ベント海水注入が1号機水蒸気爆発の原因 その1

福島第一原子力発電所1号機への海水注入に関する時系列について
引用
<3月12日の主要な時系列>
12:00頃  社長が海水注入の準備について確認・了解
14:50頃  社長が海水注入の実施について確認・了解
14:53頃  淡水の注入停止(これまでに8万リットル注入)
15:18頃  準備が整い次第、海水注入する予定である旨を原子力安全・保安院等
      へ通報
15:36頃  水素爆発
18:05頃  国から海水注入に関する指示を受ける
19:04頃  海水注入を開始
19:06頃  海水注入を開始した旨を原子力安全・保安院へ連絡
19:25頃  当社の官邸派遣者からの状況判断として「官邸では海水注入について
      首相の了解が得られていない」との連絡が本店本部、発電所にあり、
      本店本部、発電所で協議の結果、いったん注入を停止することとした。
      しかし、発電所長の判断で海水注入を継続。(注)

(注) 関係者ヒアリングの結果、19:25頃の海水注入の停止について、発電所長
    の判断(事故の進展を防止するためには、原子炉への注水の継続が何より
    も重要)により、実際には停止は行われず、注水が継続していたことが
    判明しました。

----------------------------------------

この日の朝に菅首相がまだらめ委員長と共になかなかベントしないフクイチ現場に乗り込んだ。
ベントして圧力が下がったら誰もが安心していたが、その後大爆発。

菅首相「爆発しないと言ったじゃないですか」

斑目 「ああーーーーーーーーーーーーーー」

有名なお笑い番組があった。その後なぜか真水が無くなった東電の海水注入に「再臨界が心配だ」と揉めた菅首相。


菅首相 海水問題の際、起きない再臨界の心配ばかりしていた
引用 ポスト
もっとも、本物の専門家からすれば、首相の懸念は一笑に付される代物だ。本誌は過去に何度も、再臨界の可能性は極めて低く、たとえ一時的な臨界が起きても核爆発のような事態にはなり得ないことを専門家の詳細な分析とともに報じてきた。東芝で電力・産業システム技術開発センター主幹を務めた奈良林直・北海道大学教授(原子炉安全工学)が語る。
「あの状態で再臨界を心配するようなら専門家ではない。海水ならば、むしろ真水より再臨界は起こりにくい。海水注入を継続すべきなのはいうまでもない」
原子力安全委の久木田豊・委員長代理(原子力熱工学)は、班目氏とともに記者会見し、
「再臨界が起こったとしても、海水注入を止めるような危険を冒すべきでないことは当然だと考えている。再臨界という言葉を聞いただけで爆発が起きると受けとられている方がいないではないので、あえていう」と、痛烈に「エセ専門家」の科学的知見の低レベルを批判した。


カレイドスコープ
海水注入2
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1654.html


海水注入を菅首相が止めたばかりに爆発したと言わんばかりの自民党マスゴミ連中がわんさか「菅おろし」を始めた。

しかし、米国は違っていた。


注入海水の塩害に懸念 米の報告書 福島第一原発
引用 2011年4月7日15時2分 朝日新聞
NRCの報告書(3月26日付)で強く示唆されているのが、海水を原子炉の核燃料の出す熱(崩壊熱)を冷やすのに使う弊害だ。

 報告書では、1~3号機では、原子炉の圧力容器の底に、燃料が壊れてたまっていると分析。燃料は、一時注入していた海水に溶け込んでいた塩分が結晶化したものに覆われており、冷却水の流れが妨げられている、とみている。

 注水ノズルも塩分で妨げられており、十分に機能していない可能性があるという。そのため、核燃料から出る熱をどれだけ冷やせているか、測るのが難しかったという。

 さらに、1号機の圧力容器の温度は今でも200度以上の計測値を示し、なかなか下がらない。2、3号機よりも結晶化して核燃料を覆った塩分の量が多く、冷却をより難しくしていたと推定される。

 その上、報告書によれば海水は真水(淡水)に比べて、核燃料の出す放射線の影響で水素ガスを発生させやすい。海水には酸素も含まれるため、水素と酸素がまじって、水素爆発する危険性も高まる。

 報告書は海水注入が格納容器の中に「危機的な状況を作り出す」としている。そのため窒素の注入と、格納容器内から外部にベント(排気)をし、格納容器内の圧力を下げることを提案している。そうすれば「最大限の注水ができるようになる」という。


米軍、原子炉冷却に真水提供へ 海水注入による腐食懸念


IAEA原子力安全局:福島第一原発、局所的に再臨界の可能性も(1)
引用 更新日時: 2011/03/31 04:44 JST ブルームバーグ
3月30日(ブルームバーグ):国際原子力機関(IAEA)は30日のウィーンでの記者会見で、東京電力福島第1原子力発電について、「再臨界」の可能性もあるとみて、分析作業を進めていることを明らかにした。
IAEA原子力安全局担当のデニス・フローリー事務次長は30日、「最終判断ではない」と発言。「局所的に起こる可能性があり、放出が増える可能性もある」と述べた。

---------------------------------------------------

当時から真水が無いのだから海水を使うのは当然だ、「廃炉にするのはもったいない」などと思っているのだろうと東電の経営者は批判されていた。
しかし、一方で、海水は臨界や塩が詰まったりしてよけいにひどくなるとも言われていた。

米国の言うとおりベントしたら、東電が勝手に海水を入れて爆発させたと菅は思い込んでその後の夕方には「海水注入はオレは聞いていない」と怒鳴りだしたのではないか。



福島原子力事故調査報告書 東京電力
引用 P134より
海水注入


ベントして圧力が下がった格納容器に海水が実際に注入されて一気に水素発生そして核燃料が微細粒子化して、1号機爆発。

これも水蒸気爆発が真の原因だったのではないだろうか。

東電の報告書には現実に海水が入ったのかどうかは読めない。
あまりにもタイミングよく爆発している。

再臨界はその後で1号機ももくもくしていた。間欠泉のようになっていた、毎晩の2Ch連中を騒がせていた。


続く



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター