FC2ブログ

CNIC News 2011/10/13 3号機の爆発は水素爆発か? 後藤政志氏解説

CNIC News 2011/10/13 3号機の爆発は水素爆発か? 後藤政志氏解説


Video streaming by Ustream
水素が約4%以上、酸素が約5%程度あると、水素が燃焼する。水素と酸素が混合した状態で火がつくと、爆発的に燃焼する。これを爆燃(デフラグネーション)といい、火炎の速度が亜音速の場合に生じる。さらに水素濃度が濃くなると、火炎の速度が音速を超え、衝撃波が発生する。これを爆轟(デトネーション)という。
福島第一原発3号機のように大規模な爆発が起きたことは、爆轟(デトネーション)が発生したものと思われる。
なお爆燃から爆轟に移行することがあるがこれをDDT(爆燃ー爆轟遷移)といい、燃焼する火炎の中に突起物などを入れると爆轟に遷移することがある。
格納容器の水素対策について、簡単に解説する。


非常に誠実な後藤さん、核爆発かどうかは私には何か言える材料もなにもないので触れない。

技術者として謙虚に水素が「爆轟=デトネーション」がもっとも疑わしいと仰っている。


そして未だに水素が発生して、水素爆発の危険性に悩む東電。
今度は、2号機にも窒素封入で対策をする。

2号機 S/Cへの窒素封入の実施について
平成24年12月25日 東京電力株式会社

水素対策

水素対策2

水素対策3

1号機は水素が2%まで上昇して秋口は大騒ぎだった。大騒ぎと言っても、知っている人だけでほとんどの人は気にもしていなかった。

2号機も若干上下動を繰り返していた。

核燃マグマが時折核分裂して熱を出しているのだろう。臨界までに達するかどうかは神のみぞ知る。


すっかり忘れられた頃に、「水素爆発」はやめてほしいものだ。

むき出しだから、危機はまだ続いているのだ!!!



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター