呼吸から吸入される場合と口から摂取される場合とでは、被ばく量が異なったが、呼吸か ら吸入される場合の計算の方が大きいので

飯舘村におけるホールボディカウンタ結果解析 (平成 24、25 年度施行分)
引用
線量推定の条件
----------------------------------------------------------------
① 放射性セシウムを平成 23 年 3 月 12 日から毎日均等に経口摂取している、と仮定する福島県の取り決めに準拠し、平成 24 年 2 月 1 日以降の WBC 検査受検者に該当。

② ①の条件で放射性セシウムを慢性経口摂取したとして、検査直近 1 年間の預託実効線量が 1mSv に相当する WBC 検出値(体内残留量)が検査機関にシートとして提供されている(表 1、2 に抜粋)。

③ WBC 検査における検出値を、表 1、2 の数値に基づき核種ごとに除算して預託実効線量に換算。
④ 得られる線量はあくまでも「預託実効線量」であるが、WBC 検査の直近 1 年間の放射性セシウムの総摂取量をもとに計算される線量のため、「年間内部被ばく線量」と呼称することが妥当。



く線量推定の条件>

放射性セシウムを平成 23 年 3 月 12 日から毎日均等に経口摂取している、と仮定する福島県の取り決め




福島WBC検査
全員、健康に影響が及ぶ数値ではありませんでした。


まだよくわからん




二本松市における内部被ばく量調査報告書
引用
(ィ)預託実効線量について
預託実効線量とは、70 歳までに受ける被ばく線量の総和のことを言う。
(成人は 50 年間であるが、比較のために成人の場合も 70 歳までの値とした)。
放射性物質摂取日を福島原子力発電所事故初日、2011 年 3 月 12 日に急性吸入摂取したものとして、ある計算方式である MONDAL Ver.3.01 (MONDAL3-MONITORING TO DOSE CALCULATION ver.3.01)を用いて預託実効線量を求めた。
その際の計算パラメータとしては、公衆を対象とした場合の粒子径 1μm、血中への移行タイプに F(急速)を用いた。
また、参考のために、胃腸管吸収モデルによる急性経口摂取の場合と慢性経口摂取の場合について算出した結果、呼吸から吸入される場合と口から摂取される場合とでは、被ばく量が異なったが、呼吸から吸入される場合の計算の方が大きいので、安全を考えると呼吸からの吸入とした。
急性と慢性の違いは、過去 3 月 12 日に1回吸収があったとした計算が「急性」であり、この値がずっと続くと考えた場合が「慢性」である。これも安全側に見積もって「急性」の数値で分析した。
なお、本結果には自然由来と考えられる40Kを含めていない。
-----------------------------------------------------------



2011 年 3 月 12 日に急性吸入摂取したものとして、ある計算方式である MONDAL Ver.3.01 (MONDAL3-MONITORING TO DOSE CALCULATION ver.3.01)を用いて預託実効線量を求めた。

粒子径 1μm、血中への移行タイプに F(急速)

胃腸管吸収モデルによる急性経口摂取の場合と慢性経口摂取の場合について算出した結果、呼吸から吸入される場合と口から摂取される場合とでは、被ばく量が異なったが、呼吸から吸入される場合の計算の方が大きいので、安全を考えると呼吸からの吸入とした



ぎゃああああああああああああああああああああああああああ!!!

二本松(木村真三)の方が福島県よりもより厳しい前提条件の急性、吸入被曝の条件で計算していた



このデータベースは、全身計測、バイオアッセイなどの個人モニタリングの計測値から摂取量や預託実効線量を評価する手助けをします。
引用
個人モニタリングの計測値から摂取量と預託実効線量とを計算するパーソナル コンピュータ用ソフト「MONDAL3」をリリースしました。

「MONDAL3」お持ちの皆様へデータ修正のお知らせ: 修正用ファイルをダウンロードし、MONDAL3をインストールしたディレクトリ下の"MData"フォルダに上書き保存してください。 修正用ファイル

モンダル
http://www.nirs.go.jp/db/anzendb/RPD/mondal3j.php


「計算に用いたモデル及びパラメータ値:
呼吸気道モデル:ICRP(国際放射線防護委員会)Publication 66(1)
体内動態モデル:ICRP Publications 30(2-4), 56(5), 67(6), 69(7), 71(8)
胃腸管モデル:ICRP Publication 30(2);f1 = 1 の時は 0.99 として計算される。」


まあもとはICRPだから手で計算できるのだろうが、いまどきそれはない

そしてその大元の換算係数がでたらめまだらめでなぜその係数なのかも世界中で誰も知らないブラックボックスの中


ゲームソフトで遊んでいるんじゃないぞ、福島県よ!


身長体重を測って、WBCで測って1キロ当たりのセシウムのベクレルを発表すればいいだけの簡単な話なのに、なぜ、


50年先のことまでおまえらが心配する必要があるのだ??!!!

長くすると被曝線量が小さく小さく小さくなって、アリさんになるからだろう


まずは、キロ当たりのベクレル数で出すべき、次に急性吸入3/15の最大値で実効線量を計算するべきだ


結論

経口摂取よりも吸入被曝がより危険だった

(実際、プルームが蔓延しているさなかにおちおち食っていないだろうから)



これはセシウムの話だから、ヨウ素になると莫大な話となる


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター