不都合な真実 内部被曝デマに騙され続ける人々

ACROは言った

「チェルノブイリに比べて、福島は低かった」


ベラルーシ尿検査

反被曝派はこれをどう考えるのか?日本の尿検査とベラルーシの尿検査


そして「2015-07-05」にわたしが呈した疑問に反被曝派で

誰一人として、答えるものは、すでにもう いなかった


妄想の渦の中で




けいとうさぎ

華々しいデビューだったが、1ベクレルも超える人はなく、あまりのばかばかしさに静かに消えて行った

WBCではダメだ、やはり尿検査、ストロンチウムもだと声高に勇ましかったが、セシウムの数値を見て呆然として、誰もアクセスもしなくなった



岩手県尿中放射性物質の推移


宮城南部の子どもの尿検査結果


【放射能測定プロジェクト】伊達市の子どもの尿検査-約6割の子どもでセシウムを検出



ということで仮にすべてがおよそ1ベクレル出たとすると、バンダ基準で計算して

1ベクレル×150倍÷体重30キロのこどもとして=5ベクレル/kg 体重当たり

ホールボディカウンターの検出限界5ベクレル/kg範囲以内ということで、よく数値があっている


経口食品内部被曝ではベラルーシと比較にならないほど、よかったじゃないか!!!

よかったよかったまずはめでたしを断定してもいい5年目だ!!!




この原因は、これ


出荷制限が県単位
引用
官僚勝ち


官僚たちの深謀遠慮というよりも、あちこちの農民からの突き上げを食らうのが面倒くさくなって、十把一絡げのまるごと

「出荷停止」

が、功を奏したものと思われる、各県も右に倣えで国の方針に従った。


この辺の農民の誹謗罵倒中傷悲嘆の話は「農のありんくりん」とかいう人のブログを読むとおもしろく書かれている。


しかし初年度の23年度は500ベクレル基準で測定も不十分で内部被曝が多かったものと思われるが、排出もあるので、100ベクレル基準となった今現在の内部被曝数値の少なさに繋がっている。


-------------------------------

浮遊塵 掃除機のごみ吸入被曝の危険性は、まだよくわからないが、核実験時代から今に至るまで「肺がん」上昇が続いているので、問題になるだろう。

なぜなら、タバコを吸わない女性も肺がん上昇率が大きく、禁煙した男性陣もあいかわらず伸びが大きいので

「受動喫煙も危険だ」という人の灰の中のセシウムウランボールの方が危険だろう


----------------------------------


では、レベル7でいまだ緊急事態宣言中で「もう5年目で大丈夫だ」となるのかどうか、

チェルノブイリはだーちゃによる家庭菜園で飢えをしのいだことが仇となって強烈な内部被曝となったが、それをはぎとると、浮かび上がるのがやはり

「外部被曝」となるだろう

日本の場合は、この「外部被曝」のみが浮き立って目に見える危険となるのではないか、


ここにこの福島原発事故問題の焦点にたどり着いた。


基本通りの、外部被曝だった


つづく


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター