ウラン238濃縮のウラン235が濃縮のフクイチ高濃度ウラン235と千葉劣化ウランの選別

γ線スペクトル解析による天然ウランと劣化ウランの判別

以前もやったがこっちのが分りやすいのでこっちのグラフを載せると、

天然のウラン鉱石、

人形峠のがこっちに出ているが、

ウランガラスからの g 線スペクトル測定


ウラン鉱物


ウラン鉱石と言っても崩壊した孫のラジウムもいるので、Pb214やビスマス214が多く出る


ウラン238系列7



それでこれを精製してラジウムなどを取り除いてウラン238ばかりにすると、


ウラン238濃縮


よ~出るのがプロトアクチニウム234、わかりやすい

それでラジウム226の187Kevがいなくなったので、ウラン235の186Kevはほぼウラン235と決定される

近すぎて判別が難しかったが、見えてきた


オレのアルマジロで見えるか?


劣化ウラン3


とても分別が難しい、ただプロトアクチニウムはこれが見えるので精製されたウラン238のチェコ産ウランガラスだと思うのだが


劣化ウラン4


1001Kevは芳しくないが、1738Kevが盛り上がっているのでウラン238が多く、ビスマスが少ないのでラジウムも少ない。


それで、ビスマスなどが見えないウラン238の精製濃縮ものの中のウラン235の量を山の高さで比較する


劣化ウランの場合
引用
劣化ウラン(れっかウラン、英語:Depleted Uranium、略称:DU)は、ウラン235の含有率が天然ウランの0.720%[1][2]より低くなったものと定義されている[1]。ウラン濃縮の際に副産物として生成されるものは、天然ウランのウラン235の同位体存在比が0.720%であるのに対し、劣化ウランのそれは0.2から0.3%[3]と半分未満である。またウラン235の濃度が低下した使用済み核燃料をさすこともある


劣化ウラン


オレはてっきり使用済み核燃料とばかり思い込んでいたアホだが、考えてみればそんなものを劣化ウラン弾に使えるわけがない、核分裂物質だらけで高線量だから

核分裂するウラン235を何度も濃縮して取り出していって残るのはウラン238ばかりなりだから、比率が少なくなるはずだ

天然ウラン235 0.72

劣化ウラン235 0.2

欲張ってたくさんウラン235を取るものだ、感心する


そうすると天然ものの方が山が高くなるはずだ



比較
劣化ウラン2
 


結論は

天然ものを中心として、ウラン235の千葉のは劣化ウランだから山が低い、フクイチのは濃縮燃料3~4%だったから飛んできたならば山が高いということになる


235U および 234Pa の g 線ピークの比

235U については143.8および 185.7 keV, 238U については 234Pa の766.4および 1,001.0 keV のピーク面積比を検討した。

劣化ウラン5


土壌測定でこのやり方で出来るんじゃないか!(ゲルマでなきゃ難しそうだが)


以前の岡山のやり方は表面5cmまでと20cmまでの垂直式判別法だったが、二つのやり方で、

千葉劣化ウランなのか、フクイチ核燃ウランホットパーティクルなのかが、天然ものとの区別判別ができるのではないか!


オレも福島や宮城の土を持っているのでやってみたいが、ゲルマが必要となると思う、いつになるやら


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター