同じ不検出でも、福島のモモにピークあり 山梨のモモにピークなし 一事が万事

ふくしま30年プロジェクト
平成27年度産 桃
引用
20150705福島桃


20150705福島桃2


同じ3シグマを超えない不検出でも、汚染地ではピークあり、低汚染地ではピークなし



一事が万事で、心配される




*だから汚染地では1シグマで検出とするように、以前から何度も言っている、「不検出」と聞くとほんとにないのかとつい安心してしまうから、

だから、危険だ。




民の声新聞
【国道6号】批判の中、実施された清掃ボランティア~子どもたちの充実感の陰に潜む内部被曝のリスク
引用

「実際にやってみて、子どもたちもいろいろと気付くことがあったでしょう。良かったことも反省点もあるはずです。それが教育なんです。大人が頭ごなしに『やっちゃ駄目だ』って言ったって、子どもたちは納得しませんよ」



実際には被曝の問題はほとんど論じられないのが実情なのだ。


-------------------------

「それが教育なんです。」


教育者を教育した方がいい!!!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

kokikokiyaさんこんにちは
いつもブログとTW欠かさず拝見しております。
測定は、いつも思いますがNDでもなかなか安心できませんよね。
kokikokiyaさんとべくれてねがさんのブログで勉強して、少しずつですが理解することができました。
清掃ボランティアのお子さんたちも、将来自分たちが大人の都合に利用された真実を知った時の事を思うといたたまれません。
無事に大人になれるかどうかも、今となってはわからないのですが・・悲しい現実です。。

No title

>教育者を教育した方がいい!!!
もっともっと悪い方に教育しちゃうのが、今の政権(笑)(怒)

ときどきさん コメントありがとうございます

多少とも参考になれば幸いです。

ふくしまプロジェクト30年の計測スペクトルを見ると、まずすべて不検出でもピークが見えるのには驚きです、外部被曝もあり内部被曝も続いていくことに泣かされます。

そのうえこどもたちが除染ボランティアでさらにたくさん吸い込まされたり、高濃度土にぶちあたって被曝が増えているとは驚きです。

もう狂っているとしか思えません。


時間との闘いとしか思えません。

Re: No title

市民父兄の力が弱いのでそうなるかもしれません、なさけない

近所なら、「どえらあああああ」と怒鳴り込んでいくのですが、ちと遠すぎる。

「ハゲ校長、出てこい、貴様は、、、」

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター