反被曝派 反論できずに完敗! 乾杯の早野総帥 内部被曝ゼロ 外部被曝国内外変わらず!

もうしないと言いながらまだやっているが、これを片付けておかないと先に行けない(外部被曝資料は多く集まったのだが)
いまのところオレ一人しかやっていない
反被曝派は全員臭いものにふたで、都合の悪い情報には沈黙
ロシアとトルコの戦争とか畑違いをやっている人がほとんどで、子宮頸がんワクチンとか化学薬品とかに行ってしまったようだ

逃げだしたのだろう

嫌なものは見ないふりS




早野勝利の盃


2013年4月11日
子どもの内部被ばく「ゼロ」 研究チーム、住民ら3万人調査
引用 福井新聞
東京大などの研究チームは10日、東京電力福島第1原発事故を受け、福島県の住民や県外に避難した住民ら約3万3千人の内部被ばくを調べた結果、2012年3月以降は体内から放射性セシウムが検出された人の割合は全体の1%程度で、同5月以降では15歳以下の子ども約1万人からは1人も検出されなかったと発表した。
 チームの早野龍五東大教授は「チェルノブイリ原発事故と比べ、福島県では慢性的な内部被ばくが非常に低いことが示された。市場での食品検査が有効に働いているのでは」としている。

---------------------

木下黄太の反論

「福島の子供たちに内部被ばくゼロ」報道はWBCに無知なマスコミを悪用した結果。その作為を見抜け!

吸気を強調している


---------------------

2015/10/03
原発事故後の県内、県外避難 内部被ばく量大差なし 南相馬市総合病院医師ら発表
引用 福島民報
原発事故による内部被ばくは避難しなかった人に比べ、県外避難した人はやや少なかったものの、臨床的に大きな差は見られないことが研究者の分析で分かった。初期の空気の吸引による内部被ばくは存在したものの、ごく小さい値だった。
 南相馬市総合病院の坪倉正治医師らが国際的な専門誌に発表した。
 事故の4カ月後、同病院で内部被ばく検査を受けた521人の結果を解析した。
 このうち県内避難は232人(44.5%)、県外避難は209人(40.1%)で、ほとんどが事故後1週間以内に避難していた。セシウム134が検出されたのは279人で全体の53.4%だった。
 避難と内部被ばくの量の関係を、性別や生活習慣などの条件を加味した数値で比較すると、避難しない場合と比べた相対リスクは屋内避難が0.88、県外避難が0.86となったものの、医学的な見地からは問題となる差ではなかった。
 避難しない場合と避難者に内部被ばくの大きな差がなかったのは、事故後の食品規制が効果的に働いたためとみている


-------------------

2015/10/9
子供の内部被ばく例なし 福島県中心に2700人調査
引用 日経
福島県平田村のひらた中央病院などのグループは9日までに、東京電力福島第1原子力発電所事故を受け、福島県を中心に子供2707人の内部被曝(ひばく)を調べた結果、体内から放射性セシウムが検出されたケースはなかったと発表した。事故後、子供を対象とした大規模な内部被曝の調査は初めて。

 検査は同病院と南相馬市立総合病院、いわき泌尿器科(いわき市)の3カ所で実施。2013年12月~今年3月、体が小さい乳幼児も測定できるホールボディーカウンターを使い、0~11歳の内部被曝を調べた。多くは福島県在住で、宮城県や茨城県の子供もいた。

 装置の検出限界値は50ベクレル。不検出だったことで1年間の被曝量は16マイクロシーベルト以下と推計できる。

 また、福島県産のコメや野菜、水道水を日々の食事に使っているかどうかを調べたところ、内陸の三春町で「コメ、野菜、水道水すべてを避けている」と答えた保護者は約4%にとどまるなど、検査対象者には福島県産を食べている子供が多いことも分かった。

 グループの坪倉正治・東京大医科学研究所特任研究員は「福島の食材を口にしている子も、内部被曝のリスクが低いと分かった。今後も検査を続け、不安の解消につなげたい」と話している


------------------------

反被曝派反論無きまま、内部被曝の内堀が埋められ、ついに官邸からも外部被曝の外堀まで攻められる


原子力災害専門家グループ
放射線の健康影響~「風評被害」について再び、福島の高校生のフランスでの発表~
引用
さらに、先ごろ、文部科学省からスーパーサイエンスハイスクールに指定された福島県立福島高等学校の生徒たちが、フランスで開催された国際高校生放射線防護会議で、福島と他の国内外の地域との外部被ばく線量比較について、発表がありました(5、6)。同発表では、福島県内と県外(神奈川県、岐阜県、奈良県、兵庫県、広島県)、外国(フランス、ベラルーシ、ポーランド)の高校生など215人に同じ個人線量計をつけてもらって、外部被ばく線量を測定しましたところ、福島県内でうける線量が0.63~0.97ミリシーベルト/年だったのに対し、県外では0.55~0.87ミリシーベルト/年、海外では0.51~1.10ミリシーベルト/年と大きな差がなかったとのことです


-----------------------------

2015年11月27日
論文
被ばく量「国内外で差はない」 福島高生、英学術誌に論文
引用 福島民友
本県など国内とフランス、ポーランド、ベラルーシ各国の高校生の外部被ばく線量を比較研究してきた福島高スーパーサイエンス部は、被ばく線量について「ほとんど差はない」と結論づけ、論文にまとめた。論文は27日、英国の学術専門誌「ジャーナル・オブ・レディオロジカル・プロテクション」に掲載される。

 研究は、線量計の名前から「D―シャトルプロジェクト」と名付け、26校の生徒と教員211人を対象に昨年6~12月に実施。1時間ごとの外部被ばく量を計測できる線量計を2週間持ってもらい、集めたデータを比較した。各校とも10人程度が協力、中間に位置した人の値を1年間分に換算して比べた。その結果、本県は年間0.63~0.97ミリシーベルト、本県以外の国内は0.55~0.87ミリシーベルト、海外は0.51~1.10ミリシーベルトだった。

 また、放射線の遮蔽(しゃへい)効果が高いコンクリート製校舎の福島高生は学校での数値が低く自宅の数値が高かったが、放射線を出す花こう岩などが校舎に使用されている恵那高(岐阜)の生徒は学校での数値が高く、自宅が低いなどの傾向がみられたという。数値に大差がなかったことについて「福島は(自然界にもともとある)自然放射線が他の地域より低いため」としている。

 論文は同部の生徒や専門家ら233人の共著として英文で掲載される。同部の生徒が原稿をまとめ、東大大学院の早野龍五教授が翻訳して投稿した。論文の掲載について、同部顧問の原尚志教諭は「高校生の論文が採用されるのは珍しい」としている。


----------------------

東大大学院の早野龍五教授が翻訳して投稿した。論文の掲載について、同部顧問の原尚志教諭は「高校生の論文が採用されるのは珍しい」

早野勝利の盃




乾杯の早野と完敗の反被曝派今回は完全沈黙 反論無し





5年目での出そろった内部被曝計測のデータからは、思いがけず食品内部被曝がほとんどなかったのは認めてもいいだろう。

要するに、セシウムをあまり食べていないから計測されなかったという至極単純な話だった。


長い道のり汚染


ところがここで早野が勢いあまって、重大な過ちを犯した、線量比較のみで、土壌汚染スペクトル比較をしなかったので人工放射能汚染に気が付かない、気が付かせないという作為だった。


ささるセシウム2


どこまでも長い道のりを歩いても、セシウムが付いて回るという汚染地特有の恐ろしさだった!!!



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

理系的思考に弱い主婦の考えですのでトンチンカンだったらご容赦下さい。
セシウムについては仰るとおりで食品からの摂取は微量で排出されることも考えると今後健康問題が起きる可能性は低いのでしょう。
私はストロンチウム90など排出されにくい、γ線核種以外による内部被曝を心配しています。微量でも排出されにくく蓄積してしまうものをどう考えるのか。
スーパーサイエンスハイスクールの学生さん達の論文、読みもせず批判するのも何ですが見た感じその昔「はかるくん」であちこち線量を測って夏休みの自由研究にまとめた小学生の自由研究レベルなんじゃないかと。本当のところは今後糖尿病やガンで死亡した人の臓器をそれぞれの臓器ごとに放射性核種の蓄積があるか測ってみなくては分からない…日本にもバンダジェフスキーさんみたいな方が現れるでしょうか。
アーネストスターングラス博士の本を図書館で見つけたので今度読んでみようと思います。今ネットで聞きかじったことが気になっているのです。ストロンチウム90がイットリウム90になり膵臓に多く蓄積する。その被曝により膵臓が機能不全を起こし結果、糖尿病を発症する。…甲状腺ばかりでなく体のあちこちに健康観察が必要になってきますね。今日は半年に一度の甲状腺検査の日。二児の母としては心配は尽きません。

ストロンチウム糖尿病説

バンダ博士セシウム心筋説
スターングラス博士ストロンチウムイットリウム糖尿病説
福島博士チェルノブイリ膀胱がん説

どれも正しいと思います、がしかし、それは現実にホールボディカウンターキロ100ベクレルとか尿検査キロ60ベクレルとかざらに出るチェルノブイリ汚染地帯の話で、


5年間の実測ではセシウム体内量が日本人はあまりにも少なすぎたということがわかったのです。

http://blog-imgs-88.fc2.com/p/f/x/pfx225/20151202162944223.jpg
私が記事にしたストロンチウム日常食のレベルは事故前で、0.05ベクレル食べていたことになっています。
セシウムもほぼ同じで、セシウム体内量が少なかったのなら、

ストロンチウムも少ないことになりますから、測らなくても、(ほんとは金をかけてもやってほしい)
無いのですから、糖尿病原因説も無いのです。


1960年代から生きている私たちの世代の体内に蓄積の可能性があってガンや糖尿病が今出ていると考えるほどの量が、
あまりにも少ないのです。

それよりも、でたらめな宴会食いすぎ働き過ぎ満員電車のストレス三昧の方が原因と考える方が正しいでしょう。

「おまえそんなに食うと糖尿病確定、将来ガン死は確定」とお互いに言い合いながら無茶苦茶をしていますので、ストロンチウムも逃げ出すほどでしょうw


ネットでさも知ったかぶりの東海アマのデマとか再臨界でヨウ素がとか西日本に避難した研究者とか、言ってることが話半分がほんとで後半がでたらめが多すぎます。

言ってる連中を大げんかしてもいいから、名前をリストアップして「要注意」とでもしてやろうかとも思う今日この頃です。



東大早野海外査読付き論文とまでなったのを「小学生の夏休みの作文」とこきおろすのも、私以上に正直でいいのですがw、

新宿0.035マイクロ 大分0.05マイクロであまり変わらんと言っても、その中味は大分の土壌にセシウムはなく新宿の土壌にはセシウムが1万ベクレル/m2あるという事実です。



ここをしっかり理解してと私は主張しているのですが。



あまりくだらん連中のネット情報は相手にしない方がいい、東海アマなどは20年以上の監視対象ですが、限度レベルを超えたので反転批判対象です

ネットで遊んでいるからまあそれもいいと思って大目に見ていましたが、度を超えたので私は攻撃罵倒しています。


普通に常識で考えたら、食べ過ぎたら悪いのは当たり前で、食べ過ぎるほどの食品含有量の人工核種が出てこないのが、5年目の結論です。


100ベクレルや200ベクレルはがんがん襲ってくると思っていたら、10~20も来なくて、虫眼鏡の1~2ベクレルもあるやなしやの5年目です


NPO法人ふくしま30年プロジェクト
http://fukushima-30year-project.org/

ここをしのぐ都道府県はないでしょうから、ここを毎日見ていたらわかりそうなものですが。


さすがにここは軒並みよく出るから といっても随分と少なくなりました。



「ネット見るより、測定値を見よ!!」

今作った私の格言です 笑い

もう、結果は出揃いましたね。

kokikokiya様

5年近くの長い期間、本当にお疲れ様でした。
随分と勉強させて頂き、ありがとうございます。

普通に生き、普通に死ねれば人生ラッキーだったと言う事でしょうか。
(笑)

福島の原発事故、
汚染の程度を見ると、数々の偶然と、くい止めて下さった方々がもたらした、奇跡の成せる技と申しましょうか。
よくぞ、この状態で済んだと感慨深いです。

放射脳から解脱致します。

Re: もう、結果は出揃いましたね。

5年目ですからね、ある程度の一つの結論の区切りが必要です。

思いがけずに内部被曝は少なかったのに驚きと共に汚染地の子供はチェルノブイリの二の舞にはなりそうもないのが、
一安心です。

「見捨てられた初期被曝」は相変わらず甲状腺ガンが出ていますので初期被曝された近場の方は要注意ですが。

避難された方は内部被曝の打撃は今後ますますリスクが低下するので人生を前向きに生きるべきです。

ただ汚染地には相も変わらずガンマ線が飛び交っていますので、気を付けなければなりません。



とりあえずは内部被曝は一安心の5年目の客観的事実です。


No title

分かりやすく回答下さってありがとうございます。3.11以降SFの世界の住民になってしまった…そんな感覚でいます。
小学5年の算数も怪しい主婦がネットから情報を拾っては資料を読み漁っているのです。ホリシナ博士の「チェルノブイリの長い影」から果ては河野益近博士の「JCO周辺民家の五円玉に含まれる亜鉛-65の測定」まで。その姿は理系の方からすれば滑稽に思えるでしょう。
全ては我が子の行く末を案じるがゆえ。自分一人のことならばとっくに原発事故のことなど忘れ去って今を楽しんでいます。

北関東から西日本に移住し、残した家族や友人を心配する日々です。土壌汚染50Bq/kg(3000Bq/m2)を汚染地とするなら相当な範囲が入ってしまいますね。
子供の膝下に赤い小さな斑点が出たり、鼻づまりが治らなくなったり、痰が年がら年中からんで真っ赤な顔して咳払い…気になる症状が西日本に来て消えました。あれは何が悪さをしたのだろう。
甲状腺の検査ではkokikokiyaさんに投げかけた質問を担当医にもしてしまいました。「心配なら追加していいよ」と血液検査の項目に糖尿病も加えていただきました。
これからもkokikokiyaさんの記事を楽しみにしています。怪しいネット情報にも気をつけます(笑)。

一貫して、避難が正しい選択です

「何は無くてもまず避難、セシウム134の半減期が2年ですから2年たったら、様子を見ながら恐る恐る帰る」
と喚いていたのが2011年

それから2年たってもいまだ情報不足で瓦礫の拡散はするは、汚染水は垂れ流すは、ストロンチウムはわからんわで
「半減期2年のさらに2年で、4年は帰るな」と喚いたのが2013年ごろだったか

それから4年たって2015年 今年 甲状腺ガン激増のさなかに、あまりの「安全だ、安心だ、大丈夫だ、絆だ、スクリーニングだ、全袋でゼロだった」ととんちんかんさを見て、
「これはさらに半減期でセシウム134がほぼ消える8年は様子見だろう、なぜなら守ってくれるべき政府自治体が無いから」ということで、今に至っております。


せっかく避難して郷に入れば郷に従えで能天気にふるさとを忘れて肉体を癒したらいいと言っておりましたが、その避難者があまりにも地元を気にし過ぎて、危険情報を気にし過ぎているのには辟易しました。

莫大な初期被曝がないならいいですが、あれ以上の被曝はもうありえないのだから、まずは2巡目でも発生する甲状腺がん対策をした方がいい、わたしは2011年から「春ウコン」を主張してきました。
免疫回復に効くようですから


親が気にし過ぎると敏感なのがこどもですから
こどもはすぐに溶け込みますから周りの子供と同じようにさせたら健康のままでしょう。

何があっても健康体力免疫力で打ち勝っていくのが、私の子供と思い込んで前向きに暮らすべきです。
やんちゃな思春期が待っていますので苦労するのはその時です。


のんびり今を見つめながら


*小さいときはかわいいけど中学生から憎たらしくなって言うことを聞かなくなって殴り合いのけんかをした長男もいまは笑い話です。
小さいときは親も一緒に、いろいろ経験させておくべきです、仕事ばかりで遊んでやれなかったのが今心残りで、自分がそう思うので。


長女は仕事も忙しかろうが子とよく遊んでやっているようです。


放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター