反被曝派はこれをどう考えるのか?日本の尿検査とベラルーシの尿検査

福島ACROnique

グーグル翻訳

福島の災害の健康への影響
引用
低内部汚染

状況は日本とベラルーシやウクライナの間で非常に異なっています。日本では、最も脆弱な人々は、ソ連に比べてより迅速に避難しました。また、食品の制御は即興は、災害の最初の数ヶ月で基準を超える食品の市場での配置につながっている場合であっても、最初からかなり厳しかったです。その結果、内部汚染は低いです。

ACROは、最初の数ヶ月で、日本の子どもたちの尿で検査を行っています。初めに、すべての尿は福島でマークされた場合は、検出されたレベルは依然として低かったです。セシウム134と137の合計のために、汚染が4ベクレル/ L.を超えませんでした によって蓄積されたデータ竹林、と設定ラボACRO日本の支援は、この観察を確認します。


ちくりん舎
引用
日本尿検査


:比較のために、ノルマンディーの休日にベラルーシの子供たちに2004年にACROによって行われた尿の分析は、セシウム137の汚染(参照60ベクレル/ Lを超えるレベルを示した汚染の評価をベラルーシの子供たちと、体内のセシウムの除去におけるペクチンの役割)。


ベラルーシの子どもたちへの汚染の評価
引用
ベラルーシの尿検査2003


日本の尿検査では1ベクレルもないレベルだが、保養にフランスに行ったベラルーシのこどもたちは多い子で60ベクレルもあった、20年後の2003年でも。
アップルペクチンを飲んだら相当に減った。





引用
南相馬で広く行わanthropogammamétiesの結果が同じ方向に行きます。食品中のセシウム敷設最大濃度はチェルノブイリ後のヨーロッパで採用されているものよりもはるかに低いからです。日本では100ベクレル/ kgです。しかし、消費はこれらの制限を脱出し、比較的高い体内汚染の場合があります。

南相馬市民の内部被ばく検診結果(8)
引用
日本WBC


体内20ベクレルもない


-----------------------------------------

「日本ではもう内部被曝は、終わった」

明日からどこのものでもなんでもじゃんじゃん食おうとなるのか?


バンダ基準でいくと1ベクレルならなんとか助かるが、50ベクレル超えるベラルーシのこどもは健康影響が懸念されるレベルとなる。


もう5年になるから、気を緩めてもいいのか?


放射能防御隊は解明するべきだ!!!




*オレの分析はいま考え中だ、核燃デブリの位置も考えないといけないし、忙しいのだ!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター