貧困被ばく差別 やっぱり福島県産コシヒカリ

貧困被ばく



食料を直接手渡す「こども宅食」は、「7人に1人が貧困」の子どもたちを救うのか
引用 7/20(木) 16:53配信 BUzzfeed
貧困世帯の子どもたちの家庭に食料を直接届ける「こども宅食」の取り組みが、2017年10月から東京都文京区で始まる。これまで「子ども食堂」などの取り組みは各地に広がっていたが、直接食料を届ける仕組みづくりは全国でも珍しい。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

2017年6月に厚生労働省が発表した日本の子どもの貧困率は13.9%。実に7人に1人と、状況は深刻だ。文京区でも約1千世帯が貧困状態にあるというが、このような支援の仕組みがどう効果を発揮するのだろうか。

こども宅食とは何なのか
今回始まる「こども宅食」とはその名の通り、低所得世帯(児童扶養手当、就学援助受給世帯)にいる子どもたちの家に直接、食料を届ける仕組みだ。

この取り組みを始めるのは、認定NPO法人フローレンスやNPO法人キッズドア、村上財団などの6団体。コンソーシアム(共同事業体)としてプロジェクトをスタートさせる。企業やフードバンクなどの協力団体も10あるという。

届ける食料はダンボール1箱分(約10キロ)。協力団体から提供された飲料や米、レトルト食品、お菓子などが詰められている。高齢者住宅に宅食をしている協力団体のネットワークを生かし、月1回(2017年度は2ヶ月に1回)、直接配送をするという。

文京区もコンソーシアムに参加しており、児童扶養手当と就学援助を受給している世帯に向けて手紙を配布して、周知をはかる。

それを受け取った保護者が、LINEを通じて「誰にも知られずに」登録できるようにする。これは、継続的な連絡手段にもなりうるという。

初年度は抽選(150世帯)の予定だが、2019年度までには全1千世帯に配布できるようにすることを目指す。仕組みが整っていけば、食料の内容も「栄養バランスを考えたものや、生鮮食品も入れていきたい」(広報担当者)という。

食料を直接手渡す「こども宅食」は、「7人に1人が貧困」の子どもたちを救うのか
フローレンスが2015年に開いた子ども食堂
なぜ、宅食なのか
「ひとり親支援の過程でぶつかったのが子どもの貧困という問題だった。子ども食堂をやってみたとしても、日本の子どもの貧困は見えにくい現状があり、効果的な支援ができていなかった」

7月20日に厚生労働省で開かれたキックオフ会見でそう話したのは、フローレンス代表の駒崎弘樹さんだ。同団体は、2015年に都内で子ども食堂を運営していたが、「見えない貧困」が課題になっていたという。

貧困状態にある子どもは、そもそも周りに現状を知られたくないがために「子ども食堂」にはやってこない、ということだ。本当に届けるべき子どもたちに支援が届いていなかったこの時の状況を、コンソーシアムの広報担当者は「暗闇の中で支援をしているような状態」と表現する。

これを解決するための手段が「宅食」だった。

人が訪問をして食料を「手渡す」ことができれば、子どもたちや保護者と直接コミュニケーションが取れる。そうすることで、それぞれの家庭が抱える状況を「見える化」することができると考えたのだ。

次ページは:「見えない子どもたち」を守る

「見えない子どもたち」を守る
低所得世帯を把握している行政が参加しているため、支援が届きやすいのも特徴だ。駒崎さんが声をかけ、コンソーシアムに参加することになった文京区の成沢廣修区長は会見でこう語った。

「文京区は生活保護率は高いほうではなく、それなりの資産や所得を得ている人が多い。そういう自治体だからこそ、『見えない』という可能性が高いと考えている」

文京区では、就学援助を受給している世帯が全体の10.9%(世帯数は非公開)、児童数で言えば1066人。児童扶養手当を受給している世帯は681世帯、児童数は906人になる。成澤区長は言う。

「貧困世帯に暮らす子どもたちは、一目見て分かるわけではない。直接食料を届けることは、そうした子どもたちを守ることにもつながる。非常に有効な仕組みだと思う」

プロジェクトの開始に至っては、対象になりうる世帯にヒアリングを実施。トラックに「こども宅食」などというロゴを載せず一般的なものにし、配送先が「貧困世帯」であることがわからないようにするなどの工夫を加えたという。

食料を直接手渡す「こども宅食」は、「7人に1人が貧困」の子どもたちを救うのか
Hedge111 / Getty Images
貧困を「見える化」することの意義
子ども宅食のゴールは、「食料を届ける」ことだけではない。「つながり」ができることに意義があると、駒崎さんは強調する。

貧困状態にある子どもたちは、栄養不足だけではなく、必要な医療を受けられていなかったり、教育のために必要な文房具などを購入できなかったりするなどの問題に直面しがちだ。保護者から虐待を受けたり、同世代の子どもたちとの関係が希薄になったりしてしまうケースもある。

だからこそ、「こども宅食」で作られたつながりを生かしたいという。

最終的には、「見えない貧困」に置かれている子どもたちや家庭のニーズに応じ、食に限らない様々な支援を提供することを目指す。学習支援や居場所作り、LINEなどを通じた相談や情報提供など、できうることは多様だ。

駒崎さんはいう。

「こども宅食は、ある種のセーフティーネットづくりとも言えると考えています。ソーシャルワークにつなげることが肝になる」

ただ、貧困家庭にはひとり親世帯が多い(全国ひとり親世帯の貧困率は50.8%、厚労省)という現実もある。保護者が仕事などで不在の際はどうするのか、などの課題も残る。

その場合はどうするのか。広報担当者によると、原則手渡しにしているが、不在時は止むを得ず段ボールなどに入れて置いておくのだという。

配送後は、コンソーシアムに参加するNPO法人キッズドアが、対象世帯に宅配が届いているかどうか電話などで確認する、という体制も整えている。

運営資金は「ふるさと納税」で担う方針だ。同様の仕組みを各地に拡大できるよう、それぞれの地域に根ざした支援団体などにノウハウを積極的に共有していきたい、としている。

--------------------------------------

広島県産のこしひかりだろうと思ったが、

貧困被ばく2


あまり聞かないので、まさかと思いながらさらに検索すると、なるほどやっぱりと


貧困被ばく3


スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

がんばれ、たくみ君(11) 新たに死者2人 福岡・大分 死者34人

たくみくん

新たに死者2人 福岡・大分 死者34人
引用 07/17 18:23 FNN

九州北部を襲った豪雨で17日、新たに福岡県で2人の死亡が確認されました。死者は、あわせて34人となりました。そして、今も8人が安否不明となっています。捜索が続く中、小学5年生の男の子が、きょうも大奮闘する姿がありました。

3連休最終日。
35度近くの暑さに見舞われている福岡・東峰村。
民家では、土砂を取り除く作業が行われていた。
住宅に流れ込んだ巨大な石。
ボランティアが1つ1つ、手作業で取り除いていた。
ボランティアは、「被災された方が一番大変だと思う。(被災者の)力になれば」と語った。
また家主は、「自分ではできないから、ボランティアの方が来て助かる」と話した。
一方、福岡・朝倉市。
自衛隊による行方不明者の捜索活動が続く中、大人たちに交じって、片づけを手伝う少年がいた。
小学5年生の池田匠見君(11)は「朝倉市とかが終わったんだと思われると困るので、頑張らなきゃと」、「使えるものは使おうと思いまして、使えないものの方が多いけど」などと話した。

たくみくん2

あの日、近くの川が氾濫し、土石流が自宅を直撃した。
幸い、家族全員無事だったが、自宅や倉庫は、泥や流木によって壊され、原形をとどめていない。
取材班が、匠見君に出会ったのは、豪雨から6日がたった、11日のことだった。
匠見君は、「僕の家を見てください」と、がれきと化したわが家の前で「絶対、この家また再建させてやる」と訴えた。
災害に負けない。
匠見君は、小さな体で、力強く語っていた。
3連休中日の16日も、匠見君は、自宅の片づけに追われていた。
言葉少ない大人たち。
しかし匠見君は、希望を失っていない。
匠見君は、「(頑張れているのはなぜ?)家の新しい再建」と語った。
新しい家を建てる。
匠見君は、わが家を傷つけた流木でさえも、新しい家に使いたいと話す。
匠見君は「これ使いたいんですよ。新しい家に。家を壊しても、家を壊すくらい丈夫な木ですから。きっと大丈夫でしょ」と話した。

たくみくん3

緑豊かな、この町が大好きだという匠見君。
あの美しい景色を再び。
幼いその目は、前を向いている。
匠見君は、「この場所に住み続けようと思う。また同じ生活ができると思う限り、この家から離れない」と話した。 (FNN取材団)

たくみくん4


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

フランスブルーベリージャム110Bq検出で水際阻止 原産国ポーランドウクライナ

201706輸入食品水際

201706輸入食品水際

輸入時における輸入食品違反事例

あるところで見つけた、良くぞ見つけた感心した感動した、未だに厳しい監視が続いている
厚労省の監視ではなく、市民の監視がすごいと言っている。

オレが見ていたのは

都内流通食品の放射性物質検査結果について

早野があまりにしつこく拡散していたので見ていたが、出なくなって早野も無言になった。


なんと、水際阻止でいまだにポーランド、ウクライナからは出ていたのであった、それを知ってか知らずか、お高級おフランス産を謳って日本のお高級志向の皆様へ販売されていたのであった。

100ベクレル未満はフリーパスで輸入なのだろう。


見つけた人に感動した事件だった。



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

エポキシ樹脂とCm含有粉末(ガス発生)膨張した袋 破裂試験 オカモトコンドーム 120cm膨張

相当膨張した 感心した

樹脂製の袋の破裂試験時の様子

破裂試験2





これは、感動したw





ということで、

α線による樹脂の分解・ガス発生の現象を検証(キュリウム(Cm)とエポキシ樹脂を混合)

密閉容器の内圧上昇(ガス発生)が観察されている(試験継続中)

•得られる試験結果から、貯蔵容器内のPu 1gあたりのおよそのガス発生量に換算可能


日本原子力研究開発機構被ばく作業員の受け入れについて 内部被ばく線量評価

100msv以上200msv未満 1名

10msv以上50msv未満  2名

10msv未満         2名

預託実効線量


またまた放医研の数値は「ちいさくちいさく見せようとする」311の流れに沿ったままだった


ラジオリシスで袋が膨張www




テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

ただちに     命を守るための行動をとってください

ただちに命を守るため
ただちに

避難に時間がかかる方は

ただちに2

危険性が非常に高くなっています

ただちに3






ただちに  まだ死んでいない


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

チェルノブイリの燃料デブリ表面に新たに形成された黄色の鉱物 1991年

チェルノ象の足

チェルノ象の足2

チェルノ象の足3

第2回福島第一廃炉国際フォーラム
Day1 - 地元の皆様を主な対象としたプログラム
Day2 - 技術的専門家を主な対象としたプログラム

廃炉フォーラムのニュースが多少流れていたが、1日目の開沼の安全デマエートス話が多かったようで誰も気にも留めていないようだった。
ところがなんと、専門家会議の方では、なななんと、チェルノブイリの研究所から
「チェルノブイリの燃料デブリ
チェルノブイリコリウム
チェルノブイリのホットパーティクル:高放射性固体粒子であり、大きさが1µm未満~数100µmのもの

ホットパーティクルには通常、 ウランが含まれている(含まれない場合もある)」

詳しい解説が出ていた。

ここが最重要だろう。


イエローケーキ2

イエローケーキ

イエローうこん


その前の面白いお話として「黄色い粉のウラン イエローケーキ」
311当時に花粉が降ったのを「ウランイエローケーキ」と大騒ぎになったが、チェルノでももうひとつの象の足がイエロー化していたというびっくり仰天の話

黒くなったウラン燃料がふたたび元のイエローに戻ったという現実
まんざらあの当時のデマ呼ばわりもウソではなかった、量は少ないだろうがウランはあったので、できれば花粉をアルファスペクトル解析していたらはっきりわかっただろうが

いま詳しく読み込み中なので話は盛りだくさんになると思う
廃炉デブリ研究は結局デブリの粉塵がホットパーティクルとして世界中に拡散したということで、今あなたのわたしの肺の中、
という被ばく問題につながるので最重要だ。

資料データが盛りだくさんには驚いた。

と、研究しているさなかに、神様の伝言



チェルノ象の足4


あまりのタイミングよい象の足の出現には、びっくりぽん

わたしの場合シンクロデジャブが非常に多い、お迎えが近いからかもしれないがwww


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

仲のよかった 4人のうち 3人が妊娠初期に中絶。「実は福島は中絶が多い」

フレコンバッグで遮蔽 中はもっと高線量のフレコンバック
遮蔽




あれから五年 福島からの避難者は今~Fukushima evacuees 5 years after 3・11
28分 視聴回数 367 回


福島県内の健康被害
引用

「私の知り合いの人の中に「俺もガン」「私もガン」という人が、
かなりいるような気がします。

埼玉にいてもそうですよ。

福島県内の仮設の知り合いは犬がガン。」



「私の娘が2013年の秋に妊娠。

ところが三回目の診察の時に
稽留流産で育っておらず中絶。

娘が友達に電話したら、
仲のよかった 4人のうち 3人が妊娠初期に中絶。

疑問を持って知り合いの看護師に聞いたら
「実は福島は中絶が多い」と…。


その一年後には欠損、多肢、体の一部が
欠損していたとか、多かったとか、
そういう人の話を実際に聞くようになったんです。

娘が堕胎した手術が終わった後に
「この細胞(胎児)は県立医大に送ります」と
医者が麻酔が残っている状態で言った。


一つね、そういうことを(奇形、中絶)言われては困るとか、
証拠があるのかないだろうとかデリケートな事をだとか、
もしそれを原発に反対している側の人たちが
言うのであれば、

そういうことを言わない方がいいというのなら、
原発再稼働に反対する理由がないと思いませんか?



娘と同じような状態にあった人が
10人を超えたんですね。

そして去年の夏には実際に
妊娠六ヶ月で中絶した知り合いの家族。

なぜ六ヶ月で中絶したか。

取り出した赤ちゃんは片方の腕と片方の足がなかった。

残っていた方の足にも指が三本しかなかったんだよって…。」



レイバーネットTV第98号放送「あれから5年~福島からの避難者はいま」
1時間24分 視聴回数 2,990 回



1年前のことだが確かアップした記憶が???
上のは健康被害に絞った短縮版を誰かが作ったのだろう
下のは正規版で長い

飯を食いながら1時間24分のも聞いた
オレは二つ聞いて、嫁さんはひとつだった。


「健康被害、被ばく影響があるから再稼動、原発に反対している」と動画の中で言っていたが、当然だろう。



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

「福島っていう県の名前の変更を提案したい。福島という名前は全世界の中では原発事故の代名詞。おいしい米や果物を作っても、この県で作ると価格が落とされる。危険だと思われている。

風評
“風評”に立ち向かうチカラ
引用 NHK未来塾 2017年7月2日(日)

今回の講師は、観光のカリスマ・星野佳路さん。経営難に陥ったリゾートやホテルの再生で、手腕を発揮してきました。集まったのは 「福島県に外国人観光客を呼びたい!」と考える4人の塾生たち。星野さんはまず、外国人が持つ福島県のイメージを調査させますが、「原発が危険」「行くのが怖い」という声ばかり。7年目の今も残る“風評被害”に打ちのめされる塾生に、「悪いイメージを吹き飛ばし外国人観光客を呼ぶアイデアを考えなさい」と課題を出します。果たして、塾生たちが出した答えとは…?

震災直後から福島に外国人観光客を呼び込もうと全身全霊をかけて取り組んできた星野さん。
斬新なアイデアを期待し、東北から観光に関心のある若者を4人集めました。最初の集合場所は成田空港。塾生たちに、星野さんからビデオメッセージが届きます。「外国人が福島にどんなイメージを持っているのか調査せよ」と命じられ、行動開始!…しかし、結果は予想をこえるネガティブさ。まずは、この風評被害の現実を実感させることが、星野さんの狙いでした。

一週間後、4人が招集されたのは、福島・磐梯山、星野さんが運営するスキーリゾートです。福島の印象がなぜ外国の人たちに悪いのかを考えます。星野さんは手を尽くして魅力化をはかってきましたが、海外からの集客では思うような結果が出せていません。星野さんは塾生に、英語のサイトで「Fukushima」と検索させます。すると、原発事故の記事ばかりが出てきます。海外では、Fukushima=原発事故の代名詞になっている、と言うのです。深刻な風評被害をどう克服するか、星野さんは4人に課題を出します。「風評を吹き飛ばし、福島に外国人を呼び込む企画を考えよ!」

企画のヒントを探すため、福島の観光地でリサーチ開始です。「福島を訪れている外国人観光客は何に魅力を感じているのか?」福島の一大観光名所・大内宿と鶴ヶ城で聞き込みすることにしました。しかし、外国人が見つからず、話を聞けた外国人観光客は数時間探してそれぞれ2、3組だけ。企画のヒントを探すつもりでしたが、人気のなさを再確認しただけという結果に…。風評被害の深刻さが骨身に染みます。塾生たちのこの苦戦ぶりを聞いた星野さん、ある強力な助っ人を差し向けました。

苦戦する塾生たちのもとに、我らが応援団長・サンドウィッチマンが登場!まず最初に案内したのは、福島市にある観光果樹園。外国人観光客が戻ってきているということで、その理由を教えてもらうんです。運悪くシーズンオフで果物狩りはできませんが、経営者の佐藤さん夫婦は素敵な笑顔とサービス精神で、塾生たちをもてなしてくれます。お2人のこの人柄こそが、外国人のファンを増やしている秘訣。“人と人がしっかりとつながれば、風評を吹き飛ばすことができる”ということを、学ばせていただきました。

福島の農家がみんな前向きになれているわけではありません。サンドさんが次に案内したのは、須賀川市の農家・樽川和也さん。父・久志さんは、東京電力福島第一原発事故の影響で出荷停止命令が出された翌日、亡くなりました。(自殺したらしい)樽川さんは土地を受け継ぎ、母・美津代さんと農業を続けています。農作物から放射線は検出されていませんが、出荷価格は今も震災前より安いまま。「どうしても前向きになれない」「福島の農産物を買わないという人の気持ちは分かる」。樽川さん親子のやりきれない思いを聞いた塾生たち、風評を吹き飛ばす企画を福島県の人々のためにもつくろう、と決意します。

企画に取り組むこと、1カ月。いよいよ発表本番です。プレゼンを評価するのは、観光の専門家や外国人ジャーナリスト、地元福島で観光に携わる人など、星野さんを含め10人のスペシャリスト。評価ポイントは「企画の魅力」「風評を吹き飛ばす効果」の2つ。女子チームが提案したのは、オープンバスで(これから降下物を思い出してこの記事を書いているオレ)福島をめぐるツアー。バスの中で福島県産の新鮮な食材を味わい、農家に行って地元の人と交流します。企画の魅力は評価されましたが、風評を吹き飛ばす効果については、「福島に行く“目的”にならない」「安全性が伝わりづらい」と厳しいコメントが続出しました。

男子チームは「福島のネガティブイメージを逆手に取った被災地見学ツアー」を提案します。参加者は線量計を身に着けて福島第一原発、双葉町などを巡ります。自分の目で数値を確認し、放射線の低さを実感させることで安全性をアピールする狙いです。旅館経営者の平田さんや観光農家の佐藤さんは「まだ早すぎる」「リスクが高い」と評価は低め。外国人向け観光のスペシャリストらは「福島にしかやれないこと」「現実を知ってもらえる」としました。星野さんは「知名度を逆手にとった策でおもしろい」と企画の魅力に高評価を出します。

しかし、風評を吹き飛ばす効果については「Not enough」=不十分だとして、風評被害を一気に吹き飛ばす強烈なアイデアをぶつけます。「福島っていう県の名前の変更を提案したい。福島という名前は全世界の中では原発事故の代名詞。おいしい米や果物を作っても、この県で作ると価格が落とされる。危険だと思われている。福島という名前がついているからなんです。」これに対し、地元の人は大反対、観光の専門家からは「一定の効果がある」などの意見が出ます。星野さんの目的は、こうした活発な議論をすることでした。1カ月、福島のために頑張ってきた若者4人に、星野さんは最後にメッセージを送りました。

星野佳路さんのまとめ

重要なことっていうのは全てにおいて賛成、反対がある。賛成、反対があるからといって、自分が本当に信じてることを、表明しない、主張しない、発信しないっていうのは、それはそれで僕は無責任だと思ってるんですね。あの時、何であれを思い付かなかったんだろう、なんで議論しなかったんだろうっていう後悔が一番良くない後悔なんですよ。なので、本当に自分が信じてることを見つけるっていうのはすごく大事だし、一旦見つけたら、こだわって、諦めないで、アプローチしていってほしいなって思っています。


「信念を主張しないのは無責任!意見の衝突を恐れるな!」


NHKオンデマンド「特選ライブラリー」で無料配信中!
※放送後2週間
---------------------------

たまたま見た、今はガラケーからスマホに変えたので、全文コピーで文字が多くなったがトイレでスマホで読むためにあえて文字数を増やしている。

やはりいくら「風評」と言っても、降下物が多いので、「うまいんです」とか言っても間抜けに見えるだろう。




















降下物と降水の測定値の違い

これはつまりこういうことだろう
晴れの日は乾燥して舞い上がり降下物が多い 雨の日の雨滴に含まれるセシウムは少ない



降水を調べるなら本来トリチウム濃度を発表すべきだろう

おお、トリチウムと言えばCmなんとかの臨界帝王 ひさしくご無沙汰だが元気にしているだろうか
こういう降水の測定に突っ込みを入れて欲しいものだが






除染しても降る6

核実験時代を未だに越える降下物、チェルノの時も越える地域も多いさなかに、「風評」というのはおかしい。

表にしたり、グラフにしたり、昔は必死になってやったが、今ではあまりのバカバカしさにやる気も出ない。
真実を見ないで「風評」「うまいんです」「おいしい」とかの話が多すぎる。

今後は測定値からゴフマン被ばくリスク係数ガン死確率まで推定しておいた方がいいだろう。
春ウコンの話はもうやめ、すでに飲み飽きるほど飲んでいるのがあまりにも当然過ぎるほどの当然の当たり前だからだ。


いまどきわかるようなことを隠すのは、よくない







テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター