伊方愛媛県 ヨウ素131降下物5Bq/m2(約10日)として海藻類1Bq/kgへの濃縮の証明

伊方原子力発電所周辺環境放射線等調査関係(PDFファイル)
引用
 調査対象期間 平成23年4月~24年3月

伊方レベル

平成23年4月5~6日頃が福島プルーム西日本直撃コースピークだったのはすでに昔やったが、このときのヨウ素131降下物をいろいろどの程度かを考えるのに、

およそ5ベクレル/m2=5MBq/km2と推測する


伊方レベル2


ふと見ると、海藻類ほんだわら くろめからヨウ素131が約1Bq/kg検出されていた

採取日が4/18で測定日が4/20とか降下したヨウ素を非常によく濃縮した頃合に測定されているように考えられるので、素晴らしい

月間降下物の数値やあれやこれや色色考えるに、降下したピークは5~6日頃なので海上に1平方メートル当たり5ベクレル、

もっと拡げて1平方キロメートル当たり500万ベクレルとかも考えるが、現実には濃度の片よりもあるのだろうが、やはり海に落ちたヨウ素が海水に混じり海藻類が濃縮したものと思われる。

感覚がついていけず、想像もできないのだが、市川先生の1000万倍濃縮の話もあるので、海藻類の濃縮はすごい。

一時は、下水ヨウ素も考慮したが、まず福島ヨウ素濃縮が妥当だろう


これはすごいことではないか


降下物5ベクレル/m2で海藻類1ベクレル/kgの濃縮 ヨウ素131の場合


降下物5000ベクレル/m2で海藻類1000ベクレル/kgの濃縮 ヨウ素131の場合 こういう風になるのか?

全国のデータで相関関係を計算できる

落ちた時点から採取測定日が常に問題となるのだが、これはかなりの貴重なデータが発見できそうだ


福島海域の海藻類のデータは不十分で食からの内部被曝もいい加減な推論ばかりなので、思いついた。


「線量と被曝リスクの相関」
白血病を発症するリスクが3倍


「空間線量から甲状腺等価線量の計算」

206mSv.jpg


宿題を暖めすぎて、増える一方だが、解決を急ごう


スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター