FC2ブログ

低線量被曝でSTAP細胞が突然変異を起こして、免疫が崩壊するという仮説だ!

2014年1月30日
独立行政法人 理化学研究所 神戸研究所 発生・再生科学総合研究センター
細胞外からの強いストレスが多能性幹細胞を生み出す
引用
彼らは、成体にも極めて少数ながら小さなサイズの細胞が存在しており、これが成体組織で「眠っている」多能性細胞ではないかとの仮説を提唱していた。小保方はこの可能性を検討するため、バラバラにした細胞を細い管に通し、小さな細胞を選別した。

「小さなサイズの細胞が存在しており、これが成体組織で「眠っている」多能性細胞」


刺激惹起性多能性獲得細胞
引用
刺激惹起性多能性獲得、あるいはSTAPという語は、マウスの細胞を弱い酸性の溶液に入れて刺激を与えることにより、様々な組織や臓器の細胞に分化する能力(分化能)が生じる現象を指す。これまでの学説では、いったん皮膚などに育ち、役割が定まった細胞が、こうした刺激で万能細胞になることはありえないとされており、生命科学の常識を覆す発見とされた。

まず、生後1週のマウス脾臓のリンパ球を使用した場合のSTAP細胞となる確率は7-9%(2014年、論文発表当初)であり、





-----------------


つまり、若い人ほど環境に適応して生きていけるように、怪我をしたり病気になったりして臓器その他の細胞がやられて通常の免疫細胞だけでは修復困難な時に、このSTAP細胞が万能細胞として活躍をはじめて健常な状態に戻してくれるのではないか。


始めから体内に小さな細胞として準備されていて、当然若い人ほど多くて年寄りは無くなっていくのだろうが、その大切な細胞まで放射線被曝で遺伝子損傷を受けて、細胞が死んでしまえば免疫が弱まり、細胞が死なないで突然変異を起こしてへんてこりんな細胞になると、修復が困難となって、

やはり、免疫機能が弱まり、二度と回復不能となる。


自力では治せず、臓器移植やその他の外科的方法がないと無理となる。



放射線が通常の免疫機構を破壊し、さらにSTAP細胞の大元まで被曝させてしまうために、これに繋がるのではないか?


生きるですって? 何よりも人々は死んで行くのです。静かに死んでいきます。主に癌が原因ですが、あらゆる病気で人々は死んでいきます。ストロンチウムも大きく起因しています。例えばエネルギー交換が不可能となって心筋がやられます。ベラルーシーで行った診察は、子供達が2歳、3歳、4歳にして急性心不全で死んで行くことを証明しています。癌だけではないのです。腎臓不全、肝不全や多くは血液製造障害が原因で人々は死んでいきます。これらは「チェルノブイリ・エイズ」という名称で知られ、生き延びられるチャンスはほとんどありません。



初期被曝の人ほど、完全に汚染されていない自然物をどんどん食べて体内に取り込み、どんどん排泄をして体外に出しながら、免疫機構の回復、STAP細胞の新規再生を目指すしかないのではないだろうか。



3年目にしてこんな万能STAP細胞が発見されて、ふと感じてしまった。



*若い人ほど治りが早いのはSTAP細胞のおかげなのだろうということだ。



スポンサーサイト



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター