FC2ブログ

ウラン、プルトニウム、ストロンチウム吸い込んだのは決まりだね、120Kmの距離で発見の論文が出ている。

グーグル翻訳
空気中のプルトニウム数日原子炉の水素爆発の後に120キロの距離で発見福島DNPPからの非天然ウラン
引用
ウラン吸い込み
福島第一原子力発電所(FDNPP)からプルトニウム(PU)と非天然ウラン(U)、発信元は、次のように書かれ、以下、原子数の比を分析FDNPPから120キロの距離にある雰囲気の中で同定されたN(同位体) / nのプルトニウムとのU.(同位体)、nは(240のPu)/ nの(239 Puの)n個(241 Puの)/ nの(239 Puの)n個(234 U)/ nの(238 U)、n個(235 U)/ nの(238 U)とn個(236 U)/ nの(238 FDNPP入射した加速器質量分析(AMS)及び誘導結合プラズマ質量分析(ICPMS)により分析した前と後に収集エアロゾル試料中のU)。の放射能濃度137 Csと134同じ試料中のCSはまた破壊的な分析の前に、ガンマ線スペクトロメトリーで分析した。以前のPu、U、および放射性セシウムについてのデータを報告し、この研究で得られたプルトニウムとUの分析データの時系列を比較すると、FDNPPからプルトニウムおよび非天然Uは120キロにわたって直接大気中に輸送されたと結論付けた原子炉の水素爆発後数日以内に、エアロゾルや風による距離。プルトニウムの有効用量は、プルトニウムのデータを用いて算出した:(130±21)nBq / mの3本研究で得られた。私たちは、空気中のプルトニウムは、入射時の総線量だけに無視できる程度寄与していることがわかった。しかし、分析結果のPu及び非天然Uの量は確かに入射した後の環境で増加したことを示している

------------

「空気中のプルトニウムは、入射時の総線量だけに無視できる程度寄与していることがわかった。しかし、分析結果のPu及び非天然Uの量は確かに入射した後の環境で増加したことを示している」




福島のプルトニウム、飛んで飛んでリトアニア!!!


飛んで!飛んで!飛んで!




これでバズビー博士の検証も正しかったことが証明された。

バズビー博士「東京20階家エアコンで、ウラン238が3000bq/kg、ウラン235が240bq/kg」


バズビー博士のレッドゥテンレッドゥテンPb210鉛210は自然か原子炉か千葉劣化ウランか?



まあな、2号機格納容器内の生蒸気が放出されたのだから、ウランもプルトニウムもストロンチウムもあって、当然だろう。


生蒸気=全核種のこと、当然にウランネプツニウムプルトニウムアメリシウムキュリウムヨウ素セシウムテルルなどなど。
詳しくは、ここ。


福島第一原子力発電所の燃料組成評価




いまどこに?


ここか?


Radiation in Lungs - An MCNP Simulation








以上のことを隠蔽するために3/16にNHK捏造スペシャルが放送されたのであった。


メルトダウン File.4 放射能"大量放出"の真相


NHK捏造スペシャルへと続く




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター