噂は真実、集会所その後すでに三人が亡くなっている、下水汚泥、福島県民(震災時県内在住) 震災時満19歳以上甲状腺検査結果 公表

しばらくヨウ素はやめるんだったが、繋がったので、書く!!!

2012-03-22
その後訂正あり、「ネットワーク汚染地図」赤宇木集会所その後すでに三人が亡くなっている
引用
その後、集会所の人たちは木村さんたちの話もあって逃げたそうですが何日かはそこに留まっていた。

 その後、今年になって二本松の仮設住宅にいる浪江の避難者Sさん(集会所にいた一人)の具合が悪いと聞いてヤスさんが見舞にいったら、
何と喉と顔がパンパンに腫れて酸素吸入をしていた。
二本松に避難して具合が悪いと福島医大に行ったら即、入院。
肺が悪いといわれたそうですが、2ケ月いたら退院させられたそうです。

 その話を聞いて私はこれは甲状腺ガンではないかと思い聞いたら医者からは何も言われてないとのことでした。
ヤスさんに、テレビでは集会所には10人位の人がいたが、他の人はどうなったの?と聞いたら、
すでに三人が亡くなっているとのことでした。先のSさんは次は俺の番かなと話していたそうです。


*追記訂正
その後、ここの集会所ではなく他の集会所だったと訂正が入っています。
それ以外の話はそのまま真実ですと。

---------------------------------



2013-07-04
汚染地ではヨウ素131治療患者が激増中!
引用
雨が降ると空からセシウムが降ってきて濃度が上がるが、ヨウ素131には変化なし。
(雨水で土砂も流れ込むが書き損じている)
雨が降ってもヨウ素増えず

これを見ても「臨界帝王」がフクイチ蒸気で空からヨウ素が降って来た、信じないのは東電擁護者だと言うのがいかに馬鹿げたことかもわかるだろう




ひらた中央病院・公益財団法人震災復興支援放射能対策研究所

2014.3.25甲状腺検査結果_公表.pdf
引用
福島県民(震災時県内在住) 震災時満19歳以上

大人の多発


約1500名の受診者で、約20%の約300名に甲状腺疾患の病名が付いた。


上の噂は真実だったことが確定された。

下水汚泥はウソをつかない。



2013年にほぼ蔓延は確かだと書きながら、その後すっかり忘れておぼろげながら思い出して同じことをまた2015年にも書いてしまったような気がするが、2015年には上水道の水道蛇口水にまでヨウ素が逆流してきていたといのが、新たな知見だった。


そしてまた今回も去年の報告書を見つけて(ほんとは見て思い出したのだが、あの当時は読んですぐに大人が多いと気が付いたのだが、福島県健康調査の話に気を取られて忘れてしまっていた)



おとなが子供以上の激増は確かだろう

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ご無沙汰しています。

kokikokiyaさん、いつもありがとうございます。
毎日欠かさず拝見しています。

今年の梅雨は長く、台風も多いということで、
九州も既にかなりの雨量に見舞われているようですので、
お気を付けください。

岡山に避難された三田医師も、
関東でも子供よりもむしろ大人の甲状腺が
心配だと仰っていましたし、
ヨウ素、恐るべしです。

40歳以上は大丈夫なんて、大嘘ですね。
汚染地の人たちはいつまで大人しく
口を噤んでいるつもりなのでしょうか?

Re: ご無沙汰しています。

MORRIさん、最近はまとまりがなく支離滅裂ぎみのブログを読んで頂いてありがとうございます。
昔の記事を読むと我ながらまとまっているなと思うのですが最近は最後の落ち、落としどころに躓いているようで、疲れだと思っています。

疲れと共に、最近寒くてもう7月だと言うのにまだカーデガンがないと震えます。
曇りばかりでせっかくのトマトが青いままです。


ヨウ素の初期被曝で福島の健康調査のこどもにばかり注目していたら、裏をかかれて大人たちが大勢疾患が出ていたようで、現地の事情を教えてくれた人たちの話が真実だったと、それもあちこちから漏れ伝わってきたことはやはり被曝影響だったことに確信です。

碌なニュースの無い昨今ですから、よけいに笑いを噛ませ過ぎた冗談、ダジャレ連発の私です。


お上品ブログになりたいのですが。

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター