原子力災害への備え15ステップに至るまで福島から学んだ教訓 米国汚染

15 Steps to Nuclear Preparedness
引用
放射性降下物は日本を汚染し、東京を避難させ、直接ジェット気流に乗ってカナダ、アメリカ、そして北半球中に向かいます。


本日のジェットストリーム
jetstream20150208.jpg
http://virga.sfsu.edu/crws/archive/jetstream_archive.html


地震がほとんどない東海岸に密集していたが、よく考えたら、テロ事故があると大変だ。


原子炉事故の場合には、何を行うことができますか?
引用
米国原発

米国原発2


NIRS
引用
米国原発3


おお、ニューヨークの原発に福島事故のプルーム汚染地図が当てはめられている!

「誰がいったい西海岸や東海岸に避難していったのか???」


正確な事実に基づく再検証が必須だ!!!



海水の汚染地図
http://www.whoi.edu/maps/kbuessler/fukushimaMap.do?iframe=true&width=100%&height=100%


海水の汚染地図、単位が1m3のようだ、核実験時のセシウム137に福島汚染水が上乗せされているようだ。

セシウム134が検出されているところいないところとある、そのうち拡がっていきそうだ。


引用
「放射性物質はどこへでも広がります。デイビッド・スズキの本、「The Legacy~遺産」には、たとえ人間が魚を食べるのをやめたとしても、地球上の全てのものがいかに繋がっているかを細かく描いています。スズキ博士は、放射性物質自体について書いているのではありませんが、もし、彼が書いているサーモンが放射能汚染されていると考えれば、彼のすばらしい描写を読むにつれ、放射性物質の広がりを辿ることができます。」


避難するべき弱者と、原発テロ放射能拡散を阻止するべき年寄り部隊とわかれて、


がんばるしかない!!!



*追記

なんじゃこりゃあああ!!!

Wild West weather: Filthy, ashy rain and mountain 'hurricane'
引用
ジェットストリーム

ジェットストリーム2

火山灰が飛んで来たらしい、よ~とぶ



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター