぐらいにいろいろになっている

---------------------------------------------------------------------------------


○放射性物質の蓄積個所での測定結果
※居住施設に設けられた雨どい等付随設備を含む生活環境に係る放射性物質の蓄積個所には○雨印を、落ち葉による放射性物質の流入に伴う蓄積個所には○葉印を付した。
居住環境3


雨どいの下とかの濃縮高線量のところは21マイクロとか出ている

---------------------------------------------------------------------------------------


家屋 A 屋外での in-situ 測定によるγ線スペクトル
居住環境4


家屋 A 屋内での in-situ 測定によるγ線スペクトル
居住環境5


-------------------------------------------------------------------------------------


スペクトルの結果から、これを空間線量に換算すると、
居住環境6


屋外では、天然核種のカリウム40 ウラン238 トリウム232の寄与分で0.038マイクロシーベルト/h

人工核種のセシウムで0.626マイクロシーベルト/h

あわせて、0.664マイクロシーベルト/h



何もなかったのに、突然屋外では約20倍の人工核種に汚染されてしまった

-------------------

屋内では、天然核種カリウム40 ウラン238 トリウム232の寄与分が、0.0461μSv/h

(屋外より若干高くなったのは、壁や屋根や基礎のコンクリートなどに混じった天然核種の影響か、あるいは線量がふらついた誤差だろう)

人工核種のセシウムの寄与分は、0.0853μSv/h

(屋内では天然核種の約2倍で、屋外では20倍だったからかなり木造家屋でも遮蔽が効いている。家によっていろいろだが、測る位置も家のど真ん中で場所によっても違ってくる、ここは低いところを探して測ったようだ


あわせて、屋内では、0.131μSv/h


-----------------------------

どちらにしろこうやってよく見ると、天然核種と人工核種の量の違いがよくわかる。

当然吸い込んだら、市川先生の「人工核種は濃縮する」だから外部内部被曝のリスクが「buvery長く住むとなると問題になる」だから、住めないだろう




福島の高校生の「外部線量は変わらなかった」早野が翻訳して論文提出 査読されてOKの世界に公開

Measurement and comparison of individual external doses of high-school students living in Japan, France, Poland and Belarus – the “D-shuttle” project –
引用
ena.jpg

Ena=えな=恵那市

ここは行ったことあるから知っているが、まさかこういうことで出会うとは思わなかった。

ウランのむき出しの土壌を測定しているユーチューブ動画もあるし、相当な天然放射能の豊富なところらしい、知らなかったが。


さすがは比較対象に持ってくる早野大先生だ。



ena2.jpg


福島ではコンクリート造りの学校では線量が低く家の方が高いと言っていたが、その家(0.102μSv/h)の方は、恵那(0.091μSv/h)のオール天然核種の線量よりも高い。


表面的な線量だけで、その中味は教えないという、高校生が将来真実を知ったらどうなるかが悲しいのだが、いくら言っても「安全だ、安心だ、絆だ、食べて応援だ、差別するな、フクシマと言うな、よそとも変わらないんだ、なんでもないんだ、いろいろ」

の現状では、残念でしようがない。


人工核種が問題なのだが、みんな知っているはずなのだが。




テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

逆転のセシウム134 「日本分析センターにおける空間放射線量率」

日本分析センターにおける空間放射線量率
引用

201102事故前
201102.jpg


201103爆発
201103.jpg


201203 1年後
201203.jpg


201303 2年後
201303.jpg


201403 3年後
201403.jpg


201503 4年後
201503.jpg



201103~201503 合体
201103から201503



201511 そして いま
201511.jpg



なかなか事故前に戻ってこないという 現状認識


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

だれか早野にズバッと反論してくれ!頼む

日刊イトイ新聞(目が悪いのでトイレ新聞と思っていた)
日欧200人以上の高校生の論文が 英国専門誌に掲載される2015-12-02-WED
引用

早野
共通することとしては、欧州各地で、福島の子供達を保養に招こうという方々が大勢おられるんだなぁ、ということです。
お気持ちはありがたいけれど、もうそれが必要な状況ではない、
ということを理解していただくのは容易ではありません。



だれか早野にズバッと反論してくれ!頼む



イタリアが欧州の鍵となるのでは2015-12-03-THU
引用

彼女の話は続きます。

「早野さんと論戦できる
福島の実態を知ったジャーナリストは
あまりいないと思いますが、
早野さんや高校生の発表に
正面から反論するような記事は見当たりませんでした」



これはイタリアのジャーナリストのことだろうが、日本のジャーナリストでズバリと反論が欲しい
誰かいないのか?頼む




テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

セシウム被曝の無いところ、あるところ

無いところ




あるところ




スペクトルのセシウムの山が教えてくれる!!!



線量とガンマースペクトル

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

カムチャッカへ引っ越した。そのとたん熱が下がって健康になった。3年後、故郷に戻ってくるとまた熱が出て何年もたってから

ベラルーシの部屋ブログ
聞き取り調査
引用
(F)事故後すぐ熱が出て、慢性的に微熱に悩まされるようになった。平熱が37度という状態が続き、病院へ行っても原因が分からない。1990年に夫の転勤に伴い、カムチャッカへ引っ越した。そのとたん熱が下がって健康になった。3年後、故郷に戻ってくるとまた熱が出て何年もたってからようやく平熱が36度台になった。



市川定夫決定版 その2

散乱放射線の影響
引用
 それまでの考え方では、その長い波長になった低エネルギーの放射線は散乱放射線と呼ばれて、散乱放射線ではエネルギーが弱いから生物効果は弱いと考えられていました。コバルト60線源からは、ある高さより上には、直接のガンマ線はいかないように設計されてますから、8メートルの土手は越さないことになってます。だけど下向きになったガンマ線も、もちろん空気があるわけですから、それにあたる。土にあたる。あるいは作物にあたる。そこで、いろんな分子と反応してコンプトン効果で、より波長の長いエネルギーの散乱放射線としていろんな方向に飛んでいきます。それが、また他の分子とあたって弱いエネルギーになって、土手のより高い位置から、今度は土手の外側にももっと弱いエネルギーで飛んでいきます。

その当時は、そういうことが起こることや、低エネルギーの散乱放射線はほとんど問題にならないと考えられていました。

ところが、そのお2人が白血病にかかられた当時、




20150908 ホットスポットファインダーによる核燃料輸送出発時の線量等の記録 横須賀市→柏崎刈羽原発


貴重な動画をありがとうございます、ご苦労様でした、有効に使わせていただきます。感謝!!!



雨が降っていなければよかったのだが、そうしたらラドンビスマスの影響も排除出来て、完全証明なのだが、まあこれでもよくわかる




核燃デブリじゃなくて核燃輸送車出発前の道路上
横須賀セシウム汚染


来たああ核燃輸送車
核燃輸送車


通過後
核燃輸送車通過後




分析 

ここの横須賀の道路近辺はセシウム汚染が少なくて線量が低いようだ

核燃輸送車のウラン235ウラン238プルトニウムも少しは入っているだろうが、まだ核分裂していないので新品ほやほやでもたくさんのガンマ線を出しているのがよくわかる

コンプトン散乱 後方ピークや低エネルギートリウム234などのウラン崩壊物だろうか?いろいろてんこ盛りだろう



横須賀セシウム汚染2

核燃輸送車2

核燃輸送車通過後2



こういうのが突き刺さって来て、人によって微熱が続くのじゃないか?





HSFによる移動測定 大洗町県立児童センターこどもの城周辺



こっちはセシウム汚染でいきなり山が見えているな



ということで、「汚染地に行くと熱が出て、去ると熱が下がる」という仮説の証明がこれだった。


外部被曝だな、これは!!!



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

「外部被曝」 東京都新宿毎時0.035μSv ヤブロコフ博士「50Bq/kg = 3000Bq/m2がデッドゾーン」

そろそろ検証してくれ!ヤブロコフ博士「50Bq/kg = 3000Bq/m2がデッドゾーン」説。

土壌汚染東京都
環境放射線データベース


ヤブロコフ博士の説とピッタリ符合するのには、驚いた!!!

日本全国の土壌汚染を過去にさかのぼって調べると、すべて符合する

土壌汚染東京都3


欧州やロシアでもそうだったのだろうか?つまりは3000Bq /m2を超えた土壌汚染が広まりつつあるときに世界中で「核実験反対」が渦巻き致し方なく東西核開発が地下核実験へと移っていった。

ヤブロコフさんはじめ欧州の学者もこの3000ラインを一つの目途にしたのではないだろうか
健康影響が確かめられたわけではないだろうが、いくらかの知見はあるのだろう


モニタリングポストを設置している建物の解体工事に伴い、平成25年7月25日に、これまで設置していた 建物の屋上(地上約18m)から隣の建物の屋上(地上約22m)に移設しました

土壌汚染東京都2


0.035→0.045→(オリンピックのため)→0.035

今はいくらかな?

11/22 (日) 09:01~10:00 (平均値)  新宿0.0318



「大したことないじゃないか、自然と変わらん低すぎるじゃないか、人工核種の差でもわずか0.01じゃないか」

よほどじゃないと確かに言われるとおり誰もがそう思う、オレもこの差が少なすぎるのでどうかな?と思っていたが、これも

明解に解決できた!!!


地表のセシウムによるガンマ線の空間線量率
引用 最終更新日: 2012年5月6日

東京都新宿での空間線量率は、平常値が 0.03 μSv/h 程度だったものが、現在は 0.06 μSv/h 程度になっているとされる(測定点の高さや環境など、いくつかの問題があるので、大ざっぱな数値である)

両者の差の 0.03 μSv/h 程度が地面(あるいは、モニタリングポストのあるビルの屋上)に付着した放射性セシウムからのガンマ線に相当すると考えられる
この線量率と、上の 1 Bq/m2 の汚染のときの線量率の比を取れば 1 平方メートルあたりおおよそ 1 万ベクレルと推測される

この結果は、実測した放射性セシウムの降下量の総量(1 平方メートルあたり、おおよそ 1 万 7 千ベクレルとされる)とも大ざっぱには一致する
IAEA-TECDOC-1162, Generic procedures for assessment and にある係数を利用した


よく計算があっているじゃないか!!!


20150914東京都土壌


セシウム合算で、12500/m2

本来これに深さ5~20cmの体積源のセシウムからもガンマ線が出ているので減衰計算して、プラスしないといけないのだが。


----------------------------------------------------

結論は、大分で0.05マイクロで、日本を代表する首都東京の新宿を指標とする0.032(実は0.042)を見てると

「大丈夫じゃないか」と思われるが、土壌を見るとあきらかに違うということだった。


1平方メートル 畳1~2枚の広さから、秒間約1万発の605Kev 662Kev 796  802 さらにセシウムから出るコンプトン散乱線も受けながら、さらに以前から出ている自然カリウムガンマ線に、

さらにたまに雨が降ってラドンビスマスガンマ線が追加される被曝が続いているというのが、現実だった。


「放射線において、余分な被曝は避ける、LNT仮説が事実ともっとも符合するから」というのが、いま実験検証されている。


マスクをしているから、安心どころではなかった。


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター