CTを中心とする医療放射線被ばくの発がんリスクについて 低エネルギーエックス線

日本プライマリ・ケア連合学会誌
Vol. 38 (2015) No. 4 p. 369-382
CTを中心とする医療放射線被ばくの発がんリスクについて
引用
日本は原爆による被ばく国として, また原発事故の当事国として, 深刻な放射線災害を経験してきた. その一方で, 日本は他の先進国と比べて国民の医療被ばくが多く, その主な要因は, 診断を目的としたCT検査が増え続けていることである.

福島原発事故が発生してから, 全国的に低線量被ばくと発がんのリスクについて議論が繰り広げられてきたが, 近年, 大規模コーホート研究において, CTスキャンからの低線量電離放射線による発がんリスクが明らかとなってきている.

CTスキャンは短時間で解像度の高い画像が得られるため, 医療現場には欠かせない重要な診断技術となっているが, 患者の利益とリスクのバランスの上に立ち, CTが適切に使用されているのかどうか評価することがきわめて重要である. 病院総合医に求められる中核的能力には, 病院医療の質を改善する能力, 他科やコメディカルとの関係を調整する能力が含まれる.

この観点から, 病院総合医が放射線科医や放射線技師らと協力し, CTの使用を正当化しながら, 不必要な被ばくを最小限にするためにはどのような役割を果たせるのか考察した.


低エネルギーエックス線



低エネルギーエックス線は原爆で主に放射されるγ線よりも、生物学的な影響が大きいと考えられること




論文

低エネルギーエックス線2



まあな、この辺に正解があるとみてほぼ検証済みだが、ICRPに止めを刺す決定打を考慮中の、年越しそばだった。



低線量外部被曝の真実

この元データを読みこなすのに時間がかかっている、草刈りもあったので、草が目玉に当たって一日苦しんだが、自然治癒力で回復したのでまた読みこなしだ。



スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

福島医大医学部の法医学講座は本年度から、警察から依頼を受けた「法医解剖」の際、亡くなった人が甲状腺がんを発症していたかどうかに関する研究を進めている

解剖から甲状腺がん調査 原発事故の影響有無解明へ
引用 2015年12月31日 08時15分 福島民友ニュース

 福島医大医学部の法医学講座は本年度から、警察から依頼を受けた「法医解剖」の際、亡くなった人が甲状腺がんを発症していたかどうかに関する研究を進めている。

 甲状腺がんは一般的に発症しても生存率が高く、別の死因で亡くなった人の遺体から見つかるケースも多い。将来的に同大は、各医療機関の協力を得て県外でも同様の手法で発症頻度を調べて地域ごとに比較、東京電力福島第1原発事故に伴う放射線が甲状腺がんの発症に影響を与えたかを知る手掛かりにする考えだ。

 研究では、遺体解剖の一環として甲状腺を摘出し、一定の厚さに切って標本を作り、肉眼や顕微鏡でがんなど異常がないか調べる。司法解剖など死因究明のために行う「法医解剖」は、県内では福島医大だけで行われている。子どもや大人まで対象が幅広いため、年間に約200件ある。このうち調査対象は、損傷により調べるのが困難なケースを除く半数以上の遺体。既に2013(平成25)年以降の約200体について調査を済ませた。

 従来、法医解剖では全ての臓器を調べている。同講座によると、体に悪い影響を与えていない甲状腺がんが遺体から見つかることは珍しくない。こうして見つかる甲状腺がんについては国内の医療機関が取り組んだいくつかの先行研究があるが、発症頻度は研究ごとに2~35%と開きがある。調査手法がそれぞれ異なることなどが理由とみられ、今回の研究では、手順を決めた上で精密に調査していく方針だ。

法医学調査



-------------------------------------------------------------------



今年もいろいろとお世話になりました、ありがとうございます。

来年もどうぞよろしく、よいお年をお迎え下さい。



*毎日が正月の身としては常にリアルタイムで低線量外部被曝、低線量内部被曝の研究は続いております。

草刈りの時はお休みです、寒くなってダニなどの虫が出てこないので作業がはかどりますので。


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

2号機原子炉建屋内 3号機原子炉格納容器内

2号機建屋にキツネ=高線量、行方不明に-福島第1
引用2015/12/28-20:18
 東京電力は28日、福島第1原発2号機原子炉建屋1階にキツネが入り込んだと発表した。建屋内の作業用カメラで21日に姿を確認したが、その後行方が分からない。事故後、原発敷地内で動物が見つかったことはあるが、建屋内は初めてという。
 東電によると、現場は格納容器内につながる配管がある場所で、空間線量は1時間当たり300ミリシーベルト程度、床面は最大同7シーベルトに達する高線量。調査ロボット投入に向けた遠隔操作の除染作業中にカメラが捉えた。
 2号機は津波でシャッターなどが壊れたままになっている箇所があり、侵入経路の可能性がある。
 同原発では2013年、ネズミが原因の停電で、使用済み燃料プールの冷却が一時停止するトラブルがあった。


2号機原子炉建屋内における動物の確認について
引用
151228_01.jpg

151228_02.jpg

151228_03.jpg

151228_04.jpg


帰ってこ~い~よ~!!!



2015/12/28(月) 3号機原子炉格納容器内常設監視計器設置作業について
引用



付着物は核燃料だろう!!!


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

シュレーディンガーの猫 安全なのか?危険なのか? てんこもり情報 

危険なのか?

フランスFR3「フクシマ・地球規模の汚染へ」 和訳全文
2014/03/12 に公開



安全なのか?

南相馬市民の内部被ばく検診結果(8) 


危険なのか?

『東京が壊滅する日――フクシマと日本の運命』


安全なのか?


いまだ危険なイメージが消えない福島への誤解


危険なのか?


どんなにバッシングされても真実を残したい~「鼻血問題」で雁屋哲さん


安全なのか?


「ありもしない「被曝」の害を唱える非科学的な脱被曝運動に関わる人のなかに」



どっちなのか?


福島県で起きた原子力発電所事故の責任を問うことと、現地での放射線被ばくによる直接的な健康被害が軽微なものであると考えることは矛盾しない



シュレーディンガーの猫




*今気が付いたが、本年最高の良記事だ!


2重スリットの実験



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

John Lennon -"Happy Xmas (War Is Over)"

John Lennon -"Happy Xmas (War Is Over)"


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

内部被曝にせまる


内部被ばくに迫る  投稿者 corasonkoba

内部被曝にせまる

きのこ内部被曝4


それぞれの体重を予測して割ったら、キログラム当たりが計算できるだろう


各家庭で食事内容が違う日本と違い、ウクライナジトミール州ナロジチ地区ではどこの家庭もほぼ同じ食事内容だというのには、

びっくり仰天だ。



結局は日本ではこういう内部被曝はまず無いということがわかった5年目だった。

初期被曝の遺伝影響の免疫が弱い子供たちというのが真相に近い。 外部被曝もだが。


未来が心配となる


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

ベラルーシ汚染区域法第 4 条 区分に当たっては,住民の年間平均有効被曝線量が優先される





早野が言った

内部被曝より高い



計測日2015/11/21 栃木県那須塩原市 那須野が原公園②

引用
那須2

那須

那須3

那須4




チェルノブイリ原発事故に係る放射性物質汚染区域の地域区分(ベラルーシ)
引用
ベラルーシ区分

注 2)地域区分に当たっては,住民の年間平均有効被曝線量が優先される


長くなると問題



ベラルーシは5年たって外部被曝線量が原因で病気が増えだしたのに気付いて、土壌汚染よりも線量重視に転換したのではないか!

那須を見たらわかるように、こどもがホットスポットで被曝しながら遊んで健康を害していった。
非汚染食品を供給すべきが、ソ連崩壊で経済どん底でそれどころでなく、みんなが家庭菜園のダーチャに頼って飢えをしのいだが、運悪く極度の内部被曝となった。

その陰に外部被曝が見捨てられていった、「見捨てられた外部被曝」






きのこ内部被曝4



NHKでやっていた木村真三が出るやつ、相当な内部被曝だが家族全員ケロッとして幸せそうに暮らしていたのがその証拠じゃないか!!!

だんなも健康そうだが、木村に「きのこはやめた方がいい」と言われてしょげていたが、これだけの内部被曝でもかなり時間がかかっての不健康なのだろう




やはり、見捨てられた外部被曝!!!



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

2015/12/21 「福島第一原子力発電所は、今」 ~あの日から、明日へ~(ver.2015.12)

2015/12/21 「福島第一原子力発電所は、今」 ~あの日から、明日へ~(ver.2015.12)



2015/12/21 に公開
2011年3月11日。過酷な事故を起こしてしまった福島第一原子力発電所。多くのみ­なさまのご協力をいただきながら廃炉へ向けて歩みを進めています。発電所の現状につい­て、事故当時を振り返りながら、ご紹介する動画を更新しましたので、是非ご覧ください­。(08:22)

--------------------------------------------------

珍しく随分と早いアップだ、東電も暇になったか、オレがアップする手間が省けた


「ますます危機が募るフクイチ」とか言っている反被曝派のアホどもは必見だろう


危機というのは、これしかない!!!


3号機地震倒壊


いつまでもおせちのしいたけを外すべきか否かで悩んでいたらいい、バカすぎる!!!


ストリン地区中央病院
引用
WBC355kg.jpg


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

内部被曝ですか?外部被曝ですか?

2013年8月11日デジタルMCA+2インチプローブ福島駅東口スターバックス 0.12μSv/h前後


光子フルエンス


γ線飛跡


スタバ
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC+%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%AB%E5%BA%97/@37.7551174,140.4600629,15z/data=!4m2!3m1!1s0x0:0x38fb2fa9a8d56409!6m1!1e1


スタバ2



錯覚


内部被曝一辺倒で、外部被曝に蝕まれているのではないか!


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

「γ線は低密度に広いエリアに爆弾を投下しているのに似ています」




<ビデオ>霧箱で汚染土壌のベータ線を見る(第1回)
引用
「サイエンスの森」のスタッフで2011年9月1,2日と福島市、伊達市、安達太良SA、国見SAなどを回り汚染土壌を採取してきました




霧箱は体内被ばくを見る倍率1000倍の顕微鏡
引用
・「低エネルギーのベータ粒子(0.028MeV)」が10μm細胞を横切るとき、2000ヶ切断する。
・「高エネルギーのベータ粒子(0.79MeV)」が10μmの細胞を横切るとき、530ヶ切断する。

細胞が受ける切断数の比を計算してみるとなんと4倍近くも低エネルギーの方の切断数が多いことが分かります。こうしたことから直感的に低いエネルギーのベータ線は高いエネルギーのベータ線より安全と考えがちですが内部被ばくにおいては逆であることがわかります。


-----------------------------------------------------------------

以上は内部被曝ベータ線だった、では「内部被曝は少なかった」と言われる今時では、1万ベクレル/m2の外部被曝ガンマ線低エネルギーゾーンのエックス線10Kev~1Mevがひしめきあう土壌汚染地ではなにが起こっているのか?




X線を霧箱で見る
引用
霧箱でX線はどうみえるのだろうか。霧箱の画面全体に小魚の群れが飛び跳ねているような無数の飛跡が見えます。コンプトン効果の発見者のコンプトンはノーベル賞受賞講演の中でこれを「魚形の飛跡」と呼んでいます。 画面の中の下には1㎝スケールがあります。これと魚形の飛跡を比較すると飛跡の長さは、最大で1㎝程度の長さであることが分かります。

魚型飛跡

光量子


計測2


光子



6.火傷の発症と反跳電子のエネルギー
X線によって火傷を発症した手は、赤外線などの熱線で直接手を焦がして火傷を起こしたのと根本的に異なっています。 X線が作り出した反跳電子の飛程は空気中で1センチですが、体内ではその千分の一の10ミクロンしかありません。10ミクロンは小さめの細胞のサイズです。こうしたことからX線は皮膚の表皮にしか損傷を与えないと、よく誤解されますがそうではありません。反跳電子の飛程は10ミクロンですが、そのスタート地点を決めるのはX線が電子と衝突する場所なので、皮膚表面から反跳電子がスタートするとは限りません。反跳電子が10ミクロン進むスタート地点は、皮膚の表面の場合もあれば、体内の場合もあり様々です。赤外線による火傷はもっぱら皮膚表面から焦がし損傷するだけですが、

X線による火傷は皮膚の表面と同時に内部でも損傷を引き起こし潰瘍やガンを発症させる可能性があります。


ひばく



レントゲンとX線のリスク意識(第1回)改訂版



ICRP Publ.1 国際放射線防護委員会勧告(1958年9月採択)


それは放射線科医の白血病から始まったということを忘れるなよ!!!


たかだか2~3ベクレルのしいたけを食べて「ぎょわああああああ、内部被曝したあああ」と言いつつ、

コンプトン散乱線渦巻く中、「東京見物に行ってきました、スカイシャインはよかった、また行きたい」とかアホを言っているようではダメだろう




1万ベクレル/m2の地上を踏む以上は、それだけの覚悟があるのだろうな!!!

内部被曝の比ではない!!!




外部被ばく車道危険2


あまりの内部被曝恐怖に恐れおののいて、外部被曝を軽視していることに対して、


警告
警告
警告
警告
警告


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

「今月も引き続きは、関西のスーパーに並んだ福島県産などの果物や茨城県産の野菜類を自主測定しました」

阪神・市民放射能測定所
2015年11月測定結果一覧です
引用
今月も引き続きは、関西のスーパーに並んだ福島県産などの果物や茨城県産の野菜類を自主測定しました。これらの食材は、測定所開所以降、継続的に測定しているもので、セシウム濃度は減少していますが、検出事例は続いています。
 また、レンコンについては、徳島県産のものも多く流通しますので、自主測定してみました。
 土壌については、取り扱いに注意しながら研究者のみなさんやみんなのデータサイト土壌測定プロジェクトに協力して測定しています

決まり


いくら内部被曝が少ないと言っても、わざわざ汚染地の物は買わないのは当然だろう

出るべきものが、出ている。 さつまいも、れんこん、汚染地のりんご

どうしてそんなに関西はうらやましいほど恵まれているんだ、今日も地元のスーパーを偵察したが、れんこんは佐賀産だった。
さつまいもは大分産、りんごは青森産


全然こっちには回ってこんぞ!!!

測定対象がまったく、無い!!!


関西はいいなwww


決まり2



もうあまり出らん、出るのは土ばかりだ、もう毎日見るのはやめようかなwww


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

「チェルノブイリ事故はドイツとフランスでどう報道されたか」

ARTE「チェルノブイリ事故はドイツとフランスでどう報道されたか」



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

チェルノブイリは内部被曝 福島事故は外部被曝

映像報告「チェルノブイリ・28年目の子どもたち」
https://youtu.be/3hv-5bW17Rs?list=PLTDTvkH1E1nAcQEdLgY_5liItyV187xpI
引用
じゃがいも

ここはウクライナだが、ベラルーシのジャガイモをもってくると

ベラルーシ摂取2


ここまでの汚染は無いとも思うが、






ケイ・エム・トレーディング アジカソース(コーカサス風)212g原産国名 ウクライナ
引用
ウクライナ

ウクライナ国民的調味料どこでもだれでもどの家庭でもあると出ていたから、ボルシチの方は高かったので一番安い奴を買って、測定してみた。


3ベクレル


やっぱ出るわな、3ベクレル/kg  よく使うらしいからこれでは内部被曝が続いてそれも30年も経ちながら出るから、問題は、


食品継続汚染  日本のようにもっと輸入品を増やすべきなのだが、外貨を持たないのでベラルーシと同じくつらいところだろう





早野が拡散していた

福島ダイアログイニシアティブ国際ワークショップ「原子力事故後の生活状況の回復」でのスライド
引用
内部被曝より高い


今となってはあらゆる測定値から、内部被曝よりも外部被曝に注意を向けるべきだろう

完全に洗脳の出来上がり連中にはもう何を言っても無駄だとも思うが、 合掌!


そういえば、合掌のおっさんも完璧に終わった。





「木下さん、正月のおせち料理がこわいんですよ」食通で名古屋避難独身男性
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927


C―ラボの測定結果 名古屋



もう全然測定値も見ていないんだろう 早野のところも見ていない 完全にあたまが凝り固まってしまっている

ちょっと調べたら、反原発反被曝派でだれも敵のエートス大将たちの動きを探っている人はいない

孫子の「敵を知り己を知れば百戦危うからず」なのに、論理的思考の展開が終わっている人が多い。

またぞろ「4号機の水は無い」を拡散していた馬鹿どももいたのにはあきれ返った。



外部被曝の低エネルギー散乱放射線 X線領域が大きく増えすぎていると危険な人体被曝が見えてきたのがいままでの研究成果なのだが、もう少し確信が無いと記事にできない。


初期被曝の恐ろしさのはっきりしたことは一番最後の解明となるだろう


急いで解明してももうすでに手遅れで対処の仕方がないからだ。



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

よくわかる!天然核種と人工核種の混在する居住環境における空間線量率の測定

Appendix 4.2: 居住環境における空間線量率の測定
引用
川俣町居宅A
居住環境
家屋 A の裏手は急こう配の法面(竹林、雑木林)となっており、家屋の正面には道路を挟んで田
んぼが広がっている。家屋と道路の間は斜面で、田んぼの方が家屋より1段低い配置となってい
る。このような配置により、1 階の床面に近い位置では田んぼを直接望むことができない。裏手
の竹林、雑木林は、家屋に向かってそそり出ているため、家屋 A の居住環境には、周辺環境から
の落ち葉を通じた放射性物質の移行(流入)がある。

-----------------------------------------------------------------------------------


○NaI(Tl)シンチレーション式サーベイメータによる空間線量率測定結果の詳細
居住環境2


屋外が0.88マイクロで、屋内は0.2~0.6ぐらいにいろいろになっている

---------------------------------------------------------------------------------


○放射性物質の蓄積個所での測定結果
※居住施設に設けられた雨どい等付随設備を含む生活環境に係る放射性物質の蓄積個所には○雨印を、落ち葉による放射性物質の流入に伴う蓄積個所には○葉印を付した。
居住環境3


雨どいの下とかの濃縮高線量のところは21マイクロとか出ている

---------------------------------------------------------------------------------------


家屋 A 屋外での in-situ 測定によるγ線スペクトル
居住環境4


家屋 A 屋内での in-situ 測定によるγ線スペクトル
居住環境5


-------------------------------------------------------------------------------------


スペクトルの結果から、これを空間線量に換算すると、
居住環境6


屋外では、天然核種のカリウム40 ウラン238 トリウム232の寄与分で0.038マイクロシーベルト/h

人工核種のセシウムで0.626マイクロシーベルト/h

あわせて、0.664マイクロシーベルト/h



何もなかったのに、突然屋外では約20倍の人工核種に汚染されてしまった

-------------------

屋内では、天然核種カリウム40 ウラン238 トリウム232の寄与分が、0.0461μSv/h

(屋外より若干高くなったのは、壁や屋根や基礎のコンクリートなどに混じった天然核種の影響か、あるいは線量がふらついた誤差だろう)

人工核種のセシウムの寄与分は、0.0853μSv/h

(屋内では天然核種の約2倍で、屋外では20倍だったからかなり木造家屋でも遮蔽が効いている。家によっていろいろだが、測る位置も家のど真ん中で場所によっても違ってくる、ここは低いところを探して測ったようだ


あわせて、屋内では、0.131μSv/h


-----------------------------

どちらにしろこうやってよく見ると、天然核種と人工核種の量の違いがよくわかる。

当然吸い込んだら、市川先生の「人工核種は濃縮する」だから外部内部被曝のリスクが「buvery長く住むとなると問題になる」だから、住めないだろう




福島の高校生の「外部線量は変わらなかった」早野が翻訳して論文提出 査読されてOKの世界に公開

Measurement and comparison of individual external doses of high-school students living in Japan, France, Poland and Belarus – the “D-shuttle” project –
引用
ena.jpg

Ena=えな=恵那市

ここは行ったことあるから知っているが、まさかこういうことで出会うとは思わなかった。

ウランのむき出しの土壌を測定しているユーチューブ動画もあるし、相当な天然放射能の豊富なところらしい、知らなかったが。


さすがは比較対象に持ってくる早野大先生だ。



ena2.jpg


福島ではコンクリート造りの学校では線量が低く家の方が高いと言っていたが、その家(0.102μSv/h)の方は、恵那(0.091μSv/h)のオール天然核種の線量よりも高い。


表面的な線量だけで、その中味は教えないという、高校生が将来真実を知ったらどうなるかが悲しいのだが、いくら言っても「安全だ、安心だ、絆だ、食べて応援だ、差別するな、フクシマと言うな、よそとも変わらないんだ、なんでもないんだ、いろいろ」

の現状では、残念でしようがない。


人工核種が問題なのだが、みんな知っているはずなのだが。




テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

逆転のセシウム134 「日本分析センターにおける空間放射線量率」

日本分析センターにおける空間放射線量率
引用

201102事故前
201102.jpg


201103爆発
201103.jpg


201203 1年後
201203.jpg


201303 2年後
201303.jpg


201403 3年後
201403.jpg


201503 4年後
201503.jpg



201103~201503 合体
201103から201503



201511 そして いま
201511.jpg



なかなか事故前に戻ってこないという 現状認識


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

尿検査で1ベクレル未満だが、電車で突然死するのか?誰も教えてくれんから聞いているんだが?

坪倉のホールボディカウンターがインチキで信用ならんと思っている人も多い今日この頃、グリーンピースのアクロの尿検査の方なら
いいかと

グリーンピースとかアクロとかなんのこっちゃとも思いながら測定値があるので見ているのだが

Résultats des mesures ACRO au Japon
引用
akuro1.png
akuro2.png
akuro3.png

はじめの方三つ

akuro21.png
akuro22.png

最後の方ふたつ




あまりすると叱られると悪いのでリンク先を見ればわかるとも思うが

はみ出て見えないのは画像を押すと拡大して出てくるとも思うのだが


23年度の初期は2~3ベクレルのこどももいたが、2013年頃は減っている

ちくりん舎の最近は不検出も多かったが、


0.5ベクレルぐらいで「電車の急病人」になるのだろうか?



「なる」という人がいたら、教えてほしい

頼む



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

だれか早野にズバッと反論してくれ!頼む

日刊イトイ新聞(目が悪いのでトイレ新聞と思っていた)
日欧200人以上の高校生の論文が 英国専門誌に掲載される2015-12-02-WED
引用

早野
共通することとしては、欧州各地で、福島の子供達を保養に招こうという方々が大勢おられるんだなぁ、ということです。
お気持ちはありがたいけれど、もうそれが必要な状況ではない、
ということを理解していただくのは容易ではありません。



だれか早野にズバッと反論してくれ!頼む



イタリアが欧州の鍵となるのでは2015-12-03-THU
引用

彼女の話は続きます。

「早野さんと論戦できる
福島の実態を知ったジャーナリストは
あまりいないと思いますが、
早野さんや高校生の発表に
正面から反論するような記事は見当たりませんでした」



これはイタリアのジャーナリストのことだろうが、日本のジャーナリストでズバリと反論が欲しい
誰かいないのか?頼む




テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

セシウム被曝の無いところ、あるところ

無いところ




あるところ




スペクトルのセシウムの山が教えてくれる!!!



線量とガンマースペクトル

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

カムチャッカへ引っ越した。そのとたん熱が下がって健康になった。3年後、故郷に戻ってくるとまた熱が出て何年もたってから

ベラルーシの部屋ブログ
聞き取り調査
引用
(F)事故後すぐ熱が出て、慢性的に微熱に悩まされるようになった。平熱が37度という状態が続き、病院へ行っても原因が分からない。1990年に夫の転勤に伴い、カムチャッカへ引っ越した。そのとたん熱が下がって健康になった。3年後、故郷に戻ってくるとまた熱が出て何年もたってからようやく平熱が36度台になった。



市川定夫決定版 その2

散乱放射線の影響
引用
 それまでの考え方では、その長い波長になった低エネルギーの放射線は散乱放射線と呼ばれて、散乱放射線ではエネルギーが弱いから生物効果は弱いと考えられていました。コバルト60線源からは、ある高さより上には、直接のガンマ線はいかないように設計されてますから、8メートルの土手は越さないことになってます。だけど下向きになったガンマ線も、もちろん空気があるわけですから、それにあたる。土にあたる。あるいは作物にあたる。そこで、いろんな分子と反応してコンプトン効果で、より波長の長いエネルギーの散乱放射線としていろんな方向に飛んでいきます。それが、また他の分子とあたって弱いエネルギーになって、土手のより高い位置から、今度は土手の外側にももっと弱いエネルギーで飛んでいきます。

その当時は、そういうことが起こることや、低エネルギーの散乱放射線はほとんど問題にならないと考えられていました。

ところが、そのお2人が白血病にかかられた当時、




20150908 ホットスポットファインダーによる核燃料輸送出発時の線量等の記録 横須賀市→柏崎刈羽原発


貴重な動画をありがとうございます、ご苦労様でした、有効に使わせていただきます。感謝!!!



雨が降っていなければよかったのだが、そうしたらラドンビスマスの影響も排除出来て、完全証明なのだが、まあこれでもよくわかる




核燃デブリじゃなくて核燃輸送車出発前の道路上
横須賀セシウム汚染


来たああ核燃輸送車
核燃輸送車


通過後
核燃輸送車通過後




分析 

ここの横須賀の道路近辺はセシウム汚染が少なくて線量が低いようだ

核燃輸送車のウラン235ウラン238プルトニウムも少しは入っているだろうが、まだ核分裂していないので新品ほやほやでもたくさんのガンマ線を出しているのがよくわかる

コンプトン散乱 後方ピークや低エネルギートリウム234などのウラン崩壊物だろうか?いろいろてんこ盛りだろう



横須賀セシウム汚染2

核燃輸送車2

核燃輸送車通過後2



こういうのが突き刺さって来て、人によって微熱が続くのじゃないか?





HSFによる移動測定 大洗町県立児童センターこどもの城周辺



こっちはセシウム汚染でいきなり山が見えているな



ということで、「汚染地に行くと熱が出て、去ると熱が下がる」という仮説の証明がこれだった。


外部被曝だな、これは!!!



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

反被曝派 反論できずに完敗! 乾杯の早野総帥 内部被曝ゼロ 外部被曝国内外変わらず!

もうしないと言いながらまだやっているが、これを片付けておかないと先に行けない(外部被曝資料は多く集まったのだが)
いまのところオレ一人しかやっていない
反被曝派は全員臭いものにふたで、都合の悪い情報には沈黙
ロシアとトルコの戦争とか畑違いをやっている人がほとんどで、子宮頸がんワクチンとか化学薬品とかに行ってしまったようだ

逃げだしたのだろう

嫌なものは見ないふりS




早野勝利の盃


2013年4月11日
子どもの内部被ばく「ゼロ」 研究チーム、住民ら3万人調査
引用 福井新聞
東京大などの研究チームは10日、東京電力福島第1原発事故を受け、福島県の住民や県外に避難した住民ら約3万3千人の内部被ばくを調べた結果、2012年3月以降は体内から放射性セシウムが検出された人の割合は全体の1%程度で、同5月以降では15歳以下の子ども約1万人からは1人も検出されなかったと発表した。
 チームの早野龍五東大教授は「チェルノブイリ原発事故と比べ、福島県では慢性的な内部被ばくが非常に低いことが示された。市場での食品検査が有効に働いているのでは」としている。

---------------------

木下黄太の反論

「福島の子供たちに内部被ばくゼロ」報道はWBCに無知なマスコミを悪用した結果。その作為を見抜け!

吸気を強調している


---------------------

2015/10/03
原発事故後の県内、県外避難 内部被ばく量大差なし 南相馬市総合病院医師ら発表
引用 福島民報
原発事故による内部被ばくは避難しなかった人に比べ、県外避難した人はやや少なかったものの、臨床的に大きな差は見られないことが研究者の分析で分かった。初期の空気の吸引による内部被ばくは存在したものの、ごく小さい値だった。
 南相馬市総合病院の坪倉正治医師らが国際的な専門誌に発表した。
 事故の4カ月後、同病院で内部被ばく検査を受けた521人の結果を解析した。
 このうち県内避難は232人(44.5%)、県外避難は209人(40.1%)で、ほとんどが事故後1週間以内に避難していた。セシウム134が検出されたのは279人で全体の53.4%だった。
 避難と内部被ばくの量の関係を、性別や生活習慣などの条件を加味した数値で比較すると、避難しない場合と比べた相対リスクは屋内避難が0.88、県外避難が0.86となったものの、医学的な見地からは問題となる差ではなかった。
 避難しない場合と避難者に内部被ばくの大きな差がなかったのは、事故後の食品規制が効果的に働いたためとみている


-------------------

2015/10/9
子供の内部被ばく例なし 福島県中心に2700人調査
引用 日経
福島県平田村のひらた中央病院などのグループは9日までに、東京電力福島第1原子力発電所事故を受け、福島県を中心に子供2707人の内部被曝(ひばく)を調べた結果、体内から放射性セシウムが検出されたケースはなかったと発表した。事故後、子供を対象とした大規模な内部被曝の調査は初めて。

 検査は同病院と南相馬市立総合病院、いわき泌尿器科(いわき市)の3カ所で実施。2013年12月~今年3月、体が小さい乳幼児も測定できるホールボディーカウンターを使い、0~11歳の内部被曝を調べた。多くは福島県在住で、宮城県や茨城県の子供もいた。

 装置の検出限界値は50ベクレル。不検出だったことで1年間の被曝量は16マイクロシーベルト以下と推計できる。

 また、福島県産のコメや野菜、水道水を日々の食事に使っているかどうかを調べたところ、内陸の三春町で「コメ、野菜、水道水すべてを避けている」と答えた保護者は約4%にとどまるなど、検査対象者には福島県産を食べている子供が多いことも分かった。

 グループの坪倉正治・東京大医科学研究所特任研究員は「福島の食材を口にしている子も、内部被曝のリスクが低いと分かった。今後も検査を続け、不安の解消につなげたい」と話している


------------------------

反被曝派反論無きまま、内部被曝の内堀が埋められ、ついに官邸からも外部被曝の外堀まで攻められる


原子力災害専門家グループ
放射線の健康影響~「風評被害」について再び、福島の高校生のフランスでの発表~
引用
さらに、先ごろ、文部科学省からスーパーサイエンスハイスクールに指定された福島県立福島高等学校の生徒たちが、フランスで開催された国際高校生放射線防護会議で、福島と他の国内外の地域との外部被ばく線量比較について、発表がありました(5、6)。同発表では、福島県内と県外(神奈川県、岐阜県、奈良県、兵庫県、広島県)、外国(フランス、ベラルーシ、ポーランド)の高校生など215人に同じ個人線量計をつけてもらって、外部被ばく線量を測定しましたところ、福島県内でうける線量が0.63~0.97ミリシーベルト/年だったのに対し、県外では0.55~0.87ミリシーベルト/年、海外では0.51~1.10ミリシーベルト/年と大きな差がなかったとのことです


-----------------------------

2015年11月27日
論文
被ばく量「国内外で差はない」 福島高生、英学術誌に論文
引用 福島民友
本県など国内とフランス、ポーランド、ベラルーシ各国の高校生の外部被ばく線量を比較研究してきた福島高スーパーサイエンス部は、被ばく線量について「ほとんど差はない」と結論づけ、論文にまとめた。論文は27日、英国の学術専門誌「ジャーナル・オブ・レディオロジカル・プロテクション」に掲載される。

 研究は、線量計の名前から「D―シャトルプロジェクト」と名付け、26校の生徒と教員211人を対象に昨年6~12月に実施。1時間ごとの外部被ばく量を計測できる線量計を2週間持ってもらい、集めたデータを比較した。各校とも10人程度が協力、中間に位置した人の値を1年間分に換算して比べた。その結果、本県は年間0.63~0.97ミリシーベルト、本県以外の国内は0.55~0.87ミリシーベルト、海外は0.51~1.10ミリシーベルトだった。

 また、放射線の遮蔽(しゃへい)効果が高いコンクリート製校舎の福島高生は学校での数値が低く自宅の数値が高かったが、放射線を出す花こう岩などが校舎に使用されている恵那高(岐阜)の生徒は学校での数値が高く、自宅が低いなどの傾向がみられたという。数値に大差がなかったことについて「福島は(自然界にもともとある)自然放射線が他の地域より低いため」としている。

 論文は同部の生徒や専門家ら233人の共著として英文で掲載される。同部の生徒が原稿をまとめ、東大大学院の早野龍五教授が翻訳して投稿した。論文の掲載について、同部顧問の原尚志教諭は「高校生の論文が採用されるのは珍しい」としている。


----------------------

東大大学院の早野龍五教授が翻訳して投稿した。論文の掲載について、同部顧問の原尚志教諭は「高校生の論文が採用されるのは珍しい」

早野勝利の盃




乾杯の早野と完敗の反被曝派今回は完全沈黙 反論無し





5年目での出そろった内部被曝計測のデータからは、思いがけず食品内部被曝がほとんどなかったのは認めてもいいだろう。

要するに、セシウムをあまり食べていないから計測されなかったという至極単純な話だった。


長い道のり汚染


ところがここで早野が勢いあまって、重大な過ちを犯した、線量比較のみで、土壌汚染スペクトル比較をしなかったので人工放射能汚染に気が付かない、気が付かせないという作為だった。


ささるセシウム2


どこまでも長い道のりを歩いても、セシウムが付いて回るという汚染地特有の恐ろしさだった!!!



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター