2号機原子炉建屋内 3号機原子炉格納容器内

2号機建屋にキツネ=高線量、行方不明に-福島第1
引用2015/12/28-20:18
 東京電力は28日、福島第1原発2号機原子炉建屋1階にキツネが入り込んだと発表した。建屋内の作業用カメラで21日に姿を確認したが、その後行方が分からない。事故後、原発敷地内で動物が見つかったことはあるが、建屋内は初めてという。
 東電によると、現場は格納容器内につながる配管がある場所で、空間線量は1時間当たり300ミリシーベルト程度、床面は最大同7シーベルトに達する高線量。調査ロボット投入に向けた遠隔操作の除染作業中にカメラが捉えた。
 2号機は津波でシャッターなどが壊れたままになっている箇所があり、侵入経路の可能性がある。
 同原発では2013年、ネズミが原因の停電で、使用済み燃料プールの冷却が一時停止するトラブルがあった。


2号機原子炉建屋内における動物の確認について
引用
151228_01.jpg

151228_02.jpg

151228_03.jpg

151228_04.jpg


帰ってこ~い~よ~!!!



2015/12/28(月) 3号機原子炉格納容器内常設監視計器設置作業について
引用



付着物は核燃料だろう!!!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ギャー!キツネが被曝!

koikokiyaさん、こんばんは。
何の罪もない動物がまた犠牲になったんですね。
本当に惨いことです。
もう戻ってこれても、手遅れなんでしょうね。

年の瀬にとても嫌なニュースに遭遇した気分ですが、
今年もあと数日。
色々とお世話になり、ありがとうございました。
どうか良いお年をお迎え下さい。、

Re: ギャー!キツネが被曝!

MORRIさん、おはようございます。
フクイチ敷地内の森に棲んでいたキツネが
汚染水タンクの増設のために木を切られて住処を追われて
どこかへ行っていたキツネだと思います。

母キツネなのか?偵察に戻って来て被ばく

写真の当たりはまだそれほどの線量は無いと思いますが、
本能で「まずい」とキャッチして立ち去ったと思います。

フクイチ周辺に住む生命体はやはり次世代に大きな影響が出る、
未来が消えていくことが心配な地域であることは当然でしょう。


私は現世代の浮かれ年寄りわが身中心主義が、次世代を殺すと危惧しています。
年金問題医療費増加もそうですが

今年も未来を心配する先のないじじいのたわごとです。

拙いブログを今年も読んで頂いてありがとうございます。
よいお年をお迎えください。



放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター