誰がモンキーやねん サル顔の    号外】第3次安倍改造内閣スタート

誰がモンキーやねん サル顔のラン開花 京都府立植物園
引用 朝日新聞デジタル 10月7日(水)9時21分配信
サルラン


号外】第3次安倍改造内閣スタート
引用
サルラン2



サルラン内閣のスタートだ!!!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

伊方原発

kokikokiya様

コメント書くの、久しぶりです。ブログは、ずっと拝見しておりました。
愛媛県議会が、いよいよ伊方原発再稼働に賛成するようですね。本会議は9日だとか。大分も、終わる...?
私も他の人たちも、移住を考えた人はたくさんいたのでしょうけど、じゃあ、どこなら安全なんだ、という話です。安全なところなんて、どこにもないのじゃないか?

もうこの内閣や財界のみならず、マスコミもみんな狂ってますね。TPP報道、TVはNHKはもちろん、報道ステだって、待ってました!と言わんばかりの語り口でした。アナウンサーもコメンテーターも勉強していないのか、知っていて視聴者を騙しているのか。

愚痴ばかり書いてすみませんでした。
民主党にメールや電話で、野党間選挙協力、候補者調整を促したり、デモに行ったり、なるべく周りにこれら法案の危険性を話したりしていきたいとおもってます。まだ半年ぐらいは、あるでしょう...。

Re: 伊方原発

大げさすぎです。

爆発するときは、爆発する。

別府湾瓜生島沈没伝説のように、伊方が爆発するか、鶴見山か由布山か玄海も爆発か、なるときはなるでしょう。

だいたいが、東海地震で浜岡爆発が心配されていながら能天気に暮らしてきた九州人が多かったわけで、福島の爆発でいきなりすべてが爆発する心配が多すぎはおかしいです。
伊方も昔から動いていたわけで、当然に反対なわけで頑張りましたが自民党優勢の田舎では負けっぱなしでした。


爆発した時にはどうすればいいのかを福島の教訓、チェルノの教訓、津波てんでんこの教訓として生きる時代です。


悲観的に考えて楽観的に行動するというのが、庶民の世の常でしょう




東日本で暮らしている方たちは日に日にリスクが積み重なってきて最後は富士山大爆発も控えていますので、できれば避難しかないというのは、3、11の教訓です。


政治の動きも結果的にはなるようになるので、なったときはどうするかの対策対処と共に、反対運動があるべきです。

入れたら負け、入れてら負け、で泣き続けの私が言うのもおかしいですが



放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター