FC2ブログ

報道ステーション 首相官邸前デモに45000人!

消される前に見ておこう。




報道ステーション官邸前

これ、ClavingExplolerで上がってたから見にきた­んだけど、
再生数が少ないのでびっくりした。。
6/23/10:40現在303再生なのに高評価が574件って­どゆこと???
medakapaint 16 分前



ユーチューブも隠蔽操作されているのか?

あらゆるところに魔の手が伸びる、市民は拡散して悪魔の絆を断ち切ろう。

そして、真実の拡散だ!!!


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

報道ステーションアツプ、ありがとうございます !

初めまして、突然お邪魔いたします。

大阪で主人と建築業を営んでおります谷口康子と申します。

去年震災以降、被災地南相馬支援をさせて頂いておりましたが
現在主人実家鹿児島の母が脳梗塞で倒れたため
介護のため単身で鹿児島に来ており、今は何もできぬまま、
せめてブログ発信をしているのですが、、、。

実はここ、鹿児島で川内原発廃炉の是非を問う、
県知事選事実上の県民選挙が7月8日にあるのです。
全国的にあまり報道されてないかも、、、。
詳しくは大変恐縮ですがこちらをご一読お願いできるでしょうか、、、?

http://taniguchi11.blog.fc2.com/
「脱サラ亭主のデコボコ独立開業記 その177」

どうか想いを同じくされる全国の方たちに知って頂きたいのです、、、。
山口でも同じく是非を問う県知事選がある、と聞きました。
私、地方から県政からどんどん「原発ムラ」の手垢のついた
人達を消していきたい、、、。

子供たちのことを考えるともう、居てもたってもいられず、
微力なブログ発信、させて頂いています。

誠に勝手なお願いなのですが、呼びかけのご協力を
お願いできないでしょうか、、、?

突然大変失礼いたしました。
どうぞなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

No title20120622 官邸前集会参加雑感

■経過

1,気合いが入っていたのか、4時50分に国会前地下鉄出口から地上へ。

2,遠くでボリュームいっぱいのがなり声が聞こえる。近づいてみると右翼の再稼働推進演説。20人位。脇に反対市民グループが10人位。いや、右翼の嫌がらせで、人が集まってこないかもな、と不安に思う。

3,周囲の状況を見ようと、国会を一週。警察官の立哨と車両が要所に見られる程度

4,30分程で元にもどっと見ると、反対派の大きなマイクが二つ到着していた。これなら、右翼に対抗できそう。

5,既に、100人程度が歩道に3列位で並んでいたので、その最後尾に付く。

6,右翼が嫌がらせの音楽を流していたが、若い主催者のスタッフが、もう一つの大きなスタンド付きスピーカを私のいるもっと後ろの方に配置。たぶん無線で先頭のマイクと繋がっているのだろう。

7,人が続々と地下鉄出口から登ってくる。腕に腕章の若いスタッフ数人が、歩道の確保を私達に呼びかけている。おそらく、警察へ集会申請時にきつく言われていた事項なのであろう。「守られないと、次回から許可しないぞ」と脅されているのかもしれない。結構神経質になっていた。しかし、3月の官邸前集会を始めたときは数百人であったと言うから、今まで継続してきたこと自体賞賛されるべきだ。頼もしい若者たちだ。感謝の念湧く。

8,人が続々登ってくる。程なくして反対派のスピーカが「再稼働反対」を吠え出す。それに合わせて、全員が「再稼働反対」のシュプレヒコール。

9,参加者は正に老若男女。ネクタイ姿の若いサラリーマン風もちらほら。ただ、二十歳前後の学生風を見かけなかった。寂しい思いがした。

10,1時間後には、歩道内に確保していた歩行者通路も埋まり、警察はやむを得ず、一車線を歩行者通路に変更、最後には車道はかろうじて一車線を確保できたのみ。(片道3車線道路)既に、スピーカは邪魔。大勢の肉声が圧倒した。

11,8時で解散の合図が出たが、去る者はまばら。官邸前に大行進の気配さえ漂う。しかし、前方に警察が阻止線を張っていたので、進行を止めて、人々は去りだした。私も。

12,帰ったのは10時。ネット情報で4万5千人結集を知る。

13,野路美加氏のブログで、彼女は泣きながらこの様子をネットで見ている、と記事をアップ。木下黄太氏ブログコメント欄には大飯町の住人の「感謝」の言葉。全国的に注視されていることを知った。

■デモの意義について

昨年5月頃の高揚期のデモに参加した宮台慎治は「デモはいくら集まっても、推進派には痛くもかゆくもない」と参加者にお説教しているのをネット動画で見たことがある。しかし、デモは社会変革の現実的な力になり得ることは歴史的に明白だ。(宮台が今一人々に信頼されないのは、この辺に原因がある)


60年安保の時は議事堂前に30万人が参加、60年代後半のベトナム反戦運動では東京で10万人。これらに比べると、デモの激しさ、参加人員の数何れも劣っている。しかし、両運動とも一般生活者から遊離していたが、今回の反原発運動は「遊離」と言うことはないように思える。何故なら、福島の現実は明日我が身に降りかかってくるかもしれない、と切実に人々が感じ始めているからだ。このことは単に世論調査の結果からだけでなく、今回の参加者が正に「老いも若きも」であったことから実感される。運動の裾野は広いとみなければなるまい。


■ネットの威力


先の二つの運動と更に異なる点は、今回集まった人々は「自立した市民」であることだ。先の運動は労働組合、学生が大半で、組織された人々が運動を担った。この点が異なるが、これを可能にしたのはネットの力だ。マスコミがほぼ報道管制を敷いているとき、組織されない人々がネットでデモ情報を知った。その意味では、「アラブの春」と同じ経過をたどっている。


広瀬隆氏もやっとこさネットの威力を認識し始めた。良し、とすべし。

木下黄太氏が指摘しているように、これから首都県、特に福島で多くの人々に健康上の異変が顕在化してくる。この時、厚労省、文科省、医師達の隠蔽工作と、人々への「放射能が原因ではない」というイデオロギー注入に対抗しなければならない。これらを担う勢力は今回参加した人々を含めた「自立した市民達」であろう。その意味で、デモ参加者はもっと増えなければならない。「自立した市民」を増やさなければならない。10万人を突破させなければならない。


■我々は闘わなければならない


311福島で私達が知ったことは、政府は秩序維持のためには平気で人を殺す、日本の医者は我々の命を守るよりは、自分の社会的地位を守ることを優先する、と言うことだ。これに対抗するに、私達の命を守るには、私達は、闘わなければならない。


北朝鮮の人々に見られるように、闘わなければ、「人間」という「生物」は支配者に殺されても、黙って死んでゆく「生物」なのだ。ただ、ここで私が「闘う」と言うことはデモ、集会に参加することだけを意味しない。「闘い」は「戦い」ではない。武器を持たずとも、相手の意志に自分の意志を従順させず、逆に従わせることだ。その為には、「まず自分の頭で考えること」から始めなければならない。今までの歴史で社会変革に成功しなかった大きな原因は、人々が「ある権威」を盲信したことにある。自分の頭で考える「自立した人々」が居なかった。

(私が小出裕章とその崇拝者達を執拗に罵倒するのはそのような思いがある。)


「闘い」とはまず「自分の頭で考える」。つまり、ある特定の人を盲信しないことだ。


では、どうするの?ただ「うーん」とうなっていれば良いわけではない。まず、本を読むことだ。
それも、出来るだけ多くの本だ。本の苦手な人は、ネットの動画や、講演会でよい。
多様な情報を収集し、多面的に思考することが「自立」には不可欠だ。


そして、その過程でその情報発信者を人として信用できるかを、今までの人生経験を総動員して判断することが重要だ。よく、多様な本、と言うと「反・反原発」の本も読む人が居るが、その必要はない。なぜなら、彼らは人として信用できないことを感じ取れるからだ。


長々、お説教じみたことを述べてきた。これ以上のことは私もよくわからない。
後は各自で考えてほしい。ある人を盲信せず「自分の頭で考えること」これが基本であることを知ってほしかっただけだ。そして、「闘う」意志を持たねばならない。「闘い」はデモ、集会に出席することだけではない。学校給食食材の放射能を検査するように要求することも「闘い」だ。反原発のブログを立ち上げるのも立派な闘いだ。要は支配者の言うままに、唯々諾々と従わないことが闘いなのであり、あとは各人の状況、価値観によって「いろいろ」であってよい、と思う。


■今後のこと

さて、話が横道にそれた。今後のことを考えてみたい。


これから、福島、首都圏で健康上の異変が顕在化してくる。
きれい事ではすまない事態が露わになってくるのだ。
この時、私達は、推進派の隠蔽工作と、「放射能とは関係ない」と言う洗脳攻撃に如何に闘うか、ここがポイントだ。そして、この手段、基礎を今回のデモで得られたのではないだろうか。

しかし、確実ではない。継続、発展させることが重要だ。

その意味で、私は時間の許す限り、この集会に参加しようと思う。


■マスメディア評

「朝日放送」の腕章だけを見た。後は、見ず。余談だが、NHKは昨年の10000人デモを放送せず、アメリカの400人オキュパイデモを放送していたの思い出した。もう、漫画だね。


ネットの威力は絶大だ。広瀬隆氏もやっとこ気付いてくれたようだ。慶なるかな。


以上雑感了。


<蛇足>

小出のように市民のデモの方が 労働組み合い、学生のデモより優れている、と評価するのは間違いだ。

広瀬隆氏が指摘しているように、市民は市民で弱点もあるのだ。軽々に「優劣」を言うものではない。

軽薄人、小出よ。

Re: No title20120622 官邸前集会参加雑感

上田さん、詳しい現場の状況報告をありがとうございます。

みなさん、おつかれさまでした。

ありがとうございました。

Re: 報道ステーションアツプ、ありがとうございます !

知事選は反原発派で大勝利を目指しましょう。

上関の山口知事選

川内の鹿児島知事選


勝たないと、原発が再稼動されてしまう。

さらなる情報拡散、ボケ老人にも大声で耳元で叫びましょう。

「むこうは、いいだ、いいだ」

わかったかい、じいさん、ばあさん、覚えるんだよ。

No title

いつ、どういう形で国民の怒りが政府や原発大本営メディアに対して爆発するか、それは直下型地震と同じで時間の問題にすぎない。どおいう形であれ反原発脱原発環境保護を貫いていきましょう。原発は廃止しましょう。

Re: No title

オレはすでに暴発、爆発した。

大分県がれき説明会
http://www.ustream.tv/recorded/23257884

47分30秒からのうわずった大声は私です、ガマガエルの答えに自然と大声が出てしまった。
まじめなみなさんに事前に拍手禁止、大声禁止があったらしいが、遅れていった私はわかりつつも、
つい、爆発してしまった。

反対派責任者のじいさんになだめられて、すぐに迷惑と思い退場したが、あのままでは確かに、オレは、
ガマガエルに詰め寄っただろう。

みなさんは、ガンジー式を守っている、私も守らないとみんなの足を引っ張ってしまう。

官邸前に行けば、石を投げたくなる。

しかし、それはやはり敵の思うツボになりそうだ。

我々世代の失敗を繰り返す余裕は、もはや無い。
粘り強く叫び続けるしかない。暴発を誘うことはみんなで慎もう、いつでも暴発はスタンバイだから。

今回は、昔と違い、ママやこどもが反対の前線に立った歴史的なデモです。
(米騒動もかあちゃんか、日本の伝統か、男は駄目)


こどもを抱っこして、声をあげよう、そうすればオレもまだ暴発の我慢はできる。


kokikokiya さん、ありがとうございます!

ご同意下さって感謝、感謝です。
どうぞよろしくお願いいたします。

大分にお住まいなのですね?
熱き九州男児のハパワー、うれしいです!

ここから大分までなら、
やっちゃん、一人でも車でなんとか行けます。
何か運動あれば、行かせて頂きます!

Re: kokikokiya さん、ありがとうございます!

万一の場合は、お願いします。

しかし、その前になんとか川内原発再稼動反対、むこうはら鹿児島県知事の実現を
成し遂げなければならない。
すべてが推進派の敵は強大だとおもいます。いかにして勝つのか、
必殺技が必要です。

山口県は勝てそうかな。


放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター