20150417 1号機格納容器内2回目調査 目玉親父が見える

4/17動画追加)「原子炉格納容器内部調査技術の開発」ペデスタル外側_1階グレーチング上調査(B 1調査)の現地実証試験の実施について(2015年4月15日速報)


グレーチングの下の水面に目玉親父が映っている、あれはロボットの目玉の反射かそれと­も?
1号機原子炉格納容器内部調査実証試験(2回目)


目玉親父


水が溜まっているんだろう


1号デブリ2


水位は2.8mになっている、水温は17.8度になっている(古い計測データ)が、東電会見では室内温度が約20度だから水温はそれよりも高いだろうと言っていた。


水面下にデブリが足を延ばしているのかどうかが、今後の解析だ。


追記


格納容器底部の水や劣化状況 ロボットが撮影
引用 NHK4月17日 19時08分
東京電力福島第一原子力発電所で、原子炉を覆う格納容器に投入された2台目のロボットが撮影した映像が公開されました。格納容器の底にたまった水の様子が初めて鮮明に捉えられたほか、金属が激しくさびている様子も映っていて、核燃料が溶け落ちた際の高温の影響の可能性もあることから、東京電力などでさらに分析を進めています。
福島第一原発1号機では、格納容器内部で動かせなくなった1台目に続き、15日に2台目のロボットが投入され、1台目とは別の場所で内部の損傷の状況の撮影や放射線量などのデータの測定に当たました。調査は16日にいったん終了し、東京電力などは17日、ロボットが撮影した映像の一部を公開しました。
映像は1分20秒ほどの長さで、この中では、格納容器の底にたまった水が初めて鮮明に捉えられていて、ロボットの照明の反射の様子などから見て、水位は格納容器の底から2メートル80センチ程度と、これまでの測定結果と一致しているとみられています。さらに、ロボットが走行した足場の表面に大量のさびが浮いていたり、格納容器内に設置されたさまざまな設備の表面が激しく劣化したりしている様子も克明に捉えられています。これらの設備は、もともとは表面に塗装がされていたということで、核燃料が溶け落ちた際の高熱で塗装がはがれた可能性もあることから、東京電力などでさらに分析を進めています。
ロボットは現在も格納容器内にとどまっていて、東京電力などは18日以降、回収を断念した1台目のロボットが調査したエリアの撮影などを再度試みることにしています。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター