「放射能防御プロジェクト」がいきなり拉致問題を言い出すのは、あたまがおかしい

放射能がいきなり拉致問題に飛ぶので、「貴女は?」などと急に言われてもいったい「何事だ?」と思うのは当然だろう

もっとほかに言うべきこと、やるべきことがあるはずだが、南相馬坪倉WBC限界以下続出問題、尿検査不検出続出問題、最後はとどめの早野福島高校生「外部被曝も変わらなかった」問題

なんのための「放射能防御プロジェクト」なのか、5年目にしての崩壊全滅だろう

もう、終わっている。








「大切なことはいまそんなことを言い合っている時じゃないんですよ」

「すべての被害者を取り戻すことじゃないですか」





放射能問題のようだ



内部被曝問題よりも外部被曝、結局は、見捨てられた初期被曝問題の解明だろう

わあわあ言うばかりで少しも進んでいない




ヨウ素被曝8

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター