FC2ブログ

石巻・がれき処理不適切会計 別業者の報告書も不備

石巻・がれき処理不適切会計 別業者の報告書も不備
転載 2012年06月23日土曜日 河北新報
宮城県石巻市の建設会社が市から請け負った東日本大震災のがれき処理業務で不適切な会計処理などがあったとされる問題で、同社以外の受注業者が市に提出した業務報告書にも必要事項が記入されていないなどの不備があることが22日、市の調査で分かった。
 市は問題となった建設会社を除き、がれき処理業務に携わった124社のうち30社を無作為に抽出して調査。昨年4~6月の報告書を調べたところ、29社で不備が確認された。
 報告書は作業日時と場所、人員、車両が分かるように、現場の写真も求めているが、使用機械の種類と台数の未記入や写真の未提出、同じ写真を数日連続で使うなどのケースがあった。4月分で重機など475台を使用したと報告した業者は、写真に重機が1台も写っていなかった。
 問題視された建設会社は、別々の日付の作業報告に同じ写真を添付していたことが明らかになった。
 調査の概要は市議会6月定例会で説明された。亀山紘市長は答弁で「震災後の混乱期ではあったが、今回の問題を教訓に庁内で対応を検討する必要がある」と述べた。


思ったとおりの食い物にされる被災地。


ひなん者お話しの会
引用
6月22日河北新報より
「県議会VS県 次は本会議」

広域処理 是非に波及 がれき防潮堤譲らず
 東日本大震災で発生したがれきを防潮堤に活用する構想を進める県議会の「いのちを守る森の防潮堤」推進議員連盟と県の意見交換会が、21日、県議会棟であった。がれきの再利用や法を盾に慎重姿勢を崩さない県に対し、県議全員で構成する議連は猛反発。批判の矛先は県が進める広域処理の是非にも及んだ。
 県側は環境生活、農林水産、土木各部の担当職員計9人が出席。コンクリートや木質のがれきは埋め立てに回さず、不足する建設資材などに再利用する方針を示した。木質がれきは、廃棄物処理法の規制で埋め立てられないことも伝えた。
 県の「ゼロ回答」に相沢光哉会長(自民党・県民会議)は「県は国の指示に従うだけなのか」と反撃。議論を広域処理問題に広げ、「(県の試算で)がれき量は大幅に減り、広域処理は不要な状況だ。国が『やれ』というからやているだけだ」と詰め寄った。
議連側は攻勢を強め、藤倉知格幹事長(同)は「被災県独自の処理案として国に提示したのが防潮堤構想だ。広域処理をやめ、県内で処理すべきだ」と主張した。
 横田有史氏(共産党県議団)も「がれきをどう県内で処理するかが構想の出発点。県も知恵を絞り課題を克服する道を探って欲しい」と求めた。
双方の主張は平行線をたどり、議連側は議論の場を開会中の6月定例会本会議に移すことを告げ、矛を収めた。

宮城県議会「広域処理は不要」

とうとう宮城県議会は「森の防潮堤」のみならず
「広域処理は不必要な状況だ。広域処理をやめ、県内で処理すべきだ」と踏み出しました。
北九州市の出鱈目さと比較し、素晴らしい展開です。
これで北九州市の「石巻を助ける」は完全に根拠を失うことになります。
当の宮城県自身が「広域処理は不必要・やめるべき」というのですから。
皆さん、宮城県議会を応援してください。

宮城県議会連絡先
電話番号 022-211-3571
FAX番号 022-211-3599
Eメール gikaigg@pref.miyagi.jp

今、広域処理を熱望しているのは宮城県村井知事と北橋市長だけです。
しかし、この広域処理には犯罪行為の可能性も。
そこまでしてがれきを広域拡散させたい裏には何があるのでしょうか。



しかしまあ、この北九州の避難ママたちは、いい仕事してますねえ、我が大分県津久見市のママたちもいい。

もうがれきはない、北九州市のママたちが笑顔を取り戻すためにも、頑張ろう。



大分県議会
ここの議会はアホばかり、もうガレキは無いのに話し合うとは?
恥ずかしい間抜けはやめとけ、全国一のオオバカ間抜けだ。
あした、教えておいてやろう。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当だ、すばらしい展開になってきましたね。
最近、震災と原発では悪事ばかりが横行して、日本の先行きが真っ暗だと思っていましたが、まともなことも、国民が動けば、少しはできる。

Re: No title

原動力は、直接被曝して放射線障害を自分のこどもの身をもって体験した避難ママたちです。

家を捨て、理解ない夫も捨て、職も友もすべてを投げうってただこどもを守るために避難したママたちです。

これ以上こどもに被曝を許さないという決意のもと、がれき反対、再稼働反対に去年から活動してきたのです。

少しずつ避難地の住民の認識を変えていき、今に繋がっています。

このママたちを守り抜かねばならない。

No title

初めましてよろしくお願いします。
良い展開ですが、東北のほかの地域では東京を含めて既にいくつかの地域にもうばらまいていますので少し手遅れみたいですね。

北九州市までガレキを運ぶのなんて税金の無駄遣い!
宮城県内で処理すれば18日で無くなるガレキを北九州市まで国民の税金で膨大な運送費を払って宮城県で18日で処理できるガレキを北九州市で24時間2年間かけて処理する意味あるの?

yuukinohanaさん、こんにちわ

コメント、ありがとうございます。

ここ北九州市から巻き返して東北まで、間違った政府の絆がれき放射能対策、金だけで問題を
解決して被災地の人情が死ぬやり方、被災地の自力復興の応援が必要だと思います。

被災地自らの考えを現実化することを応援する。
苦しくても、避難は適正に行われたか?を検証する。(なぜ大川小学校だけが大惨事となったのか)
http://www.chuokoron.jp/2011/07/post_87.html


できると思います、誤った広域処理を即刻ストップ、再稼動ストップと同じです。

福岡県民さん、こんにちわ

まったくそのとおり。

どさくさにまぎれて計画を作った者共に鉄槌です。
放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター