空間線量から甲状腺等価線量推定 いわき1歳児甲状腺等価線量300mSv

空間線量から甲状腺等価線量推定

この放医研の人だと思うが、事故の真っ最中の線量推計(北茨城市空間線量16マイクロ1歳児甲状腺等価線量200mSv)から計算すると、

前提条件はこれは南向きプルームから3月中の空間線量に占める割合がヨウ素がほとんどなのでその割合からで、大きくは2波。


福島第一原発 緊急事態 大気放出に係る事故解析
引用
2011031506.jpg
2011032113.jpg

ここを見てると何度も来ている、静岡までが最終のようなのでそこの空間線量を調べると、

静岡二波


最初は福島第一の正門11mSv、次が福島第二の約200μ

福島第二20110315


東海村、つくば、柏、東京、千葉、横浜、いろいろは測定値もあるところもあるが、変動が大きいと睨んでおおよそ丸めてみた。


1歳児甲状腺等価線量推定2

米軍のはここで、

福島原発事故・健康被害ゼロ論の欺瞞 子供の甲状腺がん発生は本当に放射線影響とは「考えにくい」のか? ICRP被曝リスクモデルで福島での甲状腺がんの発生数を予測してみる


アンスケの国連のはこれ

unscearひばく

WHOのもあるし、放医研、その他いろいろみんな好き勝手に推定値を発表しているが、studyも出していたがおおはずれのようだったが、参考にして比較したが、

米軍とアンスケのみを比較する。


1歳児甲状腺等価線量推定


とりあえずおおまかには形になったので、理論的背景も整然としてるし、よしとする。

さらにはエクセルで、線量と濃度を入れるとささっと動いて結果が出るものにしたいのだが、なにせ濃度が核燃サイクル東海村大洗あたりしかなく、おおざっぱにしかできない。

次は北西や西方向や宮城路線も推計だ、疲れた。


スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

青いロブスター(時事通信) コバルトの季節の中で 茨城県コバルト60ネプツニウム239も検出された




















聞いてるのか?studyは?美人天使と遊んでばかりいないでちゃんと線量再構築をやれよ
わかったらオレに教えろ😀




テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

首相答弁の「そもそも」 そもそも総研 安倍昭恵「よせばいいのに、私祈ってます」












そもそも総研_テロ等準備罪の何が問題なのか 20170216 投稿者 japanvideo




安倍昭恵「よせばいいのに、私祈ってます」

666.jpg

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

東京都における環境放射能調査

東京都における環境放射能調査
引用
東京都の環境放射能調査
1. 環境放射能調査開始に至るまでの経緯
国の環境放射能調査は,昭和29年3月のビキニ環礁における米国の水爆実験を契機として開始された.

--
昭和36年度版原子力白書によれば,核実験の規模も大型化し,ソ連が核実験再開以降,環境中の放射能濃度は急速に上昇している.東京都の環境放射能レベルは,図1では昭和36年の後半から都内の降下物中のセシウム137濃度は上昇傾向を示し,

昭和38年5月には昭和32年以降で最大の303 Bq/m2を示した

--
昭和55年に中国の大気圏外核実験が終了した後,昭和57年5月以降は1 Bq/m2を下回った.そして,昭和61年4月のチェルノブイリ原発事故で一時的な上昇が見られたが,それ以降は散発的にごくわずかのセシウム137が検出されたが,福島原発事故以前までは概ねND(0.01 Bq/m2未満)の期間が長らく続いた

--
5. 昭和61年度(チェルノブイリ原発事故)

昭和60年1月以降,月間降下物中のセシウム137濃度は概ね0.10 Bq/m2~ND(0.01 Bq/m2未満)で推移していたが,

事故が発生した翌月の61年5月に178 Bq/m2,翌6月に17.4Bq/m2,7月に1.70 Bq/m2を検出した後に1.00 Bq/m2を下回ったが,

事故以前の0.10 Bq/m2程度にまで戻るには昭和62年の半ばまで時間を要した

東京都ではヨウ素131 278 Bq/m2,セシウム137 144 Bq/m2ほか多くの人工放射性核種が検出されている.

--
1. 福島原発事故時における東京都の環境放射能調査
最大値で0.809 µGy/hを示した 過去の平常値おおむね0.035 µGy/h

セシウム134及び137は22日にそれぞれ5,500 Bq/m2,ヨウ素131は23日に36,000 Bq/m2検出され,
これが福島原発事故における当センターで検出した降下物中の人工放射性物質の最大値であった



--
福島原発事故での当センターの環境放射能調査の課題についても今回3点のみに絞って解説したが,当時の現場では多くの課題が日々発生し,毎日の調査に追われながらも一つひとつ解決していった.


これらのまだ整理されていない記録も将来に残すべき大切な資料であり,今後,機会をとらえてまとめて行きたいと考えている.


頼むよ!




テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター