2015年新版ベクモニ係数で、葛根湯は不検出だった。

去年は年末に尿測定まで進んで、嫁さんの尿が少しおかしかったので、風邪を引いていて飲んでいた葛根湯のなせるわざではないかと解析作業まで、行った。


葛根湯11g
20141231葛根湯


なぜかコンプトン散乱線が積み上がっているのがおかしいと思って、よく考えたら、わずか11グラムなので測定器と底の鉛が近すぎて、


鉛に含まれている自然核種を測っていたのだった。


上が鉛密着測定で、下が3cm離した位置の測定器
鉛


(測定最初の頃は気が付いて測定器と鉛遮蔽の位置を5cm離した高さで常に測定していたのに、調子に乗ってわずかな量の測定までしてしまって、変なことになってしまった。


ということで、頭にきて、やはり測定器を上から突っ込む方式は変動が大きいので、また面倒くささもあるので、一般的な下からの固定式を創意工夫して、作り替えた。


測定室が狭くなって、ワンカップ200mlが飛び出て使えなくなったので、しようがないので量は減るが、体積一定が確保できるU-8容器を50個買って統一化を測った。



KCL水溶液を3種類作って、正確な測定でCPSを取って最小二乗法でグラフ化すると、


K40
KCL.jpg


おお、きれいな直線だ、一次式だけで上等だ、これでいままで簡易的に適当に重量重視で体積無視だったのでジオメトリーがいい加減で数値がへんてこだったが、これでかなり正確さがアップだろう。


Cs137
137.jpg
大豆高濃度標準物質、産総研玄米、自作基準試料、ポーランドヒースフラワーハーブなどの5種類での、グラフ


Cs134
134.jpg


この134は量が少なくてなかなかCPSが取りにくくて、困るのだが、まあまあ取れた。


実際は多くの試料で正確な測定でこのラインを直線に近づけるために、メーカーは苦労するのだろう。


ROIも細身、中身、太身と領域を3種類作って、K40補正有、補正ナシも作って、係数をぶち込む。


ちなみに大きな量の福島の土などは測りたくないので、小さな1ベクレル前後の測定値が正確になるように、少し係数を少量型にシフトした。


係数



で、いままで3か月も来る日も来る日も測りながら、因縁怨念の葛根湯の測定
20150329葛根湯


セシウム137がマイナスで不検出となったが、まあ11グラムだから、真の漢方薬汚染の実態はこれだけではわからないが、尿に影響するほどではなかった。


で、結局、肝心な尿の再測定だが、自分のも嫁さんのも3度も各40時間ほどもしたが、やはり嫁さんの尿がずれぎみでなにかありそうなので、U-8容器用に外干しの乾燥濃縮中だ。

フライパンで一気に濃縮するのだが、どうしても臭くなるし、12月から部屋の中に置いていたのでやはり腐ってくさいので、外のベランダの日光乾燥なのだ。


200mlを100mlU-8に濃縮してさらなる測定にチャレンジする。


オレは、忙しいのだ!!!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター