確証シリーズ 不検出 「判定くんによる、我が家の尿検査」

2014年暮れの怨念の尿検査

12月23日前後 オレ尿→200mlにキロ1Bq検査用セシウムを入れて基準尿1bq/kg作成 それとオレ尿200ml

同じく嫁尿200ml採取保存

DVC00032.jpg
DVC00033.jpg

年末の測定では嫁尿が検出となったので、風邪薬の葛根湯に疑いを持ったが、後日の判定くんでは不検出だった。

年末の測定方法に誤りがあったようなので、苦節3か月、再構成再調節を謀って、再チャレンジ

200ml→100mlU-8容器用に天日干し開始 最近の日照りで一気に蒸発濃縮であわてて測定開始


DVC00037.jpg

DVC00039.jpg


急がないと検体が溜まる一方だ、10時間測定はつらい



基準用1bq/kg尿(母体オレ尿)
1bqセシウム尿


1シグマ越えてないがしっかり検出 数値も137が1.39で134はマイナスだが、まあそんなものだろう



オレ尿
オレ尿


判定くんはゼロだがCPSがマイナスで不検出となった ピークが少しありそうだがコンプトンの例があるので、判定くんが優先だろう





嫁尿その1(12月23日前後分)
嫁尿その1

判定くんマイナス不検出  前回の測定ではあの右の山に惑わされた あれが何かを調査するも依然不明 コンプトン偏りなのか


これが不明をもたらしたので2回目の嫁尿採取、1月15日前後の尿
嫁尿その2


きれいな不検出となった  以前の測定が不確かで誤りが多かった その原因も上から測定器を突っ込む方式が一番の原因だった  常に微妙に位置がずれてジオメトリの破壊があったのが原因と思う

いまは下からの固定式で、上にU-8容器を載せるゲルマニウム方式を採用 1インチでもゲルマと同じように放射線を感知するのだから、理屈は同じだ


さらに小型のいい点はこの暑いさなかでも温度を気にせずに済む、冷蔵庫の中という点だ、さらに乾燥もするので、常に

温度 10度  湿度10~20度という優れものだ


試料も多いほど良いと思い込んでいたが、小さな検出器では試料の自己遮蔽に負けてふらつくので、逆転の発想でU-8容器100ml一定方式を採用


これならスーパーで買う食品の一袋ほとんどが測定できる

暇なら濃縮乾燥だが、これからは夕立に気を付けて天日干し乾燥が安上がりでもある


いけるのではないか、家庭用検出器「判定くん」





ちくりん舎ホームページへ ようこそ !!
引用
ちくりん舎

ちくりん舎のゲルマが軒並み0.8ベクレルほど、子供たちの尿から検出している

判定くんは1ベクレルは感知するからさらに半分の0.5ベクレルを作って実証だ。



じわっと来る内部被曝をこどもたちから守るためにも、測定力向上が求められる


気は抜けない、半減期が長いから



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター