FC2ブログ

地震発生後、ドライアウト現象が発生していた

事故時には、流量の減少や圧力の低下によって燃料棒の表面を覆っていた液膜が消失し、図3の右側に示すようなドライアウトと呼ばれる状態となり
ドライアウト2
露出した燃料棒の表面温度が急上昇することが知られています。このような熱伝達の劣化を「沸騰遷移※7」と呼び、この温度上昇は、原子炉の緊急停止に失敗した場合には更に顕著となり、炉心損傷を引き起こす

従来の研究ではこのような条件での実験例がほとんどなく、本現象を理解するには新たな実験データベースの構築が必要です令和元年5月31日 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

木村俊雄氏が事故原因を徹底究明した「福島第一原発は津波の前に壊れた」の全文は、「文藝春秋」9月号に掲載されている
引用
「津波が来る前から、福島第一原発は危機的状況に陥っていた」

「事故を受けて、『国会事故調』『政府事故調』『民間事故調』『東電事故調』と4つもの事故調査委員会が設置され、それぞれ報告書を出しましたが、いずれも『事故原因の究明』として不十分なものでした。メルトダウンのような事故を検証するには、『炉心の状態』を示すデータが不可欠となるのに、4つの事故調は、いずれもこうしたデータにもとづいた検証を行っていないのです。

 ただ、それもそのはず。そもそも東電が調査委員会に、そうしたデータを開示していなかったからです。そこで私は東電にデータの開示を求めました。これを分析して、驚きました。実は『津波』が来る前からすでに、『地震動』により福島第一原発の原子炉は危機的状況に陥っていたことが分かったのです」

1分20秒1号機
1分20秒後には冷却水がなかった、燃料棒崩壊へと

 7基もの原発が稼働中の現在、このことは重大な意味をもつ。「津波が原因」なら、「津波対策を施せば、安全に再稼働できる」ことになるが、そうではないのだ。

津波の前から始まっていたメルトダウン ~講師 元東電・原子炉技術者 木村俊雄氏 2013.12.7

ビデオを見てよくわかった。

文字で読むなら






結論 地震で冷却水用ジェットパイプなどの細い配管が破断して水が漏れて「ドライアウト」状態で、その後も1号機は注水もなく
2時間ほどでメルトダウン

地震で壊れる原発は新規制基準でも、壊れるということが理論的科学的に実証された

スポンサーサイト



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

事故後に東電が公開した、原子炉の運転状況を記録した日誌から、冷却水の流体データが削除されていたことに気付いたという木村氏は、『ドライアウト現象』が起こっていたのではないか




引用
「地震発生から1分20秒後には、冷却水の流れが完全に停止していたことが判明した。原子炉内で、細い配管が破損し、核燃料に気泡が付着し、核燃料の破損をもたらす『ドライアウト現象』が起こっていたのではないか」と見解を述べた

木村俊雄氏が事故原因を徹底究明した「福島第一原発は津波の前に壊れた」の全文は、 「文藝春秋」9月号 に掲載されている


ドライアウト どらいあうと
引用
 一般に、水分を完全に失って乾燥又は過熱状態になることをいうが、原子力分野では原子炉の燃料表面が蒸気流に覆われて伝熱能力が低下し、燃料表面温度が上昇する状態を指す。沸騰水型原子炉では、燃料の熱負荷によって冷却水が蒸発し、水と蒸気の混在する二相流が生じる。二相流中の蒸気の流量割合が大きくなると、燃料表面に沿って流れる液膜が破断して燃料表面が蒸気流に覆われ、燃料表面温度が上昇し始める。このように燃料表面温度が上昇し始める点を、ドライアウト点と呼ぶ。原子炉の事故時には、減圧、流量低下、水位低下などによりドライアウトを生じ、燃料破損に至るおそれがある。このため、燃料の健全性を評価する上で、ドライアウト現象の予測が重要である。

<登録年月>
2010年12月

-----------------------------

2010年12月という311事故前に言われていたことが実現、現実化というところがなんとも意味深である。
すこし調べたら数多くの「ドライアウト」論文が見つかるので、ほぼそういう現象が起こったものと思われる。

ドライアウト時の崩壊熱が燃料棒の温度上昇に及ぼす影響

福島原発炉心で何が起こったか:1 号機の場合

炉心放射能水蒸気


津波で配電盤が水没して電源喪失でメルトダウンという「津波説」以前に、ぐらぐらっと大きく揺れた「地震」で細管破断、「ドライアウト現象」で燃料棒が破損崩壊メルトダウンだったと言う方がしっくりくる。

メルトダウンメルトアウトの前に、ドライアウトだったという9年目の知見(前から言われていたが)

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

なんじゃこりゃあああ1号機 草が生えているじゃないか(笑い)



2016年6月1号機草が生えている

2016年6月1号機草が生えている2

こういったものはもっと写真をたくさん公開するべきだろうと思う、私としては

福島第一原子力発電所-1号機

オレは見ていないぞ、ぷんぷん

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター