お尋ねの「原発事故直後に帰国した外国人の内部被曝データ」の意味するところが必ずしも明らかではないため、お答えすることは困難である。内閣総理大臣 安倍 晋三

第185回国会(臨時会)

質問主意書

質問第三一号
「東京電力福島第一原子力発電所事故における初期内部被ばく線量の再構築」に関する質問主意書
右の質問主意書を国会法第七十四条によって提出する。

  平成二十五年十月二十五日

山本 太郎   


       参議院議長 山崎 正昭 殿

「東京電力福島第一原子力発電所事故における初期内部被ばく線量の再構築」に関する質問主意書

 平成二十五年一月二十七日に第二回国際シンポジウム「東京電力福島第一原子力発電所事故における初期内部被ばく線量の再構築」が放射線医学総合研究所によって開催された。この国際シンポジウムは、平成二十四年度の原子力災害影響調査等事業(事故初期のヨウ素等短半減期による内部被ばくの線量評価調査)の一環で、環境省(事業公募時は経済産業省資源エネルギー庁)から委託を受けた放射線医学総合研究所がその事業として行ったものである。
 海外の研究者を交えた最後の討論において、海外の研究者から、「平成二十三年三月の東京電力福島第一原子力発電所事故(以下「原発事故」という。)発生後の三月、四月に自国に緊急帰国した国民のホールボディカウンターによる内部被曝の測定値を保有しているので、人道的見地から、そのデータを日本に提供する。日本は初動が遅れたため、住民の初期内部被曝線量の推定しかできない現在において、推定材料の一つとして使用してはどうか」との申出があった。
 それを受け日本側は、「有り難い申出であり、是非そのデータを見せていただき、住民の初期内部被曝線量の再構築の一助とさせていただきたい」と回答していた。
 住民の内部被曝線量の測定は、原発事故発生の五か月後という遅い時期から始まり、住民の短半減期核種の内部被曝線量に関する情報が無い日本にとって、非常に重要な情報と考える。
 特に、フランスは二百八十人分の測定値を保有しており、それらはほとんどが事故後三週間以内のもので、三十五パーセントの人が汚染されていたという。核種はほぼヨウ素131による汚染であるが、二十人からセシウム134、セシウム137が検出され、十二人からテルル132、ヨウ素132が検出されたという。また、帰国者が飛行機に搭乗するまでの行動記録もある、との発表もあった。国の事業として開催されたシンポジウムにおける海外の研究者からの非常に重要な情報提供についてどう対応しているのか。
 右の点を踏まえ、以下質問する。

一 他国の研究者から、事故直後における帰国者の内部被曝線量に係る測定値を日本に提供したいという申出があった事実を、政府は把握していたか。

二 前記一に関して、実際に測定値は日本に提供されたか。測定値が提供されなかったとしたら、その理由はなぜか。

三 原発事故直後に帰国した外国人の内部被曝データは、原発事故における初期内部被曝線量の再構築の為に、有益なデータだと思うが、政府の見解を明らかにされたい。

四 前記三に関して、早急にこのデータの提供を求めるべきだと思うが、政府の見解を明らかにされたい。

  右質問する。

-------------------------------------------------

答弁書

答弁書第三一号

内閣参質一八五第三一号
  平成二十五年十一月五日
内閣総理大臣 安倍 晋三   


       参議院議長 山崎 正昭 殿

参議院議員山本太郎君提出「東京電力福島第一原子力発電所事故における初期内部被ばく線量の再構築」に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。

参議院議員山本太郎君提出「東京電力福島第一原子力発電所事故における初期内部被ばく線量の再構築」に関する質問に対する答弁書
参議院議員山本太郎君提出「東京電力福島第一原子力発電所事故における初期内部被ばく線量の再構築」に関する質問に対する答弁書

一及び二について

 お尋ねの意味するところが必ずしも明らかではないが、独立行政法人放射線医学総合研究所(以下「放医研」という。)によれば、平成二十五年一月二十七日に開催された第二回国際シンポジウム「東京電力福島第一原子力発電所事故における初期内部被ばく線量の再構築」において、スペインのエネルギー・環境技術研究センターから、欧州線量評価研究グループを通じて、各国の内部被ばく線量データを提供することができる旨の発言があったとのことである。
 なお、放医研によれば、放医研においては、東京電力株式会社の福島第一原子力発電所の事故の直後における、半減期が短い放射性物質による内部被ばく線量の推計(以下「推計」という。)に当たっては、公的機関により公表された信頼できるデータ等や、学会等において公表された研究の成果を精査し、これらが推計を行う上で有益なものか否かを判断してきたとのことである。

三及び四について

 お尋ねの「原発事故直後に帰国した外国人の内部被曝データ」の意味するところが必ずしも明らかではないため、お答えすることは困難である。

---------------------------

「特に、フランスは二百八十人分の測定値を保有しており、それらはほとんどが事故後三週間以内のもので、三十五パーセントの人が汚染されていたという。核種はほぼヨウ素131による汚染であるが、二十人からセシウム134、セシウム137が検出され、十二人からテルル132、ヨウ素132が検出されたという。また、帰国者が飛行機に搭乗するまでの行動記録もある、との発表もあった。」



「お尋ねの「原発事故直後に帰国した外国人の内部被曝データ」の意味するところが必ずしも明らかではないため、お答えすることは困難である。」 内閣総理大臣 安倍 晋三


ぎゃああああああああああああああああああああああああああ

ギリシャの帰国者を見つけたと思っていたら、フランスの帰国者の大量内部被曝測定が見つかっていた、それもフランスがデータを提供すると言っているのに、安倍しんぞうが断っていたとは。

国民に情報公開せずに秘匿、隠蔽していた。


ここに、「隠蔽」とは真実であるということが断定された。ありがとう山本太郎くん(泣く)



いまここを検証中

空間線量から等価線量5


スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

3月21日から2012年3月20日までの1年間の東京都民の飲食物実効線量、ヨウ素とセシウムを合わせて成人で18μSv 幼児で42μSv 乳児で48μSv

「3月21日から2012年3月20日までの1年間に全身で飲食物を介して浴びる放射線量を、ヨウ素とセシウムを合わせて成人で18マイクロシーベルトと推定した。幼児で42マイクロシーベルト、乳児で48マイクロシーベルト」


次はこれを検証しよう

宿題を解く

飲食物由来の放射性ヨウ素およ びセシウムによる東京都民 びセシウムによる東京都民 のへ の 曝露量と発がんリスクの推定
引用
ヨウ素セシウム実効線量

---------------------
放射性ヨウ素とセシウムの合計曝露量(対策あり)は、乳児48 μSv、幼児42 μSv、成人18 μSv
対策ありは出荷制限とか水汚染のペットボトル配布などのこと、全然知らずにのんびりしていた人の場合はここでも考察されているが、わたしはそれは考慮しない。
---------------------

ヨウ素セシウム合算になっているのは困るので、その別々

ヨウ素セシウム別々

-----------------------
乳児に絞って考察すると、1年間の推定実効線量でヨウ素が約45μSv セシウムで3μSv
甲状腺等価線量で、約1000μ=1ミリシーベルト
(甲状腺荷重係数を0.04と見ているようなので、正確な数値が1100マイクロのようなのでそれを掛けると44マイクロで実効線量)

それで、セシウムが3マイクロなので、

放射性物質の体内残留量グラフ

セシウム137の被曝量と尿中濃度を見ると

Cs137.jpg

2011年3月21日から毎日0.3ベクレル摂取で、尿中濃度が0.48ベクレル/L 年間被曝量が1.3マイクロ

次にセシウム134を見ると

Cs134.jpg


毎日0.3ベクレル摂取で、尿中濃度が同じ0.48ベクレル/Lで、年間被曝量が1.7マイクロ

合計して、毎日0.6ベクレル摂取で、セシウム合算尿中濃度が約1ベクレル、年間被曝量が3マイクロシーベルトとなる。
無理やり数値を合わせたが、食品被曝がよく合っている。

ここで「けいとうさぎ」の2012年ごろの尿測定値を出すところだが、消えている。
もちろんきちんと保管してくれている人もいるし、私も保管しているが(笑い)、随分と見てきたので1ベクレルもないぐらいは誰でも知っているだろうから、上記の数値が正確だと思うはずだ。

あらゆる市民測定所を見てきた7年だが、食の被曝は非常に低い、すでに3年前には「汚染地以外食品で騒ぐな」と断定済みだが、いまだにおかしな人もいるのは「キセノン脳被曝」を疑った方がいい(笑い)

福島は如実に食の汚染が尿中濃度に現れているが、東京都もNDながらスペクトルピークが見えるレベルで数値にまではならない食の被曝だと思う。これがどれだけのリスクかは確かにほとんど問題外だと思う。

ところが、(だからなのだが、いくら言っても分かっていない人が多い)


福島事故直後の日本から戻ってきたギリシャの市民の国内暴露量の決定
DETERMINATION OF THE INTERNAL EXPOSURE OF GREEK CITIZENS RETURNING FROM JAPAN IMMEDIATELY AFTER THE FUKUSHIMA ACCIDENT

ギリシャ吸入

2011年3月11日の福島第一原子力発電所の原子力事故に続き、2011年3月17日から10月25日までの間に、ギリシャに戻ってから合計22人のギリシャ市民が測定された。事故の開始後10および11日に実施された全身カウンター測定により、22人の測定された個体のうち5人に人工放射性核種が検出された。汚染された5人のうち、3人が大人で、2人の子供、9歳と5歳、東京で1日滞在した。線量計算は、単一の暴露経路が、3月14日に行われた吸入によるものであると仮定して、それらが提供する情報に従って、検出された人工放射性核種をスペクトル(134 Cs、137 Cs、131私)。計算された総公約実効線量の計算値は、9-280μSvの範囲内にあることが判明した

-----------------------

3月14日にたった1日吸入したとすると、おそらく5歳児の方だと思うが、50年先の被曝量までみての実効線量が280マイクロシーベルトと食の被曝をあっさりと6倍で上回る。
甲状腺等価線量になおすと、280÷(さっきの0.04)=7ミリシーベルト

ヨウ素のスペクトルピークが出ていたのだろう、当然にセシウムの137も134も。
体内内部被曝計測値は非常に珍しいので貴重な事例だろう、おそらく数多くあるのではないか、(日本ではないので 泣く)

----------------------

ということで、見捨てられた初期被曝 ヨウ素131の謎を追え(ヨウ素132もテルルもキセノンも)となるのだが、




上記の計算式を解明できたので今はそれを福島市の30μや郡山市の25マイクロや飯館村や南相馬市、いわき市ほかに適応して甲状腺等価線量を試算する作業中なのだった。

東海村、大洗、つくば、新宿、理研和光市、CTBT高崎市ほかもかなり正確に推定できそうなので、いい加減な連中を批判できる。
7年もかかるとは情けない限りだが、知識理論 脳が追いつくのが遅いので致し方あるまい(笑い)


テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター