2013 1 31 19:00 FC2カウンターが444444に、ぎゃああああ!

拙いブログですが、読んでくれてありがとうございます。

444444.jpg


ぎゃ嗚呼ああああああああああああああああああああああああ!!!


311、911、444444、死死死死死死。


FC2の2、閲覧者数の2、2013年の2、この2を取り去ると311、911が浮かび上がってきて444444となった。



まあ、ただそれだけです。

まじめに初期被曝の謎を追いますので、今後もよろしくお願いします。


スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

パンデミック詐欺と放射能汚染!

最強ウイルス 感染爆発 パンデミック


昨日テレビでもやっていたが2008年ごろのNHKのビデオだろうか、アップされていたので見てみた。
一度見たと思うのだが。

このシミュレーションドラマが2009年になって現実化して大騒動になった。
そしてついにWHOがフェーズ6のパンデミック宣言を2009年6月12日に行った。

WHOのパンデミック誤警告問題
引用
WHOは「今、すべての人類が脅威にさらされている」として新型インフルエンザH1N1亜型をすべての人類の脅威として警告を行った。その後、新型インフルエンザが弱毒性である事が発覚するも、顕著な感染や死亡の被害が著しい事態を想定した警告であるフェーズレベル6/6と警告し、パンデミック(世界的大流行)の宣言をした(このWHOのパンデミック警告の経緯については2009年新型インフルエンザの世界的流行#発生確認と初期対応を参照のこと)。しかし「すべての人類の脅威」とまで宣言された新型インフルエンザは、他の季節性インフルエンザと大差ないレベルのインフルエンザでの被害も小さなものであった。一連のWHOの誤報を重く見た欧州議会は、パンデミック宣言に至った経緯の調査に踏み出す事態となった。
欧州議会ボーダルク前保健衛生委員長は、WHOのパンデミック宣言は偽のパンデミックであったとし一連のパンデミック宣言を批判した。その原因にはWHOの意思決定に製薬会社の意向が大きく影響しておりその事が今回のパンデミック宣言に繋がったとして、WHOの意思決定システムを問題視をしている。一方、世界最大規模の製薬会社であるグラクソ・スミスクライン社(英国)は、製薬会社がWHOのパンデミック宣言に影響を与えているなどの認識は誤りであるとインタビューで反論している。
2010年1月になるとワクチンが世界的に余剰状態となり、キャンセルや転売が相次ぐ事態となっている。

---------------

この当時、これは大変なことになったと事前に洗脳されまくっていたオレは即座に先物で売りを入れた。
そしたら先物市場はそんなことはどこ吹く風で上がること上がること、売れば損の繰り返しで早々に撤退した。
マスク製造会社の買いでは儲かったが。
株式市場にはユダヤイルミナティが巣食ってカモがねぎしょって来るのを待ち構えているのは知っていたが、まさか世界保健機関のWHOまで簡単に動かせるのには驚いた。

それでこれは大変な時代になってしまった、すべてが占領されて、最も大切な人々の健康というゾーンまで、つまりは医学の世界までが支配されてしまったということに観念した。

なにかが起こりそうだと思ったオレは会社まるごと早々に手仕舞いして、来るべき大変化、大災難に備えることにした。2010年は片づけをしながら防御に取り組んだ。そしたら来た。

3.11という悪魔が!!!


同じくパンデミック詐欺を見抜いたと豪語するこの人は放射能汚染も同じだと思い込んで「食べて応援」にこどもと一緒に勤しんでいる。ついでに放射能は危険だと言う人には徹底攻撃までしかけている。

ブログ版ききみみずきん
8月・9月の挨拶:学者バカを作らない・学者バカに騙されない

今回が本物がやってきたということに気がついていないのが、

あわれだ!!!


*パンデミックを見るたびにこの人を思い出して心配する、生きているのか死んでいるのかを。

追記18:19
*ハンドルネームがblo​om@​花咲く小径、(関東地方の国立大学に勤務している生物系教員です。)

人気アクセサリー「BLOOM」製造・販売会社が民事再生法申請
産経新聞 1月31日(木)17時8分配信

生きているのか死んでいるのかなどとオレが悪口を書いたものだから、同じ名前のところが倒産していた。
不思議すぎる、おそろしいほどのタイミングだ。あまりの話の出来すぎに驚異を感じる。

まさかこんな会社があって今日倒産するなどとオレは知らなかったからな、すごい偶然だ。

やはり3.11の悪魔が徘徊している。

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

出来ればもっと早いほうが、「原発引っ越し 【立ち読み版】」

原発引っ越し 【立ち読み版】
引用 2011年の

七月八日 東京からの脱出 予定よりも早く、引っ越し業者のサカイが家族四人分の荷物を運び出した。「三人で引っ越し作業をやります」と言っていたのに、六人も来ていた。仕事が丁寧で、過去六回ほど引っ越した中でも、いちばん手際が良く、丁寧な引っ越しで安心ができた。

---
「うちは世田谷が主戦場なんですよ。毎年動きが多い場所なんですけど、今年は二倍以上になってますね。みなさんが言うには、福島の原発の影響みたいですよ」 担当の室田さんは清々しい笑顔でそう答えた。「じつはうちもなんです」 室田さんも、クロネコヤマトの赤嶺さんと同じで毎日のように外に出て荷物を運んでいる。一瞬どう答えようか迷ったけれど、室田さんの口から原発という言葉が出たことで、ついポロっと口から出てしまった。

「やっぱりそうですか。小さいお子さんもいるし、怖いですから仕方ないですよね。私も従兄弟が町田に住んでいるんですけど、京都に引っ越せばって言ってるんです。あ、私の田舎って京都なんです。従兄弟の家も京都。京都くらい離れていれば、放射能は大丈夫ですよね?」 室田さんのほうから、気軽に話しかけてくるので、僕は自分が知っている原発や放射能のことを話した。「京都は大丈夫だと思いますが、東京は高いですね。子供が住む場所じゃないと思います。この辺りだと、杉並区、世田谷区、目黒区は高いようです」「そうですか。世田谷が高いなら、これからも引っ越しは多いと思うんで、仕事でいえばうれしいですけど、自分の健康のことを考えると微妙だなぁ」 室田さんはそう言うと、あはははっと頭をかきながら笑った。

-------
娘たちは、屋敷さんのことが好きだった。これまで人見知りで、人と触れあうのが苦手だった小梅が、なぜかとてもなついていた。不思議なこともあるもんだと僕と妻は驚いた。 屋敷さんのいる広島に行けば、地震とも放射能ともさようならできる。娘たちは、幼いながらも、そのことをちゃんと理解しているようだった。「そうだね。屋敷さんのところに行けば安心だね」

-------------------------------------------------------------

東京から広島へ
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/servlet/figure.fg2_s_GetDispItem;jsessionid=de30cd2c534aeabf128f5b1627c5563746d1?drawflag=new&pageSID=93652356_de30cd2c534aeabf128f5b1627c5563746d1


オレは3.11以降の3月、4月、5月、6月の初期被曝を避ける早目の避難が良かったと思っているが、後からの結果論で、とにかくそれ以降の内部被曝を避けられたのはよかった。地震からの不安も避けられた。

今頃危険に気がついて「東京もやはりダメでしょうか?」と危険避難最強硬派の木下ブログに書き込みをするど素人のど根性には、

驚異を感じる。そのすばらしき感性には恐れを感じるしかない。笑うんじゃないぞ、そういう人もまだまだゴマンといるのだから。


やはり隠された初期被曝の謎を解明しておかないと、いくら遠方に避難できたとしても、親御さんは、不安をぬぐえないだろう。

だから、ヨウ素131の甲状腺被ばく線量が、問題なのだ!!!



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

忘れないでほしい、一歳児の甲状腺被曝は約800ミリシーベルトということを!

2011、311、山下俊一、長谷川健一、鈴木真一、ツナガッテイル。

なぜか甲状腺被曝は大したことなかったということで山下と放医研に幕引きされようとしている。
30ミリや40ミリで大したことない、甲状腺ガンを恐れるほどではないとされていく。

そして反原発派のブログやツイッターでもこれに明確に反論しているのを見ない。
いったいどうなっているのだ、みんなもう忘れてしまったのか。

ヨウ素131は消えたけど心配するなヨウ素129がある、NHK「空白の初期被ばく」

新年早々のNHKのこの番組はまったくの腰砕けだと思っていたが、放医研のシンポジウムに合わせてヨウ素は大したこと無いの前宣伝だったのだということがわかった。

山下は2個も賞をもらうそうだし。

この流れにはまったく気がつかなかった。去年から「甲状腺被曝は無視してもよい」の流れを作り出していたのだ。秘密会を開いてまで。そして今年のシンポジウムでの大したことないを大報道したのだ。これが最終仕上げだったのだろう。

検索すれば甲状腺被曝は最大30ミリとか40ミリとかしか出てこない、ウソだろ、みんなもう忘れたのか。

すでにどういうわけかNHKはこれだけを削除しまくり。

中国にあったのを見つけた。


ネットワークでつくる放射能汚染地図5


福島県浪江町から津島地区へ避難、ヨウ素入り汚染水を飲む、当然汚染空気も吸っている。
ヨウ素被曝

その後測定された汚染。
ヨウ素被曝4

でもそれは測定器がよくないと山下達に否定された。

ヨウ素被曝2
ヨウ素被曝3

そこで実測をしていた弘前大学の床次教授が登場。
ヨウ素被曝6

成人の実測値から初期被曝の最大値を見積もる。

ヨウ素被曝5

ヨウ素被曝7

成人で食べたり飲んだりした場合は93ミリ、吸った場合は87ミリ。

これをこどもに適用すると10倍にするのが科学的に認知されているらしい。

ヨウ素被曝8


4歳で約400ミリ、1歳で約800ミリとなった。


チェルノブイリで最高50シーベルトだ、50シーベルトも測れる機械があったのかと推進派のブログにコメントしたらそれは甲状腺等価線量で全身ではないとかほざく奴が居たが、推計値なのだから、福島でも1シーベルトぐらいあってもおかしくはない。
その証拠が放出量はチェルノブイリのヨウ素で半分ぐらいだろう。オレは数倍だと思っているが。


30や40ミリで大したことないなんて言うんじゃないぞ。


甲状腺被曝は1シーベルトはあるのだ、そう思って対策をしろとずっとオレは言い続けているのだ。

みんな、忘れないでほしい!!!


*ちなみにこのときに避難していた年寄りは何人も亡くなっているという情報が去年の3月頃にあった。
甲状腺がパンパンに腫れたという人もいた。

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

東京都、、昭和31年の調査開始以来、初めて死亡数が出生数を上回った。

「 東京都の人口(推計)」の概要(平成25年1月1日現在)
引用
人口総数  13,222,760人
対前月比        6,152人(減)
対前年同月比     38,599人(増)
男      6,531,059人
女      6,691,701人
世帯総数    6,700,880世帯(参考)

平成24年中における東京都の人口の動きは、自然増減は△2,025人で、
昭和31年の調査開始以来、初めて死亡数が出生数を上回りました。

------------------------------

こら、放射能で死者が増えたのだなどと早まってデマをまた拡散するんじゃねえぞ。
23年と24年ときちんと良く見て判断しておくのだぞ。


東京都自然減4

大体がそういうことだ、つまり徐々に逆転の運命にあったのだ、ただ恐ろしいのは神様はこういった場合は加速させるのだ。

東京都自然減3


次が23年の原発爆発の年はどうなっていたのかだ。

平成 23 年中の東京都の自然増減(出生数-死亡数)は 529 人の増加となった。
東京都自然減

放射能が降った江戸川区とか2年連続で死者よりもこどもが多く生まれているじゃないか。

大丈夫なのか。そんなところでこどもを生んで子育てなどをしていても。

東京都自然減2

外人が1年中脱出しているというのに、日本人は爆発をものともせず、放射能を噛みしめながら食べながら吸込みながら東京へと向かったのか。レミングの集団自殺なのか。なにも知らないのか。


セシウム137拡散予想図拡大
東京都自然減5
http://nsed.jaea.go.jp/ers/environment/envs/fukushima/index.htm


オレンジ色のところはどこなのか、こどもが死者よりも多く生まれたところではないか。
なぜそんなところで出産届けを出すのだ、山下の被曝実験モルモットになってしまうじゃないか。


初期被曝の中で出産、子育てなのか。

輸血で全身の血を入れ替えただろうな、そのままでは被曝が進むだけだ。


24年の詳しい人口概要はそのうち発表されるだろう。

外人は逃げっぱなしなのかが気になる。


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

もう肥田先生には引退してもらったほうがいい!!!

話が全然噛み合っていないじゃないか。

3.11前までの実績は評価するが、3.11以後は全然スピーディに対応できていない。
情報が化石状態になっている。

「放射線の被曝を学問的に証明されないから、被曝者は被曝が原因とされない」

ゲノム科学で次第に解明証明されつつある。

そういうことばかり言っているから、推進派なのかと思わざるを得ない。

「福島県でも1割も逃げることが出来る人はいないのではないか、だから放射能と付き合って、、、」

井戸川さんと意見が全く違っている。

もう、このじいさんの意見は聞くに堪えん。




福島・双葉町、事故直後1590マイクロシーベルト


これを妊婦もこどもも直撃で被曝させられたと井戸川さんは言っている。





放射能は大嫌いだ、被曝させられたのだと怒る井戸川さんに、くよくよしたりイライラするのが一番良くない、ニコニコが長生きの秘訣だと山下と同じようなことを言って、井戸川さんも???状態。

私のように被曝者でも長生きするには、こうするのだといつもの早寝早起きの自説を展開。

もういい加減に、誰か引導を渡せ。このままでは推進派の手先と言われてもおかしくないぞ。


院長の独り言
献血と被曝問題
引用
『内部被曝』に立ち向かう 肥田舜太郎医師に聞く。 から
肥田氏自身も、広島の爆心地から出た数日後に激しいだるさを感じたと語る。
「当時の私は、広島市郊外の戸坂村の農家で、看護師7人とともに20000人にのぼる被ばく者を診察していました。
すさまじいだるさに襲われたのは、診療を始めてから4~5日後です。
最初は疲れが出たのかと思いましたが、症状はひどくなる一方で、しまいには立っていられなくなりました。
一度横になってしまうと起き上がれず、39℃近い高熱にうなされ、唇?や鼻だけでなく、目からも出血し始めたんです。
幸いだったのが、8月15日の終戦後に四国や九州の部隊から100人ほどの軍医や衛生兵が助けに来てくれたことでした。毎日輸血を受け体内の血が入れ替わると、見違えるように元気になったんです。」

-------

軍医の特権で全身の被爆血液を早めに入れ替えてもらって健康になったのだ。
その辺の庶民は被爆の血液が全身をどんどん被曝して弱って死んだ。

放射能の排出には血を出して、輸血してもらうのが一番だったのだ。

当然に献血の血に放射能が入っている可能性が高い福島や関東の「食べて応援」の人の献血は危険だ。


また一つ、真実が見えてきた。


井戸川さん、ご苦労様でした。今後も県民のために頑張ってください。


双葉町は永遠に



*年寄りの話は、話半分に聞いておけ、時代錯誤で真に受けると被曝が進んで、死ぬぞ。

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

2011、311、山下俊一、長谷川健一、鈴木真一、ツナガッテイル。

newslog
仰天!福島県立医大を去る山下教授が栄誉ある賞を受賞(おしどりマコ)
引用 2013年1月28日 おしどり マコ

013年1月27日、東京国際交流会館にて、放医研のシンポジウムが行われた。
第2回国際シンポジウム「東京電力福島第一原子力発電所事故における初期内部被ばく線量の再構築」である。

現在、評価がされていない、原発事故直後の短半減期核種の初期被ばくを再構築するもので、
日本、ロシア、アメリカ、フランスの研究者が出席し、発表をした。

---------

甲状腺被ばく“目安超え ほぼない”
引用 NHK 1月27日 19時20分
東京電力福島第一原子力発電所の事故で、これまでよく分かっていない住民の甲状腺への被ばくについて、放射線医学総合研究所が実際の検査データなどをもとに試算し、「健康への配慮が必要とされる国際的な目安を超えて被ばくした住民はほぼいない」とする結果をまとめました。

独立行政法人の放射線医学総合研究所は、27日、東京で開かれたシンポジウムで、福島県全域を対象に試算した住民の甲状腺への被ばくについて報告しました。
甲状腺への被ばくは、50ミリシーベルトが健康への配慮が必要とされる国際的な目安となっていますが、甲状腺にたまる放射性ヨウ素は時間がたつにつれて検出が難しくなるため、今回の原発事故で目安を超えた住民がいるかどうかよく分かっていません。
研究所は、原発周辺の12の市町村の住民の試算には、事故直後に行われた一部の子どもの検査と、比較的長く残る放射性セシウムの検査で実際に検出されたデータを使いました。また、ほかの市町村については、原発から放出された放射性ヨウ素の広がり方を推計したモデルを参考にしました。
その結果、甲状腺の被ばくが最も多かったと推定されるのは、いわき市と双葉町、それに飯舘村の住民で、1歳の子どもでは最大で30ミリシーベルト程度でした。
研究所は「今回の事故で、健康への配慮が必要とされる国際的な目安の50ミリシーベルトを超えて甲状腺に被ばくした住民はほぼいないと考えられる」としています。研究所の明石真言理事は「今後は、個人個人の行動と照らし合わせて、被ばく量の推計をより確実なものにする必要がある」と話しています。

--------------

おしどりマコさんが紹介していたシンポジウムを見たかったのだが、ニコニコでもすべてを放送していない。
NHKは安全デマの部分しか報道していない、残念だがそのうち情報が漏れてくるだろう。


----------------
引用
長谷川健一

山下俊一の有名な言葉

「100マイクロシーベルト/hを超さなければ、全く健康に影響及ぼしません。
ですから、もう5とか10とか20とかいうレベルで外に出ていいかどうかということは明確です。
昨日もいわき市で答えられました。
『今、いわき市で外で遊んでいいですか』『どんどん遊んでいい』と答えました。
福島も同じです。心配することはありません。是非、そのようにお伝えください」

その後間違いの訂正

質疑応答の「100マイクロシーベルト/hを超さなければ健康に影響を及ぼさない」旨の発言は、「10マイクロシーベルト/hを超さなければ」の誤りであり、
訂正し、お詫びを申し上げます。ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありません。

この山下の安全デマをまともに信じ込んでいた人のことをおしどりさんが紹介している。

実際にこの講演会に出席した保護者から話を伺ったことがある。

「100μSV/hと10μSV/hを間違えるなんて、
『迷惑』などというなまやさしいものではなく、『殺人』です。
私は事故直後、放射線のことは全然わからなかった。
数字を言われても見当がつかなかった。
だから専門家の講演を聞いて知ろうと思った。
そして、よかった、16μSV/hは低いんだ、
うちは大丈夫だ、と思ってしまった。
あとで、間違いでした、ご迷惑をおかけしました、って……
これは、殺人です」

-------------

笑うなよ、おまえ、今笑っただろう、今でこそバカバカしいと思うだろうがあの時はほんとにお母さんたちは必死だったのだ。
山下の言葉を信じて外でこどもを遊ばせてしまったお母さんのことを思うと一緒に泣けてくる。
きっとこどもに申し訳ないとこどもが風邪を引いてもやはりあの時のせいかと自分を責め続けるだろう。



(この件で夫婦喧嘩

一目見てわからんのか、ボケ、ばか、あの悪魔面を見て気がつかんのか。
そんなこと言ったってあんただってあの時の母親の立場だったら騙されているかもしれんじゃない、
バカ、オレは騙されん、おまえこそ俺が必死になってあいつは嘘つきだ悪魔だと言っても立派な長崎から来てくれた先生なんだからあんたよりもよっぽど信用になると言って騙されただろう。
大体お前のほうが世間体を気にしてうんだらすんだらあーいやこーいう)


甲状腺検査個別説明に前向き 鈴木福島医大教授が示す
引用 福島民報 2013/01/28 10:50
東京電力福島第一原発事故を受けて福島県、福島医大が18歳以下の子どもに実施している甲状腺検査の説明会は27日、いわき市のいわき産業創造館で開かれた。参加者から「全体説明会でなく、個別の説明の場を設けてほしい」と意見があり、検査責任者の福島医大の鈴木真一教授は検討する考えを示した。
 説明会は郡山、福島、南相馬の各市に続き県内4会場目。約40人が参加した。鈴木教授がこれまでの検査結果や判定の基準を示し、「甲状腺がんの特徴を理解し、長く見守ることが重要」などと説明した。
 参加者からは「いわきでの甲状腺検査の実施が遅い」「二次検査の結果も説明会で示すべき」といった声が上がった。

---------------

一繋がりで山下俊一、田中俊一、小野俊一までは解明済みだが、長谷川健一、鈴木真一が抜けていたので補充しておく。

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

今日は久しぶりの大酒だ、やけ酒だが、村上さとこ最下位落選。

北九州市議会議員選挙 | 小倉北区選挙区
引用
選挙区名称 小倉北区選挙区
告示日 2013/01/18
投票日 2013/01/27
選挙事由 任期満了
定数 12
立候補者数 14
有権者数 148231
投票者数 55913
投票率 37.72%

-------

得票数 写真 名前 年齢 性別 党派・会派等 現新 備考
6109 きばた ひろのぶ
キバタ ヒロノブ 45 男 公明党 新 無職
5916.952 佐藤 栄作
サトウ エイサク 29 男 みんなの党 新 政党支部長
5850 まつおか 裕一郎
マツオカ ユウイチロウ 42 男 公明党 新 無職
5502 木村 としのぶ
キムラ トシノブ 53 男 自民党 現 北九州市議会議員
4814.047 佐藤 しげる
サトウ シゲル 55 男 自民党 現 北九州市議会議員
4490 中村 よしお
ナカムラ ヨシオ 48 男 無所属 現 北九州市議会議員
4116 吉田 幸正
ヨシダ コウセイ 40 男 自民党 新 紫苑タクシー有限会社 専務取締役
3601 やつき 博春
ヤツキ ヒロハル 63 男 共産党 現 北九州市議会議員
3353 大石 まさのぶ
オオイシ マサノブ 54 男 共産党 現 北九州市議会議員
2823 奥村 よし子
オクムラ ヨシコ 55 女 自民党 現 北九州市議会議員
2754 せら 俊明
セラ トシアキ 61 男 民主党 現 北九州市議会議員
2317 ながの 敏彦
ナガノ トシヒコ 66 男 社民党 現 北九州市議会議員
1986 ながおか 啓祐
ナガオカ ケイスケ 39 男 民主党 現 北九州市議会議員
1649 村上 さとこ
ムラカミ サトコ 47 女 無所属 新 環境市民団体代表


----------

はあ、いけると思ったのだが、、、、、。



しかし、この国には本質を考えようと努力する人々は本当に少ないことを痛感します。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/deebcda94752e0adb6619af214072917

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

今中は一体チェルノブイリで何を研究してきたのか、アホなのか。

非科学的な京大今中助教が、「チェルノブイリハート」はつまらんと発言。
引用
<質問>映画『チェルノブイリハート』について

今中の答え

私はコメントをもとめられて、「つまらん」と言った。あそこで出てくる障害児はみな放射能のせいという作りになっているが、それを支持するデータはない。出演した医師が「生まれてくる子の 2 割しか健常児がいない」といっていたが、そんなはずはない。

それでも 1000 人につき 5 人から 6 人というレベルであって、8 割が異常だなんてことはない。
汚染地の子どもの健康状態は確かに悪い。「健康な子ども」の比率は 27.5%から 7.2%に急減し、「慢性病の子ども」の比率は 8.4%から 77.8%に急増した。どうも旧ソ連式の、5 段階の健康状態分類が問題のようだ。虫歯が 1 個でもあれば「健康ではない」ということになるが、本当にそれでいいのかどうか。

-----------------------

どうも旧ソ連式の、5 段階の健康状態分類が問題のようだ。虫歯が 1 個でもあれば「健康ではない」ということになるが、本当にそれでいいのかどうか。


確かにオレもこれは大げさだと思っていたが、そうではないのだという真実を発見した。


FukushimaVoice
チェルノブイリの長い影 「妊娠女性ー胎児ー子供間の関係」のまとめ
引用
幼少期や青年期に放射能被ばくした女性の子供の世代では、出生時の生理学的発育不全が多く、生後1年の間に病気にかかる事が多い。生後2年からは虫歯ができ始め、生後5年から甲状腺の過形成が現れる。高リスクグループの子供には、健康と考えられる子供が存在していない。

放射能汚染地域での様々な臓器の先天性出生異常の発症頻度は、比較的汚染の少ない地域の新生児の2倍であると思われる。(1994年のサトウら日本人による研究での発表は注目されなかったが、1998年にペトロヴァによって発表された論文などにより明らかになっている)

チェルノブイリの乳幼児における致命的な心欠陥や僧帽弁逸脱の発症頻度が高くなった。この頻度が高くなるということは、結合組織の形成異常または奇形の兆候であると考えられており、これはキエフのアモソフ国立心臓外科研究所の外科医によっても裏付けられた。

ハルキウ医療センターでの研究調査では、チェルノブイリの事故処理作業員から生まれた子供の、臓器異常を伴った発育障害(SADと呼ばれる小さな発育異常)の発症頻度が高くなっている事が明らかになっている。

SADの「マーカー」には、脊柱側彎、胸部奇形、歯の異常(状態・位置)、早期の複数に及ぶ虫歯、歯のエナメル質の形成不全、皮膚の異常(乾燥肌・肌荒れ)、発毛異常、薄毛または斑状育毛などが挙げられる。

化学療法を受けている子供以外のチェルノブイリの子供に見られる育毛不良については、豊富なデータや写真があり、起こり得るさらに重大な健康問題の指標となっているのに関わらず、西欧の放射線保健衛生機関と提携している機関の研究者らによる関心は低かった。

-----------------

これはなんなのだ。
素人は虫歯と聞いて単なる甘いものを食べ過ぎて虫歯になることを想像したが、この論文には重要な被曝の症状とされているではないか。

これほどまでにチェルノブイリの研究者たちはこどものために必死になって研究していたというのに、歯のエナメル質とか異常が出るのだと報告してくれているというのに、

今中はチェルノブイリで何を勉強してきたのか、真実を素人の日本人に伝えることをしないで、トヨタ財団にもらった金で推進派の接待にでも使ってしまったのか。


この虫歯が気懸かりだったが、フクシマボイスで良い情報を見つけたのでやっと理解できた。

国内のチェルノブイリ研究者はアホしかいないのか。

今後は現地の真摯な研究者の論文しか読まないようにしよう。

捏造されて、騙されるのがオチだ!!!


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

公開討論会「原発事故・放射能汚染と農業・農村の復興の道」

小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ
1月20日 小出さんも参加「討論会:現場からリアル報告:原発事故・放射能汚染と農業・農村の復興の道」福島県有機農業ネットワーク
引用

【日時】
2013年1月20日(日)13:30~17:00
【場所】
立教大学池袋キャンパス
マキムホーム(15号館)M202教室

【討論者】
小出裕章:京都大学原子炉実験所助教
明峯哲夫:有機農業技術会議代表理事
中島紀一:茨城大学名誉教授
菅野正寿:福島県有機農業ネットワーク
コーディネーター:大江正章 コモンズ代表

----------------

発言者別にまとめてみた


明峯哲夫:有機農業技術会議代表理事

有機農業だから移行率が低いということは残念ながら言えない。
放射能汚染にしきい値がないということはあたり前の話。
線量の議論をしたいのではなくて、放射線は危険ということを前提にしたい。
その先に福島に止まって農業を行う意味。
そこが重要なのだ。
現地でがんばっている農業者への外部被ばくは無視できない。
このような農業者の犠牲の上にたって、農産物がつくられている。
危険だから逃げたら良い、という単純なものではない。
これは有機農業に限らない問題。

「危険かもしれないけど逃げる訳にはいかない」ということ。
これが議論されていない。
この第3の道を選択した人が圧倒的に多い。
このことの意味を問うべき。
不安をもちつつ止まる人は多いということ。

農業、林業と漁業は逃げられない。
その状況を招いたのは東電と国。
それは前提。
あたり前の話。
逃げられない営みはある。
逃げられない人によって社会が支えられている。
福島県産を食べないということは、福島から逃げているということになる。

爆心地で農業をやっている訳ではない。
程度の問題。
たったひとつの数字だけで人生を左右させられてたまるか、という人もいる。
あえて危険な事をするのもまた人間。
人間の持つファクターが重要。

子供の健康に関しては異論の出しようがない。
しかし、子供だけ特別扱いして良いのか。
子供も戦いに参加させるべきではないのか。
子供を守ることが最優先なのか。
子供を育てるということは健康面だけの問題なのか。
暴論だと思うが、あえてそれを前提に発言している。

これも程度の問題。
ファクターは二つ。
健康が唯一の選択ではない。
子供を「どう育てるか」とのファクターもまた存在する。
子供に、「一緒に戦おう」ということも、また親の責任ではないだろうか。

食卓を一緒にするということも大切。
逃げることのできない食生活もあるということも知るべき。

子供と一緒に食べるということを、「あえて」言わなければならない。
ここまで来ると、日本の社会の問題。子供の育て方の問題。

批評

農業者の外部被曝を心配しながら子供には親と一緒に戦え、喰えと言って外部内部被曝を強要するトンデモな人。

子育てと言って「子殺し、子いじめ」を推進する悪党。

作物を買ってくださる消費者がいてこそ成り立つという、生産者の原点を忘れた傲慢な特権意識。

そのまま子孫が絶えて年寄りだけで好きにしていろ。


-----------

中島紀一:茨城大学名誉教授

震災直後の3月には、農業はアウトだと思った。
しかし、避難区域以外の農民は畑を耕した。
菅野は自前の測定機で測ったが放射能は出なかった。
全袋検査では、99.8%が25ベクレル/kg(米)以下。
特別に出るものはあるが、その他は出ていない。
これはまぎれもない事実。
ただし、果物や山野草、タケノコ、きのこは出やすい。

米の今の全袋検査の測定レベルが25ベクレルということであって、ゲルマで測定すると数ベクレル程度。
25と言ったから、では20は? とかそういうことを言っているのではない。
言いたいのは、もっと高いレベルを予想していたのに、現実はそうでなかったということ。
移行率が相当低かったということは認識すべき。

循環型の農業の有機農業は困ったなと、最初は思った。
実態としてその状況は違っていた。
空気中の放射性物質は、地表のごく薄い部分に降った。
地中はそれと比べにならないくらい膨大。
土はガンマ線を遮断する効果も高い。
カリ欠乏の関係は、
植物側から見た場合だけでなく、
植物にすえないように土でコントロールするという考え方もある。
土そのものが持っている機能によるところが大きい。
循環型だからセシウムも循環するということではない。

本来その土地に生きるということが人間。
二本松東和でアンケートをとったが、自給自足が進んでいる地域。
いちばん人間らしい生活をしている。
本来のくらし方だから逃げない。
人類が持っている価値の問題。

結果として食べ物からの内部被ばくは少なかった。
外部被ばくも、セシウム134の方がガンマ線が強いので、(その半減期が近づいているので)今後は弱くなるはず。

1ベクレル程度であれば、60禁というような話にはならない。
子供たちだけを取り上げることは、リアリティーに欠ける。
北海道や九州からも出たことがあったが、原因は機械の性能。
セシウムとカリウム40の区物ができなかった。

居住禁止がどの程度続くかが心配。
仮設でも、自分の食べるくらいの野菜をつくれるようにすることが大切。
補償の問題もある。
事故前レベルの補償がいつまで続くかが問題。
避難区域が解除されると補償金が減額になるのではと心配する。
仮設で仕事を持ててる方は少ない。
補償金で生活している状況。

危ないという話はたくさんあるが、そこでも、子供も含めて生活すべきという議論が少なすぎる。
これをいうと攻撃される。

その地域で抱えている苦悩は複雑。
福島の農業者が何を欲しているのかから出発する必要がある。


批評

自給自足をしている所こそ内部被曝が膨大だった、南相馬のWBCで爺さんの人体全体で25000ベクレル、婆さんで15000ベクレル、食品を買っているところほど検出は少なかった。

福島の農業者が何を欲しているかではなく、全国の消費者が何を欲しているのかという消費者思考でなければ作物は商品としては売れない。

こどもを人質にしてお涙頂戴ではまさに逆効果、バカ農民の商品は買えないとなる。
こどもを疎開させて、年寄り農民が頑張る姿を見せて初めて作物が売れるようになるだろう。

土地にしがみつく生産者の傲慢さを捨てない限り、復興は難しい。

----------------

菅野正寿:福島県有機農業ネットワーク

阿武隈はアイヌ語で牛の背中という意味。
桑畑も荒れ放題という中で、地域づくりを進めてきた。
首都圏の皆様との産直提携を進めてきた。

県外に16万人も避難している。異常な状況である。
低線量被ばく、内部被ばく(野菜を食べる)が福島県の住民を不安にさせている。
年間の被ばく量を5ミリシーベルトにするのか1ミリシーベルにするのかで国も迷っている状況。
二本松市は、毎時0.8ミリシーベルとのところもある。
娘は、ホールボディカウンターでNDとなったが、カウンターにも検出限界というものがある。
基準が体に与える影響が分からないのが問題。

学校給食で地元産の米を使うようになったが、野菜は復活していない。
住宅除染も始まり、1戸あたり80~100万円。
大手ゼネコンが行っている。線量も元に戻ってしまっている。
杉林とか松林とかの場所が線量も高い。
いくら住宅除染をしても元に戻ってしまう。
周辺の森林除染をすべき。
大手ゼネコンが行っている除染を住民で行う必要がある。

復興のプロセスに住民をもっと参加させるべき。
今回の問題を食べる食べないとか、逃げる逃げないという狭い議論にして欲しくない。
地方に何もかも押し付けてきた、日本の歴史の問題。
歴史の縦軸で考えていきたい。

有機質で質の良い農地はベクレル数は低い。
これは2年間の経験で分かってきた。

まさに管理区域と言われている中で農作業を行っている。
なんで君は逃げないんだとヨーロッパの記者に言われた。
3500年の日本の稲作文化は農耕民族。
どうやってこの土地で生きるかの問題。
逃げる訳にはいかない。

放射能汚染以外にもリスクはたくさんある。
東京の人こそまさに逃げるべき、ではないのか。

自分の作った野菜は、当初心配の中で食べた。
しかし、測定したら10ベクレル以下だった。
じいちゃんばあちゃんはこれなら孫に食べさせられる、と喜んだ。
随分野菜を子供に食べさせる家も増えてきたが、まだ、別々という家庭もある。

2年目になると、農業者も放射能に関して鈍感になっている。
慣れが怖い。
どろ水から水田にセシウムが入る可能性が高い。
そのような対策は必要。
もっときっちりとした農民の健康検査をする体制が早急に必要。

主食である米と、たまにしか食べ物は、基準を変えるべき。
福島の現状にあったものに。

福島の問題は、20~30kmの線引き。
実際は、その他の地域でも放射能がまだらに存在している状況。
50mメッシュの調査。
その実態調査がないままに、膨大な予算で除染を行っている。
大規模ハウス、野菜工場ができつつある。
それが本当の農業の姿なのか?
これは日本の農業自体の問題。
福島の現状を見ていただいて今後考えていきたい。

批評

農民の健康調査をしてほしいと言っているが、農薬だらけになって農民も体を壊し消費者からも農薬汚染を厳しく問われた過去を知らないのか。同じではないか。

農民が体を壊す土地で生産された作物を消費者に喰わせるのか。

この人も真の百姓ではない。

食べ物を人様の口に入れるという安全に対する使命感がない。やはり傲慢な土地しがみつきなのだろう。



---------------

小出裕章:京都大学原子炉実験所助教

福島原発で放出された放射性物質は、広島・長崎の数百発分。
二本松市における汚染は、1平方メートルあたり6万ベクレル。
放射線管理区域の基準は1平方メートルあたり4万ベクレル。
大地そのものが汚染されている。
本当ならその地から人を引き離さなければならない状態。
被ばくをしながら福島の農民は生きている。
それにどう立ち向かうかが今日の課題。
このような場所には住むべきでない。
すぐに移住すべき。

議論するまでもない問題。
放射線はどんな低くても危険!
これぐらいなら安全だ、という基準はない。
被ばくは特に子供たちが危険。

数字は数字の危険性がある。
問題はそれにどう向き合うか。
25ベクレル以下だから安全というものではない。
きのこ産業は大変だと、私も思う。
私は500ベクレルだって大人だったら食べれば良いと思う。
問題は子供をどう守るかだ。

移行率そのものは植物によっても、土壌の性質によっても異なる。
ベラルーシでカリ欠乏の土壌では、移行率が高かった。
日本はカリ欠乏土壌ではないので、移行率は低かった。
それは喜ばしいことと思う。

では、その土壌でどのような農業をすべきか?
今は地表面が汚れている。それにたい肥を入れればさらに汚染される。
それに対して近代農業のカリ肥料は岩塩でできているため、作物に入るセシウムの量を減らすことができる。

被ばくは必ず危険だ、ということをまず認識すること。
本当は逃げたいけど逃げられないという人もたしかにいる。
これは、国がなんの支援もしないので逃げる訳にいかない、というだけではないか。
特に農業者は逃げられない。そのような苦悩の中で生きていることは分かる。

私も東京から逃げるべき、ということには共感する。
私達が立ち向かっているのは放射能。
どこかに逃げるという選択視があるべき。
特に子供は。

国が責任を持つべき。
しかし、現在の福島県の住民の取り残し方は問題。
低線量でも人を元の地に返すべきではない。
農業を守るために、そこに止まるということは、子供も止まらせるということ。
その考え方には躊躇する。

子供に危険が迫るものはやるべきではない。
私は、(子供の)お釜は別にする。
(会場拍手)
私は、チェルノブイリの後でも、汚染されたヨーロッパの食品は食べた。
しかし、子供には食べさせなかった。
選択はいろいろあるが、放射能は危険。

大量に出たのはヨウ素。
ただし、半減期は8日なので消えた。
ストロンチウム90の放出量は、セシウムの1000分の1程度。
プルトニウムも、さらにその1000分の1。なので、影響は少ない。
従って、何より注意すべきはやはりセシウム。
ただし、「海洋」にあたっては、ストロンチウムがセシウムと同じぐらいの量で放出されている。
海産物のストロンチウム汚染は今後注意すべき。

けがをした傷口から放射性物質が入ると危険。
ほこり。目からも。
マスクをすればかなり防げる。

世界中の農作物が福島の事故で汚染されている。
西日本の野菜だから安全だと思ってはいけない。
程度が違うだけ。
どんなものも汚染されている。
安全なものはない。
安全でないということを知りつつ、それとどう向き合うか、ということ。
映画で18禁があるが、食べ物に、たとえばそのような制度を導入する。
60禁とか。そのような仕分けが必要。
それによって、農業も支えられる。
産地だけで判断すべきではない。
世界中の食べ物を測定し、対策を考えるべき。

それは、そのような考え方もあるだろう。
一概にこうしろ、とは言えない。

批評

うん、今回は批判するべきところはなにもない。

「こどもを移住させるべきだ」と何度も何回も発言した。

避難すると家庭が崩壊するとは言わなかった、以前とだいぶ違ってきた。


------------------------------------------------------------------------------------

福島県で自給自足をすると内部被曝で体が崩壊する。

農業者は消費者に生産物を買って頂いて生活が成り立つのだという、謙虚な姿勢を忘れないでほしい。


「風評被害」と決め付けて消費者をバカにする生産者には、天罰が降るぞ!!!


こどもを疎開させて50歳以上の人間たちで復興に尽くす姿を全国民に見せてこそ、

真の世界中からの応援賞賛を浴びることになるだろう。



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

プルシアンブルー(ラディオガルダーゼ)は効くのか?

23年3月16日原子力安全委員会
放射線セシウム体内除去剤の準備について
*慌てていたんだろう、放射性セシウムを放射線セシウムと書き間違えている。
推進派は放射能=放射性物質を放射線と言い換えるようにお達しが出ているのだろう。
左の市川先生が決して騙されないようにと仰っている。


プルシアンブルー

プルシアンブルー2


一般住民は無視されて原発関係者だけに飲ませるようにとのお達しだ。
内部被曝を確認してから飲むようにとの事だ。


放射性セシウム体内除去剤、超ウラン元素体内除去剤


プルシアンブルー使用に関する注意喚起放射線医学総合研究所 緊急被ばく医療研究センター 
引用

どうやってセシウムをプルシアンブルーが除去するのかの説明がある。

プルシアンブルー3

プルシアンブルー4

なるほど、一旦吸収されてもまた排出された時に引っ付けて便として出していくのか。

それでも効果のほどは。

プルシアンブルー5

大量摂取の時にしか意味がないとなっている。
ホールボディカウンターと尿検査でセシウムの量を測って、即座に飲ませるかどうかを判定するのだろう。
少なければほっといて生物学的半減期にまかせるが、大量の時は放射線が強いのですぐに飲ませて排出させる。


うーん、これでは尿検査3ベクレル、母乳検査3ベクレル程度では飲ませてもらえないのか。

原理はペンキのようなどろっとした奴を飲んで腸管内のセシウムを引っ付けて便にするということだから、今のような少ない状況では効果が見込めないということだろう。

それに血流に入って全身をぐるぐる回っているセシウムには効果がない、では血液内のセシウムはどうやって取るのか、リンゴペクチンが効くらしいが血液をきれいにするのだろうか。


とりあえず、プルシアンブルーは少量被曝には効果がないと放医研も言っているがこれは正しいのだろう。

セシウム除去は他の方策を考えよう。



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能は健康に悪い、笑いは健康にいい。

チャップリンの有名な場面だ、何度見ても笑える。






笑いも内部被曝対策の一つだ!!!

笑って移住しよう、泣きながら老後を送らないために。


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

福島がアウシュビッツは本当だった!!!

福島県知事佐藤幽閉(本名雄平)が県民を幽閉しているのは本当だった。
それは宿命づけられていたのか。

本当にあったアウシュビッツ。

-------------

アウシュヴィッツ平和博物館は、栃木、茨城県との県境にある福島県・白河市に位置しています。東北新幹線で東京から新白河まで約1時間30分。新白河から白坂間は東北本線でわずかひと駅たらず。白坂駅からまっすぐ歩いていくと、左側に小高い丘があり、その上に博物館があります。
アウシュビッツ平和博物館

なんでこんなところにアウシュビッツがあるのだ、ここはドイツじゃなくて日本だぞ、おかしいだろうが。
日本ならなぜ広島長崎原爆館にしないのだ、ユダヤの友達でもいたのか。

放射能の恐怖を知らない人が多かったのは、そこに原因があったのか。

そんなことだからまた放射能が降って来るぞ。

鮫川村焼却施設工事問題
引用
環境省が、原発事故で生じた高濃度放射性廃棄物を焼却する実験的施設の建設を福島県鮫川村で始めた。各地で処分が滞っている汚染稲わらや牧草の
処理モデルを目指すという。ところが村は建設予定地の住所さえ公開せず、近隣住民からは「恒久的な施設になるのでは」と不安の声が上がっている。


大きな地図で見る

白河市のすぐ側が鮫川村だ。

ここに放射能ガス噴出施設が建設されようとしている。
まさにアウシュビッツ博物館の上にガスが放出されようとしている。

因縁か怨念か運命かさだめか。


やはりアウシュビッツに幽閉(雄平)されていたのは、本当だった。

東海アマは正しかったのだ!!!



私のニセモノに注意 ‏@tokaiama
「福島はアウシュビッツ」と書くと、反原連の野間らも含めて「福島県民に対して残酷」とか反応する。「福島が安全」と勘違いさせて子供達を避難させないでいるクズどもの方が百万倍も残酷で愚劣だ! 人間のクズだ!


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

共用プール建屋で火災、それで緊急会見、そんなにおおごとなの?

福島第一原子力発電所 ビデオツアー

公開日: 2013/01/15
http://photo.tepco.co.jp/date/2013/201301-j/130110-01j.html

上で共用プールの非常用発電機が津波で浸水して使えなくなったと出ていた。
もちろんこれは当初から知られていたが、なかなかこの6400本の使用済み燃料が冷やされているプールの情報は出て来ない。表の情報よりもここの秘密の情報が知りたい。

それはこれを見ているからだ。

20110325.jpg


3号機4号機とは別に赤く光るところ。あれは共用プールの冷却施設のようなのだが、あそこから白煙黒煙が出ると思って心配したが、東電は毎月のディーゼル発電機の点検で煙が出るのだと説明した。

夜中にも出ていたからおかしいと思ってオレの監視対象なのだ。

共用プール3
共用プール2
今、使用済燃料共用プールはどうなっているのか? 阿修羅で黒煙だった!


そうしたら昨日東電緊急会見が開かれていた、今年からは月水金の3回のはずが、よほどの重大事件なのか。

東電緊急会見
http://www.tepco.co.jp/tepconews/library/movie-01j.html


福島第一原子力発電所運用補助共用施設における火災報知器の警報発生について
引用
平成25年1月24日午前10時46分頃、福島第一原子力発電所運用補助共用施設(共用プール建屋)地下1階西側において、火災報知機の警報が発報し、その後、現場作業員より、煙が発生したとの情報がありました。
 そのため、午前10時59分に消防署へ連絡いたしました。

 除染作業で床を磨く清掃機器を使用した際、当該機器の付属電源ケーブルより発煙したことから、作業員がすぐに電源ケーブルを抜いたところ発煙は停止しました。
 当社社員が現場を確認したところ、現場に火や煙がないことから、午前11時15分に火災報知器の警報をリセットしております。

 その後、午後0時38分、消防署により鎮火確認をしていただくとともに、本件は火災であるとの判断をいただきました。
 火災の原因については、今後、調査してまいります。

 本事象によるけが人は発生しておりません。
 現時点でプラントへの影響は確認されておらず、共用プールの冷却は継続しております。また、モニタリングポストの値に有意な変動はありません。

東電緊急会見2

古びたぼろっちい床磨きの掃除機を下請けが使ったせいで黒煙が発生して火災報知機が鳴ってしまったのだろう。
火災報知機が鳴らなければこの程度は隠蔽なのだろうが、仕方がなく緊急会見になってしまったのだろう。

素直に受け取ればそうなるが、あの赤い発熱体が気になる者としては不審のマナコだ。

今年の1月7日頃も黒煙が出たらしいが、それをディーゼル発電の煙としたが、ここはどうしても疑問が晴れない。
火災報知機が鳴ったのを掃除機が原因として茶番をしたのだろうか?


呪われた共用プールが一番危険だ。6400本もあって冷却が止まると1日で2~3度の温度上昇だ。東電は保安規定の65度までは約30日間の余裕があると言っているが。

ここにも謎が残っていたのだ!

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

もうほっとけこんなのは、「放射能を怖がるな」 ラッキー博士!!


放射能を怖がるな!放射能を怖がるな!
(2011/08)
T.D. ラッキー

商品詳細を見る


なんでこんなに社会常識がないのだろうか。
変な外人が日本刀をみょうちくりんにぶら下げて羽織袴で表紙に映って、それでこの本がまともなものかどうかを見ただけで誰も理解できないのか。アマゾンにコメントする以前の問題だ。
「ホルミシス効果」の世界的権威と聞いて、ますますバカバカしい理論というのがよくわかる。

右翼に乗せられているのがよくわかる。
ラッキー博士、稲大明神、池田信夫、田母神、副島、リチャードコシミズ、ネトウヨ工作員その他へんなのがたくさん湧いて出てきたが、もう2年も経つのだ。


「好きにしてくれ」

絆、食べて応援して放射能は健康にいいと毎日汚染水風呂に入ってくれ。

「あなた方は間違っている」などともう決して論争を挑んだりするんじゃない。

好きに死なせてやれ、それが彼らの本望なのだろうから。

もう2年も経つのだ。

一般人でも「大丈夫、大したことない、それはあんたの気にしすぎ」と言われてそれを強引に否定する論争をするのはやめるんだ。

そんな人たちはもう終わっているのだ、アンデッド=ゾンビなのだ。
言い合いをすればするほど自分がむなしくなるだけだ。だからもうやめるんだ、それはいらぬお節介というものだ。あなたはよくやった、危険を察知して皆に伝えようとしたが、誰も聞く耳を貸さなかった。自業自得なのだ。

これからは「朽ちていく命」を見ながらただ一言「南無阿弥陀仏」を唱えてやれ。

こどもの命と自分の命だけを考えて、明るく前向きに生きていこう。

未来はこどもたちのためにある、ヒューマンプロジェクトだ!!!


hukushimavice
2012年7月15日日曜日
被ばくに対する認識 実家との温度差
引用
いつも情報をありがとうございます。

先週3日間、四国の主人の実家へ行きました。
主人の弟夫婦は医療関係者で嫌な予感はしていたのですが、私だけ呼び出され放射能について聞かれ、私が木下さんやバンダジェフスキー博士のデータを説明しても、彼にとってそれはデータとは言えないらしく、何度も何度も「データがないからね」「統計がないから何ともいえないしね」と、東京の汚染や内部被曝を完全否定されました。

避難やマスクについても否定され、避難の相談も出来ず、「あなたの思想は偏ってるよね」と一方的に話を終了されました。
本当に医療関係者はこうなんだなと実感しました。
しかも「思想」とは…。
主人も弟と同じ様に私の言うことを信用していないため、自分から防御することはありません。

悔しくて情けなくて、最後の砦と思っていたのに、死ねと言われたようで精神的にも居場所がなくなり、誰にも相談出来ずにいます。
友人も皆、東京の汚染や内部被曝を認めず、食への危機感もなく、うるさがって連絡が取れなくなりました…(着信拒否も)。

実家では、緑茶(お~いお茶)から始まり、椎茸尽くしの料理に、おさしみ、お寿司、山形のさくらんぼなど、全く食への意識は感じられませんでした。実家は地元の食材が豊富だからと言うのが理由だそうですが、かなり口の中が痛み、口内炎になりました。

せっかくクリーンな土地に住みながら、食への警戒が全くなされていない現実を間の当たりにし、絶望感で一杯になりました。主人の弟の息子(小2)は今年帯状疱疹にかかったそうです。原因はストレスだそうで…

私は、汚染物質を一つも持ち込んではいけないと空港で着替え、靴も履き替えました。

一人ポツンと浮いて、居場所がなくて、東京へ帰ってからも無気力で涙が止まりません。

何が正しいのか見えなくなってきました。

以下略


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

もういい加減に進歩しろよな!

おおフクイチで再臨界か?線量が軒並み上がっているぞ。

放射線関連グラフ
急上昇デマ2

急上昇デマ

大熊町の大野で急上昇だ。

福島県原子力センター
急上昇デマ3


1ヶ月間のデータを見ると、1月14日頃の大雪で線量ががくんと下がって、それから徐々に元に戻りつつある。

ただそれだけのこと。

上がっていくところを見ると驚くが、これはグラフがそう見えるだけで、木を見て森を見ずのよい見本だ。
こういったことは株をやっている連中はよく知っていることだ。長期チャートでは暴落だが、5分足では急上昇。
今の株高円安も20年チャートを見ると下降中の一時的な戻りに見えるだけの話だ。

グラフに騙されるな!

急上昇デマ4
http://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/area2.html

上空に漂う自然放射能と事故で出た人口放射能が雪で測定器の近辺まで大量に落ちてきて線量が急上昇。その後地面に降り積もって凍り、地上からの放射線を遮蔽した。
翌日から徐々に溶けてまた以前のように地表からセシウムの放射線が出だした。
まあ、筋書きはそんなところだろう。

もちろん雪にはセシウムが含まれている。CTBT高崎ではずーーーとセシウムが検出されているから。

もう2年も経つのだからもっと冷静になって欲しい。
見るならここも見よう。

ナチュラル研究所

万が一はこうしたしっかりした人が警告を発してくれるはずだ。

九州方面はオレがずっと監視している。右横の1分おきのリアルタイム線量計だ。ラドン濃度も監視して地震をキャッチできるように努力している。

関東東北の人はみんな被曝者なのだ。冷静になって避難するか、放射能の解毒に注意を向けて努力をしたほうがいい。

放射能の排出は非常に難しいようだ、被曝しまくりでウンチや尿や汗で出てきても、遅いのだ!!!

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

福島市の放射性降下物と大気浮遊塵が世界一多い謎の解明!!!

文部科学省
放射線モニタリング情報

ダストサンプリングの測定結果(平成24年1月1日~平成25年1月22日までの測定結果)

去年の一月、年明け

ほうきだ2

ダスト=大気浮遊じんが毎日1~3ミリベクレルも舞っていた。降下物も多かった。

さて、今年は降下物は今のところ少ないがダストはどうだろう。

今年の一月

ほうきだ3


だいぶ少ない。ところで測定場所は福島市のどこなのだ。

福島市方木田

大きな地図で見る


福島市のかたきだ? うん、なんて読むんだ?

ほうきだ


ほうきだ、箒? 

あっ、箒だ、だからごみが寄ってくるのだ。

今まで2年近くもオレとしたことが気がつかなかった。

放棄だ、ということもある。これだけの汚染ならその土地は捨てるしかないということにも繋がる。


降下物の採取場所も同じ所だ。

定時降下物環境放射能測定結果(暫定値)(第391報)
【参考】
1 採取場所…福島県原子力センター福島支所(福島市方木田地内)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

去年、南相馬の大山こういち市議が市役所の側のダスト採集器がこんな位置にあるのはインチキだ、これでは不検出になってしまうと怒っていたが、次に示すものがそれかどうかはわからないのだが、

ほうきだ4

大山市議の予言どおり、不検出のオンパレードだ。

そしてその場所名が、なんと、

ほうきだ5

中内、なかうち、なかのうちで採集していた。これではちりは採れない。


以上、世界で初めて謎を解明したのでここに報告しておく。


というのは冗談で、降下物と大気浮遊塵はほぼ相関しているようだ、当たり前と言えばあたりまえだが。
生活環境中に放射性物質が3~7ミリベクレルも漂うところでこどもたちが生活をしていてもよいのだろうか。
縁起の悪い採取場所で世界一の放射能と遊んでいていいのか。恐れを忘れたのか。

微量だから大したことない、誰も死んでいないなどと強弁をいつまで続けているのだ。


都市に人類史上最大最高の放射能が降下し、浮遊しているという真実から、

いい加減に目を覚ませ!!!



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

終にセシウムが脳に進入して再臨界か?

2号機急落
http://fukuichi.mods.jp/?p=5&fname=p02.csv&cnt=500&update=%E6%9B%B4%E6%96%B0

デイトレーダーにとっては堪らないチャートだろう、急落して急上昇のジェットコースーター。
間違えたデータを入れてグラフがおかしくなっていましたとここのサイトは言っている。

昔から何回もあったのだ、ここは。だからほとんど信用できない。

原子炉がメルトダウンしてメルトスルーして壊れているのに、なぜ温度計だけが正常なのだ、常識で考えろ。

2号機急落2
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu13_j/images/130107j0301.pdf

赤字が故障で緑が参考。真ん中の2号機は故障だらけじゃないか。

だいたいが1号機の方が壊れ方がひどいと言っている東電なのに、なぜ温度計は正常が多いのだ、おかしいじゃないか。3号機もそうだ。

つまり全部がでたらめでまだらめで当てにならんということだ。



2号機急落4
2号機急落5

あまり壊れたものを気にしすぎると、放射脳になるぞ。

再臨界したのなら、ヨウ素131が検出されるはずだ、一番確実なのは、この原子炉の側だろう。

2号機急落3
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/gas02_130118-j.pdf


再臨界して温度が上昇してきたのなら、1月12日の測定でヨウ素131が莫大に検出されるはずだ。
検出限界はそんなに高くないから、信頼してもいいだろう。

すでに大爆発を起こし、メルトスルーまでして奴らは開き直っているのだ。
破産を免れ国営となって国民の血税を湯水の如く飲み込んで、遊んでいるのだ。

いまさらウソ捏造はないだろう。隠蔽や検出限界を高くしたりすることはあっても、それこそこの非常事態に詐欺を働くだけの度胸はないだろう。

だから数値は信頼できるのではないか。

推進派でさえ寸法が違うと仕事ができないからだ。


いい加減にデマブログの拡散はやめろ。それよりも初期被曝で体内に入った放射能を排出する方法を真剣に考えたほうがいい。
被曝者と思われる急死が多くなってきたぞ。

今後は、相変わらず核種の汚染調査と解毒、免疫療法に絞ろう!!!


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

被曝米兵「東電の回答期限(2012年12月21日の提訴から60日間)以内に、追加の訴えを起こすつもりだ。」

ウォールストリートジャーナル日本語版
東電に99億円請求した被ばく米兵8人の代理人弁護士に聞く
引用
原告が放射能によるものだと主張する症状は、どのように発症したのか。乗組員の労働災害などに直接責を負うべき米海軍でなく、東電を訴えたのはなぜか。米海軍は、正確な情報を把握していなかったのか。原告代理人でサンディエゴ在住のカリフォルニア州弁護士、ポール・C・ガーナー氏に話を聞いた。

――東電が虚偽の情報を流し、安全性を強調したことで、乗組員が被ばくし、健康を害したとの主張だが、訴訟に至った経緯を教えてほしい。

ガーナー弁護士 原告の一人である女性乗組員(リンジー・クーパーさん、23)の父親が、娘の体調が悪いと言って訪ねてきたのが、そもそもの始まりだ。彼女は、震災直後、ロナルド・レーガンの飛行甲板で「トモダチ作戦」に携わっていたが、かつてないほど体重が増加し、体調もすぐれなかった。精神的なものなのか、肉体的なものなのか、父親は非常に心配していた。

 調査していくうちに、ほかの乗組員のなかにも具合の悪い人がいることが分かった。何かに集中できなくなったり、体重が急増したり、逆に体重が約14キロ激減したり。激やせした女性は、胆のう摘出の手術を余儀なくされた。腸からの出血や鼻血、甲状腺に問題が生じた人も複数いる。原告は、全員20代の若者だ。いずれも以前は健康だったが、徐々に症状が進み、ある時点で顕著になった。連日、片頭痛に襲われるようになった人もいる。

――症状と被ばくとの因果関係を診断したのは、米海軍専属の医師か。

ガーナー弁護士 違う。米海軍は、当時、被ばく線量は最小限に抑えられていたという見解に終始している。自然光の下で30日間くらい浴びる程度の放射線量だった、と。だが実際は、非常に高かった。4基の原子炉がメルトダウン(炉心溶融)し、放射性物質が飛散した。

 被災地支援に駆け付けた乗組員たちは、ヘリコプターでロナルド・レーガンに戻ると、自分たちの除染作業をしなければならなかった。安定ヨウ素錠を飲み、着替え、体を洗浄した。だが、(有害な物質を体内から排出する解毒治療である)キレート療法は行われなかった。ヨウ素剤も、乗組員全員には行き渡らなかった。2年たたないうちにこれだけの症状が出ているのだから、今後も様子を見続けるべきだというのが、わたしの見解だ。否定論者は、何を以てノーと言うのか理解できない。

 症状が顕在化している人は急増している。(ロナルド・レーガンが属する)米第7艦隊だけでなく、米海軍駆逐艦「プレブル」、原子力空母「ジョージ・ワシントン」など、「トモダチ作戦」にかかわった軍用船の乗組員らだ。

 診断に当たったのは、非常に高名な米国人の環境毒物学者兼内科医で、(08年)ニュージャージー州の住人がフォード自動車を相手取って起こした(集団訴訟の)クラスアクションにもかかわったことがある。同州の組み立て工場から廃棄された有害化学物質が飲料水に流れ込み、何百人もの住人ががんになったケースだ。

――被ばくと健康被害の関係は立証が難しいと言われるが、その医師が、今回の訴訟についても因果関係ありと判断したのか。

ガーナー弁護士 そうだ。関係がある可能性のほうが高い、と結論づけられた。もっと多くの症例が出れば、(立証が)容易になるという。現在、調査を進めている最中だが、何らかの症状が出ている乗組員は、すでに40人を超えている。骨や骨格組織の衰弱などが見られる人もいる。単なる偶然にしては、人数が多すぎるだろう。医者は、因果関係があるという認識を日ごとに深めている。これは、独断や根拠なき主張ではない。

 被告である東電の回答期限(2012年12月21日の提訴から60日間)以内に、追加の訴えを起こすつもりだ。これから(病気が)どうなるか、誰にも確かなことは分からないが、治療が必要になることだけは間違いない。退役軍人管理局は、イラクやアフガニスタンからの帰還兵への補償さえ不十分である。被ばくした乗組員への対応となれば、なおさらだ。

中略

――本来なら、直接の雇用主である米海軍を訴えるべきだったのでは?

ガーナー弁護士 彼らも、(東電から)情報を与えられた側だ。現場の放射線量を測定しにいったのではなく、救援活動をしにいったのだ。最初に情報を流したのは、東電である。乗組員らは、米海軍と米政府の言うことを信頼し、自分の身を守ろうとしたわけだが、発信元が、肝心な問題について明らかに情報を隠し、うそをついていたとしたら、部下や自分の身を守ることはできない。

 当初、乗組員は、自給式呼吸器も放射能汚染防護スーツも不要だと教えられていた。ヘリコプターなどの航空機がレーガンに戻り、原告らが洗浄作業に当たったわけだが、問題は、汚染水の海洋投棄により、洗浄に使った海水が放射性物質に汚染されていたことだ。

 乗組員の安全を確保すべきなのは米海軍だから、彼らを訴えればいい、とはならない。米法律学の下では、第一義的な加害者が、その不法行為によって生じたすべての損害に責を負うことになる。勝つ自信はある。日本で十分な対応を受けられない人たちのためにも、思い切って立ち向かうことにした。


---------------------------------------------------

東電が放射能を原因と認めたら、米国西海岸に降った放射能のせいで病気になったという輩がゴマンと増え、北半球の連中が一斉に訴えてくる、さらに国内からも莫大な裁判が起こり、イラク劣化ウラン、湾岸戦争症候群、チェルノブイリ、核実験、広島長崎原爆被害者も「放射能が原因」と訴え、医療行為で病気になったのは「放射能が原因」となり、IAEA,ICRP,WHO,世界中の核推進派、原発推進派が総崩れになるであろう。


米海軍を直接訴えても門前払いになりかねないので、最終的には「放射能は原因ではない」として東電と和解してなにがしかの和解金で手を打つのだろう。


ここでの重要な問題は、米兵は飲み物食べ物で内部被曝したのではなく、ましてや高線量外部被曝したわけでもなく、放射能プルームを吸込んで被曝症状が出ているということだ。


空母の上か中か下かのどこかで汚染空気を吸込んで、被曝した。だから人によって症状の重度軽度が違うのではないか。


結論

「スリーマイル、チェルノブイリでヨウ素131に汚染されたミルクを飲んで甲状腺ガンになったのではなく、放射性プルームをわずかでも吸込んで大きな内部被曝リスクが上昇したということだ。」


初期被曝はプルームで一度でやられるというのが、結論だ!!!


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能は来ないが、メジロくんが来る!

めじろ2
めじろ
めじろ3
めじろ4
めじろ5


めじろくん、かわゆい!!!

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター