ウソでしょ 核医学会「結果としてポーランドでは甲状腺癌の増加がなかったのです」

被災者の皆様、とくにお子さんをお持ちの被災者の皆様へ
引用 日本核医学会

たしかにチェルノブイリ事故では、大規模な被ばく発生後4日目に、ポーランドが国を挙げて安定ヨウ素剤を全ポーランドの小児の90%に一回だけ配布いたしました。そうしなかった隣国のウクライナやベラルーシでは小児の甲状腺癌が増加したのに対して、結果的にポーランドでは甲状腺癌増加は認められませんでした。しかし、1)内陸国のウクライナやベラルーシは食物や土壌中のヨードが少なく、もともと国民的にヨード欠乏状態であったのに対し、ポーランドは海沿いの国でさほどヨード欠乏状態ではなく、2)ポーランドは国内での牛乳を禁止して、すべて輸入粉ミルクに変えたという処置も行っています。これらの多くの処置がかみ合い、結果としてポーランドでは甲状腺癌の増加がなかったのです。


--------------------



ウソでしょ!!!





640キロ離れたポーランド甲状腺障害、消えない初期被曝!
引用

東欧諸国汚染ポーランドオルシュテイン

チェルノブイリに残る傷跡

奇妙なことだが、25年前に起こった世界最悪の原発事故25周年目は、動物に関する報道で注目された。二つの雑誌、ワイヤード と ハーパーズ が ウクライナのチェルノブイリ周辺の立ち入り禁止区域における動物の繁殖や生活をまとめた長い記事を載せたのだ。動物たちはみんな元気に暮らしているようだ。最近の日本の原発事故の観点からすれば、むしろ、チェルノブイリで被爆された人々に何が起こったか知りたくはないだろう。

わたしはこういう人を知っている。彼女の名前は マリア ガウロンスカ。30歳で、賢く魅力的な方だ。2004年にポーランドからニューヨークに移り住んできた。彼女と会ったのはたぶん4年前。わたしの婚約者からの紹介だ。彼女はいつもタートルネックの服を着ていた。たとえどんなに暑い日でも。

マリアの故郷、オルシュティンは、ポーランド北部に位置している。チェルノブイリから640キロ離れた場所だ。1986年の4月、チェルノブイリの原子炉がメルトダウンした時、莫大な量の放射性物質が大気中に放出され、風に乗りウクライナ中、ベラル-シにも飛散した。もちろん、ポーランド北部にも。

「最初のころは、」マリアは語る。「政府関係者は爆発はあったけど危険なものではないって言ってたの。」 数日中にソビエト連邦はしぶしぶながらその事故を認めた。マリアは、周辺に住むみんなにヨウ素剤が手渡され、屋内に待機するよう指示されたことを覚えている。彼女はその後2週間を自宅で過ごした。
また、彼女は、村の人々が、この事故の健康的被害をポーランド人が把握するまでは何年かかかるだろう、と話しているのを聞いた。そのほか、放射能が甲状腺を破壊することも。だから、ヨウ素剤を採らないといけないのだ。甲状腺が吸収する放射性ヨウ素を最小限にするために。

予想どおり、オルシュティンでは、ここ四半世紀にわたって、甲状腺障害が爆発的に増えている。マリアは、病院のすべての病棟が、甲状腺の病気の治療に献身を尽くしていると語った。これは大げさに言ってるのではない。甲状腺専門の外科医、アーター ザレウスキーは、1990年前半から、甲状腺手術をする機会が大幅に増えた、と語っている。何人かは甲状腺がんだが、ほとんどの患者さんが甲状腺肥大か、甲状腺がうまく機能しない甲状腺障害だ。

ザレウスキー先生は、同時にこれらの甲状腺の病気とチェルノブイリの事故との因果関係は科学的に証明されていない、と付け加えた。そのひとつの理由は、ソビエト連邦の頑なな非協力的な姿勢と、もうひとつは、ランセット 誌が指摘するところの、”considerable logistical challenges-深刻な事実統合性困難(事件当初、事実を調べなかったために、現在聞き取り調査をしても、記憶があいまいだったりして本当のことが分からない。連邦各国の基本言語が違うことで、真実の把握がかなり難しい)”が挙げられる。ポーランドのに起こっている甲状腺障害とチェルノブイリを結び付けたであろう、ソビエト連邦による、追跡および疫学的調査は、決して始められる事はなかった。

唯一行われた研究は、癌についてだった。ランセット誌によると、ベラルーシとウクライナ地域に住む住民に起こった小児白血病と乳がんの増加は、チェルノブイリが関係している可能性があるということだが、なにぶん、研究方法が確立されておらず、それらの文献自体が信用性に欠ける。

しかしながら、わたしがマリアの母親のバーバラにメールした時、彼女から「わたしは、チェルノブイリのせいで、周辺住民の甲状腺障害が増えたと思っている」と確信に満ちた返事が返ってきた。自身が学者である彼女は、この事はふつうのポーランド市民が感じていることだ、と述べた。彼女自身も、事故の十年後に甲状腺の手術を受けることを余儀なくされた。彼女の古い友人は、甲状腺腫摘出術を受けた。マリアによると、彼女の父親だけが唯一、家族の中で甲状腺障害が起こっていない人だという。

約5年前、ついにマリアにも順番が回ってきた。甲状腺がだんだんと大きくなってきて気管支を圧迫し、ついには、ある一定の体位をとると呼吸困難に陥ってしまうようになったのだ。見た目の悪いできものが、彼女がいつもタートルネックを着ていた原因だったのだ。ニューヨークの甲状腺専門医は、彼女に、こんな大きな腫隆を今まだ見たことがない、といい、手術によって声帯が傷つくかもしれないと述べた。そのため、マリアは、ポーランドに帰って、故郷で手術を受けることに決めた。

チェルノブイリのケースと同様に、福島原発の事故が、いかに周辺住民の健康に影響を与えているかが分かるには、数年かかるだろう。いくら少しの放射能漏れであっても、その放射能は水の中や農作物に混入する。これらの事は、わたしたち一人ひとりにどのように原発を扱うかを考えさせてくれる。危険をはらんだものの存在は何かをおかしくする。原発の存在自体が、クリーンエナジー成功の可能性を心待ちにしてくれると言えるだろう。常にわたしたちの心に、福島原発やチェルノブイリのような事故があったと心に留めて置くことが大切だ。簡単に解決できる問題などこの世に存在しない。

マリアに関して言えば、事はよく運んだ。担当のザレウスキー先生は、彼女の大きな甲状腺を見ても、たじろがなかった。手術は成功した。声帯も大丈夫だった。彼女は近年なかったほど元気に暮らしている。
マリアは、彼女がオルシュティンにいる間、古い友人たちを訪ねて回った。友人たちは、マリアが帰郷した理由を聞くや否や、「彼らはみんな笑いながら、彼ら自身の手術による傷跡を見せてくれたわ」

彼女がニューヨークに帰ってきてまもなく、わたしが彼女に会った時に、彼女の首に小さな傷跡があるのが目に留まった。もうタートルネックを着ていなかった。

By ジョー ノシーラ


ニューヨークタイムズ
Chernobyl’s Lingering Scars


ポーランド産ハーブティー


よく考えたら、30年後の半減期の測定だから倍にしないといけなかった、約600ベクレルになる、さらにセシウム134も半分はあったから初期は900ベクレルのセシウム。

さらにセシウムの10倍がヨウ素だったから約1万ベクレルのポーランドヒースフラワーハーブティーということになって、10年後の甲状腺がんとは恐ろしい。


結局は元から断たなきゃダメということで、ベントはするな、できないなら初めから廃止しておけが正解だった。

それなのに「安定ヨウ素剤で漏れても安心」詐欺が横行している。




ヨウ素剤配布で方針 兵庫・篠山市が医療関係者向けに研修会
丹波篠山


ヨウ素剤 少なくとも5自治体で転出者から未回収
引用
管理徹底が必要
ヨウ素剤は、原発事故などで放射性ヨウ素が放出された場合、服用すると甲状腺の被ばくを防ぐ効果があります。
放射性ヨウ素は人体に入ると甲状腺に集まり、量が多いとがんを引き起こすおそれがありますが、同じように甲状腺に集まるヨウ素剤を事前に飲んでおけば、放射性ヨウ素が取り込まれにくくなり、被ばくを抑えられる仕組みです。
国の原子力災害対策指針では、ヨウ素剤を原発からおおむね5キロ圏内の住民に事前に配布しておき、事故の際には国や自治体が服用の指示を出すことになっています。
一方で、甲状腺の機能が低下したり、おう吐や胃痛、頭痛などの症状が出たりといった副作用のおそれがあるうえ、じんましんや呼吸困難といったアレルギー反応が出るおそれがあるため服用できない人もいます。
このためヨウ素剤は管理を徹底する必要があり、配布する際、ほかの人に譲渡しないよう指導するほか、転居などの場合は自治体に返却するよう指示することになっています。

-------------------------------------------

ヨウ素剤があっても安心ではない!!!

海のそばでも関係ない!!!


ポーランドが教えてくれたのだった!!!



「ニューヨークの甲状腺専門医は、彼女に、こんな大きな腫隆を今まだ見たことがない、といい、手術によって声帯が傷つくかもしれないと述べた。そのため、マリアは、ポーランドに帰って、故郷で手術を受けることに決めた。」


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

貴重な情報をありがとうございます。
原発が爆発したことを知り、だし昆布をしゃぶりました。
チェルノブイリ事故の時、ヨウ素を求める人たちがニュースで流れたことを思い出したのです。
ヨウ素を取ったから大丈夫と、お気楽に考えていました。
でも、それではいけないのですね。
ヨウ素だけでなく、セシウムやキセノンや揮発性の放射能が、いっぱい色々あることを認識していませんでした。
トホホ。

傷跡を見せてくれたわ

マリアは、周辺に住むみんなにヨウ素剤が手渡され、屋内に待機するよう指示されたことを覚えている。彼女はその後2週間を自宅で過ごした。

マリアが帰郷した理由を聞くや否や、「彼らはみんな笑いながら、彼ら自身の手術による傷跡を見せてくれたわ」


小児甲状腺ガン家族会の患者父親の発言で
「まさかこんなことになるとは、、」
と言ってましたが、認識が甚だ甘すぎる

もうなっているかもしれないから、発現しないように免疫力をつけようが2011年からの
合言葉のはずだったが、知らない人も多いという5年目の現状



放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター