FC2ブログ

超重要!!!おしどりマコの会見(福島の現状、被曝病気、プルトニウム)

IWJ Independent Web Journal
※掲載期間終了後は、会員限定記事となります。

2012/08/22 野田首相に申入れする「福島現地からの声」についての記者会見

2012年8月22日(水)、衆議院第一議員会館で行われた「野田首相に申入れする『福島現地からの声』についての記者会見」の模様。代表の柳原弁護士によると、福島集団疎開裁判は、当日14時から行われた首都圏反原発連合と野田総理との面会の席上で「福島の子供たちを即刻避難させて欲しい」という申し入れ書を提出した。さらに地図を用いながら、「郡山市内の汚染状況とチェルノブイリ時の避難基準を重ね合わせると、かなりの地域が強制避難地区に相当する」と説明。




Video streaming by Ustream

 自由報道協会のおしどりマコ氏は、「DAYS JAPANという雑誌の企画で、福島、千葉、東京の開業医に『昨年3月から、患者の病気の傾向に何か目立った変化はなかったか?』というアンケートを取った。福島の医者からはすぐに『何もない』と返事が返ってきた。締め切り間際に返ってきた千葉や東京、(悩み抜いて書いてきた一部の)福島の開業医からは『皮膚疾患、心臓疾患、血尿などの膀胱疾患が増えた』という共通の回答があり、『何十年も地域の開業医をしているが、体感で10倍に増えたと感じる』という意見もあった。」と報告し、早急な追加調査の必要性を訴えた。

---------

おしどり「昨日、文科省から、プルトニウムの測定資料が出ました。去年の段階で東京大学の研究チームが、プルトニウム239の親核種であるネプツニウム239を飯舘村で大量に発見したという論文を書かれ…」

おしどり「論文の査読でアクセプトされ公開されるまで、その事実は普通は公開できないんですけれども、人道上の理由で具体的な数値は公表できないけれども飯舘村の方々に気をつけてほしい、注意喚起してほしいと記事を書いてほしいと頼まれたことがあり書いたんですね」

おしどり「プルトニウムは重いので飛ばないと、非常にデマ扱いを去年されまして、が、昨日その先生と同程度、もしくはそれ以上のプルトニウムが飯舘村や福島県内の各地で発見されたという資料が出ました(文科省から)」 
(この件に関し、“プルトニウムは飛ばない”発言とか、デマ扱いあったのかな? 問題が問題なだけに、査読前に公開されるべきではないかという話は見かけたけれど。。)

おしどり「その論文自体は去年秋にアクセプトされまして公表されている。昨日も飯舘村の人とずっと夜中中しゃべって確認してびっくりしてたんですけれども、NHKや新聞や共同通信などの記事には…」

おしどり「文科省のデータが原発から一番遠い飯舘村の32㎞の地点でプルトニウム238が0.29Bq/㎡、プルトニウム239とプルトニウム240が2Bq/㎡検出されたというニュースになってたんですね、しかし文科省の元の資料にあたると飯舘村の最高値は16Bq/㎡なんです」

おしどり「で、飯舘村は何ヶ所も高い値が出てるんですが、それより驚いたのが、南相馬では19Bq/㎡、田村市では10Bq/㎡、塙町では16Bq/㎡と、全く避難指示も何もない、3.11以降ずっと住み続けておられる地域で飯舘村以上のプルトニウムが検出されたということに非常にびっくりして」

おしどり「しかしこれは文科省でこの情報は出ているんですけれどニュースにはなってないんですね、飯舘村は(プルトニウム)出ているが去年4月22日に遅いですけれども計画的避難区域となって子どもたちは出ているので。しかし田村市や花輪町では今も住み続けているという現実があります」

おしどり「今日文科省にこの資料について確認したんですけれども、文科省のIAEAなどを根拠にした計算ではこの程度でもプルトニウムでも問題はないのではないかということだったんですが、一応計算式も全部お聞きして…」

おしどり「プルトニウム238と、239、240との存在比率を出して、それが0.3以下であれば今回の福島原発事故由来のものではないというのが文科省の考え方だと仰ってた」

おしどり「それは原子炉の燃料棒から出たプルトニウムの場合の話で、さっきお話したプルトニウム239の生成ルートが、ネプツニウム239からの改変ルートとしてプルトニウム239ができるのなら、その存在比率で福島原発由来のものでないと言えないのではないかと今日文科省に話してきた」

おしどり「するとその対策本部の方は、その論文を知らないので、生成ルートがネプツニウム239が考えられるのであれば、少し考え方を見直したいのでその論文を教えてほしいと言われ、今日お伝えしてきた」

おしどり「239は、半減期が2.4日、すごく短いんですね、一斉にプルトニウム239に改変してしまって、β改変してそれほど強くないんですけれども、一個のエネルギーは」

おしどり「しかし2.4日という非常に短い日にちで改変しますので、ネプツニウム239による被ばくの評価はどうするんだというのは飯舘村の方々と去年から言ってるんです。ICRPなどにはネプツニウムも原子炉由来の放射性物質として被ばく、健康影響を与えるものとして名はあがっているんですが」

おしどり「なんせほんとに半減期が短いため、どういう影響を人体に及ぼすか研究されていない、ほとんど、データがなく」

おしどり「プルトニウムも心配なんですけれど、こうやってはっきり文科省で存在が認められた以上、ネプツニウムによる被ばくの影響が出た場合は、どこがどう研究して補償してもらえるんだということを飯舘村の方々仰っておられました」

おしどり「ですので、放射性物質に関することは、今現在わからない、そして今更評価ができない、というのが一番正確な評価じゃないかと思う。なので、いまでているデータで健康に影響がないんだとか、内部被曝していないということは非常に問題があると思っています」

おしどり「本当去年の事故直後の内部被曝は一切評価されていなくて、ですので先月放医研が事故直後の内部被曝を再構築するプロジェクトを立ち上げ、先月7月頭に2日程国際シンポジウムがあったんですね、で現在放医研が告示をしてその事業者を募集しています、事故直後の内部被曝を評価する事業者を」

おしどり「なので評価されていないというのが、国側、専門家側の認識にも関わらず、福島県内では内部被曝の影響はないので健康に問題はないという講演会がしきりに医師向けに繰り返されているのは怖い状況だと思っています」

おしどり「しかしこれは文科省でこの情報は出ているんですけれどニュースにはなってないんですね、飯舘村は(プルトニウム)出ているが去年4月22日に遅いですけれども計画的避難区域となって子どもたちは出ているので。しかし田村市や塙町では今も住み続けているという現実があります」


------

今はもう、おしどりマコの情報に注目していたほうがいい。

しゃべりだしたら止まらない、NHKに専属番組を持たせて、毎日がんがんしゃべらせろ!!!




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

いつも政府は隠す

映像、拝見しました。いつもありがとうございます。

特定の疾患が増えたというアンケートの件、
レセプトから直ぐに裏づけが取れることなので、
地方自治体も厚労省もとっくに知っていたのでしょうね。

おかしいと思うことが起きているのなら、
現場のお医者さんたちにぜひ声を上げて頂きたいと思います。
(福島は絶望的なようですが……)

Re: いつも政府は隠す

すべて回りを固められた中で現場の医師が真実の声をマスコミに内部告発するのは、もう無理でしょう。

士がつく国家から資格を与えられる人は国に逆らえない。
税理士、社会保険労務士を利用してきた経験です。

市民のみが、政治家を動かして官僚を国家資格者を動かさないといけない。

このままでは放射線障害はなかった、原爆でもチェルノブイリでも福島でも大したことはなかったにされそうです。そして社会の陰で被ばく者はチェルノブイリの悲劇のように苦しみそうです。

あきらかな急性放射線障害が見られても、それを医者が証明しないことには、水俣と同じです。

患者はそんなことよりも早く今の健康障害から逃れることしか意識はないでしょう。
医者のいいなりとなり、放射能とは違う病名で治療を受けられる。
しかし、治療費がかかる。仕事もできにくい。

原子力推進派の思うツボ、やはり、奴らを悪魔と呼ぶべきでしょう。

No title

福島の小さい子供を 室内に作った砂場に連れて行ったら どうやって遊ぶか 何をするのか分からなかったって 外で遊んだことがないって 哀しいですね こんな国にしたのは誰なんでしょうか

Re: No title

自分が育ったのと同じことを自分のこどもにはしたいものだ。

宇宙旅行に行ったわけでもないのに、異常だ。

親はおかしいことに早く気付いて、「王様は裸だ」と声をあげて間違った行政を正し、避難の援助を勝ち取るべきだ。

No title

動画アップロードありがとうございます。
マコさんの重要な点を英訳して拡散しました。
政府、行政、学校の先生・校長まで、子供に対しての対応は信じられないですね。
みんな死刑でしょ~が!?

Re: No title

おお、それはすばらしい。ありがとうございます。

今起こりつつある日本の福島での非道な現状を世界の人と共有です。

行政の頭を押さえられて、心ある福島県民が虐待されています、特に、こどもが。

徹底して、応援です!!!

No title

国は、財務省は、将来発病するであろう、放射線障害からの疾病に、
なんら、治療費を支払うを、しない方向へと、いろいろと、策をこうじていますね。
今は、瓦礫の整理を急ぐのではなく、妊婦、退治、幼児、児童を、非難させ、すでに信仰している、放射線障害による被曝の症状に対し、
全力予算を、投入して、被災者の国民の健康に類意すべきである。

Re: No title

国は、原爆被爆者、水俣患者、公害病、あらゆる環境汚染の被害者は自己責任に押しつけ、
裁判を長引かせ、死んでいくのを待って、金を節約します。

放射線障害を切り捨て隠蔽してやり過ごす気でしょう。

政権交代しかありません。

No title

北区こどもを放射線から守る会のブログに転載させて頂きました。
不都合がございましたら、お手数ですがご連絡下さい。
宜しくお願い致します。

転載はご自由に

> 北区こどもを放射線から守る会のブログに転載させて頂きました。


こどものためになるのでしたら、ご自由にどうぞ。

日頃の活動、感謝いたします。
放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター