海水中からは出てこないプルトニウム。

花粉に引っ付いて飛んできたのではないかと疑われるウラン。

光学顕微鏡の写真だろう。

スギ花粉症の原因「スギ花粉」です。


黄色い粉(花粉)の正体【顕微鏡写真】+追記


バズビーさんのウランの写真。

3号機原子炉から、ウランが飛んできた!!!


そしてプルトニウムの電子顕微鏡の写真

プルトニウム粒子
http://www.jsac.or.jp/bunseki/pdf/bunseki2011/201105wadai.pdf


ウランもプルトニウムも花粉も3月から4月にかけて、蔓延していたと常識的に考えればおかしくはないはずだ。

しかし、福島沖の海水中からは、出てこない。


微量過ぎて検出限界以下になってしまうのだろうか。


海水中のPu
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2012/images/seawater_120808-j.pdf


「以上」とか最後に書きやがって、本当に腹の立つやつらだ。


隠蔽じゃないだろうな。


http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110903g.pdf

http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110929j.pdf

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2012/images/seawater_121220-j.pdf

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2012/images/seawater_120502-j.pdf


核実験由来でPu238/239+240=0.026、この比率を上回らなければ今回の事故由来とは断定できない。


海は広いな大きいなで海水からはもっと検出限界を低くしてマイクロからさらにピコベクレル、アトベクレルぐらいまで微量検出をしないとわからないのだろうか。


「以上」、わからないということに断定しておく!!!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター