なんじゃこりゃあああ!!! 「学校に食品を送らないで」

ベラルーシ政府広報ビデオ





「学校の給食でカリウム強化メニューを出して、せめて平日の昼ごはんでカリウムをたくさん子どもたちに食べさせるほうがいいですよ、と校長先生に言いたいです」




学校に食品を送らないで3

さっそくバナナを緊急手配するべきだと喚いていたら





「学校に食品を送らないで」

食品と暮らしの安全基金 過去のウクライナ調査報告書
引用
学校に食品を送らないで
http://tabemono.info/report/image/file/ukraina4.pdf


関税で高くなるからダメだと、いったいなんなんだ、どうなっているのだ?


学校に食品を送らないで2

カリウムの多いさつまいもを送ってもいいが、当然茨城千葉産は別だが



べぐれでねが
【濃縮】フィリピン産 ドライバナナ【3kg】
不検出


唐突になんでバナナの測定なのかと思っていたが、ひょんなことからこういうことに繋がっていたのだった、おそろしいまでのシンクロだった。



援助物資に関税も非関税もあるまい、ベラルーシのこどもたちのために、バナナを送ろう!!!







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

送ったら困惑するのはベラルーシの学校と書いて有るじゃないですか!
税金を払えないから送り返して来たんですから、送り賃を負担しているんですよ!
送ってはダメでしょう、、。
送るとしたら、励ましの手紙や文房具なんかのが良いのではないですか?その分向こうで安全な食品を購入出来るのでは?

関税障壁

支援物資に関税がかかる、自国食品農産物を守るために国が税金をかけて保護
それに抵触したということでしょう、送る側がよく調べもせずに、打ち合わせもないのでこういう事態が発生したということはすぐにわかります。
ベラルーシは農業国で輸入障壁が多いのでしょう、外国の安物が入ってくると農業が崩壊する。
いまのTPPのやりとりと同じです。

カリウム食品が少ないのでこどもの摂取量が少なくセシウム吸収が多くなるのが見て取れるのでそういったことをよく考えて支援側の「食となんたら」の日本側も配慮するべきだと言っているのです。

安易に「送るな」とは単純すぎる。

関税表を調べてこれはフリーパスで学校まで非関税で頼むとかの交渉があってしかるべきだということです。

金を送って向こうで安全食品を買わせるというのが手軽でしょうが、その安全食品がほとんど汚染されているから内部被曝が大きいと私は言っているのです。

特に牛乳などの基幹食品も


セシウム排出よりも、まず入れないことを優先するべきなのに、農業保護で安全食品が輸入されないというところにも大きな内部被曝継続の原因があるとにらんでいます。


バナナの関税率がいくらなのか、200%もあればそれをゼロにする交渉をどうするかなどの現地の学校の校長教育関係者などと打ち合わせが必須でしょう。


農業団体との交渉まで打診があってしかるべき。



はげましの手紙だけでは貧民貧乏ベラルーシのこどもは静かな死

それが現実です。

独裁者が牛耳る国でもあるので、これ以上の支援もできるのかどうかも問題ですが。

野菜や魚の関税

<TPP>野菜や魚の関税、最終的に全て撤廃
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151016-00000090-mai-bus_all

 TPP交渉は元々、すべての品目の関税撤廃が原則とされてきた。このため、野菜ではホウレンソウやレタス、アスパラガス、ブロッコリー、キャベツなどにかかっている3%の関税がTPPの発効後すぐになくなる。タマネギは原則8.5%の関税が6年目に撤廃される。果物ではパイナップル缶詰などの一部の加工品を除いて、オレンジやサクランボなどの関税が段階的に下がり最終的にはゼロとなる。

 水産物では、魚の関税がすべて撤廃される。現状3.5%以上のカツオやベニザケ、ヒラメなどは即時撤廃となる。一方で、国内に漁業者が多いアジやサバについては16年目までの段階的な撤廃となる。また、重要5項目の中でも、牛タンやハム、ソーセージなどの一部加工品は段階的に撤廃される。

 関税が早期撤廃される野菜や魚については、元々の関税がそれほど高くない上に、TPP参加国からの輸入品と国産品が競合しているケースは少ない。このため、「生産者に与える影響は限定的」(交渉関係者)とする見方が多い。

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター