微量測定には自然核種がセシウム134の邪魔をする

鉛汚染4
http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Top2/350/225/H24nennpou5,0.pdf

測定室の扉を開けたら自然核種が測定されたという上の青線のスペクトル(そばに検体用試料があるのでセシウム137が見えていると言っている)、
扉を閉めたら下の赤線の空検体バックグラウンドスペクトル。



鉛汚染3


ポーランドハーブヒースフラワーを測ると自然核種が見える、富士山のようなのがセシウム137の200~250Bq/kg
すこしずれているのでこの修正に1か月もかけて、現在完成形で確証シリーズをしている。



鉛汚染


鉛遮蔽中の鉛の汚染が見える。

バズビー博士のレッドゥテンのPb210やウラン238の娘のトリウム234やウラン235も見える。

自然核種だからどこにでもいる、大きければフクイチ由来だろうが、いまだバズビー博士しか検出していない。



鉛汚染2



で、言いたいことは、セシウム134の605前後は自然核種が多いので不明となり、796前後もビスマスやアクチニウムやタリウムが多くて毎回盛り上がるので、シンチ組には微量測定で定量出来なくなる。


ここの新潟のセンターもゲルマの新しいのを横浜に発注していたら、セシウム137入りの遮蔽ゲルマが来たと言っている。

昔からのは、汚染が無いらしい。


オレのところもどうにも鉛のTGメタルからセシウム137がとげとなって出ているようだ。

BGを取るたびに、出たり消えたりで妖怪のようだ。


というところで、ここで動画は出さない。


また、確証シリーズ 検出

   確証シリーズ 不検出に

戻る。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター