納豆内部被曝は継続被曝だろう 少ないだろうが

チェルノブイリ事故による内部被曝と防護対策の有効性
引用
ベラルーシ摂取2

呼吸にともなう放射能の取り込みは、ホコリや煙に関係する職業の人々を除けば、問題とはならない。食品からのセシウム摂取量は、食事の内容、土から作物への移行係数、防護対策の程度に依存する。ベラルーシ南部のポレーシエ土壌では、セシウムの移行係数が通常の土壌に比べ、1.5~ 15倍大きいことが知られている。

内部被曝源は、都市部では肉であるのに対し、農村部では牛乳、乳製品である

---------------------------------------------

大きい (もうチェルノブイリ関係のセシウムは話題にしなくてもいいだろう 食糧支援しか ない)

------------------------------------------------


グリーンコープ
引用
2015年4月1日測定分~最新公表分
グリーンコープ201507

Ge検出限界1ベクレルで出たのは 宇治茶 掛川茶  いつも出るふざけた山形のBM菌

宇治茶は静岡茶が混じっているのだと思う

九州の生協が1ベクレルで測定して以上の結果、こういうので悩んで買い物してぐわあああとかまだ怒っている人もいたが、

健康に良くないと思う


能天気は健康にいい!!


----------------------------------------------------

東都生協の残留放射能自主検査結果
◆残留放射能検査結果(7月06日~7月10日)
引用
東都生協

いまだに東京では自主検査でもスクリーニングのNalで検出限界10ベクレルを多用(ごまかしとか言ってはいけない)

九州と反対になるべきだろう

茨城納豆から出ている、毎日の納豆は健康にいい 将来はぽっくり逝けるので 嫁さんにこにこ家族わくわく病院がっくしだろう


-----------------------------

以上から セシウム内部被曝は少ないと思う その少なさで症状が出るか出ないかの人体実験が東日本の現状だろう


継続被曝は少なさそうなので、いよいよ本丸の初期被曝に戻ることにする


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター