栃木県は健康にいい、いいのでは、いやいいかも、きっといいに違いない。

イノシシ料理で鳥獣被害実感を
引用 3月06日 16時53分 NHK栃木
野生の動物による農作物への被害が増えるなか、宇都宮大学で、イノシシを使った料理を食べて被害への関心を持ってもらおうという催しが開かれました。

この催しは県と宇都宮大学が開き、市内のレストランのシェフが県内でとれた野生のイノシシの肉を使った煮込み料理を披露しました。
イノシシの肉は硬くて独特のくさみがあるといわれていていますが、会場に用意された料理はじっくりと煮込んだりハーブを使ったりとくふうをこらして仕上げられています。
催しには狩猟の免許を持っている人や大学生などが参加し、料理を試食した女子大学生は「くさいかなと思ってましたがいいにおいが香っておいしい」と話していました。
主催した宇都宮大学講師の小寺祐二さんは「鳥獣被害は、中山間地域で問題になっていますが、都会に住んでるは、なかなか実感することはできません。こういった食材を食べることをきっかけにして被害を知っていただきたい」と話していました。

栃木県イノシシ料理
栃木県イノシシ料理2
http://www.pref.tochigi.lg.jp/kinkyu/hoshano_nousan.html



肉でも喰って、がんばらにゃあ、大和魂で喰わなきゃならん!


栃木県イノシシ料理3
http://www.pref.tochigi.lg.jp/kinkyu/documents/270227_kijyuntiika_osirase.pdf


栃木県イノシシ料理4
http://www.pref.tochigi.lg.jp/kinkyu/documents/h25_monitoring_oshirase.pdf


結論 以上のことから、放射線はたとえ少量でも遺伝的に有害であると考えなければならない



科学通信
放射性セシウムの高精度測定から見え てくるもの
小豆川勝見*1 しょうずがわ かつみ
堀 まゆみ*1 ほり まゆみ
齊藤拓也*2 さいとう たくや
*1 東京大学大学院総合文化研究科
*2 秋田放射能測定室「べぐれでねが」

引用

しかし,福島県外,特に北関東では,測定体制の不十分さに加えて絶対的な沈着量が多かった地域があることから,基準値超えの生産物が安易に販売されている実状がある*7。
この点について測定体制の強化とともに,「福島県外なら放射性物質は含まれていない」といった安直な意識を改める必要があると指摘したい。






上州は栃木か群馬か知らないが、ほぼ同じだろうということで




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター