完全に消えた「地底臨界説」 3号機内部調査で判明!

世界初 東電福島3号機原子炉格納容器(PCV)内部調査


福島第一原子力発電所 3号機原子炉格納容器 (PCV)内部調査の実施結果について (速報:10月20日実施分)
引用
7.まとめ
PCV内の構造物・壁面に、確認した範囲では損傷は確認されなか
った。
PCV内の水位は、点検架台上面付近にPCV内の水面を確認できて
おり、推定値(OP:約12000)と概ね一致していた。
PCV内気相部の線量は、最大で約1Sv/hであった。
PCV内部の温度は、気相部で約26~27℃、水中で約33~35℃
であった。


*OP12000は底部から約6.5mらしい(小名浜海水面から東京湾海水面の基準海面をOPぜろとかいうらしいが、まあどうでもいい)

---------------------------------------

廃止措置等に向けた進捗状況:プラントの状況把握と燃料デブリ取り出しに向けた作業
引用

現状 1~4号機

F1.jpg


今回3号機の測定でわかったこと


F1sv


--------------------------------


水の高さと放射線量の強さを比較すると、一目瞭然だろう

3号機 6.5m  1シーベルト

1号機 2.5m  10シーベルト

2号機 30cm  73シーベルト


水が多いほど、水で遮蔽される 


核燃デブリはそこにある、そこ、そこだってば、底


コンクリにめり込んでいることもあるだろう


これにて地底臨界核爆発説は、終了、 ち~ん!!!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ち~んはイイんだけど、このままじゃあ金属腐食で、崩れる心配しないとね、、。
何せしょっぱくて温かいお水なんだからさぁ、早いよゥ~(恐)
接着のプロが言ってたよ。「水ほど破がす力の強いものは無い」
船舶のプロが言ってるよ。「防水塗装しなけりゃ鉄なんて、あっという間にボロボロさあ!」
これどちらも私自身が直接聞いた言葉ね(悲)

Re: No title

庭に放置した鉄パイプ、鉄棒もろもろ

いつのまにかさびだらけ

「えい!」と足蹴りしたら簡単にポッキン

鉄は朽ちるのが早い


時間との戦いですね

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター