目まぐるしくて、「言葉にできない」、福島給食センターの開所

最初からでないと目が回るから




防災訓練
防災訓練


終わったかと思ったら、道路で発火

発火
http://photo.tepco.co.jp/index-j.html


と思いきや、今度は発煙

発煙
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_150330_05-j.pdf
引用
<損傷のあったホース>
使用済燃料プール補給用ホース(非常用2本)
原子炉注水用ホース
(非常系のラインは確保されておりLCO逸脱には該当せずと判断)
⑥ろ過水タンクから物揚場の仮設プールに水を移送し、消防用ポンプ車を使用して原子炉注水用として使用(2本)


ダメだなこりゃ!


そのころあの有名な赤宇木で山火事がプルームを飛ばす

山林火災

山林火災2

南相馬

仙台の方に流れたのではないだろうか。



そして今日は、


福島給食センターについて
引用
給食2

給食

福島県産食材の使用・地域雇用による風評被害の払拭

・原則福島県産の食材を使用。

・福島県産食材を使った食事の安全性が国内外へ伝わることで、風評被害の払拭に繋がることを期待。


地域の子供達に、大熊町で食事を作っているという事実を見学してもらうことで、風評被害の払拭に繋げたい。


給食センターの近隣には、野菜工場




そして、今日発表

月間降下物H27年2月分
引用
201502月間降下物



双葉郡と大熊町はほぼ同じようなものだから、8700Bq/m2


外部被ばくで大変な作業員にはせめて内部被曝を軽減するために、遠方から西日本産食材で弁当やその他のピストン輸送でコンビニ並みの世界を作って頂きたいものだ。


風評撲滅作戦のだしに使われて、かわいそうだ!!!



だから、「言葉にできない」 (上の音楽に戻る)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター