すべての原発は止まったままだが、太陽光発電の普及・節電定着…猛暑でも電力にゆとり

太陽光発電の普及・節電定着…猛暑でも電力にゆとり
引用 2015年8月8日05時03分 朝日
東京都心で7日、最高気温35度以上の「猛暑日」が過去最長の8日連続となるなど、各地で記録的な猛暑が続くなかで、大手電力各社は比較的余裕のある電力供給を続けている。すべての原発は止まったままだが、太陽光発電の普及や節電の定着で、真夏の電力不足の心配は遠のいている。

 電力供給にどれだけ余裕があるかは、その日の電気の供給力と、一日で最も電力の需要が多いピーク時を比べた「最大電力使用率」でわかる。東京電力や関西電力の場合、これが90%以上だと電力の余裕が「やや厳しい」、95%以上だと「厳しい」とされる。100%に近づくと、必要な電力に供給が追いつかず、停電の恐れがでてくる。

 7日までの1週間で、東京、中部、関西、九州各電力の最大使用率をみると、95%以上になったのは1日の中部電だけだった。東電では90%以上が4日あり、あとは90%未満の「安定的」だった。

電力使用量


朝日は書くなら、

「全原発停止のさなか、猛暑でも電力にゆとり」とこう書くべきだろう


しかしそれにしても以前のあの電力不足、原発を早く再稼働させろの大騒ぎはいったい何だったのだ


責任者、出て来い!!!



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

予想大当たり

これだけは経産省の未来予想図。先見の明が有ったんだと思うんですね。
何故ならば原価総価方式を導入して、古い発電所の維持させていた訳でしょ。
これは最初から「原発は何時かデカイ事故を起こして動かせなくる日が来るかも知れない。だから古いのも残させよう。各電力会社も、その心算で維持するように。」って裏で云ってきたんだと思う訳ですよ。
それでもね、そんな古い設備を年中多くの人手を掛けて、万全の態勢で維持するなんて、中々出来ないし、する気も無かったのが東京電力だったって事なんではないですかねぇ。そんな事するより、経産省のお陰でタンマリ儲かっているのを山分けしちゃいましょってやっていた訳ですわね。
それを吹っ飛ばしゃって、慌てて可動しようとしても、そう簡単には動かなかった、というのが真相だった思いますよ。
管理を怠っていれば、稼働迄に1~3ヶ月位掛かっても不思議じゃないですよね。
それを誤魔化す為の計画停電だったんだと思う訳です。
放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター