甲状腺等価線量スペクトル実測値 床次論文再検証

浪江津島8


まず大人が最高で1500bq 3/12に一発で吸入したと仮定してその実測を4/12~16の5日間の最後の計測とすると、

日数36
日数計算(日付-日付)


36日間であとは排出と半減期の減衰計算

吸入で甲状腺に回るのが20%なのか30%なのかICRPでも原子力安全委員会でも諸説あって係数の元からして混乱だが


これを使う


個人モニタリングの計測値から摂取量と預託実効線量とを計算するパーソナル コンピュータ用ソフト「MONDAL3」


床次もモンダル3を使ったと書いているので、修正ファイルが出ているようなのでズバリとは合わないとは思うが、


元素状


元素状=ガス状なのか、粒子状で緩慢吸入なのか、何なのかから選択があるが当然最初はより厳しい仮定を立てたはず


元素状2


全身をめぐって甲状腺に集まるピークが1日後になるらしい


元素状3


1500Bqかける2.153マイクロシーベルト= とかいう計算を電卓ですると


元素状4
http://calculator.keydam.com/#



朝日新聞ほか当初の「成人男性最高87ミリシーベルト」にだいたい近いから、これでいいんじゃないか


ここで実効線量が出たのを甲状腺の組織過重係数の2007年前の0.04にするか、以後の0.05にするかでも結果が違ってくるので、やりたい放題となる


乳児(~1 歳):幼児(~4歳):成人=8.8 :4.7:1≒9:5:1


床次は大人の最高の人のを仮定して1歳児を単純に推定したらと言っているので、約9倍すると、


ヨウ素被曝8


80ミリ×9=720ミリで、750ぐらいと合うから、そういうことではないか

NHKが少し煽り気味でもいいからとそうしたのだろう、実際は、0-9歳の測定値が17ベクレルなので31ミリぐらいになるのだが、これは推進派から叱られたあとの測定値なので、実際はどうだったのかが信用できない。

300秒5分間もプローブを当てられておとなしく2.5グラムの甲状腺を測らしてくれたのか?かなり疑問となるから



それでSMAP細胞的に叩かれて弘前大学の他の教授連中が「やばい、研究費が消える」と危機感を持って、初期被曝日の変更を思いついた。


3月15日に変更 計測日も4/12の最短にして

F29 1


29日で計算すると


F29


F29 2


元素状からFタイプに変え、29日に短くして、大人の甲状腺等価線量最大33ミリとなって、論文とよく合う



論文
http://www.nature.com/articles/srep00507#t1


こどもの年齢がゼロ歳児らしいのだが、これで計算すると、33日後の測定が合いそうなので、


33.jpg


F33 2


こどもの21ミリシーベルトとよく合った。



以上から、私の計算方法が始めから頓珍漢かもしれないが、おそらくこういう推定計算だと思う。


つまりは前提仮定条件でくるくる数値が変わってしまうということだ、


ちなみにこの結果から吸い込んだ時の大気中のヨウ素濃度が23000ベクレル/m3となっていたが、それを4時間吸い込みの大人やこどもの吸引量から逆計算推定となっていたが、


計算が多すぎる、だからすぐに甲状腺測定をすれば今のような「スクリーニング効果」とかどうだこうだはありえなかった。


チェルノブイリ甲状腺がんの歴史と教訓
被ばく量の再推定
 被ばく量の推定は何度もやり直された



やっとICRPの推定計算が少しづつ理解でき始めた5年目だった、被曝者激増が心配される中で、2度と騙されないために必須の仕事だろう



--------------------------------------


浪江町は3月14日午後から断続的に対策本部会議を開き、再避難するかどうかを協議した。「一刻も早く避難すべきだ」。周辺の放射線量の情報は全くなかった。それでも避難の必要性を訴える意見が相次ぎ、移転先は二本松市に決まった。  15日朝、馬場有町長が二本松市に受け入れを要請した。同日午前10時、町は津島地区の区長を集め、住民らに避難を呼び掛けるよう求めた。  町の移転とともに、住民の避難がせきを切ったように始まった。



こどもたちは14日に外で遊び、15日は雨にも濡れた



浪江町は12日の朝に泣く泣く声の聞こえる津波被災者を残して全員避難し、またまたすんでのところで猛爆撃さ中の中に避難するとは、すれすれで助かったのか?やはり猛烈な被曝者が出たのか? 心配に絶えない。



「みなさんは浪江町民のようになる覚悟はありますか」



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

放射能はいらない
『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
ツイッター