ウラル核惨事から50年後ロシアの重大な決断「1ミリSvを越えたから村を移転」なんじゃそりゃあ!

ムスリュモワ移住2

2006年、ウラル核惨事から半世紀を過ぎて、ロシア原子力省はある重大な決定を下した!!!


ムスリュモワ移住3

年間の放射線量が1ミリシーベルトを超えたため

ムスリュモワ移住4


ムスリュモワ村を移転させる決定を下しました


ムスリュモワ移住


なんじゃそりゃあああ!!!

今頃、遅い、1ミリ超えでも大危険の状況を掴んだからなのか???



(所要時間:約26分)

消せない放射能 ~65年後の警鐘~ 投稿者 gataro-clone
http://www.at-douga.com/?p=9927



ソ連体制下で隠蔽され続けた「ウラルの核惨事」 住民汚染は黙殺 ロシア



今の日本では、年間20ミリでも「住んでも大丈夫なのか?」


ロシアは半世紀かけての人体実験で何かを掴んだのだろう。


放射線被ばくの長期継続居住の問題を!!!



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

私たちの未来かも

kokikokiyaさん、日々貴重な情報発信を
続けて下さってありがとうございます。
三寒四温を繰り返しながら、漸く春らしくなって参りました。
kokikokiyaさんのお庭も華やかになってきた
のではないでしょうか。

目を背けてはいけない映像を紹介して下さって、
ありがとうございました。
これが日本の汚染地帯の○○年後の姿にならなければと、
願うばかりです。
日本政府も被害があまりに明白になった時には
移住の決断をするのでしょうか。

Re: 私たちの未来かも

MORRIさん、今日は暑かった。

お墓参りに行ってきましたが、冬服が暑かった、陽が当たるところはぽかぽかでした。
花にカーネーションがあってきれいでした、シバには花が付きだしていました。「ぽとぽと落ちて臭くなる」とお袋が不遜にもわがままを言いますので、わたしが叱りました。

「すべては自然のあるがまま、この季節はそうなるのだから当然だ」と。


移住させるのが遅くなった言い訳にロシア原子力省が「1ミリ」を言い出したのか、はたまた放射線研究所の秘密のデータから「これはやばい、やはり1ミリで線引きしておこう」と思ったのか、定かではありませんが、

日本も先の頃には同じことを言い出しかねません。


歴史は繰り返す、いろいろな原因不明の病気で亡くなってからでは遅いのですが。


人それぞれ「気づき」の時が違いますので、なかなか言っても聞き入れることが無理なようです。
一応はえらそうに言いますが、あとは本人次第です。


原発も放射能も人生も


放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター