これが節目だろう 「キノコが食べたい 摂取制限めぐる被災地の思い」

キノコが食べたい 摂取制限めぐる被災地の思い 編集委員 滝順一
引用 2015/3/2 7:00日本経済新聞 電子版
放射性物質のため摂取が制限されている野生のイノシシやキノコを食べてもいいのか。きわどい問題意識を掲げたシンポジウム(日本サイエンスコミュニケーション協会主催)が2月3日、福島県伊達市で開かれた。背景には地域の食文化を守りたいと考える人々の切実な気持ちがある。議論の結果、摂取制限の取り下げを内閣府の食品安全委員会に求めることになった。主催者側にとって意外な結末だったようだ。


ベラルーシ甲状腺がん

ベラルーシ甲状腺がん2

ベラルーシ甲状腺がん3
http://youtu.be/p9uCjRSUXM4



ベラルーシ甲状腺がん4

ベラルーシ甲状腺がん5
http://youtu.be/17IoMbk6lVw


このご時勢にきのこが食べたいと汚染地でまじめに議論されて、内閣府に抗議に行くとはまさに、ここが、


歴史的転換点だろう、


真珠湾攻撃で破竹の勢いの日本軍=推進安心安全ただちに派が、ミッドウェー海戦で壊滅してその後原爆を迎えるまでなすすべがなかったように。


多くの日本人が歴史を目にすることだろう。


もちろん、静かにだから、気が付かない脳天気組もいるだろうが。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター